2015年に流行している最新出会い系アプリの基本的な攻略法

2015年のトレンドはサクラと一般女性を見極めること

2013年や2014年はLINEのID交換掲示板が

  • 簡単にLINEやカカオトークのIDを交換できる

  • LINE掲示板は完全無料なので暇つぶしにも最適

  • 男女共に利用者がとても多い

これらの理由によって大流行しました。

しかし社会問題になった大きな事件で利用されるなどして、犯罪を幇助(ほうじょ、手助けしたという意味)しているというで警察に閉鎖を要請されたり自主的に運営者が閉鎖するなどの出来事が続いて無法地帯だったLINE掲示板の流行はいったん終了しました(とはいえまだまだLINE掲示板アプリは存在しますし、サイト版も多数存在します)。

年も変わって2015年はGPSを使って近くにいる異性とメッセージ交換などができるアプリが流行りつつあります。

特にiPhoneで目立ちましたが、iPhoneリリースが続いた後、Androidでもリリースされはじめました。

審査の厳しいiPhoneで先にリリースされて流行後にAndroidに対応というのも流行の大きな流れかもしれません。

特徴としては

  • サクラがいるけど一般女性もいる

  • 体裁的には出会い系ではないということになっていて、年齢認証が無い(実は利用規約で出会いに関する行為が禁止されている)

  • アプリ上の地図で一目で近くにどんな人がいるかわかる

  • 男性は有料課金制、女性は基本完全無料

  • メッセージ1通の料金が高い(150円〜250円)

  • 似たような特徴のアプリが多数存在する

  • iPhoneアプリのみでリリースされ、Androidに対応するアプリは少ない

このような傾向があります。

これらを仮に「GPS系出会いアプリ」と名付けます。

アプリのダウンロードランキング上位なので素人女性も多い

サクラがいるのですが、広告宣伝を多数行なっているせいかアプリのダウンロードランキングで常にGPS系出会い系アプリは上位に入っています。

そうなると自然とたくさんの男女がダウンロードしてくれます。

サクラばかりだったアプリにも素人の女性会員が増えて、結果的に男性会員と女性会員が出会えるアプリになっていきます。

もちろんサクラも素人女性もごちゃごちゃに混ざっているアプリなので、サクラを素人女性と勘違いしてナンパメールを送るとお金の無駄遣いになります。

1通当たりの料金が高いのでサクラにメールを送るとお金の損失が大きいです。

悪質アプリのサクラを見分ける方法

結論から言ってしまえばGPS系出会い系アプリはサクラと一般女性の見極めが攻略法となります。

サクラの見分け方は

出会い系アプリでサクラか素人女性かを見分ける方法

こちらのページで詳しく解説しました。

GPS系出会い系アプリだけでなく、サクラ無しの出会える系以外のサイトやアプリなどでも役に立つ内容だと思います。

サクラと素人の見分けさえできればあとは素人女性と何回かメールして、仲良くなったタイミングでLINEやカカオトークのIDを交換するだけです。

交換さえすればあとは無料でチャットや通話ができますので、時間をかけてゆっくり攻略することが可能です。

結局はLINEと通じて出会うのが最強の攻略法という基本に変化無し

GPS系出会いアプリ攻略の流れをまとめます。

  1. アプリを無料ダウンロード

  2. 掲示板やレビューサイトから生きている招待コードを拾って無料ポイントを増やす

  3. 自分も拾ったサイトに招待コードを書き込んで無料ポイントを増やす

  4. プロフィール写メと文言を設定

  5. サクラと一般女性を見分けてメールを送る

  6. 多少親しくなったらLINEやカカオトークのID交換をお願いする

結局のところLINEやカカオトークなどの無料通話アプリのIDを交換する、というのは2014年以前の出会い系アプリ攻略法と同じです。

やはり無料でじっくりチャットや通話して仲良くなり、そして出会うという流れは出会い系アプリを使って安全に、そしてお金を使わず出会う為には欠かせないルーティンです。

人気アプリの削除・閉鎖が続いているのでGPS系出会い系も危ない

2015年になってiPhoneアプリをダウンロードできるapp store(アップストア)で

  • ちらトーーク

  • ハッピーメール

  • YYC(ワイワイシー)

などの大人気出会い系アプリが削除(リジェクト)されて一時期ネットを騒がせました。

ちらトーークは色々と問題があるアプリなので納得ができることでしたが、ハッピーメールとYYCは大手出会い系サイトのアプリ版として年齢認証もしっかりしていたので業界内の驚きは大きかったはずです。

どれも削除の理由は明確になっておらず、削除されてもしばらくしてから復活したので閉鎖された訳ではありません。

理由としては

  • 未成年が利用して(ちらトーークのみ)

  • アダルトに抵触するコンテンツがあった

などが噂されていますが、真実は定かではありません。

しかしこのような大手アプリが削除されると、年齢認証が無いのでどう考えても未成年が混じっているという事実だけでもGPS系出会い系アプリが削除されかねません。

アプリストアから削除されても利用自体はできますので、削除される前にダウンロードしておきましょう。

実際に複数のGPS系出会いアプリが削除されています。

攻略の王道「出会える系を使うこと」に変化は無し

完全無料の出会い系サイトやアプリが勢力をなくしつつある今

などの運営期間が10年を超える老舗出会い系サイト、すべてサクラのいない「出会える系」なのですが、ますます勢力が強くなっているように感じます。

競合になっていた無料の悪質出会い系サイトが続々と閉鎖されているので、出会いを求める男女が実績があって信頼できる出会える系サイトに移動しています。

男性は有料といっても無料ポイント分がありますし、女性はそもそも基本無料です。

サクラかどうかを見極める必要が無いと言う事実はこれ以上ない説得力のある材料ですので、登録する男女が増加するのも当たり前と言えます。

これらのサイトはすべてスマホに最適化されていますので見やすいですし、機能もこれ以上ないくらい充実しています。

GPS系出会い系サイトが2015年に流行るといっても、これら老舗出会える系が

  • 18歳以上の男女の会員数

  • 大手SNS並の多彩な機能

  • 信頼性・ブランド力

  • 素人女性を集めることができる広告宣伝の資金力

などの面で圧倒的に競争優位なのは2015年も変わりません。

長年に渡ってwebで運営しているのでアプリのようにapp storeやgoogle playから急に削除されたりしないという安心感もあります。

たくさんポイントを購入したいたアプリが急に削除されたら新規会員が入らなくなり出会える確率が必然的に減ります。

出会える系の場合はそういった心配をする必要がありません。

これらのサイトをシェアを奪うとしたら「出会い系」というスタンスではなく「恋活アプリ」「婚活アプリ」というスタンスで急成長を続けている

・pairs(ペアーズ)

http://www.pairs.lv/

のようなサービスだと思います。

会員数の伸び率等を見ていると数年後はとんでもない規模のサービスになる可能性を感じさせます。

Facebookのアカウントがログインに必須というのは確かに面倒くさいですが、それによって女性会員の真剣度は高くなりサクラがいなくなりますので、男性会員にとってもたくさんのメリットが生まれます。

さらにマッチングが成立したらメッセージの交換数は無制限で、メッセージごとの課金はありませんのでお互いのことをよく知ってから出会うことが可能です。

恋活婚活アプリはリクルート系やサイバーエージェント系の企業が参入していますので、これから競争がどんどん激しくなり、その結果会員数はうなぎのぼりで増えていくでしょう。

外国からの「黒船」によってパワーバランスが変わる可能性も

海外では、といっても欧米ですが出会い系サイトのことを「デートサイト」「デーティングサイト」と呼びます。

日本でも多少イメージが良くなったとはいえ「出会い系サイト」を使って出会うことはあまり印象が良くありません。

しかし、アメリカではカップルの3分の1がデーティングサイトを使って出会ったという統計もあるくらいで、市民の間に浸透しています。

アプリの売り上げランキングを見ても「Tinder(ティンダー)」や「Zoosk(ズースク)」などのアプリはとても人気があることがわかりますし、著名なセレブ達も利用していると報道されています。

サイトと違ってアプリならapp storeやgoogle playから簡単にダウンロードできますので、サイトとの比較だと日本でも普及する確率は高くなるでしょう。

海外の大手デーティングアプリはまだ日本市場にそれほど興味を持っていないように見えますが、スマホアプリの課金額でダントツのナンバーワンといわれる日本市場が魅力的で無い訳はありません。

海外のアプリも日本市場に本格参入することによってより競争が激しくなり、会員の獲得合戦によって既存の人気アプリやサイトの会員を外国資本のアプリに奪われる可能性もあるでしょう。

※2016年版を更新しました。興味がある方は

2016年版おすすめ最新出会い系アプリの攻略法

こちらのリンクからご覧ください。

この記事を読んだ人におすすめの記事