口下手やコミュ障気味の人に向いている彼氏彼女の作り方

コミュ障だったり極端な口下手な人でも彼氏や彼女は作れます。

このページでは出会い系サイト・アプリやマッチングアプリを使った出会い方を紹介しています。

心理的な負担がかからないような出会い方もありますので是非チャレンジしてください。

恋活婚活アプリ等を使ったコミュ障向けのネットでの出会い方

「コミュ障」とは本来コミュニケーション障害のことですが、特にネット世界では社交的でない人や対人での会話が苦手な人に対して「コミュ障」という言葉が割と気軽に用いられています。

本来コミュニケーション障害は障害なので人に対して気軽に「君はコミュ障気味」とか自分で「私はコミュ障」などと言うべきではありませんが、障害ではなくどちらかというと性格として内気であったり口数が少ない寡黙な性格の人に対して「コミュ障」という言葉が使われているように思います。

自分でコミュ障と自称している人の多くは障害ではなく、

  • 話題が乏しかったり、口下手で何を話していいかわからない

  • 話す前に会話内容を考えすぎる結果として無口になってしまう

  • 異性との会話が苦手

  • 人と目を合わすのが苦手

  • 物事が複雑に入り組んでいるリアルな現実世界よりネットや二次元の世界の方が好き

などの特徴、性格に対して「コミュ障」という言葉でまとめて表現しているのでしょう。

当然通院やカウンセリングなども通っておらず、医者からの診断などもないはずです。

それでもこのような特徴・性格を持っていると彼女や彼氏を作るのは難しくなります。

ですが、リアルな世界ではハードルが高くてもネットでの出会いなら最初はインターネットを介した文字だけのやりとりなので障壁は低くなります。

このページでは出会い系サイトや出会いアプリ、又はネットの恋活婚活サイト・アプリを使ってコミュ障気味の人でも彼女・彼氏を作る方法を紹介します。

※コミュ障は「コミュ症」という言葉が使われることもありますが、どちらが正しいとかではなく意味していることは同じです

まずはLINEなどの無料チャットアプリを用意

人と対面して話すのが苦手な人にとってはネットがとても重要です。

人の目や表情を見ずに、画面に表示される文字を見ながら会話・対話が可能だからです。

なのでどんな場所で出会うにせよ、いったんネットを経由してチャットなどでお互いのことを知って仲を深めることが重要になります。

スマホを持っている人ならLINE(ライン)やカカオトークなどの無料通話アプリをインストールしておきましょう。

人付き合いが苦手だからLINEやカカオトークも嫌だ、なんてことを言っていたら出会う方法がかなり狭くなってしまいます。

心理的な抵抗や拒否感はあるかもしれませんが、必須ツールでもありますのでインストールして、使い方やID交換方法などを知っておきましょう。

スタンプで感情を表現できたりもするので、結果的にコミュケーションの負担を減らすことにつながります。

サクラがいない出会い系サイトやアプリに登録する

世の中の出会い系のほとんどはサクラしかいないサイトやアプリです。

女性向けの出会い系も男性向け出会い系もこの点では同じです。

なので、サクラのいないサイトやアプリという、よくよく考えれば出会うための最低限の条件を満たすサイトやアプリは実はかなり限られているのです。

情報を補足すると、サクラのいない出会い系はすべての会員に対して年齢確認を実施するので18歳以上の男女しか使えません。18歳未満では利用することが不可となります。

ということは、18歳未満でも普通に使えてしまう年齢確認が無い出会い系はサクラだらけということです。

コミュ障なのに勇気を出して出会い系に登録したらサクラばかりで結果的に騙されてしまった、なんていう風になったら目も当てられません。

下記のサクラのいないサイトやアプリを使うことがネットで出会うための第一歩です。

まずは、セフレでも何でもいいからとにかく出会いが欲しいという人向けのサイトやアプリを紹介します。

もちろん彼氏彼女や結婚を考えた出会いにも対応しています。

※料金や仕組み等の詳細情報の確認や登録はリンク先で可能です

真剣な恋愛を希望する人が多いマッチングアプリに登録する

次に、真剣な彼女彼氏探しや結婚相手を探すのに向いている恋活婚活アプリを紹介します。

恋活婚活アプリは「マッチングアプリ」とも呼ばれ、特に若い人の間でとても人気があります。

ラブサーチやゼクシィ恋結びはネット内での出会いだけでなく恋活パーティーやオフ会なども企画・開催していますので、ネットとリアル両方でチャレンジしたい人向きです。

ですが、いきなりリアルでのパーティ参加は人見知りの男女にとっては敷居が非常に高いと思いますので、ネットで慣れてからリアルイベントに行く、という順序がおすすめです。

アプリで彼女・彼氏候補を探す方法

ここからは紹介したアプリ内で将来の彼氏・彼女候補を探す方法を紹介していきます。

具体的にどんなことをすれば良いかを解説しますので、まずは実践してください。

プロフィール設定後、趣味のコミュニティやサークルに登録

どのサイト・アプリも基本的にはSNSの延長のような仕組みになっています。

ただ、Facebook等のSNSだと明らかなナンパや出会いを求める書き込み等は削除されたり、あからさまな出会い目的の投稿をした人のアカウントは強制削除されますが、出会い系なので削除されることはありません。

ここが大きな違いです。

各サイト・アプリから無料会員登録後に年齢が18歳以上であることを確認できる書類を提出してください。クレジットカード登録でも年齢を証明できます。

年齢確認は書類をメールで送った後は数分で完了します。

そして、一般的なSNSのようにマイページを設定します。

プロフィールを事前に完全に設定しておくことによって自己紹介をする必要が無くなりますし、共通の趣味を持つ異性を見つけやすくなります。

特に趣味に関しては細かく設定しましょう。

映画好き、音楽好き、アニメ好きなどと書くと広くなってしまうので好きなアニメのタイトルやミュージシャンの名前を具体的に書いておくとなお相手に伝わります。

そして、サイトによって呼び方は変わりますが趣味の「サークル」や「コミュニティ」に参加しましょう。

サークル名検索などですぐ自分の趣味と一致するサークルが見つかります。

かなりマニアックなサークルでもまずは検索してみましょう。

サイト・アプリによっては数百万人の会員がいますので、マニアックな趣味を持つ人もたくさんいます。

サークルで共通を趣味を持つ人を見つけたら投稿したり、足あとをつけたりしてみてください。

もしかしたら投稿や足あとを見てメッセージを送ってくる人がいるかもしれません。

サイト・アプリによって値段設定は違いますが、男性から女性へのメールは1通50円〜70円程度で、女性から男性へのメールは何通送っても完全無料です。

多い例でいうと

  • 出会い系サイト・アプリだと前払いでポイントを購入するタイプが多く(女性は無料)

  • 恋活婚活アプリだと毎月決まった額を登録料として課金するタイプが多い(女性は無料は無料に近いような料金設定)

このようなパターンが一般的です。

掲示板で仲間を募集することも可能

サクラのいない出会える系として先ほど挙げたハッピーメール内には掲示板機能があります。

掲示板機能はどの出会える系にもありますが、ハッピーメールには「ヲタ友・ヲタ恋」というカテゴリがあり、マニアックな趣味を持つ人でも友達や恋人を募集できるようになっています。

男女ともに投稿は活発にされていますので、マメにチェックして同じ趣味の仲間がいないかチェックしましょう。

プロフィールにコミュ障だと書くべきか?

どんなSNSでもそうですが、顔写真用の写メを含めてプロフィールを盛りすぎるのはよくありません。

しかし、コミュ障気味なら正直にそう書いておいた方が相手も納得した上でメールのやりとりをしてくれますので不信感を持たせずに済みます。

電話が苦手なら電話が苦手、メールが苦手ならメールが苦手と正直に書きましょう。

コミュニケーション方法についても希望があればプロフィールの性格欄等に書いておくと説明する手間が省けます。

返信メールのタイミング等が遅くなる人はそのことを書いておくといいかもしれません。

特に女性ならプロフィール欄にコミュ障であることを書いたからといってメールが一切こなくなるなんてことは絶対にありません。

恋活婚活アプリにおいては顕著ですが、やはり同じような性格や趣味を持っている女性を探している男性はたくさんいます。

メールのやりとりで仲良くなったらLINEのID交換

何回かメールのやりとりをして相手の性格がわかり、自分の性格が伝わったと思ったらタイミングを見計らってLINEのID交換をお願いしてみましょう。

お金を使いたくないからといって最初からいきなり交換をお願いしてもだいたい拒否されますので、多少やりとりをしたあとがおすすめです。

LINEのID交換が脈あり脈なしを意味すると言っていいくらいで、LINEのIDを交換してくれない人とは出会うのは難しいです。

断られたらショックかもしれませんが、いったん距離をおきましょう。

LINEが嫌なら携帯・スマホのメールアドレスでも大丈夫です。

出会えるところまで行ったあらあとは共通の話題で頑張るしかない

LINEやメールアドレスの交換が成功して、何度もやりとりしたら「出会おう」ということになりやすいです。

相手が切り出さなければこちらから切り出してもいいと思います。

LINEやメールでは文字だけのやりとりですが、出会ったら当然相手の顔を見ながらの会話となります。

お酒でも飲めれば緊張がやわらぐかもしれませんが、お互い無口だったら無言のデートになりかねません。

それだけは避けられるように最初のデート場所はお互いの趣味に関する場所を指定しましょう。

趣味に関する場所ならLINEやメールの延長上で会話が成り立つはずです。

共通の趣味に関する場所でも無言ならもうお酒を入れてみるくらいしかコミュニケーションを成立させる方法はありません。

出会ってもLINEのチャットやメールでコミュニケーションするのは反則・マナー違反

会話が苦手だからといって出会ってもLINEのチャットやメールでコミュニケーションを取るのはよくありません。

アニメや漫画の世界なら許されるかもしれませんが、現実世界ではそのようなコミュニケーションは一般的に気味悪がられます。

第一それではネットの世界で出会うこととの違いが無くなり、実際に出逢う意味がありません。

無口でもいいのでちゃんと自分の言葉で話さないと本当にお互いのことを知ることにはなりません。

最初は空回りしても慣れればなんとかなる部分もあるのでできる限り相手の目を見て話をしてください。

社交的な友達を交えてペアで会う・ダブルデートという方法も

既に紹介した「Omiai(オミアイ)」では「ペアで会う」という風にプロフィールに記載することができます。

ペアで会うとはつまりダブルデートをするということなので、もし自分がコミュ障気味でも社交的な友達がいれば一緒にデートして楽しい時間を過ごせる可能性があります。

最初から異性と1対1で話すとどうも緊張して話が続かない、盛り上がらないという風な人はOmiaiを利用して最初からペアで会ってくれる人を探すというのもひとつの方法です。

ペアで数回会って「この人いいな」と思ったら単独デートに誘ってみましょう。

初対面から二人きりになるデートと比べればだいぶ気持ち的に楽なはずです。

この記事を読んだ人におすすめの記事