パパ活の意味とお金持ち男性がパパ活中の女性と安全に知り合う方法

若い女性の間で「パパ活(かつ)」が流行しています。

このページでは

  • パパ活の意味

  • 男性がパパ活中の女性と安全に知り合う方法

などについて解説します。

パパ活という言葉は新しいのですが中身はこれまでも存在した出会いの形と似ています。

ただ、男女の出会いなのでいくつか注意点があります。

それもこのページで確認してください。

美女たちの間で流行している「パパ活」とは?

長引く不景気や物価・消費税上昇によって生活が苦しかったり、もっと余裕のある生活をしたいと考える女性が増えています。

不景気の影響で大学には奨学金で行く若者も多く、社会人になってもずっと自分の給料から毎月コツコツと返済を続けるのが普通のようです。

そもそも大学を卒業したり、社会人になったからと言って一定の給料が保証される訳ではないので、こんな感じでは20代30代になっても生活が苦しいのは当たり前です。

生活が苦しいのは若い大学生や社会人のOLだけでなく、結婚している人妻や子持ちの主婦などでも同じだというから深刻です。

そんな中、デコログなどの有名ブログサイトに投稿しているブロガー達によって「パパ活」という活動の知名度が高くなっています。

パパ活とはおそらく「パパ募集活動」の略称です。

恋愛活動を略した「恋活(こいかつ)」や、結婚活動を略した「婚活」のように、最近できた造語なのでしょう。

※パパ活は「P活」と掲示板アプリ等で書き込まれることもあります

昔はこんな言葉は使われませんでした。

しかしパパ活という言葉はなくても「パパ」という概念・言葉は10代後半の若い女性などの間では昔から使われていました。

本来の意味とは異なり実際は成人女性版の援助交際?

「パパ」とは、昔の言葉で表現すると「あしながおじさん」ということです。

もともとは児童文学の中の物語に登場する男性のことで、その物語中の男性の行動から

  • お金に困っている学生や若者に対して金銭的な援助をする

  • 会ったことが無かったり、少なくても遠くから優しく見守ってくれる人

のような意味がありました。

しかし、時代は変わり若い女性が用いる「パパ」は意味としては

  • 親戚のおじさんや家族のように遠くから優しく見守って金銭的な援助をしてくれる年上の男性(他人です)

  • 女性が体を捧げる対価として金銭的な援助をしてくれる男性

  • デートしてあげる代わりに食事代をくれたり、お礼としてお金をくれる人

このように昔と比べたら女性はより直接的にお金を求めますし、あしながおじさん側も露骨に体を求めることが増えています。

由来となったあしながおじさんとは全然違うのです。

最近の傾向としてはパパ活=食事か本番行為を含むそれ以上をする関係となっていますので、男性側もそういうものだと知っていないと話が噛み合わないと思います。

このパパ活が売春防止法違反ではないか、法律で禁止されている単純売春に該当するのでは無いかという議論があるようですが、正解は無いようなものなので、ここれでは法律違反かどうかには触れません。

18歳未満の未成年のパパになるのは危険

体の関係を持とうと持ちまいと、17歳以下つまり未成年の女子高生・女子中学生のパパになるのは極めて危険です。

体の関係を持ったら立派な犯罪行為となりますし、はやりの「デート援交」のようにデートだけで体の関係が無くてもそれなりに危険です。

というのも、もし未成年丸出しの女性が掲示板サイトやLINEのID交換掲示板アプリ・サイトに投稿していた場合は警察によってサイバー補導される可能性があるからです。

サイバー補導によって過去に関係を持った未成年女性が補導されると、過去の履歴などから関係を持った男性が警察によってリスト化されることがあります。

未成年女性と関係を持つような男性はただの好奇心やまぐれというよりは変えられない性癖によって17歳以下の女性と関係を持つケースが多いです。

そういう人は一人の女性だけでは満足できず、相手や場所を変えて複数の児童を関係を持つことがあります。

なので一人の未成年女性を補導すれば、それによって未成年女性と援助交際した男性をリスト化して逮捕できる可能性があるので、警察としてもおそらく楽なのだと思います。

なのでいくら女子高生や女子中学生のパパになりたくても、得るものと失うものが全く釣り合いませんので絶対にやめましょう。

もし未成年に対する買春容疑で逮捕されたらネットニュースなどで大きくとりあげられる可能性がありますし、そうなったら会社・両親などの家族など広範囲にわたって迷惑をかけることになります。

友達も当然減るでしょうし、社会的な活動をこれまで通り再開するのは難しいでしょう。

パパ活中の女性と安全に知り合う方法

ここからは安全にパパ活中の女性と知り合う方法を紹介します。

結論から言うと、少なくとも日本国内においては

  • 18歳以上しか使えない優良出会い系サイト・アプリを使う

  • 交際クラブ(愛人クラブとも呼ばれます)に登録する

というふたつの方法が有力です。

では18歳以上しかいなくて、なおかつサクラのいない素人しかいない出会い系があるのか、という話になりますが、あります。

数は少ないですがそういう優良出会い系は存在します。

おすすめのサイトやアプリを別ページでまとめました。

セフレが作れるアプリ・サイトまとめ

実際にランキング1位になっているPCMAX(ピーシーマックス)に登録してみてください。

登録して、プロフィール検索や掲示板検索で「パパ活」と入力すればたくさんの女性がパパ活目的で登録していることがすぐにわかるはずです。

もちろんパパ活だけでなく、普通の恋愛からセフレ募集まで幅広い目的に対応しています。

パパとは離れますが、人妻や熟女との不倫なども可能です。

LINE掲示板などを使って募集するのと比べると会員登録があったりして手間ですが、安全性という面で比較するとやはり優良出会い系の方が圧倒的に優れています。

なお、出会い系に登録している女性達が使う「割り切り」「割り切った関係」はお金のやりとりが発生する「条件付き」「条件あり」とほぼ同じ意味です。

ただでやれるなんて美味しい話は普通の恋愛やセフレ以外にはありませんので、美味しい話と出会ってもやはり最初は警戒すべきでしょう。

パパ活専用掲示板サイトは千差万別

パパ活専用の掲示板サイトというものがあります。

本当に専用の掲示板もあるので難しいのですが、下記に該当するパパ専用掲示板サイトはあまりおすすめできません。

  • 年齢確認が無い

  • 電話番号認証が無い

  • 掲示板から男性が完全無料で使えるサイト複数への誘導をしている

というのも、年齢確認が無いサイトでは未成年が年齢を偽っていることがあり、電話番号認証が無い場合は美人局や援デリ業者がパパ活女性を狙う男性を逆に狙っていることがあるからです。

完全無料サイトへ誘導しているサイトは中身が無いただのアフィリエイト収入が目的のサイトです。

原則として男性が完全無料で使える出会い系サイトに優良サイトはほぼありません。99.9%以上がサクラのいる悪質サイトです。

サクラの女性とやりとりしても結局はお金と時間の無駄になりますので、さきほど紹介したPCMAXのような優良サイトのみを利用してください。

Facebookを使った婚活アプリではパパ活が禁止

Facebookの中にたくさん広告を出している恋活アプリ・婚活アプリと呼ばれるマッチングアプリの利用者が急増しています。

Facebookを使ってログインしているという安心感といわゆる出会い系ではないということから、女性も気軽に登録できるのは人気が高まっている理由です。

結論から言うと、恋活アプリや婚活アプリではパパ活をしている女性はいません。少なくともアプリの中で堂々とパパ活中だと宣言する人はいません。

もし宣言したら通報されたり、運営によって強制退会になったりするからです。

恋活アプリや婚活アプリが推奨しているのはあくまでも恋愛なので、パパ活は恋愛ではないので禁止ということです。

ですが、普通に恋活や婚活をしているようにして男性と出会い、出会ってから「実はパパ活中で・・・」などとカミングアウトする女性はいるでしょうから絶対にパパ活をしている女性がいないという訳ではありません。

ただ、普通に素人女性と知り合うならとても有効的な恋活・婚活アプリですが、アプリを使ってパパ活をしている女性を探したい人には向きません。

やはり出会い系アプリを使ったほうが確実です。

ちなみに恋活・婚活アプリで男性からメッセージで女性に対して援助関連のことを送ることはできません。

これはメッセージにアダルト的な内容や公序良俗に反する内容が含まれないかチェックされているからです。

ごくごく普通の、真剣な出会いを求めている方は下記のリンクから自分に合ったアプリを探しましょう。

婚活恋活アプリの比較とランキング2017年版

女性会員がすごい勢いで増加しているので、男性側もチャンスが広がります。

モデルや有名女子大生を狙うなら交際クラブ

交際クラブ(別名愛人クラブとも呼ばれます)と呼ばれる結婚仲介所のようなサービスがあります。

これは結婚を仲介する訳ではありませんが、レベルの高い女性との出会いを求める男性と、ある程度経済的な余裕のある男性と出会いたい女性をマッチングさせるサービスです。

男性側としてはメリットとして

  • 容姿や性格にはずれが少ないし、中には芸能人やモデル級の女性がいる(本当のモデルや芸能人もいます)

  • 男性側から写真や動画を見て女性の指名が可能

  • いきなり二人きりのデートができる

  • 2回目以降のデートは交際クラブを介さずに堂々と依頼ができる

などがあります。

逆にデメリットですが、

  • 初回のデートには指名料(セッティング料といいます)がかかる

  • 食事を含むデート代は男性がすべて負担する

  • 初回のデートは交通費としてだいたい5,000円〜10,000円を払う必要がある

  • 交際クラブに登録には面接がある

  • 交際クラブに登録するにあたって入会費や年会費がかかる

このように、主にお金に関することでけっこう出る額が大きいです。

なので経済的な余裕がある程度ある人が利用しますし、女性側もそのことを理解して登録しています。

よって女性がパパ活をするにはとても向いている場所となり、女性もパパ活をしたくて交際クラブに登録します。

交際クラブの詳しい情報は

交際クラブの仕組みや使い方

でまとめてありますので興味がある方はチェックしてください。

体験談ブログを読んで女性の気持ちを知る

ここまでパパ活をしている女性との出会い方を紹介しました。

しかし、結局は男女の関係なので相手がどんなことを考えているかを上手く忖度しないとパパ活も上手くいきません。

パパ活をしている女性達の気持ちを知りたい方は「パパ活 ブログ」「パパ活 体験談」「パパ活 失敗談」などの言葉でブログを検索してみましょう。

どんな女性がどんな目的でパパ活をしているのかがわかります。

中にはパパに騙されて逆にお金を損した、お金をもらえなかったという犯罪被害者のような女性もいます。

そのような良い体験談も悪い体験談も読んだ上で、相手の警戒心をほぐしてあげると良いでしょう。

これらのブログを参考にして、パパ活中の女性と上手に出会ってください。

パパ活女性に騙されないための予防方法

女性はお金欲しさにパパ活をする人が多く、中には本当にお金に困っている人もいます。

そのような女性の中には財布の抜き取りや美人局などの犯罪行為をしてまでお金を稼ごうとする人もいます。

なのでパパになりたい男性もある程度の警戒心は必要となります。

まず、出会う前に

  • 相手が本当に18歳以上かの確認

  • どのくらいの金額での援助を期待しているかの確認

をしておきましょう。

特に18歳以上かどうかは必須です。もし未成年と性的関係を持ったとして、それをネタに脅されたら逃げようがありません。

実際に出会う時も

  • 初回は人気の無い場所や密室で会わない

  • 自分の土地勘がある場所で会う

などは自分の身を守るために必要です。

もし美人局などにあったら大変ですので、お互いのことをよく知るまではパパになる決断をしない方が安全です。

美人局にはついては

美人局の手口・特徴と出会い系アプリ・サイトでの予防方法

こちらのページで詳しく解説しています。

相手は最初から騙すことが目的で接触してきますので、少しでも怪しいと感じたら援助を断りましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事