マッチングアプリも動画でコミュニケーションをする時代

マッチングアプリでのアピール方法は限られている

マッチングアプリはSNSの一種で、登録者には個別でプロフィールを作成できる機能があります。

マッチングアプリにおいては、プロフィールの内容が異性とマッチングするか否かに大きな影響を与えます。

大きな影響というか、ほぼプロフィールの内容で決まると言っていいくらいです。

何しろ他に自分のこと(情報)を伝える手段がありません。

プロフィールは

  • 顔写真(複数枚登録可能)

  • プロフィールの項目(年齢・収入・職業)

  • 自己紹介文

  • 参加コミュニティ

などが項目として存在しており、これらの情報で異性に対して自分をアピールすることになります。

言い換えればこれらの単純な情報のみで恋活や婚活の成否が決まるのです。

人柄が伝わるようなメッセージを送りたくでもマッチングが成立しないと文章を送れないのでプロフィールで伝えるしかありません。

なので文章が苦手な人や写真映りが悪い人はかなり不利な条件から恋活・婚活をスタートすることになります。

シンプルな事実ですが少し怖くなりますね。

そして、自分のことを伝える新しい手段として動画が注目されており、プロフィールページに動画を登録できるマッチングアプリが増えつつあります。

ビデオ通話パーティができる「マイ恋」

ビデオ通話パーティができる「マイ恋」

動画ならわかりやすく、すぐにリアクションが返ってくる

動画で活躍するyoutuber(ユーチューバー)は小学生などの子供に人気の職業として有名です。

人気の理由は「わかりやすさ」にあると考えられます。

もしユーチューバーがしていることを文章で表現しても何も面白くないですし、子供には内容が伝わりません。

けれど動画であればわかりやすく、さらにその動画によってあっという間に見た人の感情が動きます。

この「わかりやさ」と「即時性(反応の速さ)」がマッチングアプリにおいては重要なのです。

いくらしっかりした文章を書いても異性がそれを面倒くさがって読んでくれないかもしれません。

読書離れが叫ばれて久しいですが、マッチングアプリを使う世代は本を読まない人がけっこういます。

なのでいくら頑張っても文章でアピールする、という方法自体が間違っている可能性があります。

文章を読まない相手には写真や動画でアピールするのが良いでしょう。

プロフィールに動画を使える「マリッシュ」

プロフィールに動画を使える「マリッシュ」

動画を使うことで相手に伝わる情報量が増える

動画を使えることによるメリットはわかりやすくて見てもらえるということだけではありません。

動画は写真と比べて情報量が格段に増加します。

具体的には

  • 表情

  • 声や話し方

  • 話す内容

など、写真とは比べものにならないくらい情報が増えます。

しかも聞き手は数秒から10数秒で動画をすべて聞くことができますので負担も少ないです。

なので基本的には動画を使うことによるデメリットはありません。

デメリットがあるとしたら男女関係無く

  • 実物が写真より見た目が悪い

  • 声に高かったり、低かったりして声質に自信が無い

  • 話し方が変わっている

などに該当する場合です。

しかし、結局実際にあってしまえばこれらはすぐにバレます。

なので最初から開き直って自分のことをしっかり相手に伝えて正直に恋活・婚活したい人には動画はかなりオススメです。

結局のところアプリ上と実際に会った時のギャップを減らすことができるのでメリットの方が大きいと思います。

ここからは動画を使えるマッチングアプリの中でおすすめのアプリを紹介していきます。

ビデオパーティが開催される「マイ恋」

「マイ恋」は動画で自分アピールというよりは動画で相手と通話できるライブチャットのようなマッチングアプリです。

定期的に「ビデオパーティー」と呼ばれる婚活パーティーのようなイベントがアプリ内で開催され、参加すればたくさんの異性と動画で通話できます。

なので婚活パーティーのマッチングアプリ版とも言えます。

マッチングが成立していない段階でも短い時間ですが通話可能です。

もしマッチングが成立したら動画で話せる時間も増えますので、実際に出会った時のギャップを最小にすることも可能です。

マイ恋の詳しい情報は

マイ恋はビデオ通話パーティがあるマッチングアプリ

こちらで確認してください。

marrish(マリッシュ)は動画プロフィールを使える

「marrish(マリッシュ)」は離婚歴がある会員が優遇される珍しいマッチングアプリです。

もちろん離婚歴がない人も使えます。

marrishではプロフィールに「動画プロフィール」という項目があり、動画をアップすることによって他の会員に動画を見てもらうことが可能です。

自分のことをよく知ってから「いいね!」をもらいたい人やひやかし半分のいいね!はいらない、と考える真剣な恋活・婚活をしている人におすすめです。

marrish(マリッシュ)は子持ちや離婚歴がある男女が優遇される婚活アプリ

VEAT(ビート)はSNS的な自撮り・動画マッチングアプリ

VEAT(ビート)は自撮り・動画アプリです。

見た目はマッチングアプリには見えませんが、メッセージ交換ができるのでマッチングアプリの要素もあります。

ただ、どちらかというと若い男女が動画をネタにして盛り上がるような要素が多いので、マッチングアプリとして使うのは難しいかもしれません。

純粋に異性の動画を見て楽しみたいという人におすすめです。

VEAT(ビート)は動画でマッチングできるアプリ

動画で交流するのが当たり前の時代は近い

何年も前からネット界隈では「今年が動画元年」と言われています。

なかなか動画元年が来ていないようですが、年々

  • 自撮り動画をネットにアップするのに抵抗が無い若者が増えている

  • インターネット回線が強固になり、動画のアップが可能になっている

という傾向があるので、写真や文字(メッセージ)でコミュニケーションする時代から動画でコミュニケーションする時代に近づきつつあるのは間違いありません。

2ちゃん等の掲示板サイトも文字で交流するのではなくて、近い将来は利用者同士が動画で交流するようになるかもしれません。

ここまで説明したように動画には多くのメリットがあります。

ただ、自分の情報がより多く相手に伝わることによるデメリットもあります。

具体的には個人を特定して誹謗中傷を受けたりストーカー被害にあったりするなどです。

時代の過渡期は多くのトラブルが生まれ、法律等も都度改正されます。

動画で異性とマッチングできるのは確かに便利なので、動画化への流れは進む一方でしょう。

しかし、やはり自分の身は自分で守ることが大事なのでメリットとデメリットを理解した上で動画サービスを使いましょう。

そして、ネットで異性と出会えるようなサービスを18歳未満の児童は使ってはいけない、という点は常に変わりません。

この記事を読んだ人におすすめの記事