シングルマザーの出会い方5選!シンママが彼氏を作れるのはアプリ?

今は「3組に1組の夫婦は離婚する」と言われている激変の時代です。

こういった背景もあり、シングルマザーや、バツイチシングルの方たちが増えています。

子持ちのシングルママは仕事や子育てに追われて大変ですが、「もう一度彼氏を作りたい」「再婚したい」と考えることもあるでしょう。

子供のためにも、素敵なパパを見つけたいと望んでいるママも増えており、シングルマザーの出会いの需要が高まってきているのです。

ただ出会いの場所がどこにあるかがわからないために、何もできずに途方に暮れてしまうシンママが非常に多いです。

そこでこの記事では、どのような方法でシングルマザーが彼氏や再婚相手を見つけるのか、また出会いの場はどこにあるかについて解説をしていきます。

ぜひ素敵な相手を見つけて、新しい恋愛へと踏み出していただければと思います。

目次

シングルマザーが新しい恋人と出会う方法、ランキング1位〜5位を発表!

ここからは、シングルマザーが素敵なパパ候補の男性と出会うための方法を独自に調査した結果について、ランキング形式で紹介していきます。

1位. バツイチ専用の出会いアプリ、マッチングサイトで相手を探す

今はスマホ全盛期なので、スマホを使ったマッチングアプリが大流行しています。

まだ数は少なめですが、シングルママ・パパを優遇するような恋活・婚活アプリも登場しています。

このような時代なので、出会いを提供してくれるアプリで相手を探すのがもっとも手軽で簡単な方法です。

こういった婚活サイトは男性の利用料金が有料となっているところがほとんどですが、なかには女性の利用料が無料になっているサイトもあります。

「婚活をしたいけれども経済的に余裕がない」と嘆くシングルマザーにとって、タダで出会えるというのはとても大きなポイントです。

また実際に婚活アプリを使ってみるとわかりますが、バツイチのママを受け入れてくれる男性は意外に多くいます。

こうしたアプリなら、空いた時間・すき間時間に相手をチェックしたりメールしたりできるため、忙しくて時間がないママにはピッタリな出会いの方法といえるでしょう。

2位. 結婚相談所に登録してお見合いをする

結婚相談所と聞くと、少し古くさいイメージがありますが、昔からある出会いの方法です。

結婚相談所の良い点は、相手の学歴・収入などの身元がはっきりとわかることでしょう。

しかしお見合い相手を探す時に条件を聞かれるため、目が肥えると条件に厳しくなりすぎるという側面もあります。

またシステムの利用料金が高く設定されていたり、お付き合いが成立したら成功報酬を払わなくてはならないなどお金の面でデメリットがあります。

ただ高いお金を払って結婚相談所に登録している人は、基本的に結婚に対して真剣で前向き人がほとんどです。

後ほど紹介する婚活パーティーにいるようなチャラチャラした遊び人の男性はかなり少ないので、その点は安心できると言えます。

3位. 街コンや婚活パーティーで相手を見つける

今若者の間で流行っているのが、市町村が開催する街コンや婚活専門の出会いパーティーです。

女性の参加費用も1千〜2千円からと非常にリーズナブルですし、一度に大量の男性と知り合えるため、多くの男性と知り合いたい人には効率的なシステムです。

ただ無料ではなく、それなりの費用がかかるというデメリットもあります。

パーティー会場までの交通費だってバカになりません。

またパーティー会場でのトークタイムは、一人当たり10-20分しかないこともあり、相手のことを十分知るにはもの足りないと感じることもあるでしょう。

じっくりと時間をかけて、相手と仲良くなりたい人にはあまり向かない方法なのです。

また参加者は比較的若い層の人が多いため、年上の男性と出会いたい方は相手探しに苦労するかもしれません。

「結婚相手ではなく、まずは男友達を作るところからスタートとしたい」という気軽な参加であれば問題ないでしょう。

ただこちらはバツイチなので、バツなしの女性が参加するパーティーでは比較されてしまい、いくぶん不利に立場になります。

なるべく「シングルマザー限定」のパーティーに参加することが、魅力的な男性とカップルになる秘訣と言えます。

4位. 子供つながりのコミュニティで男性を探す

子育てをしていれば保育園、公園のママ友など、何らかのコミュニティに所属していることが多いはずです。

こういった場所で知り合ったママに、恋人を探している独身男性を紹介してもらうことも可能です。

協力的な人であれば、男性との合コンをセッティングしてくれるかもしれません。

ただ紹介してもらう相手は友人の友人であるため、それなりに気を使って接する必要があります。

またコミュニティ内にバツイチのシングルパパがいれば、アプローチするチャンスもできるでしょう。

ただこういったコミュニティで出会いを探したり、男女が交際するのはルール違反である場合もあり、退会させられることもあるので注意しなければなりません。

5位. 男女混合の趣味サークルで相手を見つける

「いきなり恋人を作るのは少し抵抗がある」という方は、地域の趣味サークルに入って、共通の趣味を持った男性を探すのもありです。

ただ趣味サークルはあくまで趣味を通してつながるだけであって、出会いを目的としているわけではないので、出会いを求めている男性の割合は少なめです。

したがって恋人や結婚相手となる男性が見つかる可能性は低くなります。

男性とまずは友達になり、もし気が合えば何年後かに結婚したいというのんびりした方であれば、男女混合で行える趣味の集まりに顔を出すとよいでしょう。

シングルマザーが出会うなら、婚活サイトやマッチングアプリを使おう!

以上のランキング1位〜5位から、シングルマザーでも出会うのにもっとも良い方法は、出会いアプリやマッチングサイトを利用することであるとわかります。

スマホアプリを使うだけなら、子育ての合間や仕事の休憩時間など手の空いた時間で相手と連絡を取り合うことができます。

相手のプロフィールをじっくり読んで検討することもできますし、メールのやり取りを通じて相手の人柄や性格を判断することもできるでしょう。

たとえ相手と実際に会うことがなくても、メールや電話でやり取りをするだけでも、精神的な支えになります。

毎日を家事や仕事に追われているシングルマザーだからこそ、男性となんらかの関わりを持った方が気持ちが安定するのです。

ここからは、シングルマザーにオススメする3つのマッチングアプリを紹介していきます。

シングルマザーが出会えるサイトTOP3をご紹介

子持ちママでもカップル成立がしやすい恋活・婚活サイトをランキング形式で順に紹介します。

【1位】 マリッシュ(marrish)

会員数 6万人
サクラ
料金 女性 無料
男性 有料会員 2,980円/月~
   プレミアムプラン 2,500円/月~

マリッシュは婚姻歴のあるバツイチママ・パパを応援する婚活サイトです。

婚姻歴のあるユーザーが優遇されているので、シングルママであっても引け目を感じることがありません。

すでに会員数も6万人に膨れ上がっており、男性の登録者も過半数に達しているため、出会いの可能性大と言えます。

会員の年齢層を見ると、30代・40代が30%以上と過半数を占めています。

よって、主に30代や40代の男性と出会いたい方に適したサイトとなります。

また、女性にとって何よりも嬉しいのは利用料金が無料である点でしょう。

他のサイトはほとんど有料で月額料金をとられてしまいますが、マリッシュなら利用するのにお金がかからないので安心です。

相手のプロフィールを見て「いいね!」を押すシステムがあり、1日に7人までいいねすることができるので、これだけやっていても素敵な相手とマッチングすることができます。

マリッシュにはサクラと思われる会員がいますが、それはほぼ女性のサクラですので、とくにシングルマザーが心配する必要はないでしょう。

どうしても相手の素性が気になる場合は、フェイスブックと連携している会員とだけメッセージのやりとりをすれば大丈夫です。

この理由は、フェイスブックのアカウントを使って登録している男性の方が、嘘をついたり隠し事をしている可能性が低いからです。

マリッシュはバツのついた再婚希望の人が集まるサイトなので、登録だけしておくのも全然ありと言えます。

【2位】 ユーブライド

会員数 累計利用者150万人
サクラ
料金 スタンダード1ヶ月プラン 3980円
スタンダード3ヶ月プラン 8910円
スタンダード6ヶ月プラン 13920円
プレミアムオプション 2980円

あの有名企業mixiが運営する婚活サイトが、ユーブライドです。

シングルマザー専門のサイトではありませんが、会員数も150万人を超える大御所であるため、出会いの数を増やしたいならユーブライドに登録すべきでしょう。

ユーブライドは軽い出会いではなく、結婚前提でお付き合いを始めたい方が集まるサイトですので、再婚を希望するシングルマザーに向いています。

利用者の年齢層としては、30代が中心となっています。

20代、30代の会員ユーザーには、意外とバツイチのママが多いです。

したがって婚姻歴があっても、相手を探しやすいサイトと言えるでしょう。

年収で相手を絞って「いいね!」が押せるので年収で相手を選ぶこともできますが、そこまで高収入の男性は多くなく、年収500〜600万程度の平均的なレベルの男性が多い印象を受けました。

また他のアプリに誘導しようとする業者も存在しますが、ほとんどが女性のサクラですので心配いりません。

利用者は東京がもっとも多いですが、全国のユーザーが参加しているので地方のシンママにもたくさんチャンスがあります。

youbrideを使ってみる

【3位】 ゼクシィ縁結び

会員数 30万人
サクラ
料金 無料会員 0円
有料会員
1ヶ月プラン 3,980円 + 税318円/月
3ヶ月プラン 3,600円 + 税288円/月(一括11,664円)
6ヶ月プラン 3,300円 + 税264円/月(一括21,384円)
12ヶ月プラン 2,400円 + 税192円/月(一括31,104円)

リクルートパートナーズが運営する婚活サイトです。

「ゼクシィ」という名前はブライダル業界では有名ですので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

恋活というよりも、むしろ結婚を意識している女性向けのサイトです。

リクルート系列というだけあってセキュリティ面もしっかりしており、24時間体制でユーザー監視が行われています。

たまにLINE交換をしてから個人情報を抜きとろうとする業者もいますが、すぐに通報されるためかこういった業者は数日でいなくなります。

シングルマザーはバツイチなので不安になるかもしれませんが、あらかじめ結婚歴や子供の有無を登録する項目があるので、この項目を書いておけばあとでわざわざカミングアウトする必要もなくなります。

プロフィールに子持ちママと書いているのにアプローチしてくれる男性は、バツがついていてもOKな寛容な男性なので精神的にも楽です。

ゼクシィ縁結びで特徴的なのは、「価値観」を重視している点でしょう。

サイト上で18問の質問に答えると、無料で自分のタイプ・性格を判断してくれます。

自分が判定されたタイプによって、相性の良い相手を毎日4人紹介する仕組みが用意されています。

またどうしても相手の年収が気になるという人は、収入証明書を提出済みの男性を探すとよいでしょう。

収入を偽ることができないように、ゼクシィ縁結びでは収入証明書を任意で提出できるようになっているのです。

ゼクシィ縁結びは、メールアドレスさえあれば無料で登録できるため、登録の敷居はかなり低いです。

結婚相談所のように、入会費やカップル成立料も一切かかりません。

無料会員でも相手に「いいね!」を押すだけでマッチングできるため、まずはどのような男性がいるかをチェックするつもりで無料会員になってみるとよいでしょう。

ゼクシィ縁結びを使ってみる

シングルマザーが効率よく恋人を作るための3つのテクニックを公開!

シングルマザーになると「次の恋愛・結婚では失敗したくない」という気持ちから、お付き合いには慎重になりがちです。

また子持ちという点から、恋愛で不利な立場になることを予想して、新しい恋人探しが億劫になってしまうこともあるでしょう。

そこで、シンママが素敵な男性と出会って良い関係を築くための3つのコツを紹介していきます。

1.相手の学歴・年収・仕事についてムリに聞こうとしない

これからお付き合いする相手のプロフィールを詳しく知りたいと思うのは、ごく自然なことです。

ですが、男性は女性から値踏みされるのを嫌う傾向があります。

根堀葉掘り相手の仕事や年収について聞こうとすると、男性も嫌気がさしてしまいます。

どうしても聞き出したい場合は、ストレートに聞かずオブラートに包んだ聞き方で尋ねるようにしましょう。

また相手が答えるのを渋ったら、それ以上追求したり尋問しないように気をつけることも重要です。

詳しいことはお付き合いを重ねるうちに、わかってくるはずですので、あまり慌てないようにすることを推奨します。

2.一人でしっかり子育て・家事をしているところをアピールする

意外かもしれませんが、シングルマザーでもいいと言ってくれる男性は、ママとしてしっかり子育てと仕事を両立しているところを高く評価しています。

シンママが、男性に頼らず一人でやっていくのがいかに大変なのかを理解してくれているのです。

ですから、普段からきっちりと家事や子供の世話・仕事をやっていることをアピールすると好印象を持たれます。

逆に、家事をイヤイヤやっている素振りを見せたり、再婚したら専業主婦になって楽をしたいなどの話をすると悪い印象を持たれるので、そのようなことは言わないようにしましょう。

3.バツありの男性、子持ちのシングルパパを狙う

婚活サイトに登録したばかりの頃は、自分の希望条件で相手を探すのに熱中するかもしれません。

ただこちらはシングルママの子持ちという条件なので、人気のあるハイスペックな男性とお付き合いするのは、なかなか難しいかもしれません。

そのような時は、一度「バツあり」の男性に狙いを絞って相手を探してみることをオススメします。

お互いバツあり同士で結婚した経験もあるため、結婚時の苦労などは説明しなくてもわかってくれます。

また相手も子持ちのパパでこちらと同じ条件であるため、恋愛や結婚話へとスムーズに進みます。

理想の男性を探すのもよいですが、良い人に巡り会えなくて疲れたたら、一度子持ちのパパを恋人候補として検討してみてはいかがでしょうか。

実際に恋活サイトで知り合った男性と会う時の心構え

せっかく素敵な男性を見つけて会っても、相手にいいと思われなければそれ以上の進展は望めません。

ここでは相手と実際に会った後に、どのようにして良好な関係を築いていくかについて解説をしていきます。

・いきなり子連れで会わない

いくら「子供と相手の男性の相性が重要」だからといって、初対面の時から子供を連れて行くのは考えものです。

相手の男性は、シングルマザーのことを「女性」としてと「母親」としての2つの側面から見ています。

順番的には、まず「女性」として好意をもってもらい、次に「母親」としての自分を好きになってもらうのが基本です。

子供を連れて行くと恋愛感情が芽生えにくくなることもあるため、やはり初回は子供なしで会うことをオススメします。

ただし、これから会う相手が子連れのシングルパパなら話は別です。

そのような場合はお互い子供がいるわけですし、子供達が同席してもお互い負担に感じないので、子供を連れて行っても問題ないでしょう。

・離婚の理由を聞かれた時に、元夫に対する不平や不満を言わない

シングルマザーなので、やはり離婚の理由というのは聞かれます。

この時は、正直に理由を言った方がよいでしょう。

ただし自分に非があって離婚に至った場合は、言わないほうが無難です。

また元夫に対する愚痴や不満を言いたくなるかもしれませんが、そこはグッとこらえることが肝心です。

すでに別れた相手に対して文句を言う姿は、お世辞にも可愛いとは言えません。

できれば昔の旦那のことはきれいサッパリ忘れて、次の恋に向けて進む用意ができていることを相手に伝えるとよいでしょう。

・将来について話し合う

離婚の原因の一つに、「将来像の不一致」というものがあります。

将来のことを考えずに勢いで結婚した結果、失敗してしまったというケースが非常に多いのです。

このような失敗を避けるためにも、将来の計画について語り合う時間を必ず持ちましょう。

仕事のことから育児のことまで、きちんと話ができない相手と再婚してもうまくいかない可能性が高いので、このポイントは外せません。

・ゆっくりと関係を発展させる

もういい大人と呼べる年齢であるため、会ってすぐに体の関係を持ってしまいたくなるかもしれません。

ですが、あまりに二人の関係の進展が早すぎると、長続きしないのもご存知の通りです。

若い頃のようにその場のノリで恋愛を進めていくのではなく、きちんと未来を考えた上で少しずつ仲を深めていった方が、再婚までの道のりは近いです。

シングルマザーが新しいパートナーを見つける3つのメリット

ここでは、なぜ新しい恋人・再婚相手を見つけた方がよいのかについて説明をしていきます。

1.相手に心の支えとなってもらえるため、精神が安定する

シングルマザーは一人でママ役とパパ役を担っていると言っても過言ではありません。

片親ということは、一人で二役をこなすのと同じぐらいの負担がかかります。

そのため、シングルマザーは肉体的にも精神的にも疲れてしまうことが多いのではないでしょうか。

しかし新しい恋人・再婚相手が見つかれば、気持ちがずいぶんと楽になります。

気分が落ち込んでいるようなときでも、相手に相談したり励ましてもらったりして、元気づけてもらえるからです。

一人で頑張り続けるのも立派なことですが、たまには男性に甘えてみると肩の荷が下りるでしょう。

2.子供の相手をしてもらえる

自分の愛する子供と遊ぶのは楽しいものですが、それでもときどき疲れてしまうことがあります。

たまには、他の人に子供の相手をしてもらいたいと思うことだってあるはずです。

そんな時に優しい恋人の男性に子供と遊んでもらえば、子供も喜ぶし自分も休めるので一石二鳥です。

また相手の男性と自分の子供が少しずつ打ち解けてゆくのを眺めているだけでも、幸せを感じることができるでしょう。

3.金銭面で男性からサポートを受けられる

まだお付き合いをしている段階では難しいかもしれませんが、ある程度相手の年収が高ければ、再婚をした時に経済的な余裕が生まれます。

女性の社会進出が進んでいるとは言え、やはりシングルマザーが人並みに収入を得るのは難しいことです。

そこで相手の男性に稼いでもらったり、共働きをすることによって家庭の収入を増やし、金銭面での心配を減らすことができます。

男性の収入額によっては裕福な生活を送れますし、専業主婦になることも可能でしょう。

相手の稼ぎに頼りすぎるのはよくありませんが、やはり女性ですからたまには甘えてみることも大切です。

シングルマザーが新しい相手を探すときの注意点

ここでは、シンママが新しい恋人候補を見つける時に留意すべき3つの点について解説していきます。

1.ルックス磨きを怠らない

シンママで子育てに仕事と忙しいからといって、見た目の手入れをおろそかにするのはよくありません。

やはり人の第一印象はルックスで決まりますから、時間があまりなくてもできるかぎり身だしなみは整えるべきです。

化粧やファッションはもちろんのこと、体型が太っている場合はダイエットもしておいた方が相手からの印象はずっと良くなります。

女磨きは時間とお金がかかりますから、いざという時のために備えて、常日頃から努力しておくことが大事です。

2.いくら条件がいい人でも、子供との相性が悪ければNG

子供のいない独身女性であれば、好きな相手とお付き合いをすればよいのですが、子供がいるとそうもいきません。

やはり子供の将来を考えると、子供と男性がよい関係を築けていけそうかどうかが、重要なポイントとなります。

たとえ相手の男性が高スペックで条件的に見て最高だとしても、子供とうまくやれそうにないなら諦めるべきでしょう。

自分の意見だけでなく、子供の意見も聞いてパートナーを選ばないと、再婚したあとで後悔する可能性が高くなってしまいます。

3.相手に多くを望みすぎない

結婚相談所などで条件をつけて相手を検索していると、だんだん相手を見る目が厳しくなっていきます。

しかし、男性も普通の人間です。

あまりに高望みをしすぎると、条件に合う相手がいなくなってしまいます。

またこちらもバツイチ子持ちというハンデを背負っているので、妥協できる点は妥協することも大切です。

「これだけは絶対に譲れない」というポイントを3つぐらい考えておいて、このポイントを抑えられていたら、とりあえずデートをしてみるなどの覚悟も必要でしょう。

たとえば「年上の男性でないと嫌だ」というシングルマザーもいますが、年下の男性も話してみたら意外といいかもしれません。

男性は歳をとれば頼りがいのある男へと成長していきますし、何より若い男性の方が将来性があります。

したがって、食わず嫌いをせずに年下であっても恋人候補にすることをオススメします。

シングルマザーが相手を見つけるなら、バツありシングル専門の恋活サイトが一番

バツイチ子持ちであるかといって引け目を感じ、恋愛に対して消極的になってしまう人がいます。

まだ離婚したばかりの頃は、「二度と結婚なんてしない」と思うこともあるでしょう。

しかし、時が経てば考えは変わるものです。

忙しい毎日に追われるうちに、もう一度恋愛をしたいという気持ちになるかもしれません。

今はシングルマザーであっても、新しい相手を見つけて幸せな人生を歩むことができる時代です。

面倒くさいという気持ちがあるかもしれませんが、やはり来の素敵な相手と出会うためには思い切って行動を起こすしかありません。

出会ってすぐに結婚する必要はありません。

子供の年齢の問題もあるため、すぐに再婚しない方がいいという場合だってあるでしょう。

男友達を何人か作っておいても損はしないはずです。

まずはマリッシュに無料登録をして、婚活サイトがどのようなものかを、その目で確かめることからはじめるとよいでしょう。

関連記事