ネット風俗・ネットキャバクラとも呼ばれるライブチャットの遊び方

「ネット風俗」「ネットキャバクラ」と呼ばれる大人気のライブチャットはどこまでできるかをまとめました。

ネットを使って24時間女性と遊べるのはライブチャットの最大の特徴なので、ルールを守って気分良く遊んでください。

別名「ネット風俗」「ネットキャバクラ」と呼ばれるライブチャットはどこまでできるかのか

今も根強い人気を誇っているキャバクラですが、

  • 可愛い・美人のキャバ嬢(キャスト)と楽しくお酒を飲める

  • 基本的には女性が男性を立ててくれる

  • 夕方から深夜(24時くらい)まで営業している

  • お店によって差はあるけどお金(料金)が高く、場内指名等のオプションで追加料金がかかる

  • 擬似恋愛を楽しめて、実際に出会うこともできる(同伴・アフターなど)し、付き合うこともできるが店内でのお触り等のエロ行為は禁止

これらの特徴があります。

準キャバクラとも言えるガールズバーも若い男性の間で人気がありますので、基本的にこのような特徴を持った商売は男性から受けがいいようです。

キャバクラやガールズバーの要素・特徴をネットに移し、「ネットキャバクラ」や「ネット風俗」と呼ばれるのがライブチャットです。

ライブチャットでバイトしている女性は「チャットレディ」「ネットキャバクラ嬢」「ネット風俗嬢」なんていう風に呼ばれます。

ライブチャットの特徴とキャバクラとの明確な違いは

  • 店舗ではなく、カメラ越しに会話・接客をしてもらう

  • 営業時間に制限が無く、24時間365日営業している

  • サイトによってはアダルトチャットがOK

  • 店舗の制限が無いので女性数が多い

  • チャット時間の分だけ課金されるので料金がわかりやすい

などです。

ここからは全体を補足していきます。

基本的な遊び方・できること

基本的には「チャット」がメインです。

チャットにも種類があって

  • のぞきチャット

  • パーティーチャット

  • ツーショットチャット

この3種類が一般的です。

チャットと言っても文字だけでなく、マイクを使った音声通話やも可能ですし、男性側もパソコンの内臓マイクやスマホを使って声でコミュニケーションを取れます。

カメラを使った映像・音声配信も可能で女性側だけでなく相互で動画を配信することができます。

性癖的に女性に見て欲しい、という男性もいると思いますが、利用規約等をしっかり読んで許可されている範囲内にしておきましょう。

キャバクラでは悪質なお客さんは出禁(できん)になりますが、ネットでも同じくチャットの強制終了・BANや強制退会などの措置を受ける可能性があります。

ネットキャバクラはポイントを購入して、それを使用する仕組みなので、強制退会になったら購入したポイントを損することになります。

ネット風俗では数十人、時には数百人いる女性の中から男性が女性を指名します。

過去にトラブルを起こしてペナルティを受けていない限り女性への指名が拒否されたりすることはありませんので安心してください。

音声であれ、動画であれ、チャットがはじまったら軽く挨拶をしましょう。

ネットとはいえマナーが大事ですし、お金を払ってる側だからといって横柄にしていたら女性に嫌われるのはキャバクラと一緒です。

気になるアダルトチャットはどこまでOKか

アダルトライブチャットの利用を考えている男性にとって最大の関心はどこまでエロが許されるか、ということでしょう。

アダルトで許されるのは

  • ブラジャー・パンツなどの下着姿

  • ビキニなどの水着姿

  • 肌の露出が多いコスプレ

  • 性器・肛門部分以外の全部

という感じになっています。

アダルトライブチャットなら性器部分以外は基本OKです。

ただ、見るだけでなく女性に愛撫等のリクエストをお願いすることもできます。

女性の中にはバイブやディルドなどのアダルトグッズを用意していますので、まさにAV女優顔負けのパフォーマンスが期待できます。

アダルトチャットで働く女性は男性からのリクエストには基本的に応えるように教育されているので、まさに「ネット風俗嬢」といった感じです。

普通の風俗店と同じくランキング上位の女性や男性を満足させるような過激なパフォーマンスができる女性はたくさんの男性に指名されて人気がありますので、ツーショットチャットなどはなかなか難しいです。

過激なパフォーマンス+若くて可愛い女性が組み合わさるとパーティーチャット時には数十人が同時に視聴参加するなどしていますので、なかなか自分のリクエストを受け入れてもらうのは難しいです。

見せてはいけない部分を事故的に女性が見せてしまうこともあるようですが、その場合は運営が色々と対応してくれます。

男性が無理矢理強制したりしない限りペナルティを受けたりすることはありません。

過去のことですが、性器部分をライブ配信で見せてしまったチャットレディが警察に逮捕されたという噂がありますので、あまり女性にポージング等で無理なことはさせないようにしてください。

ポロリ的な状況でも見せてはいけないものをみせてはいけない規則です。

過去の人気アダルトチャットの動画も見れる

ライブチャットの大きな特徴ですが、サイトによっては過去の人気チャットを女性自身が投稿できるようになっています。

投稿された過去チャットは「タイムシフト」などの名称で(各サイトごとで異なる)男性会員全員に公開され、チャットレディがサイトにログインしていない状況でもその女性の過去のパフォーマンスを見ることができます。

投稿されている動画はたいていかなり過激な内容ですので、お金を払って見る価値はじゅうぶんにあります。

気になる女性はいるけど、タイミング的にログイン時間が合わない場合は女性の過去の動画で我慢してください。

他の男性会員とのチャットの風景をのぞけますし、その女性がどんなプレイが可能かを把握できます。

感覚としては女性のプライベートの風景を覗いているような感覚になれると思います。

若い女性が多いサイト、熟女好き向け、スマホアプリなど多様性がある

ネットキャバクラには

  • 若い女子大生が多い

  • 熟女人妻系が多い

  • スマホやガラケーでみやすい

  • スマホアプリに対応している

  • 海外の外国人女性とチャットできる

このようにサイトごとで様々な特徴があり、自分の好みの女性が多いサイトを選ぶことができます。

種類だけでなく、サイト自体がたくさんあります。

店舗のキャバクラのように一度入ったらはすぐにはお店から出れないというものでもありません。

サイトをみたけど気になる女性がいなかったらすぐに別のサイトに移動して女性を探せますし、時間を少しおいて女性のログインを待つこともできます。

もっとも女性がログインする時間帯は女子大生やOLが家でゆっくりしている22時〜24時頃です。

この時間は大量の女性が待機していますので、事前にチェックしていた女性を見つけたら即ログインしてください。

サイトによっては「お気に入り」といって、女性がログインしたら通知してくれるサービスなどもあります。

LINEのID交換は禁止

ナンパ方法というか、意中の女性とコミュニケーションをとる方法としてLINEのID交換を考える男性は多いと思いますが、女性との連絡先交換は禁止されています。

これは女性をストーカー被害から守るためでもあります。

本物のキャバクラでもプライベートの連絡先を教えてくれるのは相当な深い仲になってからなので、こっそり連絡先を交換しようとしてもまず無理です。

隠語や暗号のような表現で伝えようとするのもおすすめできません。

運営にバレればペナルティを受ける可能性もありますので、素直に諦めて割り切って楽しんで方が良いと思います。

そもそも女性達は出会いを求めて登録している訳ではありません。出会いを求めるなら専用のアプリやサイトの方が確実です。

出会いは禁止だけど・・・

出会い自体は利用規約などを見てもしっかり禁止されています。

しかし、特に携帯サイトでは顕著ですが、出会いを求めるような内容のメールを送ってくる女性がいます。

これはおそらく「メールレディ」といって、メール交換で報酬が入る仕組みを利用しているのだと思います。

このような女性はサイト内のメールだと何回でもスムースにやりとりができますし、写メ交換などもできますが、LINE交換などは難しいです。

しかし、流れで聞いてみて教えてもらたら脈ありということですので、チャンスです。

FC2ライブのようなリアルタイム動画配信サイトは過激だけど・・・

何かと物議を醸すニコニコ動画・FC2ライブ・ツイキャスなどの動画生放送サイトですが、中でもFC2ライブの過激さは群を抜いています。

海外サーバーだから無修正でどこまでも配信できるというメリットがありますし、有料放送でお金を稼げるということで女性だけでなくカップルや、ネットでスカウトした素人女性にAV女優のような行為をさせる男性もいるなど、まさにカオス的な状況となっています。

男性がお客さんとして利用する分には特に危険はありません。

しかし、運営会社や経営者に対しては警察がマークしていますので、継続的にサービスがこれからも運営されるかどうかはわかりません。

FC2ライブに彼女と一緒に出演すれば儲かる、という風なネットでの噂を見ても真に受けず、あくまでも利用者として楽しんでください。

出演した男性が逮捕された例もたくさんあります。

この記事を読んだ人におすすめの記事