Pictory(ピクトリー)は出会い禁止のSNSアプリ

写真で絡めるSNSアプリ「Pictory(ピクトリー)」の使い方などの情報

Pictory(ピクトリー)を写メなどの画像を投稿してコミュニケーションを楽しめるアプリです。

WEBサイトとアプリ版の両方がありますが、基本的にはアプリ版でのコミュニケーションがメインとなります。

iPhone版はアプリ名が「プリ画・ポエム画・画像文字入れ – ピクトリー」で、運営会社は「Kactel Inc」です。

Android版はアプリ名が「画像文字入れ♡ポエム♡プリ・ペア画♡可愛い写真加工」で、運営会社は「Kactel Inc.」となっています。

ダウンロードと利用は完全無料ですので、安心してダウンロードしてください。

ダウンロード・登録にあたって年齢制限はありません。

LINEのID交換や出会い行為は完全に禁止

そもそもPictory(ピクトリー)はSNSであって出会い系アプリではありません。

なので、出会いに繋がるような行為は全面的に禁止されています。

とても大事なことですので事前に利用規約を読んで禁止行為をしっかり確認しておいてください。

利用規約に違反すると

  • 利用停止

  • 強制退会

などの措置を受けてしまいます。

画像SNSということで、若い男女が多いので厳しくなるのは仕方ありません。

アダルト画像の投稿も禁止

Pictory(ピクトリー)ではアダルト系の写真の投稿も禁止です。これらも出会い禁止と同じく当たり前です。

どこまで大丈夫かという基準ですが

  • 肌の露出が多い服装

  • ブラジャー・パンツなどの下着が見える、もしくは透ける

  • 男女の体が絡むような写真

などは投稿しないでください。

ただ、カップルのキス写真や手をつないでいる写真などは投稿しても大丈夫のようです。

ピクトリーの使い方

ピクトリーの使い方を解説していきます。

まず、ダウンロードしたらプロフィールを登録してください。

プロフィールは

  • プロフ画像

  • 名前(ニックネームです)

  • 自己紹介文

を設定可能です。

写真で交流するSNSですので、登録するプロフ画像の写メは写りが良いものを用意しましょう。

プロフィールの設定が完了したら画面下部にある「作品を見る」をタップしてみましょう。

タップすると、

  • 作品

  • ユーザー

から写真を探すことができます。

作品はカテゴリによって分けられており

  • 人気の作品

  • 新着の作品

  • 注目の作品

  • 初投稿の作品

  • キスプリ・チュープリ

  • カップルで撮った

などがあります(挙げたカテゴリ以外もあります)。

「つくる」で投稿可能

投稿したいときは「つくる」を選択します。

流れとしては

  1. 投稿したい画像を選択

  2. 写真にかけるフィルタを選択

  3. 写真に載せたいメッセージを入力

  4. 文字の設定と配置

  5. 投稿完了

写真に載せる文字はLINEのIDや他の会員や友人の誹謗中傷は禁止されています。

気に入った作品があればフォローしたりコメントをつけよう

ピクトリーはSNSアプリなので、

  • 人に対して「フォロー」

  • 個別の写真に対してコメント

  • 個別の写真に対してハート

などで絡むことができます。

コメントの内容は写真でのメッセージと同じくLINE・カカオトークなどの無料通話アプリのIDなどは掲載できません。

使い方はとてもシンプルなので、すぐに慣れることができるはずです。

この記事を読んだ人におすすめの記事