ポリアモリー(複数愛)希望で出会い系アプリを使って出会う方法

出会い系サイトやアプリを使って、新しい恋愛の形として注目されている「ポリアモリー(複数愛)」パートナーの探し方を紹介します。

流行りのマッチングアプリはポリアモリーを希望する人には向きません。

もしポリアモリーが目的で利用すると強制退会になる可能性がありますので利用はおすすめできません。

出会い系サイトやアプリを使えば嫉妬などを気にせずにポリアモリー(複数愛)OKの異性を探せる

ポリアモリー(polyamory)とは、日本語では「複数愛(ふくすうあい)」と訳されることが多いです。

複数の人を愛する、という文字そのままに特定の一人だけでなく複数の異性もしくは同性と同時並行して真剣なお付き合いをすることをポリアモリー(複数愛)と呼びます。

ですが実際のところ日本人の考え方としては世間一般に受け入れられることは難しいようで、どちらかというとジェンダー論やLGBTなどのセクシャルマイノリティ(セクマイ)の一種としてサブカルチャー的に捉えられたり研究されたりすることが多いようです。

これまでの一夫一婦制(モノガミー)を重要視してきた近代日本人的な考え方からしたら社会的に良くないこととされている浮気や不倫との違いが無いようにも見えます。

しかし、ポリアモリーを実践する本人達からしたら

  • すべての相手に複数愛を正直に打ち明ける=ポリアモリー

  • 相手に隠して複数愛を続ける=浮気・不倫

  • ただ複数の異性とセフレになりたい=遊び人

ということになります。

なのでしっかり相手に知らせて、それを理解してもらった上で複数の人と付き合うことがポリアモリーとなります。

相手に隠していたらそれはただの浮気や不倫となり、場合によっては大きなトラブルとなり、いずれにせよ長くは続きません。

よって、特に理解せずなんとなく流行っているからとか、話題になっているからポリアモリーを実践してみたいと思っている人はまずはちゃんと相手にポリアモリーを実践していることを打ち明けましょう。

相手に拒否されてしまうから言えない、ではポリアモリーは成立しません。

ちなみにポリアモリーを実践している人は「ポリアモリスト」と呼ばれます。

ポリアモリーは異性とだけでなく同性とも有りだし、バイもOK

ポリアモリーは自由な愛の形だけあって、性的嗜好も

  • レズビアン・ホモセクシャル

  • バイセクシャル

など、性的マイノリティとされている人たちが実践していることが多いです。

中にはバイセクシャルの男性ふたりとこちらもバイセクシャルの女性ふたりの計4人でひとつの家に同居し、それぞれを肉体的にも精神的にもシェアするという人もいるでしょう。

いわゆる彼氏シェア・彼女シェアの究極の形とも言えます。

恋人の嫉妬など、理解が無い人とのお付き合いは難しい

既に述べたように、ポリアモリーでは相手に隠さず他の男女との恋愛関係を打ち明けるので、パートナーによっては嫉妬の感情を持つ人がいます。

いかにポリアモリー同士でも、これは人間ですからジェラシーを感じる時は感じます。

嫉妬のせいで関係が破綻する時もあれば、逆に嫉妬の感情があることを相手にちゃんと伝え、ではどうすれば今の関係を維持したまま乗り越えられるかというポジティブな解決方法を模索するという方向に持っていける時もあります。

ただ、結論として嫉妬の感情によってパートナーを独り占めしたいと感じるような人との関係は長続きしないと思います。

結婚はできますが重婚は法律で禁止されています

ポリアモリーには複数のパートナーがいますが、その中の一人とは結婚することができます。

しかし、一人のパートナーと結婚したまま他のパートナーと結婚すること、つまり重婚は日本の法律によってできません。

そもそもポリアモリーにおいてはすべてのパートナーを平均的に愛することが大事になりますので特定のパートナーと結婚することにより格差が生まれるのは好ましくありません。

同性婚は日本でも地区によっては条例で許可されている時代ですが、重婚が日本国内で許可される可能性は限りなく低いので、ポリアモリーである以上結婚を考えるのは難しいかもしれません。

ポリアモリーOKの異性の探し方・出会い方

ここまでポリアモリーについて説明してきましたが、ではどこで出会うかという話に移ります。

もしSNSのオフ会・パーティーや友達の紹介などでポリアモリー同士が出会えればベストだと思いますが、ポリアモリーの性質上なかなかそのような場所での出会いは少ないと思います。

よって最も簡単なので会員数が数百万人以上いるような大規模な出会い系サイトを利用することです。

利用者が多いので、ポリアモリーが見つかったり、理解してくれる人がみつかる可能性が高いです。

もちろんサクラがいない優良出会い系であることが大前提です。

ちなみに男性は有料課金制で、女性は基本無料で使うことができます。

もしネットでポリアモリー専門の出会い系サイトなどを見つけても登録はしない方が良いと思います。

というのもセクマイ向けのSNSや出会い系サイトは悪質な詐欺サイトが多いからです。

サクラがいない優良サイトの中では。

・ミントC!Jメール

http://mintj.com/

・デジカフェ

http://www.digicafe.jp/

が特におすすめですが、他にも

などが大人気サイト。アプリとして有名です。

これらには掲示板への投稿機能がありますので、登録したらまずは掲示板へ投稿してみましょう。

ただ、投稿する掲示板カテゴリは慎重に判断する必要があります。

どのサイトでもマイナー・マニアック系の掲示板がありますので、ポリアモリーOKの異性・同性を探す場合はマイノリティ系掲示板に投稿してください。

それぞれのサイトでどのカテゴリに登録すれば良いのかをまとめます。

  • ミントC!Jメール:アブノーマル

  • ハッピーメール:大人の恋人関係

  • イククル:アブノーマル

  • PCMAX:マイノリティー

それぞれ適切なカテゴリに投稿しましょう。

ただ、女性の場合は掲示板に投稿するとたくさんの男性から返信がきます。

なのでできるだけ掲示板に詳しい募集内容を投稿したり、プロフィール文に普通の1対1の恋愛を希望しておらず、複数愛を希望しており、受け入れてくれる人としか会うつもりが無いことを記載しておきましょう。

そうしないと毎回複数愛を説明するはめになり、かなり面倒くさいです。

恋活婚活アプリの利用はおすすめできない

ポリアモリーとして相手を募集する時は恋活アプリや婚活アプリの利用はおすすめできません。

というのも恋活アプリや婚活アプリはノーマルな恋愛を希望する男女向けに作られているからです。

もしアブノーマルな出会いを希望したりすると会員から通報を受けたりする可能性がありますので、あまりおすすめはできません。

もちろん将来の結婚相手などを探すのにはとても有効的なアプリですので、ポリアモリーを辞めた時は利用してください。

性病感染や妊娠などは極力避けるよう努力する

キス等の接触でも感染確率がゼロではないので、どうしようもない部分はありますが、ポリアモリーとして複数の異性と肉体関係を持つ時は性病感染や妊娠予防については細心の注意を払ってください。

男性ならセックスの際は必ず最初から最後までコンドームを着用し、女性なら相手にゴム着用を促すだけでなく、自衛のためにピルやアフターピル等を使ってください。

子供ができてしまったら、誰の子供かの特定が難しく、ポリアモリーどころでは無くなってしまいます。

もし性病感染の兆候(性器部分かゆくなる、腫れる等)を感じたらその時点で他者と肉体的な関係を結ぶのをいったん止めて、性病科や婦人科の診察を受けましょう。

もし性病に感染したまま肉体関係を持つと自分にかかった性病が他のパートナーに連鎖的に感染する可能性があります。

性病はその病気の特性上潜伏期間があり(特に女性は病気が潜伏したままのことが多いです)、表面に症状が出ないまま感染が拡大することもありますので、自覚症状が無くても相手のことを考えて感染を防ぐための努力を惜しまないでください。

できれば1・2ヶ月に一回くらい定期的に性病検査を受けることをおすすめします。

この記事を読んだ人におすすめの記事