ラブサーチ(lovesearch)は本格的な婚活に向いているサイト

ラブサーチはネットとリアル両方で女性を攻略できるからデートできる確率が高い本格的な婚活サイト

あまり出会い系サイトのことを良く知らない人達の間では知名度があまり高くないですが、知る人ぞ知る超優良サイトがラブサーチ(lovesearch)です。

まだ「婚活」「恋活」という言葉が無い頃からサクラのいないサイトとして有名で、他のサイトが

  • サクラしかいない

  • 詐欺や勧誘目的の業者の会員登録

  • 未成年による援助交際

などで無茶苦茶で男性にとってもかなり危険な状態だった時代でも、ラブサーチは

  • 高校を卒業した18歳以上しか使えない

  • サクラや業者はいない

  • 飲み友などの軽い出会いではなく、真剣な恋愛、結婚相手を探したい人向き

  • オフ会やパーティーなど、リアルな出会いもサポート

という独自色を打ち出して、安全に使える本当の優良サイトとして極めて高く評価されるサイトになりました。

スマホ利用者が増えた今でこそpairsやOmiaiなど、月額定額制の恋活婚活アプリがありますが、それらの先駆けになった存在と言ってもいいと思います。

※ラブサーチでは女性は完全無料です

料金体系などもペアーズやオミアイがラブサーチを参考にしたのか、かなり似たような価格帯になっています。

・ラブサーチ(lovesearch)

http://www.loves.ne.jp/

サイトのみでスマホ(iPhone、Android)アプリ版は2017年3月現在リリースされていません。

といってもスマホサイトに十分出会える機能が導入されていますので、もしアプリ版が出てもアプリでラブサーチを使うメリットも無いと思います。

登録やお金を支払うのが不安ならまずは「お試し検索」

ラブサーチでは出会い系に使い慣れていない男女のために「お試し検索」という仕組みを無料で提供しています。

お試し検索は

  • 地域から探す

  • 条件から探す

のふたつの方法で自分と相性が良さそうな会員のプロフィールを見れる機能です。

見ることができるプロフィールは

  • ニックネーム

  • 年齢

  • 身長

  • 最終学歴

  • 住所

  • 出身地

  • 職業

  • 年収

  • 性格

  • 趣味

  • 好きなタイプ

  • 自己PR

など、かなり細かい項目まで見る事ができますので、お試し検索で自分の住んでいる地域や出会うために出かけることができる範囲にどれくらい女性会員がいるかをチェックできます。

お試し検索で表示される女性は全員年齢確認済みの女性なので、会員登録すればすぐにメール可能です。

ラブサーチは累計会員が145万人いますので、きっと気になる女性はみつかるはずです。

・お試し検索URL

http://www.loves.ne.jp/sample/otameshisearch.php

出会いを提供するサイトでは珍しく男女比で女性が多い

出会い系サイト、出会い系アプリ、恋活サイト、婚活サイトなど、出会いの場を提供するサイトは日本に限らず世界中に多数あります。

それらのほとんどで当てはまるのが男女比率は男性の方が多い、ということです。

しかし、ラブサーチは毎月

  • 入会者の男女比率

  • 誕生した男女ペア数

  • メールのやりとり数

を公開しているのですが、2015年7月の数字は

  • 入会者の男女比率は男性46%:女性54%

  • 誕生した男女ペア数:27,468ペア

  • メールのやりとり数:29万3,886通

となっています。

男女比率で女性の入会者が多いサイトはほとんどありません。

もちろん男性にとっては少ない女性とみんなで奪い合うよりは、たくさんの女性の中から気になる相手と出会う方がマッチング率が高くなります。

ラブサーチの機能と出会う方法

ラブサーチはFacebookのデータを使った婚活アプリなどと比較すると機能的にはかなりシンプルです。

プロフィール検索などで気になる相手を探して

  • メール

  • チャット

  • ブログ(ラブログ)

  • いいね!(ラブほめ)

これらの機能で徐々に親しくなるというのがラブサーチの王道です。

仲良くなる異性を増やしたら、リアルな場所での出会いが期待できる

  • オフ会

に参加して、さらに親しくなってLINEのIDやメアド等の連絡先を交換するなどしてデートする、というのが基本的な攻略法となります。

ネット×リアルの組み合わせはネットのみでの接触と比べると真剣な出会いにつなげやすくなります。

実際に顔と顔をあわす事で

  • 人間的に信頼できるか

  • プロフィールの職業や年収は本当なのか

  • 二次元と比べて三次元の性格はどうか

などが男女双方でわかりますので、色々と誤解が無くなります。

料金はシンプルな定額制

ラブサーチでは男性は月額定額制、女性は完全無料となっています。

婚活アプリの中には色々と制限をもうけて、月額以上のお金を使わせるような仕組みなっているものがたくさんありますが、ラブサーチは月額ですべての機能が使えます。

なので利用にあたって支払う月額以上の費用がかかることはありません。

しかも料金もそれほど高くありません。

  • 1ヶ月プラン:2,880円(1日あたり96円)

  • 3ヶ月プラン:7,740円(1ヶ月あたり2,580円、1日あたり86円)

  • 6ヶ月プラン:11,880円(1ヶ月あたり1,980円、1日あたり66円)

  • 12ヶ月プラン:19,800円(1ヶ月あたり1,650円、1日あたり55円)

  • 6ヶ月プラン(キャンペーン時の料金):10,000円(1ヶ月あたり1,660円、1日あたり56円)

長期契約すればするほど割引になり、1ヶ月プランと6ヶ月プランの比較だと約75%の割引になります。

1ヶ月プランと12ヶ月プランの比較だと約57%なので、半年以上で契約するとお金的にはかなりメリットがあります。

いわゆるサクラ無しの出会える系サイトは前払いポイント制なので、ポイントを使い切ったら追加で購入が必要ですがラブサーチはすべての機能が使い放題です。

1ヶ月だけ使ってセフレを○人作る!という風な目標なら出会える系の方が向いていますが、腰を据えて理想の相手を探すなら圧倒的にラブサーチの方が有利です。

第一お金を節約できます。

節約したお金はデート代にまわしましょう。

そうした方が好感度が上がりますし、結果的に「恋人を作る」「結婚相手を見つける」という目的に対しての費用対効果が高くなります。

出会える系は恋人探しに使い、ラブサーチのようなサイトでは将来を見据えた出会いを探す、という風に使い分けるのが理想的です。

ラブ婚でガチンコの婚活も可能

「ラブ婚」という機能があります。

これは真面目に婚活することを約束する「婚活宣言」に同意した人が使える機能です。

同意するとラブ婚専用のプロフィールが作成できて、ラブ婚に同意した人のみ見ることができます。

ラブ婚で作成できるプロフィールは本当に結婚を意識した内容になっていて

  • 仕事で転勤はあるか

  • 長男か、次男か

  • ギャンブルはするか

  • 宗教は

  • 貯金の有無

  • 結婚歴、子供の有無

などを記載します。

婚活というよりは真剣なお見合いサイト並のプロフィールを見れますので、軽いノリではなく絶対に結婚相手を見つけるという意思があるならラブ婚に同意してガチンコの婚活もできます。

ラブサーチの会員になれば本格的な婚活向け「ラブサーチ縁結び」も使える

ラブサーチは恋活・婚活両方に対応していますが、より真剣に人生のパートナーと出会いたいという人向けに「ラブサーチ縁結び」というサイトが用意されています。

※ラブ婚と似ていますが別扱いになります

サイトと言うよりはラブサーチ内の1コーナーという呼び方の方がふさわしくて、ラブサーチの会員なら「ラブサーチ縁結び」も利用できます。

婚活しかしたくない、という人は「ラブサーチ縁結び」に登録するのも良いと思いますが、料金などは同じですのでラブサーチに会員登録してラブサーチとラブサーチ縁結び両方とも利用した方が理想のお相手と出会える確率は上がると思います。

実際ラブサーチの会員の中にもラブサーチ縁結びを知らない人がいるはずなので、特別な理由がない限りラブサーチへ登録した方が目的を達成しやすくなります。

・ラブサーチ(lovesearch)URL

http://www.loves.ne.jp/

休会・退会方法

ログイン画面から簡単に退会することができます。

クレジットカードで課金した場合は退会しないと利用していなくても継続的に決済されますので注意が必要です。

また、既に数ヶ月先の分まで決済していたら退会しても既に課金した分の料金は返ってきません。

もしラブサーチを使っても出会えなかったから退会したいという場合は、ギリギリまで粘って料金分の期間中はトライしましょう。

でないとお金が勿体ないです。

ラブサーチ運営会社情報

  • 運営会社:株式会社オープンサイト

  • ラブサーチサービス開始年:2001年

  • 住所:愛知県名古屋市中村区名駅二丁目38番2号 オーキッドビル6階

  • 電話番号:03-5470-5911

  • メール問い合わせ先:support@loves.ne.jp(24時間受付、返信は9:00~17:00)

この記事を読んだ人におすすめの記事