出会い系アプリの昭和トークと平成トークの使い方とサクラの有無を評価

対象年齢を分けてリリースされた「昭和トーク」と「平成トーク」はぼ同じアプリ

「昭和トーク」は「平成トーク」はチャットしながら出会うアプリです。

iPhoneのみ対応のようで、同じ会社が運営しています。

アプリのダウンロード画面では

・Generation SNS

と運営元が記載されていますが、アプリをダウンロードした後に特定商取引法による表示を見ると運営会社は「株式会社VISON」と記載されています。

もちろん「昭和トーク」と「平成トーク」両方とも株式会社VISON運営となっています。

ネットで「株式会社VISON 出会い系」と検索すると続々と無料出会い系サイトの詐欺などの情報サイトがみつかります・・・。

この時点でサクラがいる悪質な出会い系アプリだということがほぼ確定なのですが、いちおう体験してみます。

※昭和トークと平成トークは「AUAU(アウアウ)」と「即アポ」というアプリに名称変更しました。アプリの中身は変わっていませんが「「AUAU(アウアウ)」と「即アポ」はサクラがいる低評価アプリ」で解説しています

ダウンロードは無料でチャット送信と画像閲覧が有料

「昭和トーク」と「平成トーク」は両方ともダウンロード無料です。

男性のみが有料で女性は無料。

男性は

  • アルバム画像閲覧1回:5ポイント(50円)

  • チャット送信1回:20ポイント(200円)

1ポイント10円なので、チャット1送信で200円です。

無料会員登録で600円分のポイントがサービスポイントで受け取れますが、3回のチャット送信で無くなります。

招待コードや友達紹介の仕組みは無いので、無料で遊ぶならチャット3回送るうちに勝負をつけないといけません・・・無理ですね。

昭和生まれとか平成生まれとかは全く関係無い

登録して女性会員の写メやプロフィールの年齢と見ても昭和トークと平成トークで差はありません。

昭和トークだから熟女系が多いとか、平成トークだから若い女性が多いということもありません。

そもそも平成元年生まれの女性はもう立派な大人ですので、平成生まれ=若い女性という時代でもありません。

これまでリリースされてきた出会い系アプリには年齢別(平成生まれ、昭和生まれ等)でカテゴリ分けされているアプリが無かったので昭和トーク・平成トークは口コミ等で評判が広がっているようですが、表向きと実際の中身は全く違うので注意しましょう。

結局は同じ昭和トークと平成トークアプリは同じアプリだと捉えて良いと思います。

機能はシンプルでチャットとプロフ閲覧のみ

機能はとてもシンプルで

  • 会員のリスト表示

  • プロフィール閲覧

  • チャット送信

のみです。

出会える機能はかなり少ないです。

ダレログのようなGPSを使って地図でご近所さんを探す機能はありません。

昭和トークと平成トークはアルバムの写メを見るのも50円かかりますので、この点でもダレログなどのGPS&チャットアプリに劣ります。

登録してみたら女性からチャットが殺到

登録したらすぐに若い女性会員達からチャットが来ました。

プロフィール欄を見ても特別男性を誘惑するような内容はありません。

状況から考えて、普通のサクラ無しのサイトではありえない出来事なので、もうサクラがいるアプリだというのはほぼ確定です。

総合評価はどちらも「サクラがいる出会えないアプリ」

「昭和トーク」と「平成トーク」はどちらも運営会社が同じで機能も料金も全く一緒です。

どちらも評価としては「サクラがいる出会えないアプリ」ということになります。

お金と時間に余裕がある人は砂粒の中からダイヤを探す様にして素人女性を探して下さい(年齢確認が無いので未成年女性に注意)。

そうでない人は普通にサクラのいない出会えるアプリを使って人生を満喫してください。

この記事を読んだ人におすすめの記事