外国人も使う海外のおすすめマッチングアプリ

日本にいるアメリカや欧米人と出会いたいならマッチングアプリがおすすめ

話題になった洋画をDVDやテレビで観て、家で一緒にいる家族や恋人と

「ほんとに綺麗だなあ。日本人と全然違うね」

「あんな風な顔とスタイルになりたい」

などと話したことはありませんか?

ハリウッド映画の主役として出演するような人たちは誰もが

「こんな人と出会って結婚したい」

「一緒にデートしていたら歩いてるだけでみんなが振り向くだろう」

と思うような美男・美女ばかりです。

しかし映画に出るような美男美女と出会うのは冷静に考えると難しいので、分別のある大人は現実を見据えて妥協します。

手堅く外国人と出会う方法は

  • 英会話学校に通ってネイティブの講師と知り合う

  • 海外旅行に行く

  • 日本人と出会いたい外国人が集まるパーティーなどに行く

  • 日本にある外国人コミュニティに入って溶け込む

  • 路上で見かけたらナンパする

  • Airbnb(エアビーアンドビー)で訪日した外国人観光客を泊める

などの方法がありますが、2017年現在は

「欧米で人気のあるマッチングアプリを日本国内で使う」

という方法がコスパと効率を考えればベストだと思います。

マッチングアプリは欧米企業が発明した

マッチングアプリって何?という方に向けて説明すると、

「お互いが「いいね」することによってメッセージや連絡先の交換ができるアプリ」

のことをマッチングアプリと呼びます。

マッチングアプリは海外では「Tinder」の大ヒットをきっかけに広がり、日本でも似たような仕組みのアプリはたくさんあります。

マッチングアプリの特徴としては、Facebookのアカウントを利用する、というのもあります。

FacebookとTinderのどちらもアメリカ企業が運営しています。

アメリカ企業が運営するということは英語圏で普及しやすいので、結果的に世界的なサービスになることが多いです。

日本人は欧米の流行をそのまま受け入れることに抵抗がないので、facebookもtinderも多くの日本人が利用しています。

日本でもマッチングアプリが流行している理由としてはFacebookの影響が強いのかもしれません。

海外ではマッチングアプリの対しての抵抗が日本人より薄い

日本では

出会い系=犯罪

という印象があるせいか、男女の出会いをネットで仲介するサービスに対して偏見が強いです。

しかし欧米ではマッチングアプリを使って出会うことは、少なくとも若者は普通と考えています。

これは欧米ではマッチングサイトがその黎明期から未成年が使えなかったことが理由かもしれません。

ポルノなどでもそうですが、欧米では未成年の出演などをとても厳しく禁止しています。

日本ではi-modeで出会い系が登場した時に多くの未成年が援助交際に利用したり、買春目的の大人が利用していました。

成り立ちがそんな感じなので印象が悪いのも当たり前と言えます。

その後法律などによって日本でも出会い系は18歳未満が使えなくなりました。

なので今後日本でもマッチングアプリや出会い系に対しての悪い印象は改善されることでしょう。

特に、今の中高生がすべて18歳以上になったくらいの頃には大きな変化が起きてそうな予感がします。

日本を訪れる外国人観光客や留学生も使っている

日本にいる外国人とはどんな人でしょうか。

ある程度限られていますので列挙します。

  • 日本で働いている外国人(実習生も含む)

  • 留学で日本に来ている外国人

  • 訪日した外国人観光客

日本に来ている外国人も当然スマホを持っています。

そして、自分の国で流行っているアプリをインストールしています。

なのでもし自国でマッチングアプリを使っていれば、それをそのまま日本でも使います。

よって世界的に流行っているマッチングアプリを日本で使えば出会いを求める外国人が簡単に見つかります。

欧米ならこれ、アジアならこれ、という風にその文化圏で流行っているアプリを使えば目的の相手を探しやすくなります。

外国人と出会いたい人におすすめのマッチングアプリランキング

ここからは具体的なアプリをピックアップして、簡単な使い方と共に紹介していきます。

使い方に関してはどれもそこまで違いはありません。

なのでまずは一個ダウンロード・登録してみてマッチングアプリの雰囲気を掴んでください。

おすすめ1位:Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)は世界一のマッチングアプリと言っても過言ではありません。

スワイプ(画面を右に左に指で動かす)しながら相手の顔写真を見て、気になる人がいたら「like(いいね)」するタイプのマッチングアプリです。

そのカジュアルさから日本人でもtinderを使う人(特に女性)は多いですし、多くのアプリに影響を与えています。

Tinderの良いところは隙間時間でどんどん使える点です。

写真の印象だけで判断しやすいので、まずは気軽にマッチングアプリを使ってみたい人にはTinderがおすすめです。

登録は無料なのも嬉しいですね。

Tinderの詳細情報へ

おすすめ2位:Match.com(マッチドットコム)

世界的には長らく世界ナンバーワンのマッチングアプリでしたが、Tinderの大流行でトップの座は一時的とはいえ陥落しました。

それでもマッチ・グループとしては世界中の男女の出会いをサポートしており、日本でもPairs(ペアーズ)を買収しています。

Tinderと比べるとよりSNS的な要素が強いので、毎日普通に使いながら出会いを探すことができます。

ただ、日本人にとっては少し使いにくいデザインとなっているのが弱点です。

しかし外国人からしたらそのデザインが普通なのでむしろ使いやすいようです。

外国人と出会うためには使いにくさも我慢できる!という人におすすめです。

Match.comの詳細情報へ

おすすめ3位:Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)

不倫SNSとして世界中で利用されているのがAshley Madison(アシュレイ・マディソン)です。

以前は女性会員のサクラ疑惑などがありましたが、個人情報の流出事件などをきっかけにサクラが完全にいなくなりました。

不倫SNSとして有名ですが、中身は通常の出会い系アプリです。

他の出会い系と比べて機能的には不倫に特化したというものではありません。

しかし会員層が主婦・人妻が多いので、会員層は確かに不倫がしやすいようになっています。

不倫をするのはおすすめできませんが、アラフォー・アラフィフくらいの方同士での出会いを求める方にはかなりおすすめです。

Ashley Madisonの詳細情報へ

この記事を読んだ人におすすめの記事