【初心者向け】2017年版ネットを使って出会う方法7個まとめ

いまや何でもネットの時代です。

そして、出会いに関してもネットを使う時代になりました。

このページではネットを使って出会いを探す方法を、それぞれの安全度も記載してまとめました。

「出会いが少ない」

「出会いが欲しい」

と嘆く前にまずは出会い系アプリやマッチングアプリに登録してください。

ただし、18歳未満の未成年による出会える機能があるアプリの利用は法律によって禁止されています。

出会いが無い・・・と嘆く前にネットを使って出会いを増やす方法を探しましょう!

「出会いが無い・・・」

「いい人となかなか出会えない」

と思いながら毎日会社や学校と家を往復している人は多いと思います。

そんな生活から抜け出したいなら、ネットで出会いを探せば簡単に脱出できます。

出会いに関するアンケートなどで異性との出会いのきっかけ上位になることが多いリアルな場所は

  • 合コン・パーティー

  • 友達の紹介

  • 学校の同級生・先輩・後輩

  • 職場の同僚・先輩・後輩

などです。

出会いのきっかけをこうして並べると、日常生活は出会いの機会に溢れているように感じます。

実は学校や職場は出会いが多いのです。

しかし、

(男性へのアンケート)交際している異性はいない:69.8%
(女性へのアンケート)交際している異性はいない:59.1%

という数字を見ると現実の残酷さがわかります。

※18~34歳の未婚者を対象としてアンケート。第15回出生動向基本調査の独身者調査の結果概要から結果を引用

http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou2.pdf

交際している異性がいなければ、将来結婚もしないし子供も生まれません。

このままだと日本は少子高齢化まっしぐらです・・・。

マッチングアプリなら初心者でも出会える

そんな中、少子高齢化対策として期待されているのがマッチングアプリ、つまり異性と出会えるアプリです。

アプリだけでなくサイトもあります。

昔から出会い系サイトや婚活サイトは存在していましたが、国の問題を解決する方法として再注目されているのです。

確かに結婚適齢期の男女はネットを使っていますし、ネットならではのメリットがあるというもの事実です(デメリットもあります)。

今回の記事はリアルな世界での出会いが少ないけどネットでの出会い探しになかなか踏み出せない初心者・未経験者人向けです。

ネットで異性との出会いを探すときによく使われる方法を簡単にまとめました。

それぞれの内容と安全性についても触れていますので、まずはどんな方法があるかを確認し、

「これなら私(僕)でもできそう・・・」

と思ったら負担がかからない範囲でチャレンジしてみてください。

出会い系サイトはイメージが悪いけど実はかなり優れている出会いの場

出会い系サイト=犯罪やサクラという時代はとうの昔に過ぎています。

しっかりしているものを選べば、という前提付きですが現在はデザインやカスタマーサポートなど、総合的には恋活サイトと言って良いデザインのSNSとなっています。

そして、結論から言うと有料の出会い系サイトの方が完全無料の出会い系サイトより安全性は高いです。

※しっかりした出会い系でも女性は完全無料です。有料なのは男性のみです

有料出会い系と完全無料の出会い系の特徴と安全度を簡単に解説します。

有料出会い系サイトは年齢確認と前払い制がポイント

有料の出会い系サイトとはどういうことでしょうか。

結論としては異性とのコミュニケーションに対してポイントが必要で、そのポイントが有料ということです。

つまり異性とコミュニケーションをとろうとすればするほとお金がかかる仕組みです。

しかし前払いでポイントを購入しますので、知らぬ間にお金を使いすぎることはありません。

そして18歳以上の年齢確認があります。

登録自体は何歳でもできますが、メッセージ・メール機能等は年齢確認が終わらないと使えません。

消費ポイントはメッセージ1送信あたり50円程度が目安ですので、お金があまり無い大学生でも使える範囲内です。

ライトな出会いから真剣な婚活まで、いろいろな目的で老若男女が登録していますので出会う気が無くてもSNSとして使うと楽しいと言う特徴もあります。

個別にあるプロフィールページ・掲示板・足あと・つぶやきなど、SNSに慣れていれば簡単に使えるものばかりです。

安全度に関しては

安全度:☆☆☆☆(最高は☆5個)

となります。

未成年はおらず、トラブルが起きても運営に即相談可能なので安全度は高いです。

しかし会員数がとても多いのでいろいろな人がいます。

中には悪だくらみをしている人(業者)もいるので安全度は星5個中4個としました。

無料の出会い系サイトは悪質サイトだから登録しない

無料の出会い系サイトは基本的におすすめできません。

有料の出会い系サイトは自分達の努力で利用者からの信頼と実績を積み重ねてSNSとしても優れたサイトに成長しました。

対して、無料の出会い系サイトは古くからあるサクラや個人情報の悪用などによる悪質サイトというイメージそのままです。

出会い系サイトといってもたいてい株式会社が運営しており、お金が入ってこないと事業として成立しません。

完全無料の出会い系サイトからは運営会社に直接的にはお金が入ってきません。

これは迷惑メール・架空請求・同時登録などの別の手法でお金を得ているためです。

もちろんすべて法律違反の犯罪行為です。

だから無料の出会い系というのは仕組み的におかしいことなのです。

人は誰しもがお金を使いたくないので完全無料という言葉に惹かれます。

この心の隙を突くのが完全無料の悪質出会い系の運営会社です。

騙す方法も巧妙になっていますので近づかないことが一番です。

たまに完全無料のサイトやアプリ内に記載されている

「広告収入でまかなっているから無料なんです」

というもの嘘です。

アフィリエイト等の広告収入で出会い系の運営費用を払っても黒字になるほど儲けることは困難です。

完全無料の出会い系サイト=犯罪の温床

と覚えておいてください。

そして、近づかないようにしましょう。

安全度は

安全度:星無し(とても危険)

となります。

有料の出会い系は星4個なのに無料は星無しになってしまうくらい両者には明らかな違いがあるということです。

出会い系アプリの中身は出会い系サイトと似ている

スマートフォンの利用者が増えだした2010年から2011年頃にかけて出会い系サイトならぬ出会い系アプリが登場しました。

その後の普及と未成年の男女を巻き込むトラブルの多発は出会い系黎明期の勢いを連想させます。

サイトと同じくアプリでも安全なものと危険なものがあります。

しかし、アプリの場合はApp StoreやGoogleplayでリリースする前に中身の審査があり、そのせいかサイトより全体的な安全性は高いです。

全体としては有料の出会い系アプリの方が安全で、無料の出会い系アプリは悪質なものが多いという傾向は同じです。

悪質なものも程度としては低く、サクラや外部アプリへの誘導があるくらいです。

けれど多少状況が異なりますので有料アプリと無料アプリそれぞれの状況を説明していきます。

しかし、その前に何と言ってもLINEについて言及しないといけません。

それくらいスマホ時代の出会い系アプリと言えば良くも悪くもLINEが欠かせないのです。

LINEは出会い系アプリではない

LINEは無料の通話・チャットアプリです。

つまりメールや音声通話が無料で使えるアプリです。

これだけ普及するといわゆる生活基盤=インフラを担っているといっても過言ではありません。

小さい子供から大人まで、LINEは水のように当たり前のものとして利用されています。

その人気のせいか、犯罪を手助けするような手段としてLINEが使われているという指摘もあります。

LINEは電話やメールと同じでよほどの事がない限りやり取りの内容は監視されません。

なので犯罪者同士の連絡や援助交際の交渉などにLINEが使用されているのも事実です。

しかし、だからと言ってLINEが悪いとは言えません。

悪いのは悪事を企む人で、LINEはただの通信の手段です。

LINEが悪いとなったら電話やメールも手紙も悪になります。

よってLINEを起点として何か犯罪が起きたとしてもLINEが悪いのではありません。

LINEは出会い系アプリでも悪質アプリでもなくただの通信用アプリなのです。

ただ、LINEでのアダルト写真の交換がきっかけで逮捕されたりする人は多いので、大人としての節度を守って利用してください。

LINEはデジタルな証拠が残るので、悪いことをしたら隠し切るのは困難です。

LINEだから安全ではなく、LINEだから危険なのです。

よって礼儀作法やマナーをLINE上でも守り、公序良俗に反するような言動は慎みましょう。

有料出会い系アプリは優良出会い系サイトのアプリ版のみおすすめ

出会い系アプリと言っても意味するものはとても広いですが、今回はややこしいので婚活アプリは出会い系アプリに含めません。

出会い系アプリはApp StoreやGoogleplayからダウンロードでき、

  • ライフスタイル

  • ソーシャルネットワーク

などのカテゴリで探せます。

こちらは結論から言うと、優良出会い系サイトのアプリ版のみがおすすめです。

他は大抵サクラがいる悪質の有料アプリです。

ですが注意したいのは出会い系アプリと恋活婚活専用アプリを同じものだと考えないことです。

実際に恋活婚活アプリは優良アプリが目白押しです。

出会い系アプリと恋活婚活専用アプリの見分け方は後ほど説明します。

出会い系の優良アプリの探し方として注意したいのはApp StoreやGoogleplayの検索結果やランキングを信じすぎないことです。

アプリストアのランキングは

  • アプリの課金売上

  • ダウンロード数

によって変化します。

もし悪質アプリがお金がたくさん使って広告宣伝をしたら一時的にランキングの上位に入り、まるで人気アプリのように見えることがあります。

そうなってしまったら知識や経験が無い人はランキングを信じてダウンロードし、サクラ相手にお金を無駄にしてしまいます。

お金を無駄にしないためにも、ダウンロードする前に口コミや体験談をチェックすることが重要になります。

このページでは詳しく説明しませんが、優良出会い系サイトのアプリ版だけ使う、と決めておけばサクラ詐欺などは予防可能です。

なので優良出会い系サイトのアプリ版に関しては安全度は高く

安全度:☆☆☆☆

となります。

無料の出会い系アプリは危険だらけ

初心者には無料の出会い系アプリはおすすめしません。

というのも

  • 年齢確認が無くて未成年が混ざっている

  • 投稿が監視されていないので犯罪的な内容の物も多い

  • アプリの中の広告も詐欺的な出会い系アプリが多い

  • 無料アプリから有料アプリへ誘導される

このような非常に悪質なアプリが多いからです。

完全無料なので興味本位でダウンロードする人は多く、その中には真剣な出会いを求める人も含まれます。

なので出会える確率が無いこともありません。

しかしそれ以上にリスクを負うことになります。

それなら最初から格安の有料出会い系アプリを使った方が健全で多くの出会いが生まれるでしょう。

なので安全度は低いです。

安全度:☆

出会い系アプリと恋活婚活アプリの見分け方

出会い系アプリと恋活婚活アプリの見分け方として、完璧に見分ける方法はありません。

というのも、仕組み上での差が少ないからです。

アプリがあるカテゴリも「ソーシャルネットワーク」なので同じです。

違うのは会員の出会いの目的やモチベーションだったりするので外部から見分けるのは難しいです。

出会いといっても遊び相手から将来の結婚相手探しまで、目的が違えば過程も違います。

だから目的と一致しないサービスに登録すると流れで当初の目的と全然違う相手と出会ってしまうかもしれません。

それは特に女性にとってはマズいので、簡易的に判断基準となる要素をまとめます。

出会い系アプリではなく、恋活婚活アプリのみを探すときは下記の条件を満たすアプリを探しましょう。

  • 登録にあたってFacebookのアカウントを使う

  • Facebookのアカウントで友達10人以上が必要

  • 有名な企業が運営している

  • アダルトな要素を含むメッセージを禁止

  • 1通目からLINEのIDを聞いたりすることを禁止している

この5つをすべて含むアプリは優良企業が運営する恋活婚活アプリです。

恋活婚活アプリは真剣な恋愛をしたかったり結婚相手を探したい人向けのアプリです。

なので不安を感じたら有名企業のアプリを使うことをおすすめします。

名前やアイコンの雰囲気だけで決めるのはとても危険なので、それは止めましょう。

恋活婚活アプリを使うメリット

恋活婚活アプリのメリットは第一にはアダルト的な内容がすべて禁止されていることです。

真剣な出会いの場なので当然ですね。

よって女性が不快な思いをすることは減ります。

最近の恋活婚活アプリの成功は女性会員が安心して使えることだと考えています。

そして、女性会員が集まれば男性会員も自然と集まるという生理的な現象を運営会社は利用しているように思います。

料金面でも出会い系のようにメッセージ交換をすればするほどお金がかかるという仕組みではありません。

男性は基本的に毎月定額制で、女性は無料です。

だからお互いが納得するまでサービス内でメッセージ交換でき、焦ってLINE交換する必要もありません。

さらに、メッセージを交換する前に「マッチング」という仕組みがあります。

マッチングとはお互いが承認しないと個別メッセージが送れない機能です。

この機能があることにより、特に女性へ男性会員から大量メッセージが送信されることを防いでいます。

よって変な人からメッセージを受け取ることなく気分良く恋活が可能となるのです。

安全度はネットを使った出会いの中では最高クラスになるのも納得ですね。

※ただしマッチングを選別しないとメッセージが大量に届き女性の人気会員は対応できなくなることがよくあります

安全度:☆☆☆☆☆

LINE掲示板アプリやサイトは危険度トップクラス

さきほどLINEはただの通信アプリだと言いました。

しかし使い方によって悪用も可能です。

LINEで起きた犯罪のうち、LINE掲示板と呼ばれるID交換可能なアプリ・サイト経由で起きたものはけっこうあるはずです。

LINE掲示板の中身はLINEと関係無いただの掲示板ですが、

  • 完全無料で使えて

  • 未成年でも投稿できて

  • 投稿の中身はほとんど監視や検閲されない

という悪質サービスの条件を満たしています。

誰とも簡単にLINEのID交換ができるという、まさに出会いに直結するであろう仕組みはスマホ時代の犯罪の温床になっています。

危険度は非常に高く、安全度はゼロです。

LINE掲示板に限らず掲示板を出会いに利用するのは全くおすすめできません。

安全度:星無し(とても危険)

SNSなどで「主」になっての出会い

SNSは人と人を結びつけるネットサービスです。

たくさんの人が利用するという特徴があり、その中の人気者になるとSNS内での出会いもあります。

  • FacebookやmixiなどのSNS

  • Twitter

  • ツイキャス

  • ニコニコ動画

などで自分が情報を発信する側「主」になり、たくさんの人から支持されるようになると信者のような人たちが出てきます。

となると簡単に連絡先を聞いたりできるので、出会いが生まれます。

しかし、こういったSNSは未成年でも使えて、実際に未成年との出会いの手段として悪用する人もいます。

そもそもSNSは出会うためでなくあくまでもネット内での交流のために運営されています。

なのに出会い目的で使うと運営の方針に強制退会になったりします。

ですので出会いの場としては向きません。

どうしても出会いたければオフ会などを開き、その主催者として男女関係なく色々な人と出会い、そこから出会いを広げるのが方法として最も良いと思います。

安全度:☆☆

ネットを経由して婚活パーティーや合コンもできる

ここまでインターネットを利用して出会う方法を紹介してきました。

良い方法も悪い方法もあります。

どんな方法も完璧ではなくデメリットや危険があります。

なので特徴や危険性などを把握した上で使ってください。

ネット内で完結せずに、ネットから申し込み可能な合コンや婚活パーティーのサービスもたくさんあり、たくさんの人が参加しています。

これらを利用すれば少なくとも

「出会いが無い・・」

と嘆くことはなくなるでしょう。

ネットを使った出会いには抵抗があるかもしれませんが、リアルな出会いが少ないならネットで補うというのが効率面では優れているように思います。

  • 出会いの量を求めるならネットを使う

  • 出会いの質を求めるなら結婚相談所や友達の紹介などを利用する

このような組み合わせで出会いの量と質のバランスをとり、良い出会いを見つけてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事