デートアプリはじっくり恋活・婚活したいという人向けなので即会いの期待は薄い

デートアプリ、マッチングアプリとは恋活婚活アプリの一種

デートアプリ、マッチングアプリ、デーティングアプリとは結局のところ「出会い系アプリ」「SNSアプリ」の一種です。

出会い系アプリだと印象があまり良く無いので「恋活アプリ」「婚活アプリ」という風にマイルドに表現していますが、機能や仕組みの面でみると出会い系アプリの一種であることに変わりはありません。

マッチングアプリを運営している会社のほとんどは日本で出会い系サイトを運営するのに必要な

「インターネット異性紹介事業届出」

をしっかり提出しています。

海外では

「zoosk(ズースク)」「tinder(ティンダー)」「okcupid(オーケーキューピッド)」「POF(ピー・オー・エフ)」

などが超人気デートアプリとして知名度が高いですが、日本国内では下記のアプリの人気がマッチングアプリとして高いです。

海外ではオンラインデートサイト・アプリで知り合いデイティング(デート)するのが普通

Tinderなどの大人気マッチングアプリの影響で、オンラインで男女を物色するオンラインデートはアメリカやオーストラリアなどの英語圏ではすでに市民権を得ています。

オンラインデートから結婚まで辿り着いたカップルは離婚率が低いというデータもあるようなので、総合的に効率の良い出会い方ということで日本でも発展しそうです。

もし日本に外国人の男女がたくさん住むようになれば普及の速度は上がるでしょうし、普及さえすれば便利な仕組みなので例えば結婚式で定番の質問である

「どこで新郎新婦は知り合ったのか?」

という質問にも堂々と

「Omiaiです」

などと答えられる時代がくるかもしれません。

それくらい普及したら日本在住の外国人との国際結婚や、海外在住の男女とも国際結婚も増えるでしょう。

2015年や2016年では難しいかもしれませんが、これらマッチングアプリがあるのが当たり前の時期に大学時代を過ごした男女が増えれば雰囲気も変わるのではないかと思います。

ここからは基本的なデートアプリの登録方法や使い方を説明していきます。

会員として利用できるのは男女共に18歳以上でサクラはいない

デートアプリを利用できるのは18歳以上です。

18歳以上でも高校に在学中の場合は利用できません。

18歳以上であることを確認する書類のコピーや写メの提出が必要です。

このように18歳以上であることを確認する書類提出を必須にしているサイトやアプリの場合、サクラはまずいません。

本来出会い系サイトは法律によって男女関係なく全会員に対して年齢確認書類の提出を義務づけています。

提出した個人情報(免許証、健康保険証のコピー)は厳重に管理・保護されますので悪用はされません。

ただし、サイトを通じて何らかの犯罪を起こしたり、被害にあったりした場合は警察から照会があれば過去のメッセージのやりとりや個人情報を警察に知られる可能性があります。

会員登録はFacebookのデータ(写メやプロフィール)を利用したりすることが多い

デートアプリはFacebookのアカウントが必須だったり、Facebookのデータを利用する事が多いです。

最近はFacebookのアカウント無しで登録・利用できるアプリも増えましたが、まだまだFacebookのアカウントが必須のアプリが多いです。

なのでFacebookのアカウントを作成しておきましょう。

ただ作るだけでなく、写メはうつりの良いものを用意して、プロフィールをきっちり書いて他人が見てどんな人柄なのかわかるようにしてください。

もしFacebookのデータを利用してデートアプリに登録しても、デートアプリ内の行動はバレません。

友達に通知されるようなことはありませんので、Facebookを使うから危険、などのように感じる必要はありません。

あくまでも写メやプロフィールのデータを使うだけです。

男性は有料で月額3,000円くらいが相場

なぜこのような設定なのかわかりませんが、デートアプリは月額課金制を採用しています。

つまり毎月3,000円程度が引き落とされます。

出会い系アプリは前払いポイント制なので忘れたまま放置するということが無いのですが、デートアプリの場合は登録していたことを忘れると1ヶ月でけっこうなお金が引かれるのでショックが大きいです。

しかし、月額3,000円という金額を見ると高く感じますが、どのサイトも年間一括申し込みするとかなり安く利用できます。

だいたい毎月1,500円くらいなので、毎月契約更新するのと比べると約半額です。

長期的にデートアプリを使って結婚相手を見つける気なら年間契約がおすすめですね。

使い方の基本は写メを見てマッチング

基本的に使い方は「マッチング」です。

マッチングとは相手のプロフィールに登録してある写メをみて

「イイネ!」「グッド!」「ライク!」「like!」

などをすることで相手に好意を持っていることを伝えることです。

男女どちらかから好意を持っているという通知を受けたら、その通知に対して「イイネ」か「ダメ」つまりイエスかノーかの通知を返すことができます。

男女両方が「イイネ」を選択すればマッチング成立、となります。

マッチングが成立してはじめて個別メッセージのやりとりができるようになります。

普通のSNS的な出会い系アプリは「イイネ!」などが関係無く誰にでもメッセージを送る事ができてしまうので、女性や人気のある男性には無数のメッセージが届いて選ぶのが難しくなります。

その点デートアプリではマッチングが成立した相手からしかメールが来ませんので、その相手に送るメールの内容をじっくり考えることができたりするメリットがあります。

マッチングが成立したらLINEやカカオのID交換が攻略法

マッチングが成立したらLINEやカカオトークのIDを交換しましょう。

相手が嫌がらないようにメッセージを送って下さい。

急になれなれしくなるのを嫌がりそうかどうかでID交換するかしないかを判断した方がいいかもしれません。

結婚を考えて婚活目的でデートアプリを使っていそうな女性の場合は何度かアプリ内でメッセージ交換してからの方がいいでしょう。

直接出会える婚活・恋活イベントを開催してくれるアプリもあります

デートアプリは結局のところインターネットを使って異性と出会うアプリです。

ネット上では好印象だったけど実際にあったらとんでもない人だったなんていうことはいくらでもあります。

そういう経験を何度もした人にはリアル(現実)なイベントがおすすめです。

デートアプリはネットでの出会いの場を提供するだけでなく恋活婚活イベントも開催してくれます。

パーティー形式のようなものだったり、共通の趣味を持つ人だけを集めたり、何かしらのテーマがありますので、自分が一致しそうなテーマがあったら積極的に参加してください。

思わぬ出会いが生まれるかもしれませんよ。

この記事を読んだ人におすすめの記事