交際クラブの仕組みや使い方

男性が女性を指名してデートできる会員制交際クラブの仕組みや使い方

交際クラブとは「デートクラブ」とも呼ばれる異性を紹介してくれる店舗(稀に無店舗型もあります)のことです。

出会い系サイトや出会い系アプリのように、インターネット上で異性を探し、メッセージを交換するのではなく、最初から実際に1対1で男女が出会うことが可能なサービスです。

なので仕組みとしては昔から男女の出会いの場として存在している結婚相談所とよく似ています。

結婚相談所との共通点としては

  • 入会審査(面接を含む)がある

  • 入会金や会費が必要(少なくとも男性は必要です)

  • 仲介してくれる人(コンシェルジュ)がいる

  • 実際に面と面と向かって出会える(交際クラブの場合は最初からいきなりデートができる)

などがありますので、ほとんど同じような仕組みになっています。

聞き慣れない言葉なので怪しいサービスのように感じる方もいるかもしれませんが、東京都には「デートクラブ条例」と呼ばれている条例があり、交際クラブはこの条例に基づいて認可を受けて営業しています。

少なくとも東京都では認可が無いと交際クラブの営業ができないということです。

この点は「インターネット異性紹介事業」の認可を得て営業している出会い系サイトと似ています。

よって、ちゃんと認可を受けて営業をしている交際クラブにはホームページ内に

  • 東京都営業届出○○○○号

  • デートクラブ等都条例届出済

という風な記載があります。

登録する前に必ず認可の有無をチェックしてください。

だいたいHPの下部に記載があります。

※東京以外の地域の交際クラブは認可が必要ありませんので、認可無しでもちゃんと真面目に運営されているクラブがたくさんあるので注意してください

出会い系サイトと同じで、中には交際クラブを装った詐欺目的の悪質サイトも存在します。

悪質な交際クラブに関してはページ下部で特徴などを紹介しています

デートのセッティングをしてくれるのが交際クラブ

交際クラブがしてくれること・役割を一言で言うなら「デートのセッティング」です。

後で詳しく説明しますが、会員の男性が同じく会員の女性を指名し、

  • いつ、どこで

  • どんなデートをするか

などの希望を交際クラブのスタッフ(コンシェルジュ)に伝え、女性から合意をもらったら設定した日時に待ち合わせてデートする、という流れになります。

一度デートが始まったら交際クラブはその後のお付き合いの内容に関しては一切口を出しません。

交際クラブが関わるのはあくまでも初回のデートのみです。

なので、デートが始まったら後は男女が話し合いながら自由に交際を進めることができます。

デート中にお互いが納得すれば当日中にラブホテルに行くこともできますし、条件が折り合えば愛人契約なども可能です。

食事だけで終わることもありますし、すべてが当人達の自由恋愛のもとの行われます。

デートが始まった後の物事に関しては交際クラブが口を出さない代わりに責任もとりません。

男性と女性でトラブルが起きないようしっかり話し合って決めてください。

しっかり世間や男女間での常識・マナーを守って行動することも大事になります。

レンタル彼女と交際クラブの違い

若い女性とデートできるサービスとして知名度が上がりつつあるレンタル彼女と交際クラブには明確な違いがあります。

箇条書きにすると

  • レンタル彼女は営業するにあたって届け出などが不要

  • レンタル彼女はあくまでもデートするだけのサービスで、その後の個人的な付き合いや恋愛関係になることは一切許されていない

  • レンタル彼女はデートする時間ごと(1時間単位)で料金がかかるけど、デートクラブはデートに関しては初回のセッティング料がかかるだけ(デート費用は両方とも男性が負担)

  • レンタル彼女は18歳から20代前半の若い独身女性が多いが、交際クラブは20代や30代の大人の女性が多く登録しておりマナーもしっかりしている

  • レンタル彼女は個室デートなどができないが、交際クラブは最初から個室デートも可能

このようになっていますが、色々な意味で交際クラブの方が自由度が高いことがわかります。

レンタル彼女はあくまでも疑似体験的なもので、デートのみしかありませんが、交際クラブはデートがきっかけでそこから先が広がるという明確な違いもあります。

交際クラブの登録方法と流れ

交際クラブは大抵自社のホームページを持っています。

なので男性は交際クラブのホームページ経由で登録を申し込むのが一般的です。

女性の場合は求人情報サイトなどからも応募可能ですが、女性も交際倶楽部の求人用ホームページから直接応募して特にデメリットはありません。

交際クラブを選ぶ基準は人によって違うと思いますが

  • 交際クラブがある地域(東京・横浜・札幌・大阪・名古屋・福岡などの大都市に多いです)で選ぶ

  • 交際クラブのランクで選ぶ(高級交際クラブなど)

  • 交際クラブの体験談ブログや口コミ・比較サイトを見て選ぶ

などの選び方が一般的です。

男性の場合は入会料や年会費・セッティング料などがかかりますので、特に料金は事前にチェックしてから応募してください。

基本的にレベルの高い女性が揃う高級な交際クラブほど、料金は高くなる傾向があります。

なお、男性がいくら入会を希望したとしても面接に落ちたら入会できません。

どんな富裕層(お金持ち)の男性や、モデル・芸能人級の美女でも必ず面接が実施されます。

応募・登録から登録完了までの流れをまとめます。

  1. 登録する交際クラブを選ぶ

  2. HPから問い合わせ・応募する

  3. 面接の設定・必要書類の提出

  4. 面接

  5. 合格すれば簡易プロフィールの作成(女性会員は写真撮影もあります)

  6. 登録完了

面接の前後で実施される必要書類の提出は

  • 収入証明(納税証明、源泉徴収票等)

  • 勤務先証明(名刺等)

  • 資産証明

など、各交際クラブが定める基準を満たしているかどうかを確認できる書類の提出を求められます。

高級交際クラブでは必要書類の提出が必須になることが多いので、事前に用意しておくと良いでしょう。

他にも

  • 年齢(男性はだいたいが20歳以上から)

  • 職業

などにおいては各交際クラブの基準や特徴(公務員専用など)によって異なります。

面接では外見よりマナーを守れる人物かを見られます

交際クラブで「面接で落ちた」「面接で不採用になった」という口コミがよくネットに投稿されています。

これは男性・女性関係ありません。

落ちる人は男女関係なく落ちます。

というのも、交際クラブは異性の出会いをマッチング・仲介することが仕事なのでクラブの会員に対して紹介するのを躊躇してしまうようなマナー・言葉遣いの人は面接で落とされます。

交際クラブにおいては紹介する男女の質がそのまま評価・評判になるのでここで手を抜くのは致命的ということです。

なので面接に行くときは

  • 男性ならスーツ

  • 女性ならデート時に着るような綺麗な服装

で臨むのが安全です。

言葉遣いやマナーに関しては一朝一夕にどうにかなる部分ではないので普段の生活からマナーなどに注意するしかありません。

社会人として最低限の礼儀作法・マナーを身につけていないデートしても相手に悪印象を与えかねないので、ネットや書籍等で勉強してください。

女性の場合は女子大生も登録していますので、学生は多少甘くても許される部分があります。

しかし、女子大生なのに礼儀作法がしっかりしていれば相手に高い好感度を持ってもらえますので、できるだけ手を抜かないで事前に準備して面接に臨んでください。

合格すれば普通の女子大生では絶対に出会えないようなランクの社会人男性と出会える可能性が高いです。

基本的な使い方 – 男性編

登録が完了したら次はデートのセッティングです。

登録した交際クラブからログイン用のIDとパスワードが発行されますので、それを使ってログインしてください。

ログインすると、それまでは顔写真を見ることができなかった女性会員のプロフィールを見れるようになります。

プロフィールの内容をじっくり吟味して、デートを希望する女性を指名してください。

指名すれば交際クラブのスタッフが仲介して相手にそのことを伝えてくれます。

デートの内容を話し合いながら決めて、お互いが合意すればあとはデート当日を待つだけです。

基本的な使い方 – 女性編

面接に合格したらプロフィール写真の撮影です。

交際クラブは基本的に女性会員が待ちで、男性会員の指名を待つことになります。

よってプロフィールの写真はとても重要な要素です。

写真撮影が完了したら自分のプロフィールが男性が閲覧可能なページに掲載されますので後は指名を待つのみです。

やりとりに関しては大抵交際クラブのスタッフが仲介してくれますので、変な内容の質問などは来ないので安心してください。

行きたい、と思うようなデートがあったら積極的に参加しましょう。

最低でも交通費として1回のデートで5,000円〜10,000円程を受け取ることができますし、当日のデート代は男性が全額負担する決まりなので女性が金銭的に損をすることはありません。

利用料金は登録するクラブのランクによって異なります

気になる利用料金ですが、交際クラブによってピンキリなので一括りに説明することは難しいです。

しかし、どのような料金項目があるかは似ていますので、日本全国に展開している大型の交際クラブ「ユニバース倶楽部」を例にして、どれくらい料金がかかるかをまとめます。

※料金がかかるのは男性のみです。女性は完全無料の交際クラブがほとんどです

ユニバース倶楽部は男女ともに会員によってランク(スタンダード・ゴールド・プラチナ・ブラック)が設けてあり、高いランクであればあるほど質の高い異性を紹介してもらえるようになっています。

ランクによって料金も違いますので注意してください。

  • 入会金:30,000円〜300,000円

  • 年会費(2年目以降):20,000円〜160,000円

  • 1回のセッティング料金:20,000円〜100,000円

入会金と年会費はランクによって違うとはいえ固定ですが、セッティング料金は利用する回数によって増加します。

セッティング=デートなので交際クラブを経由してデートのセッティングすれば1回ごとに料金がかかります。

ただ、同じ女性との2回目以降のデートにはセッティング料金はかかりません。

LINEやメアドなど、連絡先を入手できていたら直接デートのお願いをしてください。

2016年8月現在女性会員が約3,500人登録しており、最高クラスの女性とデートするには1回あたり10万円かかります。

ちなみに男性会員は約1,300人なので、男性会員の方が少ないです。

どんな女性が会員登録しているのか?

交際クラブに登録している女性は様々なです、職業でいうと

  • 主婦・人妻

  • 女子大生・短大生

  • OL・派遣社員・アルバイト

  • モデル・受付嬢・CA

  • ハーフ・クオーターのモデルのような女性

  • 日本在住の外国人女性

など、本当に様々な職業の女性が登録しています。

高級交際クラブになるとモデルや芸能人の卵のような女性の登録が増えます。

女性がどんな目的で登録しているかは様々なので難しいですが

  • 日常には無いワンランク上の出会いを求めて

  • パパ活(パパ募集活動)として

  • お小遣い稼ぎなどのアルバイト感覚

  • 愛人契約

などが目的の女性が多いです。

特に女子大生などは社会人の経営層との出会いを求めて登録している人が多いです。

知識が豊富で心理的・金銭的に余裕がある人はかなりモテるのではないでしょうか。

こんな男性に交際クラブはおすすめ

交際クラブは下記に当てはまるような男性に向いています

  • 婚活アプリや出会い系サイトには登録していないレベルの高い女性との出会いを求めている

  • 秘密を守れる女性と出会って定期的にデートしたい

  • 不特定多数の女性と定期的に会いたい

  • お金はあるけど時間が無く、合コンや婚活パーティなど出会いの場に行ったりするのが難しい

特にお金に関してはそれなりの費用がかかりますので、出費を抑えて出会いを探すなら婚活アプリや出会い系サイトを使ったほうが良いです。

しかし、出会い系や婚活アプリに登録している膨大な数の女性の中からしっかりとした性格の女性を探すのは難しいので、そのような手間を短縮したい人に交際クラブは向いています。

中身はデリヘルや出会い系サイトという悪質交際クラブもあります

悪質な交際クラブの中には「交際クラブ」「デートクラブ」「愛人クラブ」と自称しているけれど、中身はただのデリヘルというお店があります。

これはデリヘルという名前で募集してもなかなか女性が集まらないので聞こえの良い名称に変えているだけだと思います。

男性側は最初からデリヘルだと理解していれば特に不利益はありません。

男性にとって不利益になるのは交際クラブと称している悪質出会い系サイトです。

実際はただのサクラの女性しかいないサイトなのですが(登録している写真やプロフィールは偽物です)

  • 登録時に登録金の振り込みを求めてくる

  • 女性とのメッセージのやりとりに多額のお金を求めてくる

などの行動をして、男性にお金を振り込ませようとしてきます。

交際クラブは基本的に面接がありますので、面接が無いのに交際クラブを名乗っているようなサイトはだいたい悪質ですので無視しましょう。

登録するメリットはありません。

クラブを退会したい、辞めたい時は

交際クラブから退会したい時は率直にスタッフに伝えれば処理をしてくれます。

悪質な風俗店のように退店を拒否されたりすることはありません。

ただ、女性の場合はできるだけ既に予定が入っているデートはこなしてから辞めましょう。

でないと指名してくれた男性に迷惑をかけてしまうことになります。

この記事を読んだ人におすすめの記事