ギャラ飲みのバイト女性や参加男性を募集しているアプリ&サイト

昨今の「パパ活」ブームの影響か、パパ活のプチバージョンとも言える「ギャラ飲み」「ギャラ飯」を希望する男女を仲介してくれるネットサービスが増加しています。

このページでは

  • ギャラ飲みに興味がある男性

  • ギャラ飲みでお金を稼ぎたい女性

に向けて、ギャラ飲みの仕組みや意味を解説したり、ギャラ飲みに使えるアプリ等のwebサービスを紹介します。

ギャラ飲みとは?

芸能界でよく「ギャラ(ギャランティ)」という言葉が使われています。

英語だと「guarantee」となり、意味は「出演料」です。

ギャラ飲みを「ギャランティ飲み」とすると、お金が発生する飲み会だとなんとなく推測できるようになります。

つまりギャラ飲みとは

  • 男性はお金を支払って女性と食事したりお酒を飲めて

  • 女性は接客のようなことをする対価として無料で食事やお酒を楽しめる

このような意味を持つ飲み会のことです。

ギャラ飲みに出席してくれる女性はキャバ嬢のように「キャスト(出演者という意味)」と呼ばれます。

つまりは素人女性がキャバ嬢のように男性を接待して、男性は対価として最低でも女性の食事代を奢ることになります。

そして、女性が帰宅するのに使うタクシー代も男性が負担することがスタンダードのようです。

中にはアルバイト料として女性に対して報酬を渡す人もいるので、お金持ちを捕まえれば女性は食事だけでなくアルバイト料・タクシー代などかなりのお金を一回のギャラ飲みで得ることができます。

ギャラ飯はギャラ飲みのランチや食事だけバージョン

ギャラ飯になるとお酒が絡まないぶんかなりシンプルになります。

つまりは

  • 男性は女性のお金(ご飯代)を払って

  • 女性は男性と一緒に食事をする

ということです。

ギャラ飲みとは違ってランチだけで終わることもあるので、女性の安全性の面ではギャラ飯の方が高くなります。

安全の為には男女ともに20歳以上であることを確認

ギャラ飲み、ギャラ飯のどちらもお酒とお金が絡みます。

男女の関係にお金が絡むとトラブルは間違いなく生じやすくなります。

注意・警戒すべきことはたくさんありますが、男女ともに相手が20歳以上の成人であることは絶対に確認してください。

未成年はギャラ飲み・ギャラ飯のどちらも危険

18歳未満の未成年はギャラ飯・ギャラ飲みに誘われても断りましょう。

女性だけでなく、男性・女性の両方です。

これはお金が絡む以上様々なトラブルが生まれる可能性があるからです。

中には下心を持ってギャラ飯の募集をする人もいるはずです。

だから

「ご飯だけだから安全」

だと思ってギャラ飯に参加するのはおすすめできません。

男女というか人と人の間でお金が介在する時点でそれなりの危険性をはらむことを理解してください。

パパ活とギャラ飲みとの違い

パパ活とギャラ飲みとの明確な違いは特にありません。

パパ活は性的な関係を持つ人が多いので勘違いしやすいですが、中には食事だけのパパ活をする人もいます。

なので、ギャラ飲み・ギャラ飯はパパ活の一種で、体の関係や愛人契約が無いパパ活だと考えるとすっきりします。

また、ギャラ飲みの場合は一部の例外を除いて継続的なものではなく、あくまでもその場を楽しむためのものです。

パパ活や愛人契約のように将来にわたって関係が続くことは少ないです。

ギャラ飲み専用アプリやサイト

パパ活専用アプリやサイトがあるように、ギャラ飲み専用のアプリやサイトも増えつつあります。

もちろん

  • Twitter・FacebookなどのSNS

  • サクラのいない優良出会い系サイトや出会い系アプリ

などを使ってもギャラ飲みの募集や応募ができます。

しかし、専用アプリの方が利用者を限定しているので希望の相手が見つかりやすいというメリットがあります。

ギャラ飲みアプリを使う女性のメリット

また、専用アプリ等を使うことにより女性側からしても

  • SNS等で男性を募集する手間が省ける

  • ギャラ飲み等の仕組みを説明しないで済む

  • タクシー料金等お金の交渉する手間や苦労が省ける

  • お金のやりとりを直接しないので安全性が高くなる

などのメリットがあります。

最初から男女とものギャラ飲みだと割り切れば体の関係を求めたり求められたりすることも無いので安全性は高くなります。

ただ、デメリットとしてアプリ側が仲介手数料を取りますので、自分の取り分は減ります。。

これは仲介してもらっているので仕方ありません。。

まずはギャラ飲み専用アプリを使ってできることを男女別にまとめます。

※優良出会い系を使ってギャラ飲みを募集したり応募する方法は後述します

男性は好きなタイプの女性を指名して飲める

男性は好みのタイプの女性と一緒のお酒を飲んだり食事をしたりできます。

ただし、お金に関しては男性側がすべて負担します。

男性と女性は1対1ではなく、複数の男女を集めて合コンのようにして楽しむこともできます。

だから、大事なお取り引き先と商談をした後に合コン感覚でギャラ飲みを利用することもできます。

堅苦しい接待でキャバクラ等にいくよりは素人の女性が好きという人におすすめです。

※指名してもすべてOKをもらえる訳ではありません

女性はキャストになり食事を奢ってもらえたりお金を稼げる

女性は一般女性というよりは素人風キャバ嬢になることができます。

もちろん食事やお酒はすべて奢ってもらえたり、タクシー代等も受け取れます。

さらにはアルバイト代として報酬も発生しますので、普通のキャバ嬢より下手したら稼げるかもしれません。

しかし、接待のようなものですので相手の男性たちが気分良く飲んだり食べたりできるように気を遣う必要があります。

これはそれなりのお金を受け取るので仕方ありません。

女性の求人や参加方法

ギャラ飲みのキャストはアプリやサイトによって飲み会への参加方法が異なります。

それぞれのアプリやサイトの使い方を確認して、ギャラ飲みに参加してください。

女性側でも断る権利がありますので危険そうなギャラ飲みは断わったり途中で退席するなどして安全を確保してください。

LINE交換や出会いについて

LINEの交換等については参加する男女に任されていることがほとんどです。

なのでお互いに納得すれば連絡先の交換ができます。

ただ、恋活や婚活とは異なるので恋愛に発展するかどうかはまた別です。

ギャラ飲みに参加する男女の中には彼氏彼女がいたり、既婚者も参加するでしょうから、相手が嫌がるようなことはせずにスマートに行動しましょう。

ここからは専用のアプリやサイトを紹介していきます。

Pato(パト)はギャラ飲み専門アプリ

「今夜の飲み会を特別にする、エンタメマッチング ー Pato(パト)」というアプリは実際はギャラ飲み専門アプリのようなものです。

開発者は「hikaru yamamoto」となっていますが、株式会社キネカによって運営されています。

Pato(パト)は男性が女性を指名するタイプのギャラ飲みマッチングアプリです。

なので、男性はたくさん登録している若くて綺麗な女性の中から一緒に飲みたい相手を指名します。

ギャラ飲みの料金が

  • スタンダード

  • ゴールド

  • プラチナ

  • ブラック

という風にあらかじめ女性ごとに設定されているので、いわゆる明瞭会計です。

当然ランクが高い方がモデル等、レベルが高い女性ということになります。

アプリの利用規約やルールは必ず確認

Pato(パト)に限らず、アプリ内の利用規約やルールは必ず確認してください。

でないと知らないうちに利用規約を破ってしまう恐れがあります。

ギャラ飲みの仕組みを把握することも大事ですが、各サービスが定める利用規約もチェックしましょう。

特に未成年の利用を禁止する内容や、違反行為等はチェックが必要です。

また、アプリ内の年齢確認機能についても確認してください。

異性との出会いを仲介するサービスでは18歳以上の年齢確認を実施するサービスの方が安全なのは言うまでもありません。

LION(ライオン)はギャラ飲みマッチングサイト

LION(ライオン)は

  • 男性はギャラ飲みする女性を募集できる

  • 女性はギャラ飲みを希望する男性を探して、飲みに参加できる

というギャラ飲みを希望する男女をマッチングするサイトです。

ちなみに正式名称は「ギャラ飲みに参加しよう – LION [ライオン]」です。

基本的にやりとりはfacebookのmessengerを使っておこなわれます。

・LION(ライオン)

https://www.gosmapa.com/

ギャラ飲み専用ではない出会い系サイトならバイト感覚で使える

ギャラ飲み専用ではなくても

  • サクラがいない

  • 会員の年齢確認を必ず実施する

  • 会員数が多い

この3点をみたす出会い系サイトや出会い系アプリならギャラ飲みの募集等に使うことができます。

特に掲示板は非常に便利ですので募集してみるとたくさんの応募が見つかる可能性があります。

中には男性とメールを交換したりするだけでお金が貯まるサイトやアプリもありますので、アルバイト感覚で利用もできます。

マッチングアプリはギャラ飲み募集に向きません

出会い系サイトや出会い系アプリは運営会社が純粋な出会い以外の目的の利用も許可しています。

なので報酬が発生する飲み会であるギャラ飲みでも男女ともに募集が可能となります。

しかしマッチングアプリは恋活や婚活に少なくとも表面上は特化しています。

個人的な連絡先を交換した後は個々が自由に活動していますが、メッセージ交換時はギャラ飲み等の応募・募集はできません。

なのでマッチングアプリはギャラ飲み相手を募集・応募する場としてはおすすめできません。

この記事を読んだ人におすすめの記事