恋人ができない男女が出会いアプリやマッチングアプリを使うメリット

彼氏彼女ができないと悩んでいるならアプリに登録!アプリを使った恋人探しはおすすめです

日本ではなくアメリカでの話ですが、恋人と出会う場所としてカップルの3分の1がネットで恋人と出会ったと答えているそうです。

さすがに日本ではアメリカほど普及はしていないと思いますので、あまりそういった話は聞きません。

しかし、これは日本ではネットを通じて異性と出会ったということに対して多少後ろめたさを感じる部分があるからで、実はすでに5分の1程度はネットで出会っているかもしれません。

  • Twitter(ツイッター)

  • Instagram(インスタグラム)

  • Facebook(フェイスブック)

  • ツイキャス

などが10代を含む男女の間では大人気ですし、それぞれ出会い系ではなくSNSと呼ばれるサービスとはいえメッセージ交換等の出会いにつながる機能はしっかり備わっています。

このようなサービスを中学生や高校生の間に使いながら成長したらネットを使って出会うのは何も不自然なことではなく、むしろ当たり前のことだと考えるようになってもおかしくありません。

実際に大人気婚活アプリのPairs(ペアーズ)には400万人の累計会員がいます。他にも数百万人規模の会員数を誇る婚活アプリや出会い系アプリは数個づつはありますので、重複会員を除く1,000万人以上は出会い系・婚活アプリを利用しているはずです。

となると18歳〜40歳(異性と出会えるアプリを使えるのは18歳以上の男女のみ)の男女ではけっこうな割合で出会いを求めてアプリを使っていることがわかります。

そんな時代なので

「彼女がなかなかできない・・・」

「思うような彼氏がなかなか作れない・・・」

と悩んでいる男女は積極的にネットを使って出会いを探すべきです。

会員数が多いのでアタックできる人の数が多い

数百万人規模で会員数がいる婚活アプリや出会い系サイトをまとめると

こんなに沢山あることがわかります。

これだけの会員数がいれば現実世界での有力な出会いの場とされる

  • 合コン・友達の紹介

  • 社会人サークル・習い事

  • 学校・職場などの社内恋愛

  • ナンパ

  • 偶然の出会い

などと比べると圧倒的に知り合える異性の数が多いです。

しかも、自分好みのスペック(年齢・体型・バストサイズ・身長・学歴・収入等)のみに絞って会員検索できます。

なので友達の紹介や合コンのように期待してその場所にいったけど事前の話とは全然違った、なんてことも少なくなります。

ちなみに、PCMAXからワクワクまでが「出会い系」とされるSNSで、ペアーズとタップル誕生は「恋活婚活アプリ」とされるSNSサービスです。

アプリを使うメリット – 可愛い女性やイケメンのみを狙える

出会い系アプリや婚活アプリは自分たちで主催したり、提携している会社と一緒に婚活パーティーを開いてくれます。

なのでわざわざ婚活パーティーサイトやアプリに登録しなくても、ひとつの出会い系アプリや婚活アプリに一元化して登録することによって婚活パーティーに登録可能です。

さすがに婚活パーティーを専門で運営している会社と比較するとイベントの内容や頻度などは劣るかもしれませんが、ネットをメインで使い、リアルのパーティーは補助的に使いたいと考えている人はアプリ運営会社が主催するもので十分だと思います。

出会い系アプリは合コンやオフ会仲間も探せる

恋活婚活アプリは

  • 真剣にお付き合いできる彼氏彼女探し

  • 結婚を考えてられる相手探し

など、かなり真剣な出会いを求めている人しか使ってはいけないことになっています。

もしセフレ募集や合コン仲間を探していると通報を受けたりして退会になることもあります。

しかし出会い系アプリなら

  • 彼氏彼女探しを含む真剣な出会い

  • オフ会・趣味友パーティー

  • 合コン仲間募集

  • SMやコスプレなどの特殊な性癖仲間探し

  • LGBTなどセクシャルマイノリティー仲間募集

など、かなり広い範囲にわたって利用可能です。

いろいろな形での出会いを欲しいと考えている方は恋活婚活アプリより出会い系の方が理想の相手と出会えるかもしれません。

恋活婚活アプリは真剣な恋人探しに向いている

出会い系アプリや恋活婚活アプリを使えるのは18歳以上の高校を卒業した男女です。

つまり、女子大生などでも恋活アプリを使うことができます。

ただ真剣な恋活・婚活目的にしか使えません。

利用者も真面目な出会いを探して登録している人が多いですし、運営の監視体制も厳しいです。

具体的にNG行為をあげると

  • 小さい水着など、肌の露出が多い写メを投稿する

  • 下着姿や性的なを想像させる写真の投稿を禁止

  • メッセージに放送禁止用語などを入れたら投稿できない

など、制約があります。

どれも結局や利用者に不快な思いをさせてしまうので、特にプロフィールに写真を投稿するときは注意してください。

ただ、そのアプリ内で許されている範囲で女性が肌を露出(胸の谷間など)した写メをプロフィール登録するとモテるという傾向はあります。

この辺は禁止行為なのかどうかギリギリのところなので、どうしてももっといいね!が欲しいという女性はまずは控えめな露出から登録してみましょう。

写真は必ず審査されますので、過激な写真がいきなり掲載されるということはありません。

「マッチング」の仕組みがあるので安全

恋活婚活アプリは「マッチングアプリ」とも呼ばれます。

これは「マッチング」という仕組みが各アプリにあるからです。

簡単に説明すると、男性と女性の両方がお互いに好意を持って初めてメッセージ交換ができるようになる仕組みをマッチングと呼びます。

お互いが好意を持つ=マッチング成立するとメッセージが交換でき、通数制限はありません。

メッセージでじっくりお互いのことを知ることができる

マッチングアプリでは即会い等はまずなく、メッセージ機能を使ってお互いのことをよく知ってから出会うのが基本です。

もしメッセージを何回かして、「合わないな」と感じたらメッセージに対して返信をしなければ良いだけです。

納得できるまでメッセージを交換し、会いたいな、会ってもいいな、と思ったらデートの誘いをしてみましょう。

そこで相手もデートにOKしてくれれば次のステップに進むことができます。

ただ、デートはただのデートです。

もしデートを1・2回してメールでのやりとりの時はとは印象が違うな・・・と思ったらデートを断ることもできます。

うまく相手が見つからなくても悩まず再トライしてください

出会い系アプリや恋活婚活アプリのメリットを説明してきましたが、出会いのチャンスが多くなれば1回の出会いの密度も薄くなります。

矛盾するようですが、一期一会という言葉もあるように一回一回の出会いを大切にしてください。

それでも上手くいかない場合はネットを使った出会いならではのメリットをフル活用して新しい出会いを探しましょう。

もし上手くいかなくても回数を重ねれば上手くいく確率は高くなりますんので、悩んだりせずにどんどんトライすることをおすすめします。

この記事を読んだ人におすすめの記事