JOIN US(ジョインアス)は会員限定の飲み会マッチングアプリ

入会審査がある珍しいアプリなので合格すれば飲み友と出会える確率はかなり高い

JOIN US(ジョインアス)は「ソーシャルネットワーク」カテゴリからダウンロードすることができます。

正式名称はiPhone版が

「JOIN US – 今日飲み会がしたい!今夜飲める人だけのコミュニティ」

でAndroid版が

「JOIN US – 今夜飲める人だけのコミュニティ」

となっており、運営会社は株式会社gram30という会社です。

出会い系アプリというよりは「飲み友」を見つけられるマッチングアプリなので恋活アプリというのがよりふさわしいと思います。

料金は完全無料で、利用できるのは20歳以上となっています。

出会い系サイト・アプリのように18歳以上ではないのはお酒を飲むことがコンセプトだからでしょう。

※将来有料課金制を導入しそうな雰囲気がありますので興味がある方は無料のうちに早めの登録・利用をおすすめします

年齢認証についてはFacebookのデータを使って確認しているようです。

Facebookのデータを元に運営会社スタッフが入会審査を実施

サクラ無しの出会い系サイトや出会い系アプリでは18歳以上を確認するために年齢確認ができる書類を写メで撮影して提出することを会員に義務付けています。

あくまでも18歳未満の利用を防止するために実施していて、年齢と性別部分以外はチェックされません。

しかし、JOIN USは登録にあたって年齢以外にも会員としてふさわしいかを厳しくチェックします。

人の目によってFacebookのデータをチェックしているようですので、不自然な会員の入会は男女ともに少なくなります。

基本的にはFacebookの写真、基本データ、投稿内容などを見て総合的に合格・不合格を判断しているようです。

特にプロフィール写真は入会審査にあたって重要のようで、顔がイラストで判別できなかったり、本人の顔写真以外のキャラクターなどを使用している人は審査に合格が難しいとされています。

審査が厳しくなれば落とされる人も増え、賛否両論が起きまるでしょうが、審査が厳しいことによって

  • 明らかに男性を勧誘することが目的のネットワークビジネス関係の女性

  • 活動している様子が無いのに男性の友達が数千人いる女性

  • 投稿内容が一般常識と大きく乖離している男女

  • 個人売春等が目的のセミプロのような風俗嬢

などの実質的には飲み友達の対象外になるような人の入会を省けるので男性会員にとっても有難い仕組みです。

ちなみに審査の合格率は20%〜30%のようです。

恋活・婚活アプリのpairs(ペアーズ)でネットワークビジネスの被害に遭う人などもいますので、Facebookと連携している=100%安全という訳ではありません。

Facebookと連携して、なおかつ目視で人格等をチェックすればより質の高いマッチングが生まれますので、落ちた人には辛いでしょうが、受かった人にとっては重要なことです。

もちろん、Facebookのウォール等にJOIN USの利用状況が投稿されて友達にバレることはありません。

※確認できていませんが、入会に合格したらおそらく招待コードを発行できる仕組みです。合格したらapp storeのレビューに招待コードを貼る人も増えるので、それまで待つというのも有りでしょう。ただし、招待コードでどのようなメリットがあるかはまだ不明です

※招待コードの使い方がわかりました。招待コードは審査に合格した会員のみが3名まで友達を招待できる仕組みです。招待コードを利用すれば審査なしで会員になれますので、審査になかなか合格しないで悩んでいる方は合格した友達になどに招待コードの発行をお願いしてみましょう。

審査に落ちたらFacebookのデータを更新して再度エントリー

審査に落ちてもまだチャンスはあります。

しかし同じ内容でエントリーしても再び審査に落ちるだけです。

Facebookの公開データを修正してからエントリーしてください。

再エントリーの回数に制限などは特に設けているないようです。

審査結果待ちや落ちてしまった人は似ているアプリで代用

ジョインアスの審査結果を待っている人や、合格したけど利用者があまりにも少なかったり、東京以外に住んでいる人は機能的にジョインアスと似ている部分があるアプリやサイトで代用してください。

もし、異性と出会ったりお酒を飲みに行きたいのであれば、出会い系アプリですが

・ASOBO

http://aso-bo.com/

で掲示板で募集したりすればすぐに相手が見つかります。

ジョインアスと比べると

  • 18歳以上から使える

  • 飲み友達以外にも、合コン友達や即会い募集などにも利用可能

  • 有料だけどメール1通が50円でかなり安い

という特徴があります。

普通の出会い目的ならASOBOと

・ミントC!Jメール

http://mintj.com/

を併用すればある程度のことは実現できます。

JメールもASOBOと同じく18歳以上から使えます。

どちらも飲み友募集にも、それ以上の関係を期待した募集にも使えます。

両方とも日本全国に対応していて、男女合計で数百万人の会員がいるので東京以外に住んでいる人でも飲み友がみつかるはずです。

特にミントC!Jメールには「誘い飯掲示板」という飲み友やご飯友達を募集できる専門掲示板がありますので、飲み友探し+出会い探しにはうってつけです。

JOIN US(ジョイナス)の使い方

JOIN USは使える時間帯が決まっており、その日の正午から翌日の朝の5時までです。

その17時間の間はGPS機能を使ってログインしている会員の半径10Km以内にいる、ログイン中のJOIN US会員を表示してくれます。

ただし、無料会員だと10組までしか表示されません。

表示枠を増やしたい場合は有料機能(アプリ内課金)を使う必要があります。

プロフィールでは

  • 何人で飲んでいるか

  • 自分の現在位置から何キロ離れた場所にいるか

  • 一言コメント

が表示されますので、「一緒に飲みたい」と思った女性がいたらチャットしてください。

※出会いアプリではないのでチャットのログなどは翌朝5時にはすべて消去されます

チャットしてお互いが合意すれば合流して飲み会が始まります。

つまり、結果的にはほとんど合コンがマッチングされるということになります。

飲み代に関しては「紳士協定」によって男性が率先して払うことになっています。

  • 飲食代は男性が率先してスマートに会計する。

  • 過度に酔っ払って迷惑をかけない。

  • 相手を楽しませることに努め、自分もその場を楽しむ。

が協定の内容です。

会員としてふさわしく無い行動をした人は「通報」される可能性があります。

通報にどこまで効力があるのかは不明ですが強制退会という措置があることは紳士協定の文面からうかがえます。

ログインする時間帯によって紹介してくれるマッチングアルゴリズムが変わる

マッチング(紹介)のアルゴリズムは2パターンがあり、時間によって変わります。

  • 12時〜17時の間は10km圏内かつログイン時間が近い会員を優先して紹介

  • 12時〜17時以外は近くにいる会員を優先して紹介

このようになっています。

12時から17時の間にログインした人はゆっくり相手を探してセッティングできるように、そして17時以降にログインして人はすぐに飲み会がセッティングできるように、ということでしょうか。

ちなみにFacebookの友人とはマッチングしない機能があるので、同僚・取引先・友達を紹介されることはありません。

表示枠を増やすための料金(アプリ内課金)

無料会員だと10組しか表示されない異性を拡大させるための料金をまとめます。

毎月の有料会員になるような仕組みではなく、都度課金するタイプとなっています。

  • 異性1名追加:240円

  • 異性3名追加:480円

  • 異性5名追加:720円

  • 異性10名追加:1,300円

  • 同性1名追加:240円

  • 同性3名追加:480円

  • 同性5名追加:720円

  • 同性10名追加:1,300円

同性も追加できますので、純粋な飲み友作りにも使えますね。

レビューの評価はかなり荒れ気味

審査が大変混み合っているようで実際にジョイナスを使って飲んだ人はほとんどいないと思うのですが、レビューの評価はかなり荒れています。

ほとんどが

  • Facebookのデータは20歳以上になっているのに20歳未満とされて審査に落ちた

  • 審査中のままで止まったまま

という内容です。

審査中のままの場合は待つしかありません。

20歳以上なのに20歳未満という理由で審査に落とされた場合は、問い合わせ窓口等から状況を説明すれば対応してくれそうです。

しかし、混雑具合によってはしばらく何もできないという状況になりそうですので、いずれにせよ数日間待って再びログインするのが良さそうです。

アプリの総合的な評価も、利用者が少ない状態では難しいので保留とします。

出会えるかどうかがわかった時点で総合的な評価をページに更新する予定ですので暫くお待ち下さい。

退会方法

退会については運営会社のカスタマーサポートに連絡しないといけません。

info@joinus30.com

一度退会しても再入会可能ですが、一定時間をおかないと再入会できないようです。

この記事を読んだ人におすすめの記事