ハッピーメール(ハピメ)の歴史や公式アカウント情報

累計会員数1,300万人以上は出会い系の中でもトップクラス!サクラもいない超優良サイト

ハッピーメール(happymail)は愛用者からは「ハピメ」とも呼ばれる大人気の出会い系サイトです。

運営は2000年から開始していたと言われていて、もともとはガラケー(従来型携帯電話)のみに対応していましたが、2017年現在はスマホ・パソコン・タブレットなど、主要なインターネット接続端末にはほぼ対応しています。

運営開始当初はまだ出会い系サイトという言葉があまり普及していない時代だったようで、メインの機能は掲示板だったようです。

なので、現在のようなSNS的な仕組みになるのは運営開始から少し時間が経ってからです。

出会い系サイト=サクラと思っている男性は多いと思います。

男性も何も理由が無く出会い系サイト=サクラと思っているのではなく、自分や周囲の友達が騙されているのを見てそのように判断したはずです。

そして、実際に世の中に存在する出会い系サイトの99%以上がサクラのいる出会い系サイトです。

しかしハッピーメールにはサクラがいません。

これは運営当初からなので、最初から一貫してハピメは「サクラのいない優良出会い系サイト」として運営されていました。

そのせいか、ネットの口コミなどではハピメの悪口はほとんど無く、実際に出会えたという良い体験談が多いのです。

ハッピーメールの基本的な情報をまとめます。

  • サイトURL:http://happymail.co.jp/

  • メールアドレス:support@happymail.co.jp

  • 累計登録者数:1,300万人(2017年1月確認の数字)

  • 運営会社:株式会社アイベック

  • 運営会社ホームページ:https://www.i-bec.co.jp/r

  • 電話番号:0570-01-0199

  • 営業時間:24時間

  • 電話番号:0570-01-0199

運営会社は個人事業主や有限会社ではなくちゃんとした株式会社です。

ホームページなども当然あります。

ちなみに会社は福岡にあり、東京にも支社があります。

福岡がある九州地方の会員は特に出会えやすいという説がありますが、これは運営会社が福岡にあることが理由なのかもしれません。

ハッピーメールは合法的に運営されている出会い系サイト

あまり知られていませんが、出会い系サイトは警察などの関係機関に届け出を出し、認可されて営業しています。

しかし、実態としてはサクラがいる出会い系サイトのほとんどが認可が必要にも関わらず認可を得ずにサービスを開始しています。

なので、優良サイトかどうかを見分けたい時は認可を受けて営業しているかどうかをチェックすると視覚的に判別できるので簡単です。

もちろんハッピーメールは認可を受けて営業しています。

確認方法は簡単です。

許可を得て営業しているサイトは、サイトトップページの下部に

  • インターネット異性紹介事業届出

  • 東京都公安委員会認定番号:11111111

という風な割りあてられた数値を記載しています。

ハッピーメールの場合は

  • インターネット異性紹介事業届出

  • 福岡公安委員会認定番号:90080003000

としっかり記載されています。

悪質サイトかまじめに運営されているサイトか迷ったらこのような記載があるかをチェックしましょう。

記載があるサイトは日本国内の法律に基づいて運営されている合法サイトで、記載が無いサイトは違法サイトです。

サクラがいないから出会えるし、だから良い体験談・口コミが投稿される循環

繰り返しになりますが、ハッピーメールにはサクラがいません。

「業者」と呼ばれる人たちはいますが、業者とサクラは別ですのでしっかり分けてください。

ハッピーメールはサクラがいないので出会える確率は高いです。

もちろん会員の努力と多少のお金(男性は有料制なので)は必要ですが、真面目に出会うための活動をすればかなりの確率で出会えるでしょう。

そうすると、利用者は口コミや体験談をブログや体験談サイトにどんどん投稿するようになります。

実際に出会えた人による体験談を見て、自分もと思い登録する人もいます。

男性だけで無く女性もです。

良い口コミや体験談がネット上にあり、それが増え続けていますので、それらを見て登録する人も増え続けます。

  1. ハッピーメールに登録した人が実際に出会う

  2. その体験談や口コミをブログや投稿サイトに書き込み

  3. 体験談・口コミを読んだ真面目に出会いを求める人が登録する

  4. ハッピーメールの素人会員が増える

このような良い循環になっていますので、ハッピーメールには真剣な出会いを求める素人会員が常にたくさんいる状態を保っています。

社長(当時)が逮捕される事件

2015年11月30日にハッピーメールの運営会社の社長(当時)が逮捕されました。

Yahoo!ニュースなどにも掲載されましたので、ニュースを見た利用者はショックを受けたと思います。

ただ、逮捕された理由については売春防止法違反のほう助容疑となっています。

つまり、直接的な出会いを幇助(手助け)したことが罪に問われているということです。

具体的には「援デリ」と呼ばれる未成年女性を組織的に管理している人たちがおり、その援デリ業者がハッピーメールを使って男性を募集していることによって逮捕劇が起きたようです。

男性会員が注意すべきことはひとつで、「未成年女性とは絶対に出会わない」ということだけです。

これさえ守れば安全に使えますし、警察の陰に怯える必要もありません。

未成年の女性はその希少性から出会い系の中では価値が高く、リスクを冒しても未成年と出会いたいという男性がいます。

もちろん違法行為なので、男性も未成年者女性も警察沙汰に巻き込まれる可能性があります。

もし女性が警察に補導されたりしたら過去に関係を持った成人男性も洗い出されますので、未成年者女性と関係を持った男性はその後もずっと怯えて暮らさなくてはなりません。

未成年女性と性的関係を持ったらそれだけでは終わりませんので、

  • 未成年だと名乗っている女性

  • 18歳以上だと言っているけど出会ってみたら明らかに18歳未満に見える女性

には絶対に手を出さないでください。

警察もサイバー補導など、ネットを使った補導には力を入れています。

公式サイトや公式SNSアカウントまとめ

  • ハッピーメールweb版:http://happymail.co.jp/

  • ハッピーメールiPhoneアプリ版:https://itunes.apple.com/jp/app/chu-huiinohappimeru/id521055533?mt=8

  • ハッピーメールAndroid版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.i_bec.happymailapp&hl=ja

  • ハッピーメール公式Twitterアカウント:https://twitter.com/55hapime

  • ハッピーメール公式Facebookアカウント:https://www.facebook.com/happymail.official

※web版から登録すればPC(パソコン)・タブレット・スマホ(iPhone・Android)・ガラケーで利用可能です

※公式アカウントでないのに公式のようにふるまうSNSアカウントがあるようなので注意してください

この記事を読んだ人におすすめの記事