みんなの伝言板は出会い禁止の掲示板アプリ

無くなってしまった駅の伝言板が掲示板アプリになって復活

携帯電話が今のように普及する前は駅に「伝言板」と呼ばれる黒板が設置されていました。

待ち合わせの連絡や忘れ物の連絡などに使われていましたが、携帯電話が伝言板の替わりになり誰も使わなくなりました。

そして2017年現在は都心ではすべて撤去され、田舎にいかないと伝言板はありません。

そんな一定の年齢以上の人にとって懐かしさの対象である伝言板がアプリになって復活しました。

駅とは関係が無いですが、SNSアプリとして誰でも利用できます。

正式名称は「みんなの伝言板 -自由に描き込める掲示板-」で、運営会社は「Yukihiro Yamada」です。

※Androidでは別の会社が運営する「みんなの伝言板」というアプリがリリースされています

LINEやメアドの書き込みは禁止なので出会えません

みんなの伝言板では個人情報の書き込みを禁止しています。

なので

  • LINEやカカオトークなどの無料チャットアプリのID

  • メールアドレス・電話番号

  • 個人名・住所

などの書き込みはできません。

これら連絡先の交換ができなければ当然男女が出会うこともできません。

なので出会いを求めている方は別のアプリを使いましょう。

他にも禁止されていることがありますが、基本的には下記に一致する内容の書き込みは禁止です。

  • 他人を中傷、または不快にさせる書き込み

  • 自身や個人の特定につながる書き込み

みんなの伝言板の使い方

みんなの伝言板はダウンロード・利用どちらも完全無料です。

まずはダウンロードして起動しましょう。

名前・メールアドレス・Facebookアカウントの登録なども不要なのですぐに使うことができます。

起動したまずは既存のスレッド(板)に書き込んでみましょう。

黒板に書き込むような感覚で文字を入力できます。

文字は

  • 手書き入力

  • 文字入力

のどちらかを選択できます。

手書き入力にするとスマホ画面を使って絵を描いたりできますので、絵でのコミュニケーションも楽しめます。

「新規作成」で板の作成も可能

画面の下部にある「新規作成」をタップすると自分で板の作成ができます。

自分で板を作ったから何かメリットがあるというものではありませんが、話したい話題がある時は自分で作ってみましょう。

使う人が増えれば人気アプリになる可能性も

みんなの伝言板はシンプルで使いやすいアプリです。

利用者が増えれば板の種類も増えてたくさんのコミュニケーションが楽しめるようになるでしょう。

しかし人が増えれば危険も増えます。

「らくがきライブ」というみんなの伝言板と似ているアプリがあり、児童を含む未成年が出会い系アプリとして利用してかなり荒れました。

SNSは利用者が増えると出会い目的で使う人が必ずと言っていいほど増えます。

そうなったらアプリはかなり荒れそうで、どのくらい投稿の監視や削除が対応できるからポイントになりそうです。