マイナンバー制度による出会い系サイト・アプリへの影響

マイナンバー制度によって起きる出会い系やネットの出会いにおける変化などを簡単に予測しました。

結局はちゃんと確定申告をして税金を収めれば解決するのですが、世の中はそう簡単ではありません。

ですが、できれば計画的に貯金をし、毎年の税金をしっかり払って未来を怯えずに過ごしてください。

夜の仕事をしている女性や副業をしているOLが戦々恐々としているマイナンバー制度

平成28年(2016年)1月からマイナンバーの利用が開始しています。

これによって業務委託などで仕事を請け負っている人達がどこから、どれくらいの金銭の授与を受けているかを国がわかるようになると言われています。

マイナンバーによって影響を受ける人の代表例として

  • デリヘルやソープランドで働く風俗嬢

  • インターネットでお小遣いを稼ぐチャットレディ・メールレディ・キャッシュバッカー(CB)

  • キャバクラ嬢やガールズバーで働く女性

などが頻繁に取り上げられています。

いわゆる「夜の仕事」「水商売」「女性が楽に稼げる副業」などと呼ばれるものがピックアップされていることがわかります。

当然女性だけでなく男性もマイナンバーの影響を受けます。

これまで会社員やアルバイトをしながら副業としてネットの「せどり」や「アフィリエイト」などでコツコツ稼いでいた人もマイナンバーが実施された結果どうなるか、過去に遡って税務調査がされないかなど、様子をうかがっていることでしょう。

要は払うべき税金を払っていないということ

ここまで挙げてきた職業・仕事はどれも株式会社やお店(個人事業主等)から仕事の対価として報酬を受け取っています。

マイナンバー制度が施行されると株式会社やお店(個人事業主等)が

  • 誰に

  • どれくらいのお金を支払ったか

を国及び税務署が完全に把握できるようになります。

つまりもし風俗嬢が現金を手渡しで給料を受け取ったとしても、自分の銀行には履歴が残りませんがお店の帳簿には履歴が残りますので税務調査がお店に入ればバレます。

風俗店側もアリバイ会社を使ったり様々な税金の抜け道を探して対策をするでしょうが、グレーかブラックな方法を使わない限りマイナンバーから逃れるのは難しいです。

しかし、原理原則として収入は一定額を越えれば税務署に確定申告して納税する義務があるので、そもそも確定申告していない状態がおかしかったと言えます。

特に風俗業界に入ってくる女性は訳あり(借金がある、シングルマザー等)の人が多いので感情で考えると難しいのですが、収入に対して税金がかからない方が変です。

そもそも風俗バイト自体が怪しい部分があります。

ソープランドなどは建前上ただの入浴施設とされていますし、ソープ嬢は入浴施設で働くただの女性スタッフとなっています。

そこで男性客と女性店員が恋に落ちて色々な事をする、という前提で営業されていますので、水商売関連は法的にグレーな部分がとても多く、それが許されていました。

税務署や警察も色々と配慮しているようで、風俗関係の女性がほとんど確定申告をしないことを知っていると言われていますが、マイナンバー実施によって変化が起きるかもしれません。

副業だろうと専業だろうと確定申告さえすれば心配不要

マイナンバーについては専門家がそれぞれ様々な予測をしていますが、結局のところ

  • お金の出入りを把握する

  • 毎年確定申告をする

この二つのことをするだけで解決します。

会社で副業が禁止されているなら副業はすべきではありませんし、こっそりやるならバレた時どうなるか覚悟を持ってやるべきです。

夜の仕事一本で生活している女性はしっかり確定申告をすべきです。

とはいっても税務署の職員の数は限られていますので、すべての風俗嬢に対して税務調査が入るなんてことはありえません。

普通に考えたら目立つような女性、例えばカリスマ風俗嬢や有名店のナンバーワンキャバ嬢などを狙って税務調査をして追徴課税するでしょう。

いわゆる見せしめです。

数人の目立つ人に対して税務調査をして、脱税などのニュースになれば周辺の女性たちの間ですぐに広がりますし、確定申告をする女性が増えます。

すると税収が増えますので労せず結果を出すことができます。

掲示板でのパパ募集や愛人契約なら個人間で現金でのやりとりだから足がつかない

「個人売春」という言葉があります。

これは援助交際などと同じ意味でも使われますが、成人した男女つまり高校を卒業した18歳以上の男女が金銭の授与を対価として体の関係を持つこととされています。

援助交際は未成年が絡むので当然違法ですが、成人した男女がお金の対価として性的関係を持つことは違法なのか、それとも合法なのかで意見が分かれています。

  • パパ募集

  • 愛人契約

などの言葉はネットの掲示板サイトやSNSアプリを見れば溢れていますし、このような金銭的なやりとりをしての関係を求める男女をネット上から無くすことはほぼ不可能です。

LINEなどの無料通話アプリはIP電話ですので広義ではネットの情報ということになりますし、SNS・出会い系サイト・出会いアプリは世の中に無数に存在して、会員が数百万人いる巨大SNSもたくさんあります。

さらにはFacebookのような外資系企業が運営するSNSもあります。

Facebook内のメッセンジャーを使って愛人募集した人に対してどのような措置があるのかわかりませんが、隠語などを使っていればすべてを把握することは不可能でしょう。

パパ募集や愛人契約のメリットは

  • 法人や事業者ではなく個人間で

  • 現金手渡しが基本

ということです。

マイナンバーが実施されても、個人が誰にお金を渡したかは把握できません。

となるとマイナンバーが怖くて風俗バイトから足を洗った女性たちが出会い系や掲示板に一斉に移動する可能性があります。

そもそも風俗バイトをする女性たちは借金などの事情があってという人たちが多いですが、そもそもお金に対してルーズな女性たちが多いというのも事実です。

さらに、夢を叶えるためにはどうしても普通のOLでは稼げないようなお金が必要だ、という高い目標を持って風俗業界に入る人たちもいるのです。

そんな人たちが過去の所得分の確定申告や納税をしたら「女性の貧困」と呼ばれるような状況になりかねません。

出会い系サイトやアプリは異性を募集する格好の場所

パパ募集や愛人契約してくれる男性を探すには18歳以上しか利用できない「出会える系」と呼ばれるアプリやサイトが手っ取り早いので、女性たちは出会える系に移動することでしょう。

出会える系と呼ばれるサイトをアプリはどれもSNS的な機能があり、掲示板なども充実しています。

何と言ってもサクラがゼロのサイトとアプリなので、男性にとっても女性にとっても安心して使えるようになっています。

もちろんすべての会員に対して年齢確認を実施していますので、未成年はいません。

パパ募集や愛人になってくれる異性を探すには格好の場です。

もともと合法的に働いている風俗嬢は全員高校を卒業した18歳以上の女性ですので、登録に関しては何も問題がありません。

元風俗嬢が新たな稼ぎ場として利用する可能性は高そうです。

大手サイト「ハッピーメール」の社長逮捕は個人売春を防ぐみせしめという説も

出会える系の中でトップクラスの人気を誇っていた「ハッピーメール」も社長や従業員が逮捕されるというニュースが2015年11月30日に流れました。

理由としては個人間の売春を勧誘する書き込みを知っていながら放置していたから、ということになっています。

未成年が絡むならわかりますが、成人した個人間の売春の書き込みを放置していることによって逮捕されるとしたら大変です。

LINEでは毎日膨大な数の未成年を含む様々な勧誘のチャットが飛び交っていますし、中には違法なものもあります。

日本でもトップクラスのIT企業が運営するSNSアプリでも同じだと思います。隠語などを使って様々なやりとりがされています。

マイナンバーの影響によって出会い系に流出する元風俗嬢達の荒稼ぎを予防するために布石だという指摘もありますが、本当はどんな理由なのかわかりません。

  • *交(援助交際のこと)

  • お*づかい(おこづかいのこと)

  • ○交

  • サポー○

などの書き込みがあったことが原因でサイト運営者が逮捕されたのだとしたら、世の中に無数に存在するブログのコメント欄にこのような書き込みがあったらどうなるのでしょうか。

援デリ業者かどうかは誰にもわからない

援助交際デリバリーヘルスという違法のデリヘルがあります。

どこが違法かというと

  • 風俗営業の届け出がない

  • 18歳未満の未成年もしくは18歳以上の現役女子高生を派遣している

という点です。

ハッピーメールなどでは「業者」と呼ばれますが、仕組みとしては「打ち子」と呼ばれる成人女性が普通に出会い系に登録して、男性客を取り、自分が管理する未成年女性を客に当てがうという仕組みです。

ハッピーメール側としては全会員に対して年齢確認を実施していますが、年齢確認をした上で入会した人が未成年を管理していることはわかるはずもありません。

今回の件では売春クラブと呼ばれる違法風俗店の経営者(成人男性)が隠語を使って書き込み、それを知っていて放置したからとなっていますが、サイト運営者がそんなことはわかるはずもありません。

売春クラブや援デリ業者による書き込みだと知っていて放置していたなら仕方が無いかもしれませんが、業者が自分たちで業者だと名乗る訳ないです。

なので運営側としては行動やメッセージ内容から推測して強制退会や書き込みを削除するしかないでしょう。

援デリと個人売春の境目がどこなのかなど、まだまだ様々な意見が出てきそうです。

この記事を読んだ人におすすめの記事