Happnは世界中で評判が高い位置情報を使ったマッチングアプリ

GPS(位置情報)を使ったマッチングアプリは日本だけでなく世界中で注目されています。

GPSを使ったマッチングアプリの中でもヨーロッパでとても人気が高いアプリが

「Happn(ハップン)」です。

日本に住んでいたり、観光できているアメリカも含む欧米人の異性と出会いたい方におすすめです。

このページでは

  • Happnの使い方

  • Happnの料金

などを中心に解説していきます。

すれ違いから出会いが生まれる「Happn(ハップン)」はフランス発のアプリ

「Happn(ハップン)」はフランスの会社「FTW & Co」が運営するマッチングアプリです(デーティングアプリという表現を使うこともあります)。

読み方は

  • ハップン

  • ハプン

  • アプン

など、フランス系企業だけあって日本人には難しい呼び方になりますが、流行しはじめれば日本人は勝手に自分たちが呼びやすい名前で呼ぶでしょう。

このページでは呼び方は「ハップン」で統一します。

母国フランスだけでなく、世界中で人気が出てきていますので、欧米からアジアまで網羅した世界的な人気アプリになる可能性もあります。

登録にはFacebookが必要

Happn(ハップン)はマッチングアプリの例にもれず、Tinder(ティンダー)のようにFacebookのIDとパスワードを使ってログインするタイプのアプリです。

なので登録する前にFacebookのアカウントを用意しておきましょう(Facebookのアカウントは必須です)。

もちろんFacebookには投稿されませんので使っていることは友達にバレません。

アプリのダウンロードは無料です。

アプリのリリース直後は日本語版はありませんでしたが、今は日本語版がリリースされています。

この調子で世界中に広げていくプランなのでしょう。

とはいえ、日本語訳がわかりにくい部分もありますので、

  • 日本企業が運営するすれ違い機能があるアプリを使いたい

  • ストレス無く日本語が読めるアプリを使いたい

  • 日本人のご近所さんと出会いたい

  • 困った時は日本語でサポートをうけたい

という方は

・CROSS ME(クロスミー)

https://crossme.jp/

の方を使ってください。

日本企業が運営するGPSを活用したマッチングアプリの中ではナンバーワンだと思います。

ハップンとの使い分けは

  • 外国人との出会いはハップン

  • 日本人との出会いはクロスミー

このような感じで良いと思います。

ハップンと比較するとやはり日本企業が運営しているので日本人にとって使いやすいデザインになっています。

・Happn(ハップン)ダウンロードURL

登録方法 – 位置情報を常に許可に設定

ダウンロード後はすぐに登録が完了します。

ダウンロードしてアプリを起動したらFacebookのアカウントを入力して、Facebookの情報を使うことを許可すればそれだけで登録完了です。

ただ、GPS(位置情報)の使用に関する許可で

「常に使用する」

を許可しないと使えません。

これはハップンがGPS機能を使い、近くですれ違う人とマッチングしていくタイプのアプリですのでどうしようもありません。

逆にここを許可しないとハップンを使うメリットは無くなってしまいます。

怖かったり不安を感じるならGPSを利用しないペアーズのようなマッチングアプリを使いましょう。

使い方はLIKE(いいね!)とCharm(チャーム)が基本

ここからはハップンの使い方の解説にうつります。

マッチングアプリではおなじみになった

「LIKE(いいね!)」

がHappnにもあります。

ただ、他のアプリではランダムに表示されたり、プロフィール検索して異性を探すのに対して、Happnでは近くにいるユーザーにしかいいね!ができません。

すれちがった異性がいればタイムラインに表示されますので、プロフィールなどを確認して気に入ったらいいね!してみましょう。

ただし、いいね!したことは相手には通知されません。

なので、お互いがタイムラインに表示されたプロフィールを見て、秘密裏にいいね!しないとマッチングが成立しません。

お互いがいいね!すればマッチング成立となり、無制限でメッセージの交換ができます。

ちなみにマッチング成立のことをHappnでは

「Crush(クラッシュ)」

と呼びます。

花の都パリにある企業のせいかどことなくカッコよく感じますね。

ここまでは普通のよくあるマッチングアプリのように見えますが、Happnは月額課金制を採用していません。

課金はこれから説明するCharm(チャーム)のみです。

有料機能「Charm(チャーム)」の使い方

Charm(チャーム)はLIKE!と一緒でpairsやOmiaiでのいいね!に該当するものです。

HappnでのLIKEはpairsやOmiaiと違って相手に通知されません。

しかし、Charm(チャーム)を送れば相手に通知が届きます。

LIKE(いいね!)とCharm(チャーム)の違いをまとめます。

  • LIKE(いいね!)は通知が相手に届かないけどCharm(チャーム)は届く

  • LIKE(いいね!)は完全無料だけどCharm(チャーム)はCredit(クレジット)という単位のポイントが必要

受け取ったチャームが相手に承認されればマッチング(クラッシュ)成立となり、メッセージが無制限で交換できるようになります(マッチングにブロックされたらメッセージ交換はできません)。

Credit(クレジット)は出会い系アプリのコインやポイントのようなもので、一回Charm(チャーム)を送るごとに1クレジットが消費されます。

ハップンでは無料会員登録が完了した時点で10クレジットが付与されます。

クレジットを全部使ったら課金しないとクレジットはもらえません。

このあたりは有料会員になっていれば毎月いいね!が自動的に回復する日本のマッチングアプリのいいね!とは仕組みが違います。

月額課金制ではないのでこれは仕方がありません。

クレジットの料金

クレジットの料金は

  • 10Credit(クレジット):240円(1回あたり24円)

  • 60Credit(クレジット):1,300円(1回あたり約21.6円)

  • 100Credit(クレジット):2,000円(1回あたり20円)

  • 250Credit(クレジット):4,500円(1回あたり18円)

このようになります。

チャームは1回あたり18円〜24円なので、ぶっちゃけ無駄打ちしても懐はそれほど痛みません。

月額3,000円前後で30回のいいね!送信が目安の日本のマッチングアプリと比較すると圧倒的に格安です。

日本で人気のマッチングアプリの料金をまとめて知りたい方は

婚活恋活アプリの比較とおすすめランキング2017年版

を参考にしてください。

料金だけでなく会員数など、マッチングアプリ選びに参考になる数字を比較しながらまとめています。

Happnの評価 – 真似をする日本企業が増加しそう

欧米を中心とした海外ではTinder(ティンダー)が大流行する一方、日本国内ではpairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)がマッチングアプリとして大成功しました。

これらの企業に追随するように大小様々な企業がマッチングアプリ市場に参入していますが、会員数や実績で先行しているpairs・Omiaiにはなかなか追いつけていないというのが現状のようです。

やはりSNS的なサービスは機能面での差別化が難しいので先行リリースして会員を集めたサービスに追いつくのは困難です。

しかし、pairs・omiaiが月額課金制(pairsでは女性は無料)を採用しているのに対して、Happn(ハップン)は前払いポイント購入制です。

サクラのいない老舗出会える系サイトとして長年にわたり君臨している

・PCMAX(ピーシーマックス)【18禁】

http://pcmax.jp/

・ハッピーメール

http://happymail.co.jp/

でおなじみの前払いポイント制ですので、Tinderよりもしかした日本人にウケる可能性があるかもしれません。

ただ、海外で成功しつつあるHappn(ハップン)の仕組みをマネする日本企業が近い将来必ず現れるはずですので、2017年あたりはHappn(ハップン)の類似アプリを日本の大手企業がどんどんリリースする年になりそうな予感がします。

そうなると、やはり早い者勝ちになるので

  • 早い時期にアプリをリリースして

  • Facebook内で広告をたくさん打てるお金がある

このふたつを満たす企業が勝ち組になりそうです。

退会方法

左型のメニューの

「設定タブ(英語ではPreferences)」

から

「About」

を選択して

「Deactivate my Account」

をタップすれば退会完了です。

この記事を読んだ人におすすめの記事