出会い系サイトやマッチングアプリでのなりすましの対策と予防方法

出会い系サイトやマッチングアプリ等のSNSにおける「なりすまし」の予防方法や対策について解説します。

なりすましを完全に防ぐ方法はありませんが、ネットの特徴を理解して行動することによって被害を減らしたりすることは可能です。

順序としては

  • SNS等でのなりすましに関する全体的な知識を説明して

  • 出会い系サイトやマッチングアプリでのなりすましに関して説明

という流れになります。

ネット社会で増加する「なりすまし」「乗っ取り」による被害

インターネットが普及する前にも他人が他人に変装したり、電話で声色を変えたりしてお金を騙し取る「なりすまし」はありました。

ただ、電話等を使って人を騙すことはできても結局は自分の姿かたちを晒すことになることが多いので、そう簡単になりすますことはできませんでした。

しかし現在はインターネットがあり、同時に多数のSNSアカウントがありますので、他人のアカウントを乗っ取ってなりすまそうと思えば簡単に実践できます。

金銭などの直接的な被害額が大きくなる可能性は少ないとはいえ、個人の名誉や評判を著しく傷つけるような乗っ取り・なりすましが横行していますので、ネットを頻繁に使う人はなりすましや乗っ取り予防をして損をすることはありません。

特にSNSアカウントを利用して多数の人と交流しているような方は被害に遭った時はその影響が多いので十分に注意してください。

なりすまされて悪用されやすいLINEやFacebookなどのSNSアカウント

日本国内で普及しているSNSサイトやアプリはたくさんありますが、利用者数の多さからなりすましに利用されやすいのは

  • LINE(ライン)

  • KAKAO Talk(カカオトーク)

  • Twitter(ツイッター)

  • Facebook(フェイスブック)

  • Instagram(インスタグラム)

などです。

情報発信のツールとしてモデル・テレビタレント・俳優・スポーツ選手・政治家などの有名人の利用も目立ちます。

これらはどれも新規登録時にメールアドレスや電話番号の認証をしていますが、他人が乗っ取ることは可能です。

SNSアカウントは全公開・友達だけに公開・非公開などのプライバシー設定が可能ですが、多くの人が全公開していると思います。

もし全公開していると、何か起きた時にはそのアカウントから発信する情報のすべてがユーザー閲覧可能となりますので、念のため公開範囲を限定することをおすすめします。

しかし、アカウントを乗っ取られた時に公開範囲を変更されたら公開範囲の制限は無意味となります。

つまり、もしIDやパスワードを乗っ取られたら自分が気付いて運営に通報したり、アカウントを削除するまではユーザーとしてのすべての権限を乗っ取った人が利用できるということです。

ID・パスワードの登録・設定は慎重に

SNSアカウントの乗っ取りに関しては大抵がID・電話番号・メールアドレスと、それと対となるパスワードの両方が乗っ取る相手にバレたり推察されたりすることによって発生します。

電話番号とメールアドレスは仕方がありませんが、IDとパスワードを設定する時は注意してください。

注意とは

  • IDやパスワードは自分の名字や誕生日等の他人でも安易に推察可能な数字にはしない

  • 8文字以上で設定し、数字とアルファベットの英数を組み合わせた不特定な羅列を設定する

  • 定期的(数ヶ月ごと)に数値の変更をする

  • SNSごとで異なるIDとパスワードを使用する

などです。

それぞれかなり面倒くさい作業ですが、すべてを実践することでかなりの割合のなりすましを予防することができます。

また、設定時以外にも自分のスマホ・携帯からiDやパスワードを入力するところを目で見て盗み取るパターンもあります。

他人に教えたくないようなIDやパスワードを端末から入力するときは周囲に人がいない事を確認して入力しましょう。

覗き見防止のシートを液晶に貼るなども有効的です。

パスワードの覗き見は原始的な犯罪だとバカにすることはできず、サイバー犯罪などで未だに利用される確実性の高い手段なのです。

SNSアカウントを乗っ取られた時の対応

SNSアカウントを乗っ取られたら放置することはせず、自分で新しいアカウントを作るか友達に依頼をしてSNSにログインしてもらい、そのSNSの運営サポート宛に相談しましょう。

運営が確認してアカウント停止や凍結などの措置をする前に変な発言などをされると乗っ取られたことを知らない周囲が困惑するので、できるだけ早いほうが良いです。

大手のSNSサービスは24時間365日でトラブル対応をしてくれますので、気づいたら即相談のメールをして大丈夫です。

いきなり警察や弁護士に相談しても時間がかかるので、SNSアカウントの乗っ取り・なりすましの場合は運営会社に相談するのを何よりも優先しましょう。

警察や弁護士は大きな被害を被った時にはじめて相談するのが良いと思います。

もし乗っ取られた後も同じIDとパスワードでログイできたら自分でログインして、設定からパスワードを変更するだけでも効果的です。

この場合も乗っ取り行為があったことを念のため運営に報告しておくと良いと思います。

法律的には不正ログインは「不正アクセス禁止法」が適用

他人のアカウントを乗っ取ること、つまり不正ログインは「不正アクセス禁止法」という法律に違反する犯罪です。

なのでもし何かの被害を受けたら警察に相談すれば相談に乗ってくれます。

もし乗っ取られたアカウントのせいで自分の人格が著しく傷つけられたら名誉毀損などの罪で損害賠償の訴訟を起こすことも可能です。

ということは、もし自分が他人のアカウントを乗っ取ったりなりすましても犯罪者になるということです。

なんとなく、面白いと思って、他人のメッセージが知りたくて、悪ふざけなどの理由で他人のSNSアカウントにログインすることは日本の法律に反する行為です。

愉快犯でも立派な犯罪ですので、なんとなく知ってしまったからなどの理由でも友達のアカウントにログインするのは止めましょう。

登録・投稿した顔写真は他のSNSや悪質出会い系でサクラとして悪用されることも

SNSは他者と交流するサービスなので、自分であることを相手に特定してもらうために

  • 顔写真

  • 本名

などをプロフィール登録する人が多いです。

このような個人そのものの情報や個人を特定しやすい情報を載せてしまうと悪用されやすさが上がります。

具体的な例を挙げます。

まず、若くて可愛い女性やかっこいいイケメンがいるとします。

そんな女性やイケメンに恋をして、フラれた人が腹いせに復讐をしたいと考えます。

そして出会い系サイトやアプリになりすまし登録して、自分を振った相手の評判を落とそうと画策します。

あとは簡単で顔写真をキャプチャー(切り取り)したり保存して、その人の名前で出会い系に登録するだけです。

出会い系でも可愛い女性やイケメンは注目されます。

なので出会い系の中で好き放題な発言をすればけっこうな数の人の目に触れますので、もしかしたらなりすました女性・男性の知人が見てしまい、出会い系を使っていると思われるかもしれません。

他にも異性を釣るためのサクラとして自分の写真が使われる恐れがあります。

サクラの場合は悪用するのは悪質な出会い系サイトを運営している会社ですが、サクラはほぼ確実に淫乱な女性や逆ナンするような女性として写真を利用しますので、こちらも友人などが見たらかなり驚く事でしょう。

出会い系と同じように婚活アプリや恋活アプリでも使われるようなイメージを持つかもしれませんが、婚活アプリ等ではなりすましは難しいです。

というのも、利用にあたって顔写真だけでなく写真付きの免許証の提出も必須だからです。

出会い系でも年齢確認のために証明書の送付が必要ですが、顔写真部分は不要です。

対して婚活系のアプリは登録にあたって顔写真ありの証明書の送付も必須となっていますので、各種証明書が必要な分乗っ取り・なりすましのリスクは軽減されます。

本名・顔写真・個人情報をSNSに掲載しないことが一番の予防・対策

写真等のデータの悪用に関しては、最も有効的な対策は自分の個人情報に該当するような情報をSNSに掲載しないことです。

個別のメッセージなどにも掲載しないほうが安全です。

特に

  • 現在の雰囲気がわかる顔写真

  • 本名

  • 出身学校・在籍している会社

などの情報は安全性を考えると掲載するべきではありません。

他人の身分証を使うことも詐欺に該当する

なりすましはネット上だけの犯罪ではありません。

リアルな運転免許証・健康保険証・パスポートなどを証明書類として使ってのなりすましもあります。

顔写真付きの証明書類が悪用されれば婚活アプリ等でも利用されますので被害は拡大していきます。

これらの重要書類は自分でしっかり管理するしかありません。

もし他人の身分証が落ちていたりしてもそれを悪用せず、そのまま警察に届けることをおすすめします。

法律的にはどんな罪が適用されるかの例

法律的には乗っ取りやなりすましは

  • 名誉毀損

  • プライバシー侵害

  • 不正アクセス

などに該当します。

乗っ取りやなりすましをした人は警察によって逮捕されたり、訴訟によって損害賠償金などを払ったりしています。

乗っ取りやなりすましの簡単な例を挙げます。

  • Twitterに登録していた自分のプロフィール写真が出会い系サイトのサクラに悪用された

  • 有名人がFacebookのアカウントを乗っ取られて過去の個別メッセージを見られたり本意ではなくつぶやきを投稿された

マッチングアプリや出会い系サイトでのなりすまし

マッチングアプリや出会い系サイトはSNSの一種です。

なのでなりすまし等の被害に遭う可能性はそれなりに高いです。

特に女性は男性から何かしらの恨みを買ったとき、男性が女性会員になりすまして女性の名誉を毀損するような行動をするケースがあります。

まずは証拠を写真等で残しておく

もし自分の写真等が誰かによってなりすまし被害に遭っていたらまずは証拠をしっかり取りましょう。

  • アカウントのID

  • アカウントの名前等のプロフィールデータ

など、情報として確認できるものはすべて写真等での保存してください。

運営会社に通報

人気のある出会い系サイトやマッチングアプリは実はかなりしっかりした体制で運営されています。

そして、時折警察が絡むような事件も発生しますのでこの手の対応には慣れています。

証拠を保存したら次は運営会社に通報・相談してください。

連絡したらあとは運営会社の指示に従って行動すれば良いだけです。

内容によっては警察や弁護士事務所等に相談

運営会社に相談して解決したならそれで良いのですが、他のアプリでも同じような行動をされている時は警察に相談するのが一番です。

もし名誉毀損等での訴訟を考えているのなら弁護士事務所に相談してください。

ただ、いずれにせよ証拠をしっかり揃えた段階でないとしっかり話を聞いてもらえませんので、証拠となるデータはしっかり保管しておいてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事