オンラインデートの意味やおすすめサイト・アプリ情報

アメリカなどの欧米を中心とした外国で流行したオンラインデートサイトが日本でも流行中

オンラインデートという言葉をご存知ですか?

聞いたことがない方向けに説明すると、オンラインデートとは

「インターネット上で異性と交流すること」

という意味です。

そして、オンラインデートできるwebサイトのことは

「オンラインデートサイト」

と呼びます。

日本では古くから「出会い系サイト」というものがあります。

こちらもネット上で異性と交流できます。

しかし、出会い系ではメッセージを1通送るたびに料金がかかるのが一般的です(男性から女性に送るときのみに有料となります)。

やはりお金がかかるのは誰でも嫌なのでサイト内で何十回もメッセージ交換をすることは稀です。

なのですぐに出会う約束、つまりデートの約束などに発展しがちです。

その点オンラインデートサイトは月額定額制を採用しているサイトが多いです。

なのでメッセージのやりとりを何回しようと料金は変わりません。

気の向くまま色々な質問をしたりできるので実際のデートに近い感覚になります。

そして、お互いのことを良く知ってから実際のデートに誘うことになりますのでネットの印象と本物とのギャップが少ないのです。

ちなみにオンラインデートの反対の言葉が「オフラインデート」です。

  • オンライン=online=ネットと接続している状態のこと

  • オフライン=offline=ネットと接続していない状態のこと

オフラインデートはネットと繋がっていない状態でのデート、簡単に言えば「普通のデート」のことです。

普通の男女ならオンラインデートがきっかけでも、親しくなればオフラインに移行して以後普通にデートします。

アメリカで流行しその後日本でも人気に

オンラインデートサイトの発祥の地はアメリカと言われています。

しかし、似たようなサイトは世界中にありました。

もちろん日本でもありました。

そんな中でオンラインデートがいち早く市民権を得たのがアメリカだったということでしょう。

アメリカの

  • 土地が広くて車が必要な社会

  • 効率を求める国民性

  • インターネットインフラの普及

このような特徴がオンラインデートを受け入れる土壌になったのだと思います。

そして、オンラインデートサイトがアメリカで株式上場をするなどのニュースが日本の企業にも影響を与えます。

「オンラインデートサイトは儲かる」

と考えた日系企業が続々と参入し、日本でも幾つかの大人気オンラインデートサービスが生まれています。

そしてオンラインデートサービスをきっかけに男女が当たり前のように知り合い、そして結婚する時代になりつつあります。

オンラインデートサイトだけでなくアプリも普及

オンラインデートができるのはサイトだけではありません。

スマホ時代になり、App StoreやGoogleplayでダウンロードできるオンラインデートアプリの方が勢いを感じます。

ただ、オンラインデートサイトとオンラインデートアプリは機能面ではそれほど違いはありません。

使う人のライフスタイルや端末の使用状況によってサイトかアプリのどちらを選ぶかが変わるくらいの差です。

それに、だいたいのオンラインデートサービスはサイト版とweb版のどちらも用意しています。

なので使いやすい方を選んでください。

ちなみにサイト版もアプリ版も会員データベースは共通なので出会いやすさは変わりません。

市場規模も拡大中

日本でも毎月のように新しいオンラインデートアプリがリリースされています。

若者を中心に利用者も増加していますので、市場規模も日々大きくなっています。

コンサルタント会社などがたまに日本のオンラインデート市場の規模を公開していますが、数字の根拠等はそれほど明確ではありません。

それに、2017年2月現在においてオンラインデートアプリをメインで事業として取り組んでいる会社で上場企業はありません。

各社が株式を上場するようになれば統計に信頼性がでますが、それまでは参考程度にした方が良さそうです。

爆発的に普及する可能性があるVRを使ったオンラインデート

VR(ヴァーチャルリアリティ:仮想現実)を使った端末が2016年から販売されています。

VRの活用方法は多岐にわたりますが、その中にはオンラインデートも含まれます。

オンラインデートサイトでは主にテキストでのメッセージのやりとりで交流します。

しかし、VRの仕組みを使えば目の前にお互いが存在するかのように相手の表情や話し方を理解できます。

VRはオンラインデートだけでなく婚活パーティー等でも活用が期待されていますが、本格的に普及したら既存のオンラインデートを一新する可能性もあります。

VRはオンラインデートとの相性が非常に良く、VRの普及によってオンラインデートが一緒に普及する可能性を感じます。

オフラインと比べたオンラインデートのメリット

では婚活パーティーや街コンなど、オフラインのデート系サービスと比べた時のオンラインデートのメリットは何でしょう。

メリットを箇条書きでまとめます。

  • 年齢・身長・所在地・年収など、条件検索で簡単に異性を探せる

  • 同時並行で複数の異性とメッセージ交換ができる

  • 好きな時、好きな場所で異性を探したりメッセージ交換ができる

  • 月額制なのでゆっくり相手を探せる

  • 変な人や嫌な人がいても簡単にブロックできる

やはり利便性という面ではメリットが大きく、いつでもお相手を探せるというのは大きなメリットとなります。

ライブチャットもオンラインデートの一種類

オンライン上で異性と音声やテキスト会話できるライブチャットサービスもオンラインデートの一種と言えます。

しかし、ライブチャットはその目的として

「異性との出会い」

は禁止されており、

「異性とのコミュニケーション」

がメインのサービスです。

それに、アダルトの要素が含まれます。

なのでオンラインデートの一種ではありますが、どちらかというと「オンライン風俗」の方が表現としてより近いように感じます。

それでも恋人とのデート感覚で利用できますので、興味がある方は利用してください。

日本在住外国人との出会いオンラインデートは向いている

オンラインデートはアメリカで流行し、その後世界中に普及しました。

その結果、日本に観光や留学で来日する外国人も日本在留中にオンラインデートサイトを開くようになりました。

その結果、オンラインデートサイトを使って外国人、特に欧米人と出会うことが以前より容易になりました。

外国人観光客などと知り合いになりたい方や話して英語を勉強したい方にもオンラインデートサイトは向いています。

ただ、文化や風習は当然違うのでそのことを理解した上で使わないとトラブルが生まれる可能性があります。

オンラインデートサイトは見知らぬ他人同士が出会う場所でもあります。

なのでオンラインデート内に潜む危険には自分で対応しなければなりません。

おすすめのオンラインデートサイト一覧

おすすめのオンラインデートサイトを一覧にしました。

詳細情報や登録方法はリンク先で確認してください。

おすすめのオンラインデートアプリ一覧

おすすめのオンラインデートアプリを一覧にしました。

詳細情報や登録方法はリンク先で確認してください。

オンラインデーティングも同じ意味

オンラインデート(online date)と同じような言葉で「オンラインデーティング(online dating)」という言葉があります。

このふたつはほとんど同じ意味です。

なのでオンラインデートサイトとして紹介されたり、オンラインデーティングサイトとして紹介されたりして混乱するかもしれませんが、気にする必要はありません。

自分に合いそうなサービスを探して、良い出会いを探してください。

この記事を読んだ人におすすめの記事