学生時代の友達と再会できるSNSアプリ「第二ボタン – 学生時代の思い出と出会う時間。」

「第二ボタン – 学生時代の思い出と出会う時間。」はスマートフォンを使って学校の同級生とつながることができるアプリです。

出身の小・中・高校を登録して懐かしい出会いを楽しんでください。

学生時代の同級生とアプリを使って再会

「第二ボタン – 学生時代の思い出と出会う時間。」は一言で言うと

「疎遠になった同級生と再会できるアプリ」

です。

andromedajp(アンドロメダ)」によって運営されています。

ネットを使った学生時代の同級生と再会できるサイトには「ゆびとま」などがありますが、アプリではかなり珍しいです。

学生時代同級生といえど、進学や引越し等で距離が離れればなかなか連絡をとらなくなってしまいます。

そんな時に「「第二ボタン – 学生時代の思い出と出会う時間。」」を使えば簡単に同級生を探し、連絡を取れます(同級生が登録していれば)。

登録は無料で、登録時はFacebookのアカウントがあると簡単に登録できます。

Facebookアカウントがあると同級生が偶然見つけてくれたりもするので、無い人はこの際アカウントを取得するのも有りだと思います。

※Facebookを使わなくてもメールアドレスで登録可能です

第二ボタンダウンロード画面

第二ボタンダウンロード画面

学校は

  • 小学校(6年間)

  • 中学校(3年間)

  • 高校(3年間)

このように高校まで登録可能で、

  • 小学3年生の時は1組

  • 中学2年生の時は5組

という風にその年ごとの組まで登録可能です。

なので同級生だけでなく同じ組の生徒も簡単に探すことができます。

ちなみに未成年は利用にあたって親権者の同意が必要です。

※後述しますがあくまでも同級生との懐かしい再会をサポートするアプリでナンパや出会いを助長するアプリではありません

第二ボタン会員登録画面

第二ボタン会員登録画面

登録したら友達を探してください

アプリをダウンロードして、プロフィールを設定したらまずは自分が在籍した学校を登録してください。

学校を登録後はできれば何組にいたかも登録しましょう。

もし学校の統廃合などで在籍した学校が見当たらない時は「学校名登録」から運営に通知してください。

学校を登録すると同じ学生の生徒がいればmate内に表示されます。

他にも

「友達を探す」

から

  • 名前

  • 性別

  • 年齢

  • 地域

  • 学校名

などで検索して友達を探すことができます。

学校登録画面

学校登録画面

友達には「トーク」が送れます

友達を見つけたら「友達申請」しましょう。

相手が申請を受けてくれればトークが可能となります。

もちろん自分が友達から申請を受けることがありますので、まめに確認して許可をだしましょう。

mateには「あしあと」機能もありますのでどんな人が自分のプロフィールを見たか確認可能です。

そしてそこから友達申請することもできます。

波タグとは?

波タグは友達が友人を探しやすいようにするためのキーワードです。

あだ名などを登録すると偶然の再会が生まれやすいので学生時代のあだ名をまずは登録してみましょう。

ミニタイムは掲示板のこと

ミニタイムは「つぶやき」のように使える掲示板機能です。

もし探している友達がいればそのことをつぶやいたり、学生時代の思い出などを投稿してみてください。

それを見て反応してくれる人がいるかもしれません。

なりすまし・偽物の同級生を見つけたら申告

「設定」に「申告」という機能があります。

これは同級生でも無いのに同級生の人のフリをしている人を運営に申告する機能です。

同級生になりすましている人は

  • いたずら・わるふざけ

  • 出会い・ナンパ目的

  • 何かしらの勧誘や詐欺

などの目的で登録している可能性があります。

運営の方で卒業証明等でチェックするのも大変ですので、色々な人が紛れ込む可能性があります。

なのでもし同級生で無い人を見つけたら申告を使って通報してください。

出会い目的の利用は禁止されています

mateはあくまでも同級生の再会のためのアプリで、出会い系アプリではありません。

利用規約を見ると禁止されている行為などが確認できます。

利用規約では未成年の利用についても記載がありますので未成年の方は必ず確認してください。

第二ボタンの退会方法

第二ボタンは下記の流れで退会できます。

  1. もっと見る

  2. 設定

  3. mate退会

退会すると第二ボタン内でのすべての情報が削除されますので、特別な理由がなければ退会せずにアプリをスマホから削除するだけに留めるのがおすすめです。

この記事を読んだ人におすすめの記事