美人局などに悪用される危険アプリ「ぎゃるる」

ご近所さんと出会えることで人気になっている出会い系アプリが「ぎゃるる」です。

しかし、美人局や釣りなどの犯罪・いたずらの温床になっている危険なアプリなので利用はおすすめできません。

ぎゃるるのアプリ概要

正式名称は「ぎゃるる 日本最大級のリア充向けポータルアプリ」で、運営会社は株式会社アップランド(App Land, Inc.)という渋谷にある日本の会社のようです。

アプリを起動すると画面に男子・女子のプロフィール画像(サムネイル)が表示されるので、選んでコンタクトして出会う仕組みになっています。

同じで地域を指定してのご近所検索やマップ表示の機能がありますので、近くにいるぎゃるるユーザーは検索や地図上でひとめでわかります。

年齢確認が無いので、この時点で危険なアプリだとわかります。

そして、実際にいろいろな事件が起きています。

事件が起きるとそれがニュースに取り上げられ、それを見た人が自分もと思い悪いことを考える、という悪循環が生まれます。

なので利用はおすすめできません。

美人局や釣りなどの被害にあってから後悔しても遅いのです。

ぎゃるるではGPS(位置情報)を利用する

ぎゃるるは異性を探す機能としてGPS(位置情報)を利用します。

なので距離的に近い、ご近所さんと知り合えますが、これを悪用する人たちがいます。

そもそも危険度が高いので利用はおすすめしませんが、もし妙な勧誘や誘いをしてくる人がいたらブロックしたり通報するなどの対応をしてください。

ぎゃるる経由の淫行で男性が警察に逮捕

スマートフォン用アプリの「ぎゃるる」を利用して児童買春した罪で男性2人が警察に逮捕されるというニュースが流れました。

逮捕されていないだけで実際はもっと悪質な犯罪行為を犯している人はいくらでもいるはずです。

逮捕のニュースで「未成年がいる」などの風評が立ちますので皮肉なことにぎゃるるはさらに利用者が増加します。

ぎゃるるのような未成年に対する年齢の認証が無いアプリだと犯罪が起きるのは当たり前といます。

アメリカでも人気アプリ「skout(スコウト)」経由でレイプ被害にあったというニュースが先日流れました。

本当に氷山の一角ですので、これから出会い系アプリ関連のニュースは多くなりそうです。

このような警察が介入するようなトラブルが起きるアプリに対して閉鎖・削除要請がされるケースもあります。

2017年現在の犯罪・被害等の状況を考えると人気アプリが軒並み閉鎖されるような出来事が起きても何も不思議ではありません。

美人局で少年が会社員を「ぎゃるる狩り」

少年が「ぎゃるる狩り」と称して会社員を脅す事件が2017年に起きました。

19歳の少年が16歳の少女と手を組み、ぎゃるるで知り合った会社員を呼び出し恐喝したようです。

この少年達は今回の会社員以外にも複数名に対して恐喝・恐喝していたそうです。

美人局に関してはぎゃるる以外にもアプリ経由で頻発しています。

美人局対策は後ろめたいと感じる状況で異性と会わないことが第一です。

よってアプリで未成年と知り合い、そして出会うような状況は美人局を企む集団からしたら飛んで火に入る夏の虫です。

美人局の対策等は

美人局(つつもたせ)の対策と出会い系アプリでの見分け方

こちらで詳しく解説しています。

2106年の子供の被害が多かったアプリとしてNHKにも取り上げられる

NHKのニュースによると、

被害の罪名別では、子どもと淫らな行為をする青少年保護育成条例違反が662人と最も多く、次いで、児童ポルノが563人、児童買春が425人などとなっています。
年齢別では、16歳が450人と最も多く、次いで、17歳が420人で、12歳以下も71人に上りました。
また交流サイトの種類別では、「ツイッター」が446人と最も多く、おととしに比べ2倍に増加したほか、チャットの交流サイト「ぎゃるる」が136人、無料通話アプリ「LINE」が124人などとなっています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010954961000.html

このように、ぎゃるるで多くの児童が被害にあっていることがわかります。

確認できているだけで本当は間違いなくもっと多いです。

このようなニュースによってさらに利用者が増加したりするので、なかなか被害者は減りそうにありません。

年齢確認が無いSNSアプリは危険なので使わない

ぎゃるるのような年齢確認が無いSNSアプリはずさんな体制で運営されていることが多いです。

具体的には投稿監視がされてなかったり、相談窓口がなかったり、ということです。

ゆるい運営体制のせいで

  • いたずら目的の釣り

  • 美人局のような恐喝

  • 悪質スカウトや客引き

などの温床になっています。

18歳以上の成人した男女が使っても危険ですので、未成年が使った時に危険なのは言うまでもありません。

違法風俗店のスカウトマンや客引きなどもいますので、甘い誘惑に乗らないようにしてください。

年齢確認があるSNSアプリを使うメリット

SNSアプリを使うときは18歳以上の年齢確認があるアプリを使うのが鉄則と言えます。

年齢確認があるアプリは

  • メッセージ内に犯罪的な内容や誹謗中傷等が無いかを運営がチェックしてくれる

  • 悪質な会員がいたら強制退会にしてくれる

  • サクラがいない

などのメリットがあります。

危険を知りながら年齢確認が無いアプリを使うメリットはありませんので、男女関係なくできれば年齢確認があるアプリを使ってください。

この記事を読んだ人におすすめの記事