夏休み期間に出会い系やマッチングアプリを使ったおすすめの出会い方

男女ともに服装が薄着になり、気分が開放的になるのが夏です。

そして、夏は出会いの季節と言われているように、ネットの出会いも夏はかなり盛り上がる時期です。

出会い系アプリやマッチングアプリを使ってこの季節おすすめの出会い方を解説します。

7・8・9月の夏休みは出会いアプリの女性利用者が増える絶好のタイミング

1年365日の間で最も出会える季節は「夏」だと言われています。

ただの都市伝説のような根拠の無い噂ではなく、実際出会い系サイトや出会いアプリの利用者(ログインしたり課金する人の数)が最も増えるのが夏休み期間です。

これはマッチングアプリでも似たような数字になるでしょう。

長期間の休みがあるので海や山でのイベントで新しい出会いがあったり、合コンなどでお酒を飲む機会が増えるのが「夏は出会える」という説の最も大きな要因でしょう。

それに、普段仕事や学校・部活で忙しく過ごしている女性は忙しい時は彼氏が欲しいなどと考える暇もありません。

しかし夏休みだと急に暇になり自分の将来のことや、結婚についてを考える時間と心の余裕ができます。

その時に今の自分の状況や将来に対して不安を感じて「彼氏が欲しい」「異性の飲み友などの遊び相手・話し相手が欲しい」という心持ちになるのだと思います。

夏休みといってもその人の置かれている環境や職業によってタイミングや期間が変わります。

まず、どの職業の女性を狙うかで最適なタイミングと出会うための方法を考えていきます。

OLならお盆休みの前後は田舎や地元に帰省したり旅行に行く

社会人になっているOLやお姉さん系の女性を狙うなら集中して夏休みを取るのでお盆の前後がおすすめです。

すでに結婚してしまった主婦・人妻を狙う場合もお盆がタイミング的に絶好です。

注意したいのは地域によって新盆(にいぼん)と旧盆(きゅうぼん)があることです。

しかし、東京以外のほとんどの地域は旧盆である8月15日の前後が帰省のピークです。

つまり都会で一人暮らしをしている女性たちは8月15日前後に一斉に自分の田舎に帰るということです。

田舎に帰らない女性は数少ない社会人の長期休みということで旅行に行く人が多いです。

「おひとりさま」という言葉がブームになっているように友達や彼氏とではなく、ひとりで旅行する女性もいます。

そうなると観光地の近くに住んでいる人はチャンスが増えます。地元の人しか知らないようなお店を紹介してあげれば好感度が上がるのは間違いありません。

OLなどは旅先で食べた料理や名所などを写真に撮ってTwitter・Instagram・FacebookによくアップするのでSNSを使ってログインするような恋活アプリと相性が良さそうです。

別に観光地でなくでも、同窓会などがあれば地元にたくさんの女性が戻ってきます。

同窓会で数年ぶりに出会ってそこから恋愛関係に発展したという話がよくありますので、同窓会の誘いなどがあれば面倒臭がらずに参加してみましょう。

お酒も入りますし、昔話という共通の話題がありますのあまり話をしたことがない女性ともすんなり会話できるはずです。

女子大生(JD)の夏休みは長いので常に狙い目

女子大生の夏休みは早ければ試験が終わる7月の半ばくらいから始まり、9月いっぱいまで休みです。

もちろん普通の女子大生なら部活・サークル活動やアルバイトをしているのでずっと暇ではありませんが、さすがに2ヶ月以上の長期休みを遊び倒すのは難しく、暇な時間が絶対にできます。

暇な時間でパパを探したり(パパ活ですね)、暇つぶし相手になってくれる男性や夏休み限定のセフレなどを見つけたがる女性も現れます。

夏のイベントや旅行でお金をたくさん使ってしまった女子大生はお小遣い稼ぎ感覚でパパを募集するのでパパになりたい人は割と簡単にパパになれます。

もちろん長期休みを使って本格的に真剣な彼氏作りを考える女性もいます。

女性によって本当に様々ですが。特に夏前に就職活動が終わった大学4年生は社会人になるまで最後の学生生活を満喫しようとかなり遊んでしまう傾向があります。

遊びたい女性とは真逆の「意識高い系」女性になると年上の社会人男性と知り合って自分を高めようとしたり、社会について学べて自分にとってよい影響を与えてくれる男性を求めます。

既に社会人として年月を過ごしている20台後半くらいの男性にとっては最も簡単に出会える、落としやすいのが意識高い系の大学生でしょう。

さすがに自分がいる会社に翌年春に入社する内定済みの女性に手を出すのはまずいですが、女子大生が使いそうな出会いアプリやサイトを使えば既に就職が決まった女性がすぐに見つかります。

プロフィール検索や日記検索で「就活」と検索すれば就活中や就活が終わった女性がたくさん見つかります。

就活中の女性には面接のアドバイスなどを理由に仲良くなれますし、就活が終わった女性とは社会人の生活や恋愛がどんな感じかを教えたりしながら仲良くなれます。

プロフィール検索や日記検索の仕組みが充実しているのは

・PCMAX(ピーシーマックス)【18禁】

http://pcmax.jp/

です。

PCMAXでは写メコンという写メの人気ランキングを競う目玉イベントがあるのですが、夏休み期間(8月31日まで)は水着やキャミ・下着などの薄着姿の写メコンが開催されますので水着女性やセクシー系の服を着た女性の写メが好きな男性は写メを見るだけでも充分に楽しめます。

上手にキーワード検索を使って、大人からのアドバイスや悩みを持っていそうな女性を見つけてください。

JK(女子高生)との出会いは当然禁止

夏は女子高校生も女子大生程長くありませんが7月後半と8月いっぱいで長期の夏休みがあるので援助交際や闇・裏風俗バイトをする未成年女性が増えます。

夏休みを使っていわゆる「夏休みデビュー」を試みるJKやJC(女子中学生)がいたり、家出したので泊めてくれる「神待ち」する子がいたりと、とにかく危なっかしいタイミングです。

犯罪覚悟のロリコン男性は夏休みの時期を1年間の最大の狙い目として、活動を計画しているようです。

しかし、警察もそのことを知っていますのでネットの援交やブルセラの掲示板や出会い系アプリでのサイバー補導や監視体制を当然強化します。

大前提として未成年との買春・売春行為は禁止ですし、未成年を誘うような内容の文章を掲示板に投稿すること自体も法律によって禁止されています。

よって出会ったりしなくても未成年売春を匂わすような投稿や希望するような書き込みをしたら警察に目をつけられかねません。

「円」「¥」「縁」「円光」「お願い有り」「お助け」「サポ・さぽ」などのネット隠語を使っても伝える意志は同じなので禁止されていることについては変わりません。

なので特にネットでの女子高生や、年齢は不明でも未成年らしき女性との出会いには注意してください。

男性も原則として18歳未満は出会い系サイトやアプリを使えませんので諦めましょう。

たまに2chまとめ風のサイトで未成年と出会えるアプリやサイトとして出会いアプリを紹介しているのを見かけますが、ただの煽りなので出会えません。

そのように過剰に煽っている出会いアプリは大抵サクラしかいないアプリです。

児童ポルノなどを含め、未成年との性行為関係はどんどん厳しくなっていますので、昔とは環境が違います。

昔は出会えたからと、昔と同じような感覚で女子高生と出会おうとしても2017年の夏にはなかなか出会えないでしょうし、逮捕されたりする確率は昔より遥かに高いです。

ここからは夏におすすめのネットを使った出会いの場について解説します。

夏の恋活はマッチングアプリも出会いの場としておすすめ

マッチングアプリを使う層は

  • 大学生・専門学生

  • 社会人(OLやフリーター)

などが多く、夏休みは活動できる時間が増えます。

なので登録者が増えますし、登録したばかりの会員を狙うのはとても効率的な時期です。

マッチングアプリが開催するリアルイベントもおすすめ

恋活アプリや婚活アプリはインターネット内だけの出会いをサポートするのではなく、リアルな恋活パーティーなども企画してくれます。

夏休み期間は普段忙しい人でも参加しやすいのでリアルな出会いの場としては最高です。

マッチングアプリは大手婚活パーティーサイトなどと提携していますので、心配は不要です。

実際に日本最大級の恋活・婚活パーティーサイトの

・エクシオ

http://www.exeo-japan.co.jp/

では北は北海道、南は沖縄まで日本全国でパーティーを開催しています。

パーティーごとに企画が組まれるのが特徴で、お盆周辺だと

  • 浴衣デー

  • 花火鑑賞

  • 地方在住者限定

などのイベントが開催されています。

夏休み期間中はその場で連絡先の交換に成功すればその流れで次に会う約束なども取りやすいので、熱が冷めないうちにアタックしてください。

参加料も意外と安く、数千円で参加可能です。

自分の実力次第ですが、参加すれば何人かとLINEのID交換が可能だと考えれば優良出会い系を使うより費用対効果が高いかもしれません。

イベントだけでなく、様々なコンセプト(20代限定、30代限定、公務員限定等)でイベントが開催されていますので、自分にぴったりのパーティーを探しましょう。

出会いアプリ・出会い系サイトは女性の新規入会やログイン率が増える時期

先ほど紹介したPCMAXのようなサクラのいない「出会える系」と呼ばれるサイトやアプリは土日などの連休時や長期休み期間は利用者が増えます。

よくよく考えたら当たり前のことで、順序立てると休みの時は

  1. 暇なので出会いが欲しくなるので出会い関係のサイト・アプリを見ることが増える

  2. スマホ・携帯の利用時間が増える

  3. スマホサイトには出会い関係の広告がよく表示されている

  4. 女性は男性とのやりとりが無料なので登録しやすい

  5. 女性は出会い系だと男性からちやほやされるので気分が良い

  6. 男性からのメッセージがたくさんくるのでログインする回数が増える

という理屈になっています。

当然出会いに費やせる時間・余暇がありますのでサイトやアプリ内のやりとりだけでなく直接出会える可能性も高くなります。

女性による掲示板投稿なども増えますので、マメにログインして自分の地域周辺で出会いを求めている女性がいないかチェックしましょう。

女性が掲示板などに投稿すると男性からのメッセージが殺到するので早い者勝ちというスピード勝負になりがちです。

PCMAX以外だとハッピーメールが会員数が多いだけでなく、先ほど紹介したエクシオと提携して恋活パーティーなどのイベントを開催していますのでおすすめです。

GPSを使ったアプリは地元での即会い向け

出会いアプリだとGPSで近くにいる女性会員を通知してくれたりする機能があります。

GPS系出会いアプリと呼ばれていますが、近くに会員がいないと何にも起きないので東京・大阪・名古屋などの人口が多い地域以外だとあまり活用できません。

しかしお盆周辺はみんな自分の地元に帰る時期ですので、大都市周辺の若い女性がみんな田舎に戻ります。

となると田舎でGPS系出会いアプリを使う女性が増えますのでチャンスです。

田舎なら都会のように競合男性が多くないのでかなりチャンスが広がります。

どうしても刹那的な期間限定の出会いとなりがちですが、夏なのでそのような出会いも有りでしょう。

※都会から都会に帰る女性、例えば名古屋から大阪の実家に帰る人や、福岡から東京の実家に帰る人も狙い目です

リアルとネットを組み合わせたハイブリッドな出会いが最も確実な攻略法

夏のように休みがあって使える時間が多いタイミングはネットだけでなく、リアルと呼ばれる現実世界のイベントにも参加するのが効率的です。

順番としては

  1. ネットで知り合う

  2. LINEのIDなどを交換する

  3. 二人で出会えなければ、二人でイベントに参加する

  4. 仲を深める

という風になります。

LINEやメールだけのやりとりで仲を深めることもできますが、コミュ障でもない限り、やっぱり現実世界での直接的な出会いほど距離を縮めてくれるものはありません。

せっかくの夏休みなのでたくさんのイベントに参加してたくさんの女性と出会いましょう。

BBQ・海・プール・山・音楽フェスなど、女性を誘うきっかけになるイベントはいくらでもあるはずです。

どうしても女性と出会うのは緊張するという男性はLINEやメール・電話で仲良くなって、緊張しないような関係になってから出会いましょう。

そうしないとあらぬ誤解を受けることになりかねません。

あらかじめ自分の性格を正直に伝えておくといいかもしれませんね。

2017年の夏休みに出会えるような名前のアプリが増加中

出会いアプリの中には「夏休みに出会える」という風な文言が入っているアプリがあります。

しかし、大抵がサクラか業者がいるアプリなのでまず出会えません。

アプリ名に「夏休み」や「夏限定」などが入っている出会いSNSアプリをまとめます。

  • 出会いSNSチャットアプリ『夏休み』で遊ぼ~(Kazuya Yamada)

  • ~夏~限定!出会いチャットSNS(kazuhiro mizuki)

出会える機能があるアプリであれば確率には差が出るでしょうが、夏休みだろうとそうでなかろうと出会えます。

なので、このような夏休みに出会えるということを強調したアプリは詐欺アプリが多いので警戒してください。

本当に出会えるアプリは期間によって多少の差はあれど1年中出会えるものです。

この記事を読んだ人におすすめの記事