アプリを使ってネットで出会いを見つける方法と種類

スマホアプリやインターネットサイトで異性と出会える方法と種類について詳しく解説しています。

それぞれの安全性と危険性についても述べていますのでそれぞれどんなリスクがあるのかを確認して自分に合った方法で出会ってください。

アプリなどのネットを使って出会うことが普通の時代になった

若い人のほとんどがスマートフォンを使い時代になり、スマホアプリを使って出会いを探す男女が急増しています。

出会い系自体に関しては日本が世界で最も浸透している国だと思うのですが、「出会い系で知り合って結婚した」というカップル・夫婦は少ないようです。

しかし、これはただ「ネットで出会った」「出会いの場所は出会い系だった」と友人や家族に正直に伝えるのが嫌だったから本当のことを言ってないだけだと思います。

実際はネットで出会う男女の数は多いです。なにしろ出会い系サイトを使っている人たちの数が膨大なので、その中からたくさんの人が結婚しているのは当たり前のことです。

割となんでもオープンなアプメリカでは出会い系を使って出会うことにも寛容で、芸能人等のセレブが堂々と「Tinder(ティンダー)」を使って一般人と出会っている」と公言しても非難されていません。

ゴシップとしてニュースサイトなおで扱われますが結果的にTinder(ティンダー)を使う一般人が増えてネットで出会うことに対する抵抗がより減ることになります。

さすがに日本では「出会いアプリを使って出会って結婚した」と語る芸能人はいまのところいないと思いますが、もし一人でもそのような芸能人が現れたら世間の出会い系に対する感覚が一気に変わるかもしれません。

もう「出会い系サイト」は昔ほど危険な場所ではない

1999年のi-mode開始をきっかけにして携帯でインターネットサイトを見ることが可能になり、「出会い系サイト」というものが生まれました。

当時の「出会い系サイト」というものはまさに無法地帯です。

携帯でネットに接続さえ出来れば未成年だろうと女子高生だろうとおじさんと簡単に援助交際の交渉ができました。

いまの出会い系サイトやSNSで当たり前のように備わっている

  • 18歳以上の年齢確認

  • 禁止ワード設定

  • 誹謗中傷の禁止

  • 悪質な会員・利用者の強制退会

などは全く行われませんでした。

当時はバブルの名残もありおじさん方はお金に余裕があった時代です。

よって誰もが「スタービーチ」などを使って自由自在に出会いを楽しみました。

しかし、援助交際や使用済み下着販売である「ブルセラ」などが社会的問題になり、出会い系サイトを法律的に規制しようとする動きがおきます。

その結果都度の改正をしながら現在のようにある程度安全に使える環境ができあがったのです。

アプリに対しては法律が適用されないという見方もありますが健全に運営しているアプリは出会い系サイトと同じくらいの基準でしっかり運営されています。

※一部アプリは無法地帯のままです

出会えるアプリの種類と方法を解説

ここからは目的別でどんなアプリを使えばいいのかと、出会う方法を簡単に解説していきます。

目的に応じてアプリを使い分けるのがベストで、結婚したいのにセフレ募集などに向いているアプリを使ってもなかなか結婚相手は見つかりません。

まずは自分がどんな出会いを求めているかを考えて、目的に適したアプリを使いましょう。

セフレなど、軽いノリの遊び相手を探すなら定番の出会い系サイトがおすすめ

  • セフレ募集

  • 割り切った出会い

  • 条件付きでの出会い

などが目的なら定番出会い系サイト以上に向いている方法はありません。

定番出会い系サイトは「18歳以上しか使えなくて」「サクラがいない」「料金も安い」「男女共に会員数が多い」ので、基本的にはどんな出会いにも対応しています。

方法としてはやはり掲示板で自分から募集したり、女性がしている掲示板投稿やプロフィールを検索して自分の目的と一致している女性を探すのが最も手っ取り早い方法となります。

定番出会い系サイトは7個ほどありますが、軽い出会いが目的なら

・PCMAX(ピーシーマックス)【18禁】

http://pcmax.jp/

が最もおすすめできます。

軽い出会いではなく真剣な彼女探し(恋活)もいけます。しかし婚活はギリギリアウトな感じもしますので、できれば他のアプリ・サイトを使いましょう。

ネット彼氏・ネット彼女を作るならLINE掲示板もおすすめ

ネット彼氏・ネット彼女とはネットだけに限定されている彼氏彼女のことです。

ネット限定なので実際に出会う機会は無く、電話・メールやLINEで擬似的な恋人のように振る舞うだけです。

お金の受け取りなどはネット彼氏・ネット彼女では行われません。

報酬としてお金のやりとりがあるネット彼氏・ネット彼女は「メルカノ」「メルカレ」と呼ばれます。

メルカノ・メルカレも出会うことはまずありませんが、お金のやりとりがあるので条件などが事前に提示されます。

高校を卒業した18歳以上ならネット彼氏・ネット彼女やメルカノ・メルカレを募集することはPCMAXで可能です。

男女ともに完全無料アプリを使うならLINEのID交換掲示板がお手軽な募集方法として人気です。

ネット恋活・婚活ならフェイブック連携アプリが最善の方法

セフレ探しなどの軽い出会いではなくて結婚を視野に入れた真剣な出会いだとある程度信頼性のおける人でないと話になりません。

この信頼性を担保してくれるのがFacebookです。

恋活婚活アプリの中にはFacebookと連携しての写メやプロフィールなどのデータを使うものが多いです。

Facebookで

  • ちゃんとプロフィールを設定している

  • 写メ等を設定している

  • 友達が10人以上いる

などの要件を満たしてはじめて利用できるアプリは18歳以上なら誰でも利用できるアプリと比較して信頼度が高まります。

サイトとアプリの両方がある

・pairs(ペアーズ)

http://www.pairs.lv/

がおそらく現在日本での最強の婚活サイトだと思うのですが、月額課金制なので会員登録すると毎月一定のお金がかかります。

少しでも出るお金をおさえて目的の女性と出会うために、登録前に体験談ブログや攻略法などのハウツーサイトをしっかり研究することをおすすめします。

それと、Facebookのアカウントと写りのよい写メを用意しておきましょう。

ネットで熟女や不倫相手を探すなら専門SNSの「アシュレイ・マディソン」

ネットを使う層は2017年現在でいうと30代以下の比較的若い層が厚いです。

現在40代以上の人たちが20代の頃にネットが普及しはじめたので、学生の頃からネットに慣れ親しんでいる人と比較するとネットの出会いに抵抗があったり、そもそもネット自体を使わない人がお多い印象があります。

だからといって熟女と出会えないという訳ではありません。

というのも、世界的に有名な不倫SNS(SNSといっても結局は不倫専門の出会い系ということです)の「アシュレイ・マディソン」が日本に上陸して、会員数を増やしているからです。

アシュレイ・マディソンが日本に上陸する以前にも熟女専門の出会い系サイトはありましたが、会員数が少なかったり信頼できる会社が運営していなかったりで普及しませんでした。

アシュレイ・マディソンが日本で成功しつつあることによって熟女との出会いといえばアシュレイ・マディソン一択という状況に変化しつつありますので、不倫を前提として出会いたいのならアシュレイ・マディソンがダントツでおすすめです。

さきほど紹介したPCMAXでも熟女はいますが、割合でいうと若い人と比べるとやはり少ないです。

それでも年齢検索で女性会員を探すことができますので、自分が移動できる地域で希望する年齢の女性がいるかどうかは是非チェックしてください。

ネットの出会いで怖い目に遭わない方法

ネットの出会い系黎明期と比べると圧倒的に減ったとはいえネットでの犯罪被害は後を絶ちません。

ネカマによる「釣り」のような愉快犯的な行動や、「美人局」のような本格的な犯罪まで種類は様々です。

他人と出会う以上一定の危険はどこでもつきまといます。これは事実なので仕方がありません。

少しでも怖い目に遭う確率を減らすためには「リアルな世界との差異」に注目することが大事です。

ネットで女性と知り合ってとんとん拍子にことが進んでセフレになってくれる約束ができたりホテルに行く約束ができたとします。

そういうことが現実世界で起きるかどうかを見極めましょう。

「ネットだから普通のリアルな世界よりカンタン」などということはありません。

ネットと現実世界で区別をしないですべてを判断するのがコツです。

現実世界ではじめて合コンに行ったとします。

いる女性が全員若くてモデル並に綺麗な人しかいない。更に合コン中もなぜかモテて、合コンが終わったらそのまま自宅にお持ち帰りができた。

なんていうことは絶対に起きませんし、妄想すらしないと思います。

ネットだと警戒心が緩むのか、このようなことが起きる勘違いして相手を信じると詐欺に遭ったります。

結論としては妙に美味しい話はすべて裏があると疑うべき、ということになります。

逆にネット空間だからこそ相手の顔や表情が目で見えない分注意しないといけないくらいです。

ネットでの出会いはとても便利ですが、現実としっかり照らしあわせて慎重に行動しましょう。「ネットだから大丈夫」は通用しません。

この記事を読んだ人におすすめの記事