未成年がいる出会い系は法律を違反しており危険

日本では異性との出会える機能があるネットサービスの利用については、

  • 18歳未満の児童

  • 18歳の高校生

の利用を禁止しています。

未成年の児童と出会えてしまう機能がある出会い系アプリや出会い系サイトは成人・未成年のどちらにとっても極めて危険ですので、利用はやめましょう。

日本では18歳以上しか出会える機能があるアプリは使えない

よくネットニュースなどで出会い系サイトやアプリを利用して女子高生と出会った、女子中学生との淫行・買春売春行為で成人男性が逮捕されるなどの記事をみかけます。

しかし実際のところしっかりとした体制で運営されている出会い系サイトやアプリでは女子中学生や女子高生と出会うことはほぼ不可能です。

それは男女関係なく利用する前に

  • 免許証

  • パスポート

  • 健康保険証

  • クレジットカード

などでの年齢確認・認証が必須で、18歳未満の男女の利用を禁止しているからです。

これは日本の法律(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)によって定められていることです。

そして、ちゃんと出会い系を運営している会社は絶対にこれを守ります。

さらに高校在学中は18歳になっていても男女共に法律によって出会い系の利用が禁止されています。

登録した男女すべてが運営元に年齢のわかる公的書類等(クレジットカード登録などにも対応)を写メ等で撮影してメールに添付して提出してはじめてメッセージ等のやりとりなどが出来るようになりますので、年齢確認できる書類などを偽造してまで出会い系に登録する女性はまずいません。

※文書偽造は立派な犯罪なので文書を偽造して登録したら逮捕・補導される可能性があります

LINE掲示板は未成年が多く危険だらけ

もし未成年が文書を偽造して年齢を偽って入会したとしても、会員同士のやりとりの内容によって運営会社から未成年だと判断されたら即強制退会になります。

未成年が自分達が運営するSNSサイトやアプリ経由で犯罪・事件に巻き込まれたりしたら一大事なので運営会社も必死です。

しかし、

  • Androidアプリをダウンロードするgoogle play(グーグルプレイ)

  • iPhoneアプリをダウンロードするapp store(アップストア)

でダウンロードできる出会い系アプリは年齢認証が行われていないものが多く、というかほとんどで、まさに無法地帯となっています。

だから18才未満の未成年女性でも使えてしまうようなアプリは出会いの場としてはとても危険性が高い、というのが現状です。

法律では出会い系で成人が18歳未満と出会おうとすることも禁止しています。

よって、未成年との出会いを期待してサイトやアプリ内で行動すると犯罪者になりかねません。

逮捕されたりニュースに名前が出ることも

実際に続々と出会い系アプリ使用者から逮捕者が出ているのはニュースを見ても明らかです。

実名込みで報道される容疑者も多いです。

ネットだから、アプリだからといって軽い気持ちで利用してはいけません。

よく援助交際募集掲示板で使われている隠語に

「さぽ」「ゴム有で助けてくれるパパ募集」「サポ」

「プチ希望」「円光」「お助け」「セクロス」

「割り切り」「¥」「え、ん」「神待ち」「お礼あり」

などがあります。

どの行為も未成年相手にしては違法です。

もしアプリ経由で知り合った女性が書類等で成人していると確認できたとしても実際に出会った時や、出会う前のLINEやメールの内容で未成年ではないか?と疑問を感じたら交際を中止しましょう。

何かした後では知らなかった・わからなかったと言っても警察や社会・世間は許してくれません。

ただ、これらのアプリは今後おそらく法律でしっかりと規制されて、女子高生などの未成年は使えなくなるでしょう。

そうなったら男性側としては逆に安全性が高くなります。

裸や下着姿などの写メの交換も犯罪になります

実際に出会わなくても裸や下着姿の写メの交換などをすればそれがトラブルの原因になり、警察沙汰になれば依頼した側は逮捕される可能性があります。

ずっと怯えて生活することになる

安全性というところを考えると、未成年との性交渉に関してはその場は大丈夫だったということだけでは終わりません。

もし未成年女性が自分以外の男性複数と援助交際などをしてトラブルが起きて男性が逮捕されるなどした際、その未成年女性が過去にLINEや掲示板・メールでどんな投稿したかなどを警察は運営会社に問い合わせなどをして洗い出します。

となると数ヶ月前に交渉を持った男性も芋づる式に警察にピックアップされて御用になる可能性があるのです。

なのでその時が安全だからOKというものでは無いのです。

関係を持った後は少なくともその女性が高校を卒業するまでは何が起きるかわかりません。

真剣に考えればとんでもないリスクを負うことが理解できるはずです。

援デリの場合は風俗業者が女性を管理していることも

援デリ(援助交際デリバリーヘルス)は闇風俗・裏風俗のひとつで女子高生を含む17歳以下の女性をデリヘル風にホテル等に出張・派遣する違法の性サービスです。

性癖としてロリータコンプレックス(ロリコン)を持った男性はどんな時代にもいるので、需要があるので非合法の闇・裏風俗的なサービスとして常にこういったものは存在します。

援デリはJKリフレやJK出会いカフェの摘発などで一気に有名になったいわゆる「JKビジネス」の中でもかなり悪質な形態で、裏では業者と呼ばれる人達が女性を管理しています。

そのような業者が「打ち子」と呼ばれるスタッフ(男女関係ありません)に出会い系アプリの掲示板等にメッセージを打たせて客引きすることがあります。

利用する男性側としては個人営業の未成年を相手にするより話が早いのですが(お金さえ払えば本番でも何でもできる)、先ほども述べたように業者が警察に逮捕されたりした場合は過去の通話やメッセージの履歴や掲示板の投稿履歴が洗い流されるので芋づる式に援デリの相手をした男性も逮捕される可能性があります。

業者か本物の女性かの判断は難しいですが、逆ナンされたり何も言ってないのに写メの交換を希望してきたりしたら少し疑った方がいいかもしれません。

実際に出会いたいという気持ちが無くて興味本位で声をかけたりするだけでもそれなりに危ないので無視するに限ります。

安全に優良出会い系を使い18歳以上と出会う

法に触れることないように18歳以上の女子大生やOL、主婦・人妻と出会うにはやはり実績のある有料出会い系サイトが強いです。

月額固定の有料サイトではラブサーチ(月2,800円から、スマートフォン用ページ無し)や不倫SNSのアシュレイ・マディソンが高い支持を受けています。

有料サイトにはラブサーチのような月額定額制だけでなく、前払いの有料ポイント制を採用しているサイトもあります。

これら前払い有料ポイント制を採用した有料サイトを使用すると

  • 使いたい分だけしかお金がかからない

  • 年齢確認が実施されるので18歳以上の成人女性しか登録できないから安全

  • すべての会員に対して年齢確認をしているのでサクラがいない

  • 365日24時間体制で監視・サポートしているので業者がいないし、業者がいてもすぐに強制退会になる

  • 月額固定制のように退会し忘れて、使用していないのに毎月数千円を払ってしまうことが無い

  • 有料制だが、会員登録・年齢認証・友達紹介などで相当な額(数百円〜数千円)のポイントを無料で使用できる。よって上手に使えば完全無料で充実した有料サイトの機能をフル活用できる

などの大きなメリットがあります。

男性にとっては有料サイトなので、お金を払うのに抵抗があるかもしれません。

しかし、

  • 無料会員登録

  • 年齢認証(クレジットカード登録でも年齢認証可能)

  • 電話番号登録・メールアドレス登録

  • 友達紹介(1人紹介するだけで2,000円から〜3,000円分くらいのポイントがもらえます)

これらの行動で受け取った無料ポイントを上手に利用すれば結果的にお金を使わずに出会う事も可能です。

特に友達紹介はひとりあたりのもらえるポイントが多いのでどんどんサイト・アプリを友達に紹介してください。

当然ですが男性も18歳以上しか利用できません。

課金無しの完全無料サイトは女性の新規入会が少ない

出会い系の中には完全無料サイトもあります。

ただ、無料サイトが無料である理由はたくさんあり、大きな理由は男女の会員登録に使う宣伝広告の費用が全く違うことです。

広告宣伝費が少ない=新規女性会員の入会が少ない、という状態になります。

さらに無料で使えることをいいことに暇つぶしで男性会員が女性会員を装い、つまりネカマが男性を「釣る」ことを目的で利用していることもあります。

この「釣り」にひっかかったらネットで晒されたり、かなり恥ずかしい思いをすることになります。

無料サイトは機能面でも有料の出会い系サイトやアプリより劣ることが多く、安全に確実に出会いを求めるには有料サイトの方がやはり圧倒的に優れています。

もしアプリ等で未成年を見つけたら通報

もし出会い系アプリなどを使っていて未成年が紛れ込んでいるのを見つけたらプロフィールページから「通報」して運営に知らせてください。

運営も未成年がいると危険なことは承知していますのでアカウントを削除するでしょう。

その未成年にとっても非常に危険なので余計な手間かもしれませんが親切だと思って通報してあげてください。

もしチャット等で話しかけられても無視するか、高校を卒業しないと出会い系は使えないことをしっかり教えてあげてください。

未成年にとってもサイバー補導など、危険は満載

スマホアプリやネットの掲示板などは未成年でも簡単に利用できます。

しかし、警察も未成年がらみでトラブルが多発しているアプリやサイトはしっかり把握しています。

なので友達の間で話題になるような出会い系アプリは警察がサイバー補導をしている可能性があります。

サイバー補導とは、警察が普通の人のフリをしてネットを使い異性の募集をしている未成年と会い、補導する方法のことです。

例を挙げると

  • 使用済み下着などを売りたくてネットの専用掲示板でお客を募集している未成年女性に対して一般客を装い会う約束をして、実際に会った時に警察だと身分を明かして補導する

  • 援助交際の募集をしている未成年に対して買春を希望する客を装い、実際に会った時に補導をする

などがあります。

基本的には

  • 買春・売春

  • 未成年女性によるパパ活(援助交際)

  • 使用済み下着や衣服の売買(ブルセラ)

  • 裸や下着姿の写メ交換で報酬としてお金を得る

などの違法行為がサイバー補導の対象となるようです。

このように、サイバー補導される可能性があるのでやはり未成年は出会い系アプリなどを使わない方が安全です。

この記事を読んだ人におすすめの記事