仮想空間(メタバーズ)でアバターチャットできる「chabi(チャビ)」

「chabi」は仮想空間に男女が集合する新しいタイプのチャットアプリ

chabiは「チャビ」なので「シャビ」なのか呼び方がよくわかりません。

チャットアプリは多数あれど、メタバーズと呼ばれる仮想空間でわいわいチャットできるアプリは珍しいです。

メタバーズという言葉に聞きなれない人も多いと思います。

昔、セカンドライフという海外サービスが世間に注目されたことがありました。

一般のニュースでも取り上げられるなど一時期流行のようになりましたが、いざサービスが開始されると結局さっぱりでしたが。

メタバーズという言葉は概念的にはネット上の仮想の土地で現実世界と同様に色々なことができるもの、という意味です。

チャビの場合は、現実空間での出会いのようにネットの空間でもアバターを作り、それを動かして沢山の男女が出会って仲良くなって欲しいということで作られたのだと思います。

インストール方法と使い方

chabiはインストールにやや時間がかかります。

この手の画像がともなうアプリだいたいがインストール時間かかります。

しかしchabiはインストール後の起動などの動作はわりとさくさく動きますので安心してください。

インストール後は男性か女性か選択してアバターを選びます。

その後は名前、生年月日、血液型を選んで即チャット開始できます。

アバターはショップで購入して自分用に変更できます。

ポイントは初期で付与されているので、お金を使わなくてもアバターを購入できます。毎日ログインボーナスなどもあります。

「広場」に行くと、いくつかのワールド(チャットする場所)を選べます。

ワールド選択画面で既に何人がワールドにインしているかわかりますので、人の多い、賑わっている場所を選んでチャットに参加しましょう。

人が多いワールドだと、小さい画面にアバターが多数あってかなりごちゃごちゃします。

チャットは

  • 全体に対するチャット

  • 個人に対するチャット

の選択が可能です。

年齢層は低めで、10代の男女がとても多い印象です。

実際に小学生の女性などもいました。

もちろん自分でそのようにキャラ設定しているだけで実際は成人男子のネカマだという可能性もあります。

実際に話しかけても、この空間に降り立ったものの何していいかわからないという人が多いです。

実際ゲームのようにミッションがあるわけでもないので、気になったアバターやプロフィールの人に話しかけてみるなど、わりとゆるゆるなコミュニケーションをしてみたいという人向けです。

がっつり誰かと仲良くなって、出会いたいという人には向かないアプリかもしれません。

チャットも周囲の人が見ているので下ネタ系の会話はまわりの顰蹙を買います。

この記事を読んだ人におすすめの記事