詐欺目的で運営されている危険な出会い系アプリの見分け方と対策方法

出会い系サイトや出会い系アプリと聞いたら

  • ワンクリック詐欺

  • 架空請求

  • 援助交際・未成年売春・未成年買春

  • 美人局

などの犯罪を思い浮かべる人は多いと思います。

実際に犯罪や何かしらの詐欺目的で運営されているサイトやアプリは多数存在します。

それと同時に、会員数が数百万人以上にもなる超人気アプリがあって、その中で出会って結婚までたどり着く男女がたくさんいるというのも事実です。

最初から結論を言うと基本的には出会い系アプリ自体はそこまで危険ではなく、超人気アプリと呼ばれるような会員数が多くて運営実績があるアプリなら安全性は高いです。

とは言っても注意すべきことはたくさんあります。

何しろ何も知らない他人同士がネットを使って出会うのですから。

どのアプリが人気があるのか分からない方も多いと思いますので、危険を避けるために注意すべき情報などを掲載します。

出会い系アプリを使いたいけど

「なんとなく怖い」

「騙されないか不安だ」

と感じている人は参考にしてください。

どんな種類の危険が出会い系アプリに潜んでいるか?

先にまとめると、見知らぬ男女が出会う機能がある出会い系アプリやマッチングアプリにおける危険は

  • 個人情報(LINEのID・メアド・電話番号)の悪用

  • サクラ相手にお金を使ってしまう

  • 18歳未満の未成年と出会ってしまう

  • 美人局などに遭い、脅迫・恐喝される

  • 投資セミナー等の勧誘にあう

  • 自分の写真の盗用・悪用

などが挙げられます。

それぞれの内容と、危険の避け方を簡単に説明していきます。

google playに多いAndroidの出会い系詐欺アプリ情報

スマートフォンに搭載されているOSはiPhoneとAndroidがほぼ95%以上を占めています。

そして、こと個人情報の部分で悪質な詐欺アプリに絞るとほとんどがAndroidアプリです。

これはアプリをダウンロードするgoole playの審査・仕組みの甘さなのでどうしようもありません(トラブルが多発したせいか改善はされつつあります)。

特に個人情報の抜き取りなどに関してのトラブルが多いです。

もし詐欺だと思うようなアプリがあればページ下部から個別で情報を投稿して頂ければ確認後に掲載いたします。

個人情報に関しては、都度求められるパーミッション(通知・GPS・電話帳などの許可)情報を確認すればだいたい守れます。

パーミッションとレビューをチェックして見分ける方法がおすすめ

出会い系アプリの場合、悪質なアプリから個人情報を守ることが最も重要です。

個人情報はアプリ起動時に求められる「パーミッション(許可)」によって盗まれる可能性があります。

アプリをダウンロードする前にアプリの機能などをよく確認して、求められるパーミッションとアプリの機能が一致しているか確認しましょう。

例えば、ただのSNSアプリなのに電話帳のデータを求めてくるアプリは怪しいです。

SNSの機能には電話帳のデータは必要ありません。

このように不一致だと感じられるアプリはインストールしないか、不審点を発見したら口コミサイトやアプリのレビューで評価や体験談をチェックしましょう。

アプリのレビューサイトでの評価や、appstoreやgoogleplayの評価を鵜呑みにするのも危険です。

できる限り複数のレビューサイトを見てアプリの評価を確認したり、アプリストアのレビューも複数の口コミをチェックすることが大事です。

もちろん被害報告などが書かれているアプリの使用は止めておきましょう。

個人情報が抜かれた際の被害状況としては

  • 迷惑メールや架空請求が届く

  • 他の出会い系に同時登録される

などが起きる可能性があります。

もしどちらかの被害にあっても冷静に対応してください。

サクラの女性や業者がいる出会い系アプリの特徴

残念ながら出会い系アプリにサクラはつきものです。

サクラ被害に遭わないためには最初からサクラがいないサイトやアプリを使えばいいだけです。

しかしサクラがいないサイト・アプリがどれなのかわからずつい使ってしまい、被害に遭う人が後を立ちません(ページ下部でサクラのいないサイト・アプリを紹介しています)。

特にアダルト系サイトや2ちゃんねるまとめサイトのヘッダー・フッター・記事内広告などを見て反射的に登録してしまうと簡単に騙されてしまいます。

大事なのは登録後、サクラがいると思ったらすぐにそのアプリを削除することです。

サクラ相手にお金を使う(課金してポイントを購入する)ことが無ければ被害はほとんどありません。

サクラには明らかな特徴がありますので見分けるのは比較的簡単です。

サクラの特徴のうちいくつかを挙げます。

  • すごく可愛い女性が男性を逆ナンしてくる

  • いきなりLINEのID交換などをお願いしてくる

  • とにかく積極的ですぐ会おうとアポをとってくる

  • アプリ・サイト内の日記でプライベートなことが書かれていない

この4項目すべてを満たす女性は大抵サクラです。

上の3つの項目に関しては、どれか一つに該当するだけで桜の確率は高くなります。

よってメールに返信するだけお金の無駄になりますので、無視しましょう。

アプリやサイトによっては「通報」という運営会社に悪質ユーザーを知らせる機能がありますがサクラのいるアプリの場合は運営会社がサクラを使っているので通報しても意味はありません。

通報するだけ無駄です。

18歳未満の未成年との出会いは極めて危険

まじめに運営されている出会い系アプリでは男女全会員に対して年齢確認を実施しています。

なので18歳未満の未成年は出会える機能があるアプリを使つことができません。

18歳になっていても高校に在学中なら使えません。

これは法律によって決められていることです。

しかし、中には法律を守っていない出会い系もあります。

警察もそれを理解しているので、サイバー補導などサイバー空間でのパトロールを強化しています。

実際に出会い系絡みで逮捕される人(特に男性)の多くは未成年と性的関係を持ってしまうことが原因です。

対策としては

  • 年齢確認がある出会い系を使う

  • 18歳と名乗っていても実際に会ったときに妙に幼い場合は公的書類で年齢を確認する

  • 名乗っている年齢に信憑性を感じないなら交際を断る

などがあります。

稀に年齢確認がある出会い系でも書類を偽造して入会する人もいますので、念には念を入れてください。

犯罪者になってからでは遅いです。

美人局(つつもたせ)での脅迫・恐喝

美人局(つつもたせ)はネットや出会い系に関係なく、今も昔も存在する主に女性をネタにした犯罪行為です。

相手は計画的な犯罪者なので完璧に避ける方法はありませんが、

美人局(つつもたせ)の対策と出会いアプリでの見分け方

こちらのページで美人局対策について詳しく解説しています。

予備知識としてあるかないかだけでもいざという時の対応がかなり違います。

もしもの時のためにこういうこともある、という事実を知っておきましょう。

「美人局」

などでニュースを検索すれば日本中で起きている犯罪だということがわかります。

マッチングアプリに多いセミナーや商材の勧誘

出会い系アプリやマッチングアプリには様々な目的を持った人が登録しています。

中にはアプリを利用して異性と知り合い、いざ出会った時に

  • 健康食品等のネットワークビジネスの勧誘

  • 壺や絵などの芸術作品の販売

  • 新興宗教・自己啓発セミナーの勧誘

などを行う人たちがいます。

このような人たちは最初から出会いではなく「営業」が目的で登録している人たちです。

プロフィール部分での見分け方としては

  • 起業に興味がある

  • ビジネスを学びたい

  • ネットビジネスに興味がある

などの内容を自己紹介文に書いている人は怪しいです。

もし実際に出会った時、何かしらのお金が絡むお誘いを受けた時は即時に断り、以降会わないようにした方が安全です。

登録した顔写真などの悪用

出会い系アプリでも顔写真を登録していた方が出会える確率が高くなります。

しかし、これを悪用する人たちがいます。

出会い系の「サクラ」のプロフィールに悪用するためです。

画面をキャプチャーしたりすれば人の写真はダウンロードでき、その画像を悪質出会い系のサクラとして利用するのは簡単です。

友達になどに悪用された写真を見られたら大変です。

予防方法としては、

  • 照明を工夫して普段の自分とは違う雰囲気を出す

  • 目の部分などを修正・加工する

などが有効的ですが、100%で防ぐ方法はありません。

ネットに自分の顔写真を出すということは一定のリスクを負うことと同じです。

こればかりはどうしようもありません。

調べれば大体の危険は避けられる

ここまでいくつかの詐欺のパターンを説明してきましたが、出会い系などでの詐欺の内容は常に進化します。

新しい方法が発見されるとそれが日本中に拡散しますので、少しでも違和感を感じたりしたら冷静になり、おかしなことに巻き込まれていないかを確認してください。

だいたいの詐欺はネットで調べれば被害者の投稿が見つかります。

つまり事前にしっかり調べれば出会い系アプリに潜んでいる危険からは逃れられる、ということです。

この記事を読んだ人におすすめの記事