ペアーズのブロックを徹底解説!非表示との違いは?相手にバレる?確認する方法は?

こんにちは、ペアーズで300人の女性と出会ってきたペアーズマスターKです。

ペアーズを使っていて思うのが、ブロックって強力な機能だな…ということ。

嫌な相手がいたらブロックすればすぐ解決する一方で、いい感じにやりとりしていた人とのメッセージが突然表示されなくなって「ブロックされたかな?」と思い、夜も不安で眠れないことが多々ありました。

自分がブロックする立場の時は「ブロックできてスッキリ!」と思うのに、自分がブロックされる立場になると「なんでブロックされたんだろ、悲しい」「ブロックしやがって、ムカつく!」と感情的になるのがペアーズのブロックなんですよね。

そこで今回は、ペアーズマスターである私が「ペアーズのブロック機能」について「ペアーズでブロックしたい側」と「ペアーズでブロックされた側」の立場からそれぞれ徹底解説していきます。

この記事を読めば「ブロックと非表示の違い」「ブロックした相手には自分がどう見えるか」「ペアーズでブロックしたらバレるのか」「ペアーズでブロックされたか確認する方法」など、ペアーズのブロックについて知りたいことが全て分かりますよ。

「ペアーズのブロック機能を使いこなしたい」という人や「ペアーズでブロックされたかも…」と心配な人はぜひチェックしてみてください。

ペアーズのブロックとは

ペアーズのブロックとは、嫌だと思った相手や悪質ユーザーをシャットダウンするための機能で、有料会員・無料会員問わず使えます。

マッチングしている・していない問わず、検索画面に出てきた相手・足あとを残した相手・なんとなくムカついた相手など全てのユーザーに対して使用できる優れものです。

ペアーズのブロック機能を使えば、嫌な相手が永遠に画面表示されなくなるので、快適にアプリを使うことができますよ。

ペアーズのブロックと非表示の違い

ペアーズのブロックと非表示の違いは、以下の2点です。

・ブロックはお互いに相手を見れなくなるが、非表示は自分が相手を見れなくなる
・ブロックは1回やると2度と解除できないが、非表示はいつでも解除できる

1度ブロックを使うと2度と解除できなくなるので、扱いに注意が必要ですよ。

非表示にするつもりがブロックしてしまった…というパターンになったら対処のしようがありません。

「視界から消えてほしい」「ブロックするほどではないな」と思った時は非表示を使えばOKで「ムカつく、絶対に許せない」「2度とその顔を見せるな!」と思った場合はブロックを使ってください。

ペアーズでブロックしたい人がいる場合

ここからはペアーズでブロック機能を使いたい人向けに「ブロック」について解説します。

ブロックしたい人がいる場合はぜひチェックしてみてください。

ペアーズでブロックする方法は?

ペアーズでブロックするやり方はアプリ版もPC版も同じです。

(1)ブロックしたい相手のプロフィールを表示

(2)「非表示・ブロックの設定」を選択

(3)「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」を選択

(4)「設定内容を更新する」を選択

この4ステップで目障りな相手を永遠に画面表示させなくて済むのです。

ペアーズでブロックしたら相手側には自分がどう見えるの?

ペアーズでブロックしたら、相手側に自分がどう見えるかが心配ですよね。

しかし、心配はご無用です。

相手からは何もかも見えなくなるので、ご安心ください。

ペアーズでブロックすると相手への見え方はこうなります。
・プロフィールが見られなくなる
・検索結果に表示されなくなる
・今までの足あとが消える
・「いいね!」リストから消える
・メッセージリストから消える
・送信済みメッセージが消える
・「退会済み」と表示される

例えさっきまでメッセージをしていた相手でも、ブロックすればあなたの存在そのものが相手の画面から消え去るのです。

ペアーズでブロックしたらバレるの?

ペアーズでブロック機能を使ったらバレるか心配ですよね。

ですがこちらも安心してください。

相手にはブロック後に「退会済み」と表示されるので、ブロックしたのがバレることはないです。

メッセージしていた相手が画面からいきなり消えたら「ブロックされたかも!」と思う可能性はありますが、ブロックされた確証を持つことはできません。

1回ブロックしたら2度と解除できない

さっきも言った通り、ブロックは1回解除すると2度と解除できないので、そこだけ注意してください。

気に入らない相手をお手軽にシャットダウンできるブロック機能ですが、その気軽さとは裏腹に2度と解除できなくなるんですよね。

もし嫌な人が「ブロックしようか迷う……」程度の相手だったら「非表示」にしてフェードアウトするやり方もアリですよ。

ペアーズのブロックはLINEのブロック機能のように解除はできないので、後悔しないように使ってくださいね。

ペアーズでブロックされたかも…と不安な場合

続いてはペアーズでブロックされたかも…と不安な人向けに「ブロック」について解説します。

マッチングしていた相手、メッセージしていた相手がいきなりメッセージ欄から消えたらビビりますよね。

今不安な気持ちで一杯であろう人のために、ブロックされたかの確認方法、見分け方、ブロックされる理由を載せたので、チェックしてみてください。

ペアーズでブロックされたか確認する方法は?

いきなり結論ですが、ペアーズでブロックされたか確認する方法はありません。

ペアーズで自分をブロックしてきた相手はあなたの画面で「退会済み」と表記されるので、確認はできないです。

マッチングした人・メッセージで連絡している人の中から急に退会者がでてきたらブロックされていると思った方がいいですね。

ペアーズのブロックと退会の見分け方は?

ペアーズでブロックされたor退会したかを確認する手段はありません。

昔は「設定」→「ブロックリスト」→「退会済みユーザーを表示」で見分けることができましたが、今はサブアカウントを作るくらいしか見分ける手段はないんですよね。

とはいえサブアカウントを作ってまで確認するのは現実的ではないので、ブロックされたかを確認するよりも「ブロックされたと仮定して、次ブロックされないためにはどうしたらいいか」を考えた方が建設的です。

ペアーズでブロックされる理由は?

ペアーズでブロックされるのは悲しくて辛いことですよね。

私は以前、デートする約束をしていた女性会員の人にデート前日にブロックされ、メッセージリストから消えた彼女に思いを馳せながら、枕を濡らした経験があります。

このような辛い経験をしないために、この項目ではペアーズマスターである私がペアーズでブロックされる理由を思いつく限り載せました。

自分に当てはまってないか確認しながら見てみてください。

プロフィールの写真が生理的に無理だった

まずペアーズでブロックされる原因として考えられるのが「プロフィールの写真が生理的に無理だった場合」です。

私もよくやるのですが、いいねしてきた相手、検索画面で出てきた相手、足跡をつけてきた相手がメイン写真があまりにも見るに堪えないブス加減だった場合は「汚い顔を見せるな!」とブロックしちゃうんですよね。

この場合は「相手にとってルックスが無理だった」と潔く諦めましょう。

今までのペアーズ経験から言うと、プロフィール写真1枚目のメイン写真にドアップ自撮りを載せている人はブロックされやすいので、もう少し遠めのアングルの写真を載せてください。

プロフィールの内容が恋愛対象外だった

プロフ写真だけでなくプロフィールの内容が恋愛対象外だった場合も、ブロックされる理由になります。

例えばプロフィール文から地雷臭がした時や、婚活目的でやってる人が遊び目的の人のプロフを見た時など、プロフィール内容に気に入らないことがある時は容赦なくブロックされます。

このようにプロフィール画面を見て中身が無理と判断された場合はどうしようもないですから、自分と相性がいい異性を探しましょう。

マッチングはしたけどメッセージしてみて恋愛対象外だった

マッチングしてからブロックされるのは、メッセージのやりとりをしてみて恋愛対象外と判断された場合が多いです。

私もよくやるのですが、メッセージしてみて「つまんないわ」と思ったらカジュアルにブロックしちゃいます。

放置したまま残すとメッセージにもうやり取りしない人が溜まっていくので、気になるんですよね。

メッセージしてみて無理…と思われないように、メッセージに返信する時は会話を広げる努力をしてください。

あなたにムカつくことを言われたから

いきなり相手にブロックされるのは「あなたにムカつくことを言われたから」かもしれません。

特に男性に多いんですけど、よくメッセージで会話を広げるために相手をいじろうとして余計なことを言っちゃうパターンってありますよね。

アプリでメッセージ交換している時って、まだ信頼関係を築けてない時期なので、無理に距離を縮めるのは禁物ですよ。

ペアーズでブロックされないためにも、相手を傷つけることは言わないようにしてくださいね。

あなたが知り合いだったから

あなたが知り合いだった場合もブロックされるでしょう。

ペアーズのようなマッチングアプリって出会い系のイメージが残っているため、リアルでの知人に知られるのは恥ずかしいと考える人が多いんですよね。

ペアーズはfacebookの友達であれば表示されない仕様になっていますが、facebookで友達になってない人、取引先の人、会社の同僚など半端な知り合いとは遭遇する可能性があるんです。

あなたに通報されたくないから

ペアーズであなたと揉め事があった場合やマルチビジネスへの勧誘目的、不倫相手を探していた場合などに、相手があなたに通報されないように先回りしてブロックした可能性もあります。

特にデートした時に喧嘩した時やトラブルになった時に相手に通報される前にブロックしようと考える人は多いです。

ブロックした相手を通報するのは極めて困難なので、相手はペアーズの使い方を熟知していると言えますね。

ペアーズでブロックする時はよく考えて、ブロックされた時は諦めよう

ペアーズのブロックは嫌な相手を簡単にシャットダウンできる素晴らしい機能です。

嫌な相手がいたらどんどんブロックすればいいと思いますが、1度ブロックしたら戻せないので「どうしようかな」と思った相手は非表示で済ませとくといいですよ。

ペアーズでのブロックが癖になると、たまにいい感じにメッセージをしていた人を誤ってブロックすることがあります。

気になる人を間違ってブロックした時に味わう「もう戻れないんだ…」という絶望感は半端ないので、反射的にブロックする癖をつけないように気を付けてくださいね。

また急にメッセージリストから相手が表示されなくなり「ブロックされたかも…」と不安になった時は潔く諦めて、次に活かすことをおすすめします。

ブロックされたかを確認するより、次にブロックされないためにはどうしたらいいかを考えた方が素敵な出会いに繋がりますからね。

ペアーズのブロック機能をうまく使って、アプリでの恋活・婚活をうまく進めてください。

関連記事