出会い系アプリが削除されてダウンロードできない時は似ているアプリ等で対応

アプリが無くなって急にダウンロードできなくなる理由は「リジェクト」

特にiPhoneアプリで多いことですが人気のあるアプリが急にapp storeから削除されてダウンロードできなくなることが多々あります。

ただし、ダウンロードできないだけで既に端末にアプリを落としているのなら、運営会社が引き続き運営するという条件付きでこれまでと同じ様に利用できます。

しかし新規ダウンロードが無くなり新しいユーザーが増えないのでアプリストアから削除されたままだと緩やかに衰退していくことになります。

アプリが削除されることは「リジェクト(拒否するという意味)」と呼ばれ、iPhoneアプリを審査・管理するアップル社がリジェクトを決めます。

リジェクトは急に決定され、アプリストアから消えますので利用者は混乱することになります。

削除される際理由はいくつかありますが、出会い系アプリの場合は

  • アダルトコンテンツが審査時よりも格段に増えた

  • 公序良俗に反する内容のアプリだと判断された

  • ブースト広告など、アプリの宣伝方法に問題があった

  • アプリ内の広告の表示方法や広告の種類に問題があった

このどれかに該当することが多いです。

これまでも人気アプリが急に削除されて、数日したらまた復活するということがありました。

審査する側のアップル内でも審査基準が適宜変更されますので、アプリの審査を通過してリリースしたと思ったら審査基準が変わってすぐに削除されるなんていうこともあります。

復活・復旧するのもアップルの方針とスケジュール次第

ダウンロードできないアプリも、削除対象となった部分を削除するなど、中身を改善して申請すれば復活します。

中身を改善することが簡単でない場合は復活するまでの期間も長引きますし、修正が完了してからアップル等が審査するので土日などの休日を挟めば休み期間の間は復活しません。

なので復活するまでのスケジュールなどはなかなか立てづらく、削除されてもすぐに対応・修正して即復活というのは難しいです。

Androidアプリを管理するgoogleはアップルと比較すると審査が甘い

iPhoneアプリを管理するAppleと比較して審査が甘いのがAndroidアプリを管理するGoogleです。

これはアプリを新規にリリースするときも、その後も同じです。

審査が甘いぶん質の低いアプリや悪質なアプリがリリースされることが多いですが、その分急にアプリを削除したりすることも少ないです。

なので審査が甘いから良いというものではなくて一長一短があります。

Android端末では野良アプリという勝手アプリをインストールすることもできますので、野良アプリの影響もあって個人情報を取得する悪質アプリやサイバー犯罪に利用されるアプリが多いです。。

継続的にSNSで遊びたいならスマホ対応サイトで遊ぶ

削除されるような危険性があるアプリを使いたくない、という人にはアプリではなくスマホサイトやPCサイトに対応している出会い系がおすすめです。

サイト版なので急に運営会社以外の都合によって削除されたりすることはありませんし、ここで紹介するサイトはすべて10年以上の継続的な運営実績があるサクラのいない「出会える系」と呼ばれるサイトです。

app storeやグーグルプレイ自体が重くて見れなかったり、落ちているような状態になることがあるのに比べてウェブサイト版だと極めて安定した状態で利用できるという特徴もあります。

これらのサイトは急に削除されたりすることはありません。

パソコン・スマホ(iPhone・Android)・ガラケー・タブレットすべてで閲覧・利用ができます。

活発な広告宣伝によって常に新しい会員が入っているので、出会えるチャンスが多いです。

会員数が多く出会いやすいだけでなく、SNSサイトとしての機能が充実していますのでどのサイトも暇つぶしサイトとしても優れています。

削除される可能性が高いのは問題があるアプリ

これまで急に削除されたiPhoneアプリの傾向から削除されやすいのは年齢確認が無いアプリや、アダルト系のコンテンツを含むアプリだということがわかっています。

つまり利用者が多い人気アプリもいつ削除されるかわからない状態ということです。

どんな人気アプリでも一度削除されてしまったら信頼性が落ちてしまいます。

この記事を読んだ人におすすめの記事