pcmaxやyycで恋活婚活女子が増加中!その理由を考察

出会い系アプリを使って婚活している女性が急増している理由と男性目線でのメリットについて解説

2016年頃から出会い系アプリ内で

「恋活」

「婚活」

「恋愛」

というこれまであまり見かけない言葉をよくみかけるようになりました。

主に女性からの投稿です。

出会い系アプリの使われ方に変化が起きたのか、それとも出会い系アプリ自体が変わってきたのか・・・

この記事ではなぜ恋活や婚活をする女性が増えたのか、その理由を調べたり考えたりしてみました。

恋活婚活をする女性が増えているということは男性も出会い系アプリで婚活ができるということです。

つまり出会いのチャンスが広がるということですので、男性も恋活婚活に出会い系アプリを使ってみてください。

なぜ専用の婚活アプリではなく出会い系アプリを使うのか?

婚活アプリの流行は凄まじいものがあります。

2017年9月現在、日本で最も会員数が多いpairs(ペアーズ)は会員数が600万人を突破しています。

流石に出会い系で最も累計会員数が多いハッピーメールの1,300万人には及ばなくても、かなり立派な数字です。

ペアーズの女性会員は若くて綺麗な女性が多く、自己紹介文を見ると

「友達がここで彼氏を見つけて結婚したから私も登録しました」

「独身仲間がここで旦那を見つけて寂しいので私も登録しました笑」

このような投稿が多いことに気づきます。

つまり友達から友達への口コミで広がっているのです。

流行が結婚適齢期の友達同士の口コミによるものが多いことからも

  • 結婚相手が見つかった

  • 理想的な恋人が見つかった

などの目標を達成している人が多いことがわかります。

専用アプリはとても便利です。

でも、なぜ専用アプリではなく出会い系アプリを使うのでしょうか?

婚活専用のアプリを使うデメリット – 時間と手間がかかる

恋活や婚活専用のアプリはとにかく疲れます。

特に女性は疲れると思います。

というのもネットの婚活は

  1. 相手を探す

  2. お互いに「いいね!」をする

  3. メッセージを交換する

  4. なんどのメッセージ交換をして相性や相手の本気度を確かめる

  5. 相手と実際に会う(デートする)

  6. 良いかんじだったら引き続きデートを重ねて、いまいちだったら次の相手を探す

という行動を繰り返すからです。

これでは一人の異性と会うのに相当な時間と手間がかかります。

そして、上手くいかないことが続くと疲弊します。

男女の両方が真剣な出会いを探しているからこうなってしまうのですが、とにかく疲れます。

合コンなどであればいきなり出会って、数時間で相手の人柄や相性がなんとなくわかります。

共通の友達がいるというポジティブな心理も働いているのでしょう。

ネット婚活はとにかく時間がかかるというデメリットがあるのです。

そもそもお互いが「いいね」をするマッチングシステムが導入されているので、いきなり直接メッセージが送れる出会い系と比べると時間はどうしてもかかってしまいます。

では、どのようにして人は専用アプリではなく出会い系アプリを使うようになるのでしょうか。

広告を見て脊髄反射的に登録する

今や出会い系アプリの広告がYahoo!などに掲載される時代です。

「なんで出会い系の広告がYahoo!に載るんだ?」

と思った人は出会い系のサイト(web)版ではなくアプリ版を利用して見てください。

  • デザインは恋活風の爽やかなデザイン

  • アプリの中にはアダルト系のコンテンツが無い

  • 18歳以上しか利用できない

しっかりと運営されている出会い系アプリではこのように、出会い系というよりは恋活アプリと呼んだ方がふさわしいくらいの中身になっています。

このようなアプリでないとYahoo!のようなサイトに広告を掲載できません。

Yahoo!などでも

「恋活アプリ」

として紹介されていますので、

「ペアーズやomiaiと似たようなアプリかな?」

と思って登録する人はたくさんいるはずです。

アプリとweb版の違いは「アダルト」

「アプリの中にはアダルト系のコンテンツが無い」

と説明しましたが、これは事実です。

というのもアプリを管理するAppleとGoogleが自分たちのプラットフォームから配信するアプリの中にはアダルト禁止と定めているのです。

もしアプリの中に禁止されている内容があると、アプリはリジェクト(削除)されてしまいます。

だから出会い系アプリといっても中にはダルト系はありません。

なので結果的に恋活アプリと呼べるような中身になっているのです。

たまに2chまとめサイトなどのアダルト丸出しの広告を出している出会い系アプリがあります。

それらは基本的にサクラだらけの悪質アプリです。

アダルトな広告は男性の入会を促すために表現です。

原則としてアダルトはアプリ内にありません。

なのでアダルト目的での登録はおすすめできません。

出会い系アプリを使って婚活するメリット

では、出会い系アプリと使って婚活するメリットを考えます。

第一に挙げられるのはマッチングシステムが無いことです。

マッチングの仕組みがないので気になる人がいたらいきなりメッセージを送信できます。

マッチングアプリではマッチング成立の確率が10%ほどだと言われています。

なのでいきなりメッセージを送ることにより会話が続く可能性が高くなります。

婚活アプリではどうしても人気のある女性会員にいいね!が集まってしまいますが、出会い系では人気が分散される傾向があります。

だから人気が無い会員だから無視されたりすることはありません。

※婚活アプリはもらっている「いいね!」の数がわかり、それが人気投票のような役割になってます

写メの登録が不要

婚活アプリはその性質から顔の写メの登録が必須と言われています。

写メをしないと男女ともに相手にされません。

しかし、出会い系アプリだと工夫をすれば(日記を書く等)写メの登録が不要です。

なので外見に対してコンプレックスがあっても楽しく利用することができます。

会員数が多い

出会い系アプリはたくさんの広告宣伝費を使って会員を募集しています。

会員数が多い出会い系アプリをランキングにしてみます。

  • 1位:ハッピーメール:1,300万人

  • 2位:YYC:1,000万人

  • 3位:PCMAX:1,000万人

  • 3位:イククル:800万人

  • 5位:ワクワクメール:530万人

  • 6位:ASOBO:500万人

  • 6位:ミントC!Jメール:500万人

  • 8位:デジカフェ:10万人(アクティブ会員数)

※2017年9月に確認した会員数です

このように婚活アプリの最上位のpairsでもこの中に入れば7位になってしまいます。

会員数が多ければ地方都市などでも出会いが生まれやすくなります。

基本的に会員数が多くて悪いことはありません。

SNS感覚で使える

出会い系アプリを簡単に説明すると

「出会うことが許可されているSNS」

となります。

日記や掲示板のような気軽に絡める仕組みがあり、SNSのように毎日ログインしても楽しめます。

絡みたくない人がいたら非表示にすれば良いだけなので、心理的な負担がありません。

しかもFacebookのような実名制ではなく、完全な匿名性です。

なので周囲の視線や場の空気などを気にすることなく自由に発言することができます。

実はこの部分が出会い系を使って恋活婚活する最大のメリットかもしれません。

専用の婚活アプリだとどうしても自分を良く見せようと思いがちです。

仕方がないことですが、それを続けると疲れてしまいます。

婚活アプリに疲れた女性が出会い系に移動することも?

ここも意外と見逃せません。

婚活アプリは疲れます。

しかし疲れたからといって出会いを探さないわけにもいきません。

なので疲れたタイミングで見慣れない新しい広告を見るとつい登録してしまう可能性があります。

婚活アプリとは違ってSNS感覚で交流できますので、心理的な負担は軽減されるのでしょう。

出会い系アプリといっても使っている人たちは普通の人たちです。

頑張って婚活アプリを使うより、意外と出会い系アプリの方が気軽で楽しい、と感じる人も多いのではないでしょうか。

婚活パーティーを主催しているので婚活も可能

出会い系サイトやアプリの中には専門の会社と提携して婚活パーティーを開催しているところもあります。

ハッピーメールは有名な「エクシオ」と提携していますし、YYCは運営会社が婚活系のビジネスを行なっています。

なので出会い系に登録すればサイトやアプリを経由してこのような婚活に参加することも可能になります。

ネットでの婚活だけでなくリアルな婚活を組み合わせることによって理想の相手を見つけられる可能性は高くなりますので、

「ネットだけだと上手くいかない・・・」

「ネットは怖い・・・」

と思っている方はネットをリアルの両方を利用して見てはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事