未成年は出会い系サイトやアプリを使えません

18歳未満の未成年が出会い系アプリを使うのは非常に危険なので止めましょう

日本国内では未成年の男女による出会い系サイトの利用は「出会い系サイト規制法」によって禁止されています。

出会い系サイトの定義としては、異性と連絡先の交換ができる機能があり、出会いを仲介することを目的としているサイトは出会い系サイトとみなされます。

出会い系サイトを利用できるのは

  • 高校在学中でない

  • 18歳以上の男女

と定められています。

よく18歳未満は禁止と言われていますが、18歳になっていても高校を卒業するまでは利用ができません。

法律により、原則として17歳以下は出会い系サイトを利用できません。

よって、いわゆる「出会える系サイト」と呼ばれるようなサクラのいないサイトでは新規入会するすべての会員に対して年齢確認を実施しています。

とても厳しいように感じるかもしれませんが、これは異性との出会いの場を提供する事業者に対して義務付けられている行為です。

サクラのいる無料の出会い系サイトは法律を無視して運営されている

「出会える系」とは真逆の存在である

  • 完全無料で使えて

  • サクラばかりのサイト

では入会する会員に対して年齢確認を実施することはほとんとありません。

そもそもが何かしらの詐欺目的(課金や他のサイトへの同時登録が多い)で運営されているサイトなので、長期間運営する意思が最初から無く、法律を遵守してちゃんと運営する意思もありません。

なので年齢確認が無く誰でも入会できます。

しかし、登録した途端にサクラの女性から逆ナンされたり、迷惑メールが山のように届くようになるでしょう(入会した女性を男性が騙すパターンもあります)。

完全無料のサクラがいるサイトでは一般女性:サクラの比率が圧倒的にサクラの方が多いので、普通の女性と出会うことは困難を極めます。

機能としてはメッセージや掲示板などがサイト内にありますが、年齢確認を実施しておらず、日本国内の法律を守る気もありませんので、そもそも出会うことを期待する方が無理です。

なので年齢確認が無くて、なおかつ無料で使えるサイトを使うのは止めましょう。

出会い系アプリは運営会社の自主性に委ねられている

ここまでは出会い系サイトにおける年齢確認について言及しましたが、アプリについては2017年3月現在まだ出会い系アプリを規制する法律はありません。

しかし、ちゃんとした異性との出会いの場を提供しようとしている事業者は出会い系サイトと同じような手順で

  • 警察を経由して公安委員会に届出を出し

  • 新規会員全員に年齢確認を実施して

  • 投稿監視を細かく実施する

など、やるべきことをちゃんとしています。

ただ、法律によって義務付けられているのではなく、あくまでも事業者の自主性に委ねられています。

なので運営コストや手間を抑えたいと考えている会社は年齢確認をせずに禁止ワードを厳しく設定することで対応したり、表向きは出会い系アプリではなくただの掲示板アプリのように装って運営しています。

出会える機能を持っているにも関わらず、ほどんどのアプリが年齢確認をしていないと言ってよいでしょう。

なので誰でもApp Storeやgoogleplayからどんどんダウンロードして、出会い系アプリを使えてしまう状況です。

App Storeやグーグルプレイにあるから安全という訳ではない

スマートフォンと言えばiPhoneとAndroidが日本ではほとんどのシェアを占めます。

iPhoneアプリをダウンロードするApp Storeはappleが管理し、Androidアプリをダウンロードできるgoogleplayはグーグルが管理しています。

どちらも世界を代表する大企業です。

しかし、毎日膨大な数リリースされるアプリの中身まで完全に審査することは難しく、杜撰な内容の出会い系アプリやサクラの女性会員しかいない出会い系アプリでもどんどん審査に合格しリリースされています。

よってApp Storeにあるアプリだから、グーグルplayにあるアプリだから安全という公式は存在しません。

アプリを使って被害を受けてもプラットフォーム側の責任にはできません。

ネット内においては自分の身は自分で守るしかありませんので、自分の目でアプリを見て信用できるかどうかを判断しましょう。

親のクレジットカードを使って課金してトラブルになることも

未成年がアプリを使う時はクレジットカードで親の情報を登録して課金することがあります。

クレジットカードで決済すれば当然利用情報はバレますし、もしアプリ内の課金を使ってもすぐにバレます。

なので、ポイントを購入するために親のクレカ情報などを利用するのは絶対に止めてください。

女性の場合は違法な風俗スカウトマンに勧誘されることも

女子高生が好奇心や彼氏作りが目的で出会い系アプリ・SNS・LINE掲示板アプリなどを使っている場合、プロフィール欄にわかりやすく自分の年齢がわかるように書いたりしています。

年齢をアピールしたいのはわかりますが、世の中には風俗バイトのスカウトマンという人たちがいて、悪質なスカウトマンは未成年の女性をスカウトして裏風俗と呼ばれる違法風俗店に送り込むことを仕事にしています。

違法な裏風俗では「援デリ(援助交際デリバリーヘルス)」が有名ですが、風俗店も出会い系サイトと同じく

  • 17歳以下の未成年

  • 高校在学中

のどちらかひとつでも該当したら働くことができません。

しかし、どうしてもお金が欲しい女子高生と、そんな女子高生と風俗遊びをしたい男性がいるので援デリは裏風俗として認知されています。

本来風俗店は法律的に認められている存在ですが、援デリなどの裏風俗は非合法なので常に摘発の対象となり、女性も見つかれば警察に補導されてます。

お客さんもどんな人が利用するかわかりませんので、総合的に考えると極めて危険なアルバイトです。

アプリを使っていて

「女子高生でもバイトできる風俗がある」

「1時間働くだけで1万円稼げる」

「男性に見られるだけでお金をもらえる」

などの誘い文句で勧誘してくる男性がいたら警戒しましょう。

できれば完全に無視して、厄介ごとに巻き込まれないようにしてください。

「JKリフレ」「JK添い寝」などとして秋葉原や高田馬場などで流行した「JKビジネス」の類も裏オプションなど、それなりに危険が伴います。

店舗内ならまだしも店舗外での「JKお散歩」となると、どんな犯罪に巻き込まれるかわかりませんので、もし勧誘されてもしっかり断りましょう。

17歳以下の男女が出会える機能があるSNSアプリを使うのは危険です

出会い系アプリや出会い系サイトと呼ばれるようなサービスではなくSNSアプリと呼ばれますが

  • Twitter(ツイッター)

  • Instagram(インスタグラム)

  • ツイキャス

  • 斉藤さん

  • LINEplay

  • ポケコロ

これらのようなコミュニケーション機能があるアプリを未成年が使う場合はそれなりに危険が伴います。

もちろん運営もそのことを理解しており、かなり厳しく監視していますが、それでも被害に遭う女性はいます。

まず何より自分の身は自分で守らないといけませんので、ネットやアプリ内でどんなに仲良くなろうと、実際に出会ったりしないことが大事です。

さらには写メ交換などもしない方が安全です。

リベンジポルノの被害者が急増していることもあり、特に下着姿や裸の写メなどを交換すると、それを元に脅迫されたりするなど、本格的な犯罪に巻き込まれるか可能性があります。

出会いだけでなく、既に説明した風俗バイトの勧誘などにも注意が必要です。

特にインスタグラムやツイキャスは自分の顔・体型・スタイルなどの姿形がわかるように動画・写真で露出することが多いですので、成人・未成年に関係なく風俗系のスカウトマンに勧誘されやすいです(美女やノリの軽そうな女性はやはり狙われます)。

もしアプリ等で未成年を見つけたら通報

もし出会い系アプリなどを使っていて未成年が紛れ込んでいるのを見つけたらプロフィールページから「通報」して運営に知らせてください。

運営も未成年がいると危険なことは承知していますのでアカウントを削除するでしょう。

その未成年にとっても非常に危険なので余計な手間かもしれませんが親切だと思って通報してあげてください。

もしチャット等で話しかけられても無視するか、高校を卒業しないと出会い系は使えないことをしっかり教えてあげてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事