出会えるだけでなく写メ交換もできるアプリ「YYC(ワイワイシー)」

出会い系アプリの老舗「YYC(ワイワイシー)」

YYCは数回の名称変更と運営会社の変更を繰り返しながら常に高い人気を誇る珍しい出会い系アプリです。

出会い系サイト版も当然ありますが、最近はアプリ版にかなり力を入れているのを感じます。

iPhoneアプリ版の名称は

「YYC(ワイワイシー)−安心の出会い、恋人探し、恋活、婚活アプリ」

で、Android版は

「出会いはYYC(ワイワイシー) – 登録無料の恋活アプリ」

です。

そして、どちらも運営会社は「Diverse.Inc(株式会社Diverse)」です。

アプリではなくサイト版も十分に高機能

YYCはアプリ版もサイト版も両方人気が高いので

「どっちに登録すればいいんだろう・・・」

と悩んでしまいがちです。

しかし、結論から言えばどちらに登録しても問題ありません。

しっかり努力すればどちらでも出会える確率は高いです。

ただ、メッセージなどを丁寧に作りたい人はパソコンを使って文章を作成・添削して方が楽です。

なので最初は内はパソコンやスマホサイトに対応しているWEB版を使うことをおすすめします。

・YYCサイト版URL

http://www.yyc.co.jp/

爽やかなデザインで女性会員が増加中

YYCは出会い系とは思えないほどデザインが爽やかです。

男性からしたらどうでもよいことかもしれませんが、女性からしたらデザインは重要です。

YYCの場合は近年デザインやコンテンツ(中身・機能)を男性よりにシフトしている印象があります。

そのせいか、特にアプリを利用する女性がとても多くなっています。

積極的に有名サイト等に広告を掲載していることも会員数が増えている理由でしょう。

その結果としてアプリの売り上げランキングの上位に食い込んでいます。

このようなアプリはApp Storeやgoogleplayのランキングを見てさらに会員数が増えるという良い循環が生まれます。

なので新人女性を狙うという、出会い系においては定番とも言える攻略法がYYCではさらに効果が高くなる可能性が高いです。

なかなかメッセージが続かなかったり、課金しても出会いまで発展しないと悩んでいる方は一度新人のみを攻める方法に変えてみましょう。

優しく、そして紳士的にメッセージを送れば返信してくれる可能性は結構高いです。

キャッシュバッカーの見分け方

YYCは「キャッシュバッカー(CB)」という仕組みを採用しています。

キャッシュバッカーとは、お金に換金できるポイント目当てで会員登録している女性のことです。

女性は男性とメール交換したり、画像を見てもらったりするなど、サイト内で男性と絡むとポイントがたまり、一定額に達すると換金します。

お金がサイトを使うモチベーションになっているので出会う事が難しく、男性会員からしたら半分サクラのような存在です。

キャッシュバッカーは素人女性ですから出会える可能性自体はありますが、やや難易度が上がります。

キャッシュバッカーか素人女性かの見分け方は難しいですが、LINEやカカオトークのID交換ができるどうかを基準にすると時間とお金を無駄にすることが無くなります。

キャッシュバッカーは男性にYYCのポイントを使わせてなんぼなのでYYCのサイト外でのコミュニケーションは希望しません。

なのでカカオトークやLINEはキャッシュバッカーにとって無意味です。

ある程度仲良くなってもLINE・カカオのID交換をしてくれない女性は諦めた方がいいかもしれません。

ですが、現実世界で出会えない分写メ交換などには積極的なので割り切って写メ交換などで遊ぶという方法・考え方もあります。

この記事を読んだ人におすすめの記事