facebookと連携するおすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリを使うにはfacebookアカウントが必要

世界最大のSNSであるFacebook(フェイスブック)との連携が必要なマッチングアプリはかなりの数に達しています。

などのアプリはどれもfacebookアカウントのID・パスワードを利用して登録・ログインします。

なので、facebookのアカウントを持っていない方は、使おうとしてインストールしたけれどフェイスブックへの登録が嫌、もしくは新規登録が面倒くさかったから使わなかったという事が多いと思います。

Facebook以外だとTwitter・mixi・Instagram(インスタグラム)などのSNSもログインで利用されることがありますが、facebookと比較するとあまり求められることがありません。

そもそもマッチングアプリって何?

マッチングアプリとは簡単に言えば

「異性と出会う機能があるアプリ」

の中で更に

「マッチング機能」

があるものをマッチングアプリと呼びます。

しかし人によっては異性と出会う機能があるアプリをすべてマッチングアプリと呼ぶので明確な定義は難しいです。

基本的には将来を考えられるような真剣な恋活・婚活をするならマッチング機能があるアプリを使った方が良いと思います。

ここからはマッチング機能についても説明しますが、機能などは関係なくとにかく人気のあるマッチングアプリを利用したいという方は

おすすめマッチングアプリの比較とランキング2017年版

こちらからランキングを確認して登録してください。

会員数や料金等で比較してランキング化しています。

マッチング機能とは?

マッチング機能とは、お互いが「いいね!」をしないとメッセージ交換ができない仕組みのことです。

簡単に言えばお互いに好意を持って初めてメッセージ交換ができるようになる仕組みと言えます。

このマッチング機能によって

  • 異性からやたらめったらメッセージが届くことが無い

  • 初めから興味が無い相手からメッセージが届くことが無い

  • 全会員の中から自分好みに絞った相手とのみやりとりするので時間の無駄がなくなる

というメリットがあります。

しかし、マッチングしないとメッセージ交換等で相手の人柄を知る機会を逃すことになります。

第一印象が良くない相手でも相手のことを知るうちに印象が全く変わってしまう、ということが現実ではよくありますが、マッチング機能があるアプリにおいてはこのようなチャンスを逃すことになります。

ただ、全体的なメリット・デメリットを考えると非常に優れた仕組みと言えます。

マッチングアプリの登録は既婚は不可で、さらに友達が10人以上という条件も

恋活・マッチングアプリはそれぞれ登録条件が異なりますが、一般的にはFacebookのアカウントがあるだけでなく、そのアカウントが

  • 高校を卒業した満18才以上で

  • 友達が10人以上いる

  • 交際ステーテスが「既婚」ではない

この3つを満たすことを条件にしているアプリがほとんどです。

ただ、稀に年齢を20歳以上にしたり、職業の項目で学生(大学生・短大生・専門学校生)を登録不可にするなどして特徴を打ち出してるアプリもあります。

このような制限があるアプリは社会人限定の婚活アプリだったり、エグゼクティブ・富裕層限定のアプリだったりすることが多いです。

実はfacebookは実名で登録する必要が無い

facebookに登録していない方はそれぞれ登録していない理由があると思います。

その理由はほとんどが実名での登録がわずらわしいからではないでしょうか。

しかし、実はfacebookは実名でなくても登録が可能です。

実名制をうたっていますが、あからさまな芸能人の名前以外の普通の名前ならなんでも登録できます。

それは実名かどうかを判断する機能(個別の新規会員への免許証等での性別・本名・年齢確認等)は一切備わっていないからです。

なので、利用規約に反するような行動をしなければ名前・年齢・性別を変えてfacebookのIDを取得してもアカウント削除などの措置が取られることはありません。

さらには一人にユーザーが複数のアカウント、つまり別アカウントを持つことも可能なので、実は全く実名制ではないことがわかります。

実名か否かはそれぞれのユーザーに委ねられているので、実名登録が嫌でfacebookに登録するのを躊躇しているのであれば、偽名で登録してみて、楽しければ実名で登録してみてはいかがでしょうか。

登録には1アカウントあたり、1メールアドレスが必要です。

登録方法は簡単です。

  1. フリーのメールアドレスを作成する。Gmail、ヤフーメールなどどれでも大丈夫です。

  2. それぞれのメールアドレスごとに割り振る名前、性別、写真をあらかじめ考え、用意する。

  3. 実際にfacebookに新規登録して、IDはメールアドレス、PASSは適当に作って保存する。

これだけでOKです。

2個どころか、その気になればいくらでもfacebookのアカウントを作れます。

将来はFacebook側が会員への電話番号認証などを導入して複数アカウント保持を防止する可能性がありますので、興味がある場合は今のうちに大量に作るとよいと思います。

※業者としての勧誘やスパム的な活動をした場合はすぐにアカウントが削除されますので絶対に止めてください

もし電話番号認証の仕組みが導入されたとしても携帯電話を複数台持っていたり、電話番号変更すれば新しいアカウントが簡単に作れます。

facebook内の有名恋活・マッチングアプリ

facebookには外部の会社がアプリを公開できる仕組みがあります。

Facebookのソーシャルグラフと呼ばれる会員同士の相関図を利用して、出会いに繋げるようになっています。

中には会員数百万人以上の超巨大SNSアプリがあり、新しい出会い方として世界中で注目されています。

Facebookと連携しているアプリの中でも特に有名なアプリを列挙します。

  • Omiai(オミアイ)

  • TopFace(トップフェイス)

  • Are you interested?(アーユーインタレステッド)

  • facelink(フェイスリンク)

どれも出会い系アプリというよりは

「婚活アプリ」「恋活アプリ」

となっています。

出会い系と婚活・恋活の違いは明確ではありませんが「婚活アプリ」「恋活アプリ」という体裁の方が女性会員が入会しやすいので、女性会員が増えやすいというメリットがあります。

これらのアプリのアカウントもFacebookのアカウントごとで作成できます。

つまり一人の男性が複数の男性になりすまして利用することが可能ということです。

運営会社がIPアドレスの重複をかなりこまかくチェックしていたら別ですが、そこまでする運営会社はまずありません。

facebookと連携したSNSアプリを使うメリットはサクラと業者が少ないこと

SNSアプリがFacebookと連携することによって、異性と出会いたいと考えているユーザー側にも様々なメリットがあります。

最も大きいのは普通のアプリと比べて圧倒的にサクラや業者が少ないということです。

すでに説明したようにFacebookのアカウントは複数持つことができます。

なので業者が大量のアカウントを作成してFacebookを利用すればサクラになることができます。

しかしあまりにも不自然な動きをしたらFacebook側にアカウント削除されます。

さらにSNSアプリ側でも妙な勧誘をしている女性に対してはアカウントの停止や削除の対応をするのでサクラや業種がゼロではありませんが数は少ないです。

しかし、サクラがゼロになる訳ではありません。

いまのところ確認できていませんが、もし悪質なFacebook連携マッチングアプリがあった場合は別で、自分たちでサクラ女性を量産して男性会員を騙すようなアプリが出てくる可能性があります。

なのでFacebookでログイン=100%サクラ無しと考えると危険です。

FBの別アカウントでマッチングアプリを使ってもメリットはありません

pairsやOmiaiで複数のアカウントを作って異性と出会う確率が高くできないかと考えたり、ネットワークビジネスの業者が複数のアカウントで偽名を作って勧誘に使えないかと考えるようですが、ほとんどが無駄に終わります。

先ほどもふれたように、不審な動きや通報があれば運営側でIPアドレス等を調べればすぐに不正アカウントだとバレます。

出会い目的で使っている人の場合はプロフィールを盛ったりもするようですが、盛っても結局出会えば色々とバレますし、詐欺的な行為をすれば結婚詐欺として逮捕されることもあります。

なので結局はひとつのアカウントでプロフィールを盛ったりせずに利用するしかありません。

2個でも3個でもアカウント自体は作ることができますが、結局のところあ、あまり意味は無いのです。

facebookを含めた各アプリの利用規約をしっかり読んで、健全にマッチングアプリを楽しみましょう。

Facebookと連携しない婚活サイト・アプリもおすすめです

ここまで説明したように、Facebookと連携した婚活アプリだからといってすごくメリットがある訳ではありません。

実際に、Facebookと連携しない恋活婚活サイト・アプリもたくさんあり、その中には優良サイトもあります。

Facebookとの連携の必要なくて、サクラがいない優良サイトとしておすすめなのは

です。

どちらもFacebook連携のアプリとはやや会員層が異なりますので、Facebook連携のアプリを使って理想の人と出会えなかった時は是非チャレンジしてみてください。

Facebookを使わない方がなんとなく気分的に少し楽というのもあると思います。

出会える系サイトでもFacebookとの提携が可能に

サクラがいない出会える系サイトとして有名なハッピーメールが登録・ログインでFacebook認証を導入しました。

Facebookでログインしても恋活婚活アプリと同じく18歳以上の年齢確認が必要です。

ハッピーメールの場合は恋活婚活だけでなく、もっと直接的で刹那的な出会いにも対応しています。

登録後、年齢確認とプロフィール設定(細かく設定すると出会える確率が上がります)が終わったらまずはプロフィール検索してご近所さんを探してみましょう。

同じ趣味の異性などもプロフィール検索で探せますので、メッセージが盛り上がりそうな人を見つけたら即メッセージを送り、親しくなったらLINEなどのID交換というのが攻略の流れになります。

婚活アプリと同じく相手にメッセージ等のアクションをする前に自分のプロフィールを充実することは忘れないでください。

・ハッピーメール

http://happymail.co.jp/

10年以上の運営実績があるサイトですので、安全性が高いという特徴もあります。

もちろん他のFacebook連携アプリと同じく、Facebook上でハッピーメールに登録したことが友達にバレることはありません。

あくまでもログインにFacebookのアカウントを使用しているだけです。

それに、ハッピーメールではFacebookのアカウントを使用せずに登録・ログインすることも可能です。

なんとなく不安を感じている方はFacebookアカウントを使わずに使用してみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事