ペアーズ・オミアイなどのマッチングアプリを使って出会うコツやテクニック

真剣な恋活・婚活ができるマッチングアプリを使って彼氏や彼女を作るコツや攻略法を解説します。

流行にのって使ってみたけどなかなか思い通りに恋人ができない方は参考にしてください。

マッチングアプリはとても優れた男女の出会いの場です。

しかし、優れているからこそ基本的には男女共(特に男性)に理想の相手を見つけるためには努力と時間が必要です。

やはりコツや基本的なテクニックのようなものはありますので、まずは紹介した内容を忠実に実践してください。

確実にマッチング成功率やメッセージの返信率が上がるはずです。

マッチングアプリは男女の新しい出会いの場所

スマートフォンが普及する以前はネットの出会い=出会い系サイトで、出会い系サイト=危険・怪しい、という図式が成立していました。

これは、ごく一部の優良サイト以外はサクラを使っていたり、架空請求の手段として使用されていたことが悪い印象を与える原因になったのだと思います。

しかし、iPhoneやAndroidなどのスマホが普及するにつれて、出会い系アプリと一緒に恋活・婚活アプリ(マッチングアプリ)も普及しはじめました。

これまでの出会い系との最大の違いは、Facebookと連携するタイプのアプリではほぼすべてでサクラがいないということです。

Facebookを使ってのログインを必須として、さらに友達が10人以上いないと登録・利用ができないようにしただけでなく、なおかつ交際ステータスが既婚・交際中の男女は利用できない、というハードルを設置したことによってサクラがいなくなるだけでなく

  • 社交性が著しく欠けていたり、異性・同性関係無く他人との交際に興味が無い人は使えない

  • 冷やかし目的で登録する男女が少ない

  • 完全に遊びだけが目的の男性は真剣な出会いを求める女性によってすぐ通報されるので使えない

  • 同じく写メ交換などが目的の人もすぐに強制退会になる

  • アフィリエイト目的の業者や勧誘目的の業者が入会しづらい

などの真剣な出会いを求める男女にとっては不要な人たちがアプリ内から削除されます。

依然としてPCMAX(ピーシマックス)やハッピーメールを代表とする一部の優良出会える系サイトは大人気ですが、それらとは別カテゴリの優良なネット内の出会いの場としてマッチングアプリは注目を集めています。

普通の利用者からだけでなく、株式市場というマーケットや少子化対策という政策面でも注目を集めているのにはしっかりとして理由があってのことです。

基礎的な内容なので、いいね!がこなくて全然マッチングしないときに有効的

このページで紹介する攻略法やテクニックは、恋活婚活アプリ全体に使えるような初歩的・基本的なノウハウ・コツの類です。

よって未経験者や初心者向けの内容となります。

出会い系アプリやサイトに使い慣れている人でも、恋活婚活アプリとなると多少勝手が違いますので参考になると思います。

参考までに具体的を挙げると下記のアプリを利用するにあたって参考になると思います。

これらはたくさんあるマッチングアプリの中でも人気のある代表的なアプリです。

それぞれのアプリの料金や登録方法などはリンク先で確認してください。

どのアプリを使うとしても、ここで紹介するノウハウ・ハウツーは役に立つと思います。

特にたくさんいいね!をしても全然マッチングがしないときは参考にしてください。

いいね!による「マッチング成立」しないと攻略も何もはじまらない

出会い系では写メやプロフィールを見て気になった異性がいたら即メッセージの送信が可能でした。

なので、どんな内容のメールを送るかが重要な攻略法でした。

しかし、マッチングアプリでは「マッチング」というものが成立しないとメッセージ交換すらできません。

この「マッチング」について詳しく説明します。

Facebookを使った経験がある方なら「いいね!(Like)」はご存知だと思います。

恋活婚活アプリで確認できる異性のデータは

  • 写メ(複数登録可)

  • 自己紹介文

  • プロフィール

  • つぶやき(機能が無いアプリもあります)

  • コミュニティ(機能が無いアプリもあります)

  • 異性から過去にもらったいいね!数

などとなっています。

これらのデータを見て、相手に「いいね!」するかどうかを決定します。

自分がいいね!をしたら相手に通知が届きますし、自分がいいね!をもらったら通知がきます。

通知が届いて、いいね!をくれた異性のプロフィール等を総合的に確認して気に入り、いいね!したりされたりしたらマッチング成立となります。

マッチング後のメッセージ可能回数は無制限ですので、お互いのことをよく知るまで何度でもやりとりが可能です。

もちろんLINEのIDなどの交換も可能です(1回目のメッセージ送信では禁止しているアプリがほとんど)。

よって、出会う確率を高めるためにはまずマッチングの成功率を高めなくてはなりません。

マッチング後のメッセージの内容も大事ですが、このページでは初心者向けなのでマッチングのコツのみに絞って紹介していきます。

ちなみに、このマッチングの仕組みがあることから恋活婚活アプリは「マッチングアプリ」とも呼ばれます。

海外でもマッチングアプリと呼ばれているようですが、デートアプリ、デーティングアプリとも呼ばれます。

アメリカでは3人に1人がネットで恋人を見つけるといいますから日本より頻繁に使われている用語になっているのだと思います。

実際は検索エンジンのgoogleが人気になることによって

「google」

が検索することを意味する単語になったように、アメリカで大人気のマッチングアプリ

「Tinder(ティンダー)」

のtinderが出会うことを意味する言葉として使われているそうです。

マッチング率を高くするには写メの登録が必須

マッチング率を高くするコツとしては、最低限でも写メの登録は必須です。

もし自分の容姿に自信が無い場合は、写メ加工アプリで多少雰囲気を出すなどして補いましょう。

写メ加工アプリを使うとシミやシワが多少薄れたりします。

盛ろうとすればプリクラのようにいくらでも盛れてしまいますが、盛ると写メ詐欺になってしまうのでほんのり見栄えを良くするくらいにしてください。

写メは登録するとすべからく審査が入ります。

他人になりすましたり、男性でも肌の露出が多い服装などは審査に落ちますので注意しましょう。

女性の場合は男性ほどは厳しくありませんが、アプリによっては水着姿や胸の谷間が強調されたような格好の写真は審査に落ちます。

ただ、女性の場合はどうしても水着や肌が多く見える服装の方が目立ちますので審査に落ちるのを前提にチャレンジするのもいいかもしれません。

もしそういった写真で審査に通ればたくさんの男性からいいね!がもらえます。

日記機能が無いので自己紹介文の書き方やプロフィール設定でアピールが必要

SNSや出会い系サイトでは自分がどんな人柄かをアピールするのに日記が有効的でした。

しかし、ほとんどのマッチングアプリには日記機能がありません。

なので

  • 自己紹介文

  • コミュニティ

このふたつで自分がどんな趣味嗜好を持つかをアピールしないと誰にも自分がどんな人柄か伝わりません。

自己紹介文は自分で作成可能で、コミュニティは参加するコミュニティを選んで参加するだけです。

特に男性の場合は注意が必要で、女性から見てネガティブな印象を与えてしまうような趣味は掲載・参加しない方が安全です。

特に

  • ギャンブル関係

  • 喫煙・飲酒関係

  • アニメ・ライトノベル・2次元関連

などは人によりますが女性から厳しくチェックされる可能性があります。

アニメなどは逆に良い印象を与えるケースもありますので難しいですが、少なくともギャンブル関連はアピールしない方がいいと思います。

あまりにもマニアックス過ぎるコミュニティばかりに参加していると女性に不安を感じさせるかもしれませんので、ほどほどのセーブしておきましょう。

自己紹介文に関しては誤字脱字や漢字の間違いなどは幼い印象を与えてしまうのでNGです。

一度作成した後に誤字脱字が無いか、文法の間違いが無いかを少し時間をおいてからチェックすると意外と間違いが見つかったり、追加でアピールすべき項目が見つかるので、数十分後くらいに再度チェックするのはとても有効的な方法です。

あまり長すぎると面倒臭くて自己主張が強いタイプにみられてしまうので、程よい長さで適宜改行を入れて見やすくまとめましょう。

誤字脱字が無くても内容が長すぎたり支離滅裂では内容が異性に伝わりません。

プロフィール項目は不利にならない限り埋める

プロフィールは出会い系との比較だとかなり項目を細かく設定できます。

  • どこの大学出身か

  • 年収

  • 職業

なども設定可能です。

アプリごとで設定可能な項目は違いますが、可能な限り設定しておきましょう。

この可能な限りとはマッチングアプリ上に不利になら無い限りという意味です。

例えば、婚活を意識した女性が相手だと残念ですが中卒よりは大卒の方が有利でしょうし、年収200万円よりは600万円の方が有利です。

フリーターよりも正社員や公務員の方が有利になるのも仕方ありません。

もちろん嘘をつくのは良くないので、マイナスアピールになるような部分は埋めないでおくことも大事です。

実際に、年収の額に関係無く自分の年収を女性に教えたくない男性はたくさんいますし、女性も同様です。

Twitter感覚でつぶやくのもコツのひとつ

マッチングアプリでは自己紹介文に他にもTwitterのような「つぶやき機能」がついています。

もちろん長い文章はつぶやけませんが、ここでもアピールできますので、好きな物事などについてつぶやいてみるといいかもしれません。

つぶやきはプロフィール検索結果などに表示されますので、つぶやきがきっかけで出会いが生まれる可能性もあります。

女性が暇な時間帯を狙ってメッセージ付きいいね!を送る

女性が忙しい時間帯はいいね!をもらったりメッセージを送ったりしても返信が遅くなったり、面倒になってしまうものです。

なので忙しい時間帯を避け、女性が携帯をよく見る時間帯を狙ってメッセージ付きいいね!を送るのはとても有効的です。

そもそも普通のいいね!よりメッセージ付きいいね!はマッチング率が2倍以上になるという各アプリが公開しているデータがあります。

特にマッチブックでは返信率が10倍にアップするくらい、返信率が違います。

やはりいいね!だけをもらっても女性は対応しづらく、あらかじめ質問付きのメッセージをもらうと返信がしやすいと思うみたいです。

女性が携帯をよく見る時間帯は

  • 平日は18時〜23時の間

  • 金曜日などの休日前の夜は19時〜24時の間

  • 土曜日と日曜日などの休日は昼間と22時以降

このようになっていますので、自分の都合のより時間にただいいね!をするのではなく、女性が返信しやすい時間帯を狙って返信しやすいメッセージ付きのいいね!を送ってみましょう。

メッセージの返信率が高い「メッセージ好き」の女性を狙う

特にメッセージ付きいいね!を使うときに注意したいのは相手の女性がメッセージ好きかどうかです。

pairsではメッセージ好きの女性はプロフィール写メにかぶせる形で「メッセージ好き」と表示されていますし、マッチブックでは「吹き出し」アイコンがメッセージ好きを示すマークとして付けられます。

メッセージに対して全然返信してくれない女性にメッセージを送っても無駄ですので、メッセージ好きの女性を狙うと返信率がより高くなりますのでおすすめです。

Facebookの友達の数が数十人〜数百人の女性を狙う

普通の生活をしていればFacebookの友達は多くても数百人程度でおさまると思います。

数万人の友達がいるような女性は

  • 機械的に友達数を増やしている

  • 仲間内で相互に友達リクエストをしている

  • 不特定多数に友達リクエストをしている

などの可能性があります。

友達の数が多いことは悪いことではありませんが、ネットワークビジネスやネズミ講の勧誘、もしくはサイトをシェアすることによる広告宣伝が目的で友達を増やしている女性はいわゆる「業者」と呼ばれる女性です。

見分け方は難しいですが、友達の数があまりにも多い女性は最初から除外するというのもひとつの攻略法です。

ログイン頻度を増やす

男女共に異性を検索するときに最終ログインのタイミングを

  • 24時間以内

  • 3日以内

に絞って検索することが多いです。

これは滅多にログインしない人に対して無駄ないいね!をしたくないからです。

逆に言えば1日か2日に一回定期的にログインしている人は検索結果に表示されやすいということです。

ログインするだけならアプリを起動するだけなので数秒で終わります。

特に女性でいいね!が少なくて悩んでいる人はこの方法がとても有効的ですのでマメにログインしてください。

公式ブログ・Twitter・メルマガで教えてくれるテクニックやノウハウを忠実に実行

実はここが最も大事です。

各アプリは公式ブログやTwitter、Facebookページ、メルマガなどを使ってマッチングのコツや最近の傾向などを教えてくれます。

公式から発信される情報なので憶測や個人的な主観では無く、数字面での裏付けがある確実な情報です。

メールマガジンは定期的にFacebookのログインに使用しているアドレス宛に届きますが、公式ブログやTwitterは自分から読みに行かなければなりません。

積極的にブックマークやフォローして最新の情報を入手して、忠実に実践しましょう。

おすすめマッチングアプリのブログやTwitterなどSNSアカウントをまとめましたので、ぜひブクマやフォローしてください。

pairsやOmiaiが公表しているマッチング率に関する統計数字のまとめ

pairsやOmiai等のたくさん会員がいるアプリはどうやったらマッチング率が上がるか、会員にはどんな傾向があるかなどを数字で把握しています。

ビッグデータというほど大袈裟なものではないと思いますが、データアナリストなどが社内にいて運営に対してアドバイスしている会社も多いでしょう。

マッチングアプリの中にはどうやったらマッチング率がどれくらいアップするかなどをサイト・アプリ内で公表しているものがあります。

どれも公開されているデータですが、各サイト・アプリで公開されている数値や参考データなどをまとめました。

どの数字も根拠があってのものなので、マッチングできないなどの悩みがあったら素直に実践することをおすすめします。

Omiaiのマッチング確率等の情報

・Omiai(オミアイ)で公表されてる数字(2015年12月23日に確認)をまとめます。

  • 男性は70人にいいね!すると平均で5人とマッチングする(マッチング率は約7%)

  • 女性は60人にいいね!すると平均で9人とマッチングする(マッチング率は15%)

  • 顔写真があると無い会員と比較してマッチング率が10倍上がる

  • 自己紹介文があると無い会員と比較してマッチング率が2倍上がる

  • プレミアムプロフィールのつぶやき付きPhotoでマッチング率が1.41倍に上がる

  • プレミアムプロフィールのQ&Aを入力するとマッチング率が1.86倍に上がる

  • プレミアムプロフィールのワイド自己紹介でマッチング率が2.22倍に上がる

  • マッチングしてから初めてデートするまでの平均期間は1ヶ月~2ヶ月

  • 初めてデートしてからお付き合いに発展する平均期間は1ヶ月

pairs(ペアーズ)のマッチング確率等の情報

・pairs(ペアーズ)で公表されてる数字をまとめます(2015年9月26日に確認)。

  • 会員は平均4ヶ月で交際に発展している

  • 30回のいいね!で平均3〜4名のお相手とマッチングをしている(マッチング率は10〜13%)

  • サブ写真を設定するとマッチング率が8倍になる

  • 自己紹介文の有無でマッチング率は10倍になる。400文字以上だとマッチング率は20倍になる

  • プレミアムオプション利用でマッチング率は2.4倍にアップ

  • 女性が男性にいいね!する確率は男性の10分の1

matchbook(マッチブック)のマッチング確率等の情報

・matchbook(マッチブック)で公表されてる数字(2015年12月27日に確認)をまとめます。

  • メッセージ付きのいいね!を送るといいね!だけより返信率が10倍アップし

  • メッセージのやりとりが多い時間帯は金曜日は19時から23時の間、土曜日と日曜日は昼間の時間帯

  • 自己紹介文を300文字以上書くと100文字以下と比較してマッチング成功率が2.5倍

この記事を読んだ人におすすめの記事