SNSや出会い系で使われる「オープンな関係」「複雑な関係」などの意味について

欧米でよく使われる「オープンな関係」「複雑な関係」などの意味について解説

恋活アプリや婚活アプリに登録・ログインするのに使用するFacebookのプロフィールには「交際ステータス」という項目があり、複数の項目の中から選択可能です。

項目は以下の11個です。

  • 独身

  • 交際中

  • 婚約中

  • シビルユニオン

  • ドメスティックパートナー

  • オープンな関係

  • 複雑な関係

  • 別居

  • 離婚

  • 配偶者と死別

漢字が使われている項目は日本でも使われる言葉なので理解できますが、「シビルユニオン」「ドメスティックパートーナー」「オープンな関係」となると首をひねる人が多いでしょう。

これらは外国というか、Facebookのユーザーが多い欧米独自の表現なのでそれは当たり前です。

このページではこれら男女の関係性を表すスラング(俗語)の意味を解説します。

Facebookや海外発の出会い系アプリやマッチングアプリなどを使っていてよくわからない言葉が出てきたらこのページで確認してください。

けっこう重要な意味を持つ言葉もありますので、わからないままスルーすると大変なことになる可能性もあります。

「オープンな関係」は不特定の異性と遊べるという意味

「オープンな関係」は「オープンマインド(人を受け入れられる心)」などと勘違いされやすいですが、結論からいうと不特定多数の異性と関係を持てる(もしくは持ちたい)ということを意味します。

これはちゃんとしたパートーナー(結婚相手・交際相手)がいてもいなくても関係ありません。

よって遊びだけの関係にしかなれない、という意味でもあります。

日本でも結婚していても浮気したり特定の彼氏彼女がいても他の異性と関係を持つ人はいますが、社会的にはかなり嫌われる存在ですし、不倫となれば慰謝料などを請求されかねません。

よってオープンな関係の人と遊ぶならそれなりの覚悟を持って遊びましょう。もし間違って恋愛感情を持ってしまったら泥沼に入り込みます。

シビルユニオンはゲイ・レズの夫婦向けの言葉

シビルユニオン(civil union)はシビル・パートナーシップ(civil partnership)とも呼ばれます。

これはゲイやレズビアン同士、つまり同性のカップルに対して用いられる表現です。

ある程度同性愛を含むLGBTに対しての認知が広がっているとはいえ、同性結婚できる国や地域は世界全体から見ればごく一部です(同性愛は法律違反として死刑になる国もあります)。

よって結婚という交際ステータスではなく意味合い的には結婚している状態に等しい「シビルユニオン」という言葉を用います。

特にアメリカではゲイ専用やレズ専用のアプリが出会い系アプリがリリースされ、中には大人気になっているものもあります。

日本でも同性婚に対して注目が集まりつつありますので、このような言葉が将来頻繁に使われるようになる可能性はあります。

ドメスティックパートナーは夫婦よりカップルに使う言葉

ドメスティックパートナー(Domestic partner)はシビルユニオンと意味は似ていますが少し違います。

どちらも同性のパートナーを持つ関係ですが、シビルユニオンの方がドメスティックパートナーより重く、婚姻関係に近い状態を表します。

対してドメスティックパートナーは日本でいうところの「内縁の妻」が最も近いと思います。

つまり結婚はしていないけれどちゃんとしたお付き合いをしている状態です。

複雑な関係は諸々を一括りにした言葉なので色々

「複雑な関係」は特定の意味を持ちません。

一言では表現できない複雑な状態をひっくるめている言葉なのでどんな状態にも使えます。

例えば

  • 結婚はしているけど冷めきっているので自由に恋愛ができる。しかし離婚はできない

  • 離婚することが決定しているから次のパートナーを探している状態

  • 結婚する気がないから複数の異性と同時に関係を持っている(オープンな状態と似ている)

  • 離婚調停中

  • 友達以上恋人未満の異性とデートしている

  • 恋愛はしているけどプラトニックな関係なので体の関係は無い

  • 好きで付き合っている人がいるけど相手は結婚している

  • 公にはできないけれど同性愛者

これらはすべて「複雑な関係」に該当します。

よって交際ステータスが「複雑な関係」な人にどんな状態なのか聞くときはどんな返事が返ってきても驚かないようにしましょう。

ワン・ナイト・スタンドは一晩限りの関係

Facebookの交際ステータスにはありませんが「ワン・ナイト・スタンド」という表現があります。

これは日本語で言えば「一晩だけの関係」ということです。

意味は文字通りに知らない人と会い、その日だけラブホテルなどで会い関係を持つことです。

ワン・ナイト・スタンド時代は日本ではあまり使われない表現ですが、欧米などではメジャーではないですがそれなりに使われる言葉のようです。

ステディな関係の意味は恋人同士ということ

こちらもFacebookにはありませんが「ステディな関係」という言葉があります。

最近はあまり使われなくなったように感じますが、英語で「Steady」とは「固定した」という意味があります。

よって、家族や友人たちなどがちゃんと認める恋人同士という意味になります。

女性が「ステディな関係を希望します」と言っている時は真剣に将来を見据えてお付き合いできる男性を探しているという意味なので、遊び半分で手を出すのは止めましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事