出会い系アプリにいる業者の種類・手口と見分ける方法

出会い系サイトや出会い系アプリの体験談ブログなどを見るとサクラに関する記述がとても多いことがわかります。

実際に

「サクラに騙された」

と体験談で語る人もいます。

サクラは出会い系を使う人や使い慣れている人がみんな気にする存在なので、サクラの特徴などもある程度知られています。

ではサクラと共に言及されることが業者(ぎょうしゃ、と読みます)に関してはどうでしょう。

おそらく聞いたことが無い人やピンとこない人が多いはずです。

というのも、一般の利用者からの古くからの「サクラ」だと勘違いされることが多いからです。

つまり、素人女性(男性)ではない=サクラと一括りにされがちなのです。

厳密にいうとサクラと業者は別物です。

この記事では出会い系を利用する人に知ってもらいたい業者についての解説です。

サクラと業者の違い

ではサクラと業者ではどこが違うのかという話ですが、違いは明確です。

サクラと業者の違いは一般的には

  • 出会い系アプリやサイト内にいて、サービス内で課金させようとする会員=サクラ

  • サービス内での課金をさせること以外が目的の素人でない会員=業者

このようになります。

サクラは出会い系を運営している会社や系列会社にアルバイトなどで雇われている人が多いです。

目的はその会社が運営している悪質出会い系内で課金(クレジットカードやアプリ内課金)させることです。

よってすべてがそのサービス内であったり、姉妹アプリ・サイト内で完結します。

しかし、業者は業者が登録している出会い系とは関係が無い(関係があるケースもあります)ところで自分たちが儲けようとします。

サクラも業者も結局はお金の話が絡むので、どうしても騙されたく無い場合はお金の話になった途端に連絡を絶つという方法がサクラ・業者予防としては有効的です。

ここからは複数ある業者のパターンとそれぞれの見分け方を解説していきます。

ただ、業者は常に新しいお金稼ぎの方法を探していますので新しい手法を使う時があります。

何にせよお金の話が出た時には警戒心を高めてください。

LINEやメアドなどの個人情報を収集するパターン

実は個人情報はお金になります。

お金を得るために出会い系会社が自社のサービスに登録している会員のデータを他の出会い系運営会社に売ったりすることはよくあります(当然違法行為です)。

なので男女関係無く

  • 顔写真(写メ)

  • メールアドレス

  • 電話番号

  • LINE・カカオトークのID

などはもし相手に教えてしまえば売買されるおそれがあります。

この「相手」とは出会い系の中で知り合った異性のことです。

異性会員(大抵がイケメンや美女)になりすまして業者は多数の個人情報を集めるのです。

特にメールアドレスは一度個人情報が売買される市場に流れたら次から次への転売されます。

なので次から次へと迷惑メールがアドレス宛に送られます。

迷惑メールフィルタなどが進化して昔ほど被害は大きくありませんが、未だに迷惑メールは厄介な存在です。

写真に関しては被害は自分の顔写真が他の出会い系サイトの利用者として悪用されるだけです。

もし友達や家族がそれを見てしまったら色々と評判が悪くなりそうですが、実質的な被害はそれほどありません。

個人情報の売買は犯罪行為なのですが、出会い系の個人情報はそもそも利用者が出会い系を使ってしまったという負い目があるせいか訴訟などは発展する例はあまり聞きません。

他のサイトに誘導する業者やアフィリエイト目的の個人

次は出会い系から、他のサービス(同じく出会い系が多い)に誘導させようとする業者の手口を紹介します。

複雑なので

  • 悪質アプリ運営会社がするパターン

  • 個人がアフィリエイト報酬目的でするパターン

に分けて解説します。

まずは前者です。

悪質アプリは悪質アプリだけあってPCMAX・ワクワクメール・ハッピーメール・YYC・ミントC!Jメールなどの大手優良サイトほどの知名度はありません。

広告宣伝をして会員を集めるという方法もあるのですが、最も簡単に出会い系に対して使う意欲を持っている人を集める方法は既存の人気出会い系から会員を誘導させることです。

出会いたいという意欲を持っている人を「こっちをメインで使っているから」などと女性会員になりすまして誘導するのが手口です。

ただ、誘導先はサクラだらけの悪質アプリで、課金するだけお金の無駄になることがほとんどです。

そもそも出会い系から出会い系に誘導するというパターン自体がおかしな話ですので、

  • こっちなら隠語などを使わずに簡単にLINEのID交換できる

  • こっちならアダルト写メ交換などができる

など、男性が興味を持ちそうな条件を出してきても無視するのが一番です。

他のサイトへの誘導・移動の話が出たらその時点で業者と判断してほぼ間違いありません。

不正なアフィリエイターの出会い系サイト・アプリへの誘導

誘導といっても色々ありますが、アフィリエイターがアフィリエイト報酬目的で主に男性会員を特定のサービスから他のサービスに誘導するパターンがあります。

他のサービスは悪質なサクラばかりのアプリもあればサクラのいない優良サイトのこともあります。

念のためアフィリエイトに関して簡単に説明すると、アフィリエイトは別名「成果報酬型広告」と呼ばれており成果、この場合は出会い系への会員登録が発生すると誘導した側に報酬が渡されます。

アフィリエイトに取り組んでいる人は「アフィリエイター」と呼ばれますが、基本的にはアフィリエイトだけで人並みの生活ができるほど儲かる人は少ないようです。

アフィリエイターは出会い系の中から男性会員を他のサイト・アプリに誘導して登録させることによって報酬を得ることができます。

ただ、少なくとも優良出会い系サイトに関しては他の出会い系から誘導するような方法で会員登録を促すことをアフィリエイターに禁止しています。

アフィリエイターはバレないだろうと思って誘導をしていますが、出会い系の運営会社はかなり厳しく登録方法やその後の動きを監視していますのでバレる時はあっさりバレます。

バレたら過去の登録履歴は不正登録とされ報酬は支払われなかったりします。

例えば、女性会員になりすまして他の出会い系に誘導することを「キャラ誘導」という風に呼んだりしますが、繰り返しになりますが不正行為なのでおすすめはできません。

ライブチャットのチャットレディが誘導するパターン

誘導先は何も出会い系だけではありません。

中にはライブチャットのチャットレディも営業の一環としてアダルト的なことに対して興味がある人がたくさん集まる出会い系をツールとして利用します。

ライブチャットのチャットレディは正真正銘の素人女性です。

しかし、ライブチャット自体は基本有料となっており、チャットレディは出会いでは無くお金を求めて登録しています。

なので完全な素人というよりは半分プロの風俗嬢のような存在と言えます。

※ライブチャットも出会い系と同じく新規入会男性には無料のお試しポイントが与えられます

チャットレディにも人気がある人と無い人がおり、時期によって繁忙期も閑散期もあります。これも風俗嬢と似ています。

給料は完全歩合制なので営業熱心なチャットレディは男性が多く集まる場所で営業したりします。

たまたま出会い系を使って営業しているチャットレディと出会えば勧誘される可能性があります。

ただ、この場合は勧誘先のライブチャットに登録すればその女性と本当にエロチャットができます。

なのでサクラとも業者とも言いづらい存在です。

もしその女性のことを本当に気に入ったのならばライブチャットに課金すれば自分の妄想を実現してもらうことが可能です。

ライブチャットのチャットレディによる勧誘というか営業はそれほど悪質ではありません。

ライブチャットの存在を知っている男性なら誰でもすぐに営業だと気づくことができます。

しかし、出会うことは不可能に近いのであまりにしつこく出会いを求めない方が良いでしょう。

ライブチャットは所詮ヴァーチャルな世界なのでお互いに気分良くコミュニケーションを取ってなんぼです。

CB(キャッシュバッカー)は業者と勘違いされやすい

CB(キャッシュバッカー)とはいわゆる出会える系と呼ばれるサイト・アプリの一部をお小遣い稼ぎ目的で利用している女性たちのことです。

別にキャッシュバッカー登録などが必要では無いので、女性は普通に利用(メッセージ交換等)をしているだけで現金に換金できるポイントが貯まっていく仕組みです。

具体的に例を挙げると

  • メール交換

  • 写真の送付

などで女性はポイントを受け取ります。

しかしよくよく考えると真剣な出会いを求めて出会い系を利用している女性でもメッセージの交換や写真の交換はします。

なので見分け方としてはいくら仲良くなってもサイト・アプリ内のメールでしかやりとりができないような女性はキャッシュバッカー疑惑が高くなります。

そもそも彼氏や夫がいてもお金欲しさに出会い系のキャッシュバッカーをしている女性も多く、そのような女性は当然出会うことは難しくなります。

女性が在宅でできる副業としてキャッシュバッカーはけっこう人気がありますので、ある程度親しくなったら積極的にLINEやメールアドレスの交換を申し込みましょう。

頑なに拒否する女性も少々怪しいですし、交換してそうで交換してくれない女性も怪しいです。

援デリ(援助交際デリバリーヘルス)は危険度最大

業者による管理された援助交際として認知度が高くなっている援デリ(援助交際デリバリーヘルス)は危険度は最高クラスと言えます。

援デリ業者の視点から、援デリの仕組みや流れを簡単に説明します。

女性中高生などの未成年女性と扱う援デリ業者と仮定します。

  1. 援デリ業者が一般会員を装って出会い系に登録する

  2. 出会い系の掲示板等に投稿して男性を募集する

  3. 未成年の性的女性と関係を持てることをほのめかす

  4. 条件を交渉する

  5. 男性と待ち合わせの場所等を設定する

  6. 管理している未成年女性を待ち合わせ場所に派遣する

このようになります。

つまり、業者が出会い系を利用して男性を集め、現地に女性を派遣するという仕組みです。

出会い系で女性会員になりすましているのは男性です。

管理売春ということで犯罪行為ですし、なおかつ未成年の中高生を派遣するというのも犯罪行為です。

そんな援デリを利用する男性も当然罪に問われます。

警察も援デリの存在を知っていますので取り締まりを強化しています。

予防方法としては未成年との出会いや性的関係を持つことはすべて拒否することです。

そもそも出会い系サイトは18歳未満の未成年は利用できません。

出会い系内のプロフィールでは18歳以上を装っていたとしても、実際に会ったら明らかに未成年だった、という時はデートを中止にする方が安全です。

LINEのID交換できても油断大敵

出会い系アプリや婚活アプリを使っていると、一つのゴールとしてLINEやカカオトークなどの無料チャットアプリのID交換が出会えるか出会えないかの目安となります。

特にメールなどの行為で有料課金される出会い系アプリを使っていると、無制限に無料でメッセージ交換できるLINEのID交換はお金を使わずに攻略できる方法として必須に近いです。

ですが、業者はこういった利用者の心理を利用します。

LINEのID交換させるまでは素人会員を装い、ID交換まで時間をかけたり、ID交換するまでは業者らしき行動を一切しない巧みな業者もいます。

ID交換できた=相手と出会える、相手は素人だ、という風には考えず、美人局などの危険性もありますので会って普通に人だと確かめるまでは気を抜かずに行動することをおすすめします。

美人局は犯罪行為なので完全に予防することはできませんが、

美人局(つつもたせ)の対策と出会いアプリでの見分け方

で詳しく予防方法を解説しています。

この記事を読んだ人におすすめの記事