• 2017.03.14
  • 2017.12.27

【最新】出会い系アプリ・サイトおすすめランキング!2018年人気も予測!

約3分で疑問を解決します。

2016年の出会い系アプリやマッチングアプリの動向をふまえて2017年にどのようなアプリが流行るかを予測します。
App Storeではランキングの操作が酷い状況ですので、どのアプリを使うかは慎重に選びましょう。
アプリのレビュー等を信頼しているとサクラがいる悪質アプリ等に騙されるので警戒が必要です。
全体としてはサクラがいなくて本当に出会えるアプリの信頼性が更に増しているように感じます。
「いま流行しているアプリを使って出会いたいだけ」
という方は、目次から
「2017年におすすめの出会い系アプリランキング」
「おすすめマッチングアプリランキング」
をタップしておすすめランキングを参考にして登録し、安全に使えるいま流行中の出会い系アプリを体験してください。

目次

2016年のまとめと2017年のおすすめ出会い系アプリを紹介

詳しく解説する前に状況をまとめます。
まず、2017年は

  • App StoreやGoogle Playのランキングが出会い系アプリに関しては信用できない
  • サクラがいる悪質アプリが増え続けている

というのこれまでの悪い流れがとうとう終わる可能性があります。
そんな中で2017年におすすめの出会い方は

  • 定番のサクラがいない出会える系アプリ・サイトはさらに充実しているのでおすすめ
  • 恋活婚活アプリも競争激化してるけどGPSを使った恋活アプリが特におすすめ
  • 目的に応じて出会い系アプリとマッチングアプリを使い分けてるのが出会いの最短ルート

となります。
では、どのようにこの結論に至ったかを解説していきます。

会員数が600万人を超えるpairs

会員数が600万人を超えるマッチングアプリ「pairs」

どんなアプリでも18歳未満がいるアプリは危険

出会える機能があるアプリ全体に当てはまる事なので先に言いますが、18歳未満でも使えるアプリは成人・未成年の両方にとって危険度がとても高いです。
そもそも出会い系サイトは日本の法律によって18歳未満の児童の利用は禁止されています。
出会い系サイトだけでなく出会い系アプリも近い将来未成年の利用はすべて禁止されるでしょう。
成人した男女が18歳未満の未成年と関係を持つことは言うまでも無く非常に危険です。
お金のやりとりなどがあったらなおさらです。
成人している方は未成年がいるような年齢確認が無い出会い系などを使わないようにしましょう。
2017年現在でも真面目に運営されている出会い系アプリは自主的に年齢確認を実施しています。
新しい出会い系アプリをダウンロードしたら真っ先に年齢確認の有無をチェックしましょう。
年齢確認が無いという時点でそのアプリはかなり怪しいので利用はおすすめしません。
年齢確認が無いアプリはサクラがいる悪質アプリであることが多いのです。
なので年齢確認が無いアプリはあらゆる面から危険性が高いです。

2016年はApp Storeのブースト状況の酷さが目立った

2016年は出会い系アプリの機能面では特別な変化は特に生まれませんでした。
機能で差別化ができなくなったためか、機能以外の広告・マーケティングで自分たちのアプリの売り上げを増やそうとする業者が目立つようになりました。
広告・マーケティングといってもそんな大層な物ではなく、よく使われているのはいわゆる「ブースト広告」と呼ばれる宣伝方法です。
ブースト広告とはどんなものかを簡単に説明すると

  • ポイントバックや現金換金サイトやアプリに広告を出稿して
  • ポイントと現金目当てのユーザーにどんどんアプリをダウンロードさせる
  • そしてアプリをApp Storeのダウンロードランキング上位に表示させる
  • 出会いに対して積極的なユーザーがダウンロードランキングを見て上位のアプリを落とし、課金する

という流れを生むための広告宣伝方法です。
さらに簡単に表現すると
「サクラがいる悪質アプリでもランキングの上位に入れる」
宣伝方法とも言えます。
そもそも現金換金サイトやアプリ内で紹介されるものは実際には利用される可能性は低く、継続的な利用も期待薄です。
なのでブースト広告はアプリのランキング上げのためだけに使われることが多いです。
アプリのランキングの上位に入れば、一定数のダウンロードは確保できます。

アプリの売り上げランキング上位にあるサクラアプリ

参考までに、App Storeの「ソーシャルネットワーキング」カテゴリの売り上げランキングを見ながらサクラだらけのアプリの順位を確認します。
割と人気アプリとなり上位に食い込んでいることがわかるはずです。

  • 15位:出会い無料!ひみつのマッチング【fine】-SNSチャットアプリ-
  • 17位:出会い無料の【マッチ】オトナ用チャットSNSアプリ!
  • 20位:GoodList(グッドリスト)
  • 25位:モモチャ-人気の出会い系チャットアプリ!
  • 27位:ビビっと来る出会い探しのSNS
  • 28位:出会いは3分【インスタント】登録無料のSNSチャットで即会い友達探し

※2017年10月22日に確認したランキングです

これらの悪質アプリは実際に利用者が多く、利用者はサクラ相手に有料でメッセージを送っています。
しかもメッセージ一通あたり150円以上するので、若者に対して経済的な損失を与えているといっても過言ではありません。
アプリストアのレビュー等も偽装して人気アプリを装っているので、利用する前はネットの口コミや評価を確認してください。
実際に男性として登録してみると、登録直後のプロフィールをしっかり埋めていないような状態でも美女たちが逆ナンしてきます。
このようなアプリはサクラしかいないので注意してください。

App Store画面スクショ

App Store画面スクショ

使う出会い系アプリの評価は自分で調べる

App Storeの無料ダウンロードランキングの上位はタイミング次第ですがほとんどがブースト広告を利用していますので、本当に優れた良質なアプリがブーストアプリの陰に隠れてあまりダウンロードされないという悪い面もあります。
ブースト広告の影響で悪質なアプリばかりがダウンロードランキングの上位に入っていると、使う側(ユーザー)はアプリのランキングを信用してダウンロードしたのに無価値のアプリを使うことになり、そんな状態が何回も続くとApp Storeというプラットフォーム自体を信用しなくなります。
この流れはApp Storeを運営するAppleにとっても良いことではありません。
ただ、そもそも出会い系アプリに限定すれば定番アプリに関してはウェブサイト版がありますのでアプリを利用する必要がそこまで無いという事実もあります。
よって騙されない為にはアプリストアのランキングやレビューを信じない、うのみにしない、という方法が有効的です。
どんなアプリでも利用する前にネットで体験談ブログなどを探してみましょう。
そうすればサクラ相手に課金してしまうなどの被害を予防できます。
ただし、2chまとめサイト風の体験談ブログは信用しない方が安全です。
2chまとめサイトなどでは過剰な煽り文句を使い悪質なサクラアプリを紹介していることがよくあります。
もちろん記事内で使われている体験談も偽物です。

App Storeでは妙な名前のサクラのいる出会い系アプリのリリースが目立つ

アップルが運営するApp Storeはそもそもgoogleplayと比較するとアプリの審査が厳しいことが有名でした。
しかし、審査が緩くなったのかそれとも業者が審査をくぐり抜ける術を身につけたのか、妙なアプリが目立つようになりました。
2015年から妙なアプリは存在しましたが、2016年の状態ほどではありません。
「妙な」とは

  • アプリ名がとにかく長く、出会い目的でアプリを探している男性が検索しそうな言葉がアプリ名に盛り込まれている
  • 他の人気アプリと名前が似ている
  • 機能面に違いはなく、デザインとアプリ名が違うだけ

このようなことです。

注意すべきSNSアプリは名前に特徴がある

アプリ名に関しては
「ID交換」「即会い」「LINE」「掲示板」「完全無料」「暇(ひま)」「マッチング」「大人・おとな・オトナ」
などの言葉が使われることが多いです。
人気アプリと名前が似ているというのはとてもわかりやすく、
「ひまとーく」「ペアーズ」「メルカリ」「ワクワク」
など、人気アプリ名に含まれる言葉がアプリ名に使われています。
機能面でいうとおおざっぱには3種類ほどに分かれるのですが、

  • サクラのいる有料課金型のアプリ
  • 完全無料で使えるけど、女性が他のアプリへ勧誘してくるアプリ
  • 完全無料だけど外部アプリへ誘導する機能だけのアプリ

これくらいです。
このような低品質のアプリをリリースする目的としては

  • 運営会社が質より量で作っている
  • SEOでたまたま上位表示されれば会員がたくさん入会する
  • 他の人気アプリと間違えてダウンロードさせたいと考えている

などが考えられます。
まとめると、名前に全く意味が無い量産型の出会い系アプリが日々リリースされ、ブースト広告などによってランキング上位に表示させて、騙されて課金してしまう被害者が出ているという状況なのです。
素人会員もいるでしょうが、女性の素人会員は本当にごくわずかです。
当然課金しても出会える確率は非常に低いです。
2013年や2014年頃は出会いアプリをリリースして、お金をかけて広告宣伝すればある程度課金してくれる人がいたので、2016年が出会い系アプリ運営会社にとってもかなり厳しい年だということがわかります。

無許可で運営される出会い系アプリ運営者が逮捕

2017年の2月、無許可の出会い系アプリ「年上フレンズ」を運営している会社の社長達が逮捕されました。
年上フレンズはサクラばかりのAndroidアプリです。
当然出会えるはずもありませんが、騙される人がたくさんいたようです。
サクラを雇って詐欺をはたらいている、という理由ではなく「出会い系サイト規制法」に違反しているという理由で逮捕されました。
出会い系サイト規制法によって日本の出会い系サイトはすべて届け出が必要となっています。
しかし悪質な出会い系のほとんどは届け出などしません。
年上フレンズ運営者の逮捕による影響は大きそうで

  • 悪質出会い系アプリの減少
  • 出会い系サイトだけでなく出会い系アプリも届出が必要になる
  • App StoreやGoogleplayでのアプリの審査が厳しくなる

などの影響が考えられます。
ただ、出会い系アプリを使う側からしたら悪質アプリがなくなるのはメリットしかありません。
このままアプリストアの浄化が進むのを期待しましょう。

ツートークの運営会社社長と経営者が逮捕

「年上フレンズ」に続いて「ツートーク」を運営する会社の社長と実質的な経営者が2017年8月に逮捕されました。
警察に逮捕された理由は出会い系サイト規制法違反です。
この流れが続けば悪質アプリが減り、18歳以上しか使えない合法的な優良アプリに会員が流れるなどの影響がありそうです。
そうなれば、このあと紹介する「出会える系」アプリがより出会えるようになり、その評価は高くなります。

App Storeで規制がはじまったら結局人気の出会える系アプリに人気が集中

悪質アプリが幅を利かせるような状況をApp Storeを運営するAppleが放置するかどうかはわかりません。
説明したような悪質な量産型のアプリの規制はそれほど難しいことでは無さそうですが、もし規制がはじまったらどうなるでしょうか。
結論は既に出ていて、結局は有名アプリに会員が収斂していくだけだと思います。
この有名アプリというは、サクラがいなくて本当に出会えることが実証されている

などの「出会える系」と呼ばれているサイト・アプリです。
出会い系といっても機能的にはSNSなので、男女ともに会員数は非常に多いです。
ハッピーメールは累計会員数がなんと1,300万人なので、SNSとして優れていないとこれだけの会員を集めることはできません。
これらの人気アプリを使えば出会いを増やす効果は充分期待できます。
もちろん会員に対しての未成年かどうかのチェックがありますので、17歳以下の男女は利用できません。

有名出会い系アプリのサイト版も当然オススメ

人気アプリにはwebサイト版もあります。
簡単な違いとしては

  • サイト版はアダルト系のコンテンツがある
  • サイト版はアプリ版のように急に無くなったりしない

などが挙げられます。
アダルト掲示板や写メ・動画系のコンテンツはApp Storeやグーグルプレイが定める規約に違反しています。
なのでアプリ版の方にはありません。
といってもたまにアプリの中身が規約に違反することがあるらしく、違反した時はリジェクトといってアプリストアから削除されます。
削除されてもアプリ自体は使えますが、アプリ内課金が使えなくなります。
そうなった場合は同じIDとパスワードでweb版を使えばすべて解決します。
安定して使えることと、アダルト系コンテンツを求めるならwebサイト版を利用した方が楽しめるはずです。
なので総合的に判断するとweb版の方がおすすめです。
決済もアプリ内課金などを利用するよりはクレジットカード決済の方がお得です。
友達紹介でもらえるポイントなどを利用して、なるべくお金を節約して出会いを満喫してください。

出会い系における女性の攻略法 – 長文はLINEの影響で不人気に

LINEの影響からか、人が読んでくれる文章量は減っている傾向があります。
昔のガラケー時代のように長文のメールを読んでもうざがられたり、読んでもらえません。
長時間文章の中身を考えて、受け取った数日後に返信するなんてもってのほかです。
なのでLINEの様に

  • 聞きたいことがわかりやすく、短くシンプルな文章でメッセージを送る
  • 返信はできるだけ早く送る

というのがメッセージ作成での基本的な攻略法となります。
出会い系内のメッセージは有料なので一度に長文を送りがちですが、そこを我慢できるかどうかで好感度に大きく影響します。
このテクニックは是非出会える系おすすめランキング上位のサイト・アプリで利用してください。

ネットのアプリやサイトで出会いが生まれやすいコツを紹介

おすすめの出会い系アプリ・マッチングアプリやサイトランキングを発表する前に、アプリ・サイトを使って出会うコツや準備を紹介していきます。
まず、心構えとしては、

  • 相手はサクラではない普通の女性
  • 別に出会いに飢えて登録している訳ではない

という事を理解してください。
特に女性はアプリやサイト内で知り合う男性を選べる立場です。
だから、現実世界の普通の恋愛と同じく、よほどのイケメンやお金持ちでない限り男性は女性に選んでもらえるように努力したり行動しなくてはなりません。
そして、これは出会い系アプリだから、マッチングアプリだから、ということではなくネットでの出会い全般に活用すべき大前提です。
出会い系アプリだから登録している女性は全員出会いを求めている、と思うのは大間違いです。
なんとなくSNS的に登録・利用している女性は意外と多いので、そのような女性の気を惹くことができれば驚くほどレベルが高い女性と出会えるかもしれません。
誰もが知っているようなポータルサイトに出会い系アプリの広告が堂々と掲載される時代です。
これは誰でも気軽に出会い系を使って出会う時代、ということでもあります。

出会いを生むには準備が大切

まず、おすすめアプリやサイトに登録したら

  • 複数枚の写りの良い写真を登録
  • できるだけ細かくプロフィールを設定
  • しっかり自己紹介文を記入してどんな出会いを求めるているかをアピール

という準備をしてください。
これらをするとしないでは出会える確率が全然変わります。
そして、出会い系アプリではこれらの準備を怠る人が多いので、しっかり準備する人は報われやすい傾向があります。
写真・プロフィール・自己紹介文を女性はしっかり見ます。
そして、最低限の内容や条件をクリアしていればメッセージの交換に進んでもいい、と女性は考えます。
なので写真・プロフィール・自己紹介文を手抜きする人は出会いの最低条件すらクリアできていません。

メッセージの内容は返信しやすい質問を交える

女性がメッセージのやりとりをしてくれるということは、出会う異性の最低条件を満たしているということです。
そして、次の段階として女性はメッセージの内容やそこからわかる人柄で実際に出会ってもいいかを判断します。
女性は誰でもメッセージで

  • 怖そうな人でないか
  • 変な人でないか
  • プロフィールの内容に偽りはないか

などを見極めています。
なので誤解を招くようなメッセージをするのは逆効果です。
できるだけ普通の内容のメッセージを送り、紳士的に行動してください。
できればメッセージの交換が続くように、質問を内容に入れましょう。
文字の誤字脱字にも気をつけてください。
誤字脱字は誰でもしますが、誤字脱字があるだけでイメージは確実に悪くなります。
だからできれば何回も文章を見直した後に送信しましょう。

毎日ログインしてみる

出会い系やマッチングアプリはSNSの一種です。
だから毎日ログインをすると色々な発見があります。
そして、女性はログイン頻度をしっかり見ています。
だから、
毎日ログインをする=出会いに対して真剣
と判断してくれることがあります。
本当に出会いを求めるならできるだけ毎日ログインしてみましょう。
そして、新規入会会員を見つけたらアタックしてみてください。
新規入会女性は出会いに対するモチベーションが高く、メッセージの返信率が高いという特徴があります。

サクラがいない出会い系やマッチングアプリを使う

最後になりますが、サクラがいない出会い系やマッチングアプリを使うことはとても重要です。
わざわざ言うまでもありませんが、サクラ相手にいくらアピールしても何も報われません。
お金と時間と情熱が無駄になるだけです。
サクラがいない出会い系は非常に限られています。
これからおすすめするサクラがいない出会い系を使い、時間とお金と情熱を有意義に使ってください。

2017年におすすめの出会い系アプリ・サイトランキング

ここからは2017年から2018年前半くらいまでの期間でおすすめできる出会い系アプリ・サイトを紹介していきます。
ただし、前述したように有名出会い系アプリはサイト版もおすすめで安定して使えるのでサイト版から紹介していきます。
サイト版でまずは登録して、実際に出会えることを確かめたり、慣れてきたら通知サービス等を補うためにアプリ版もスマホにインストールするという流れがおすすめです。
登録したら速やかに年齢確認を完了させて掲示板等で異性を探してください。

おすすめランキング第1位:ミントC!Jメール


  • 累計会員数:500万人
  • 料金システム:男性のみ有料ポイント制・女性は無料
  • 無料会員登録でもらえるポイント:最大1,500円分
  • 男性会員から女性会員へのメール1通の単価:70円

相変わらずデザインや仕組みはシンプルですが、実力はとても高いです。
派手さが無いので割と平均年齢は高いですが、その分熟女人妻系に受けが良いのが特徴です。
年上やお姉さん系の女性と出会いたい人には非常におすすめできるサイトです。

公式サイトを見てみる

おすすめランキング第2位:ハッピーメール(happymail)


  • 累計会員数:1,300万人
  • 料金システム:男性のみ有料ポイント制・女性は無料
  • 無料会員登録でもらえるポイント:最大1,400円分
  • 男性会員から女性会員へのメール1通の単価:50円

ハッピーメールもPCMAXと同じくSNSのように使えるサイトです。
その会員数の多さは日本の出会い系サイトとしてはトップで、特に地方都市などに住んでいる人にとっては非常に魅力的です。
ボイスチャットや投稿動画など、純粋な出会い以外の機能も非常に豊富です。

公式サイトを見てみる

おすすめランキング第3位:ワクワクメール


  • 累計会員数:500万人
  • 料金システム:男性のみ有料ポイント制・女性は無料
  • 無料会員登録でもらえるポイント:最大1,200円分
  • 男性会員から女性会員へのメール1通の単価:50円

ベテランの出会い系愛好者からの支持率という点ではナンバーワンかもしれないのがワクワクメールです。
長期間に渡って信頼できる実績を積み重ねてる、ということでしょう。
比較的シンプルなサイトですが、出会えるために必要な機能が揃っています。
そして、出会うために邪魔な機能もしっかり排除していますので業者などが入りづらく、素人女性と出会えるサイトになっています。

公式サイトを見てみる

おすすめランキング第4位:PCMAX(ピーシーマックス)

  • 累計会員数:1,000万人
  • 料金システム:男性のみ有料ポイント制・女性は無料
  • 無料会員登録でもらえるポイント:最大1,000円分
  • 男性会員から女性会員へのメール1通の単価:50円

PCMAXは何と言ってもSNSのように毎日使えるのが特徴です。
機能も多いので毎日ログインしても飽きません。
新規入会の女性も多く、新人検索等で登録したての出会いたい意欲が高い女性を狙い撃ちすることも可能です。
2017年もPCMAXは外せません。

公式サイトを見てみる

真剣に恋活婚活できる「マッチングアプリ」も出会いの定番になりつつある

出会い系の次は恋活婚活アプリに移ります。
スマホが普及しはじめてから、年々若い男女の間で恋活婚活アプリを使うハードルが下がっているように感じます。
※恋活婚活ができるアプリは「マッチングアプリ」とも呼ばれます
特に女性からの心理的はハードルはかなり下がっているので、むしろ女性の方が積極的に利用している印象すらあります。
少子高齢化対策という面でも、あるていど出費を抑えて計画的に利用できる恋活婚活アプリは有効的です。
アプリ運営企業も大手企業が多いので、男女ともに安心して使えます。

さすがにアメリカのようにカップルのうち3分の1が恋活婚活アプリをきっかけに出会っている、というようなデータは日本ではまだありません。
それでも徐々に浸透しているのは間違い無く、小さい頃からSNSを使っていた世代が18歳以上になればどんどん使用率も増えていくでしょう。
なのでしばらくは毎年のように利用者数は増えていくと思います。
婚活パーティーなどと同じで、はじまった時は違和感を感じている人がいても、普及してから数年経てばそれが当たり前のようになるものです。
恋愛離れを防ぎ結果的に日本の少子化対策になる、という面でもこれからも継続して注目されるネットサービスとなるでしょう。
※出会い系アプリでは婚活はやや厳しいですが恋活は可能です。なのでマッチングアプリではなく出会い系で恋活するという方法も有りです

GPSを使ったすれ違いアプリによる出会いが流行りつつある

恋活婚活アプリ(マッチングアプリ)は出会い系アプリと比較すると歴史が浅く、累計会員数も少ないです。
それでも人気アプリは累計会員数が数百万人いますが、数個の人気アプリに会員が集中しているので新規アプリはなかなか会員を増やすのに苦労しているようです。
そんな状況でもスマホに搭載されているGPS(位置情報システム)を使ったマッチングアプリは新しい出会いの切り口として人気を集めています。
2016年にGPSとAR(拡張現実)を組み合わせた「ポケモンGO」が大ヒットしたので、GPS周りに商機を見いだしてるビジネスマンも多いでしょう。
GPSを使ったマッチングアプリの中で人気のあるアプリは

で、距離的に近くにいる異性が優先的に表示されるようになっています。
毎日の通勤・通学時にどんな異性とすれ違っていることがわかるため、変わり映えしない日常がこれらのアプリを使うことにより急に色づいてきます。
日常にときめきを求めている人にはオススメです。
ただ、すれ違った人やご近所さんがわかるということは、特に女性にとってストーカーなどに付きまとわれる確率が上昇しますので、慎重に利用してください。
GPSは恋活以外にも合コンや飲み会のマッチングアプリなどで利用されています。
まだこれといって本命と呼べるような飲み会・合コンマッチングアプリはありませんが、やはり安全性を考えるとグループで会えるアプリの方が若い女性には受けそうです。
ニーズは高いはずなので、2017年は飲み会・合コン用アプリが多数リリースされるかもしれませんね。

すれ違いから出会いが生まれる「cross me」

すれ違いから出会いが生まれる「cross me」

おすすめマッチングアプリランキング

ここからは総合的に見ておすすめのマッチングアプリをランキング形式で紹介していきます。
上位アプリはそれぞれ特徴があり、サクラもいないので男女共に出会える確率は高いです。
掛け持ち登録にもしっかりとメリットがありますので、どうしても早急に彼氏彼女が欲しい方は複数のアプリに登録して出会いの機会を拡げましょう。

おすすめ第1位:Omiai(オミアイ)

omiai(オミアイ)

  • Facebookアカウント:必須
  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット
  • 月額2,780円~(10代、20代女性は無料)
  • こんな人におすすめ:結婚を見据えた恋活をしたい20代30代の男女

上場企業運営ということで信頼度抜群なのがOmiaiです。
基本的な機能が揃っているのはもちろんのこと、会員の真剣度が高いことが最大の特徴です。
軽いノリの出会いではなく将来を考えられる出会いを探している男女におすすめのマッチングアプリです。
アプリだけでなくサイト版もあるので相手をじっくり探せるのも嬉しい機能です。

公式サイトを見てみる

第2位:Matchbook(マッチブック)

matchbook(マッチブック)

  • Facebookアカウント:必須
  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット
  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:2,996円(クレジットカード決済)
  • こんな人におすすめ:女子大生や20代のOLと恋活したい

ゼクシィで有名なリクルート系の会社によって運営されているマッチングアプリです。
20歳前後の若い男女の間でかなり人気があり、特に大学生の登録が目立ちます。
リクルートグループのアプリなので信頼度は抜群で、ネットを使って初の恋活をしたいという男女には特におすすめできます。

公式サイトを見てみる

第3位:cross me(クロスミー)

cross me(クロスミー)

  • Facebookアカウント:必須ではない
  • 対応端末:iPhone・Android・タブレット
  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:3,267円(アプリ内決済)
  • こんな人におすすめ:毎日ドキドキしながら過ごしたい、道を歩いているとすれ違う異性をつい見てしまう

通勤が通学など、日々の生活の中ですれ違う異性(cross meの異性会員)を教えてくれるという画期的なマッチングアプリです。
すれ違ったタイミングや回数もわかるので、距離的に近くにいる異性が一目でわかります。
すれ違った異性に即「いいね!」してマッチングが成立したらローカルな話で盛り上がれますので、自然と共通点が見つかる仕組みになっています。
毎日の味気ない通勤や通学をドキドキしながら過ごしたい人に特にオススメです。
マメにログインしてすれ違う異性をチェックしてください。

公式アプリを見てみる

動画を使った出会い系や婚活アプリも増えそう

youtuber(ユーチューバー)などの活躍により、ネットの動画を利用して自分を表現することが少なくとも10代にとっては普通にことになりつつあります。
その流れかTwitCasting(ツイキャス)・FC2ライブ・Periscopeなどの生配信アプリが人気となっています。
このような動画を使って自分をアピールすることに対して抵抗感が減ったことは恋活・婚活を含めた出会いの分野にも影響を及ぼしています。
というのも、従来は

  • 写真・プロフィール
  • ブログ・日記・つぶやき
  • 個別メッセージの内容

で相手を判断していたのですが、ネットでの人格とリアルでの人格にギャップがあり、特に婚活アプリでは
「実際に会ったら酷かった・・・」
と言う声が男女共に多いのです。
写真や文章は盛ったり入念に推敲できるしまうから仕方がありません。
ですが動画だと照明くらいしか盛る方法が無く、声や話し方、それに表情や仕草なども相手に伝わります。
つまり実際に会った時とのギャップがあまり無い状態で知り合えるということです。
2016年に「マイ恋」という動画を使った恋活アプリがリリースされていますが、今後動画を使ってアピールできるアプリは確実に増えるでしょう。
そうなると本格的にネットを使った婚活パーティーやお見合いパーティーができるようになり、その流れでVR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術が活用され、業界的にかなり活性化するのではないでしょうか。

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の流れが出会い系やマッチングアプリにも影響を与える

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)専用の端末が増えれば自然とそれらが男女の出会いにも影響を与えます。
例えばVR端末を使って仮想現実婚活パーティーのようなことができるようになれば自宅から婚活可能となります。
そうなるとわざわざ指定された時間にパーティー会場に足を運んだりする手間が無くなります。
結果的に毎日のように自宅から婚活パーティーに参加することが可能となりカップル成立の可能性が高くなるかもしれません。
リアルな婚活の良い部分と、ネットの婚活の良い部分を組み合わせたような効率的な婚活の手法が2017年は登場する可能性が高そうです。
恋活婚活のような真剣な出会いだけでなく、カジュアルな出会いにもVRやARは活用されるでしょうから、新しいサービスが登場したらぜひ登録してください。

人気ライブチャットのアプリ版が増加

2016年はライブチャットサイトのスマホアプリ対応が目立つ年でもありました。
ライブチャットはチャットレディと呼ばれる素人女性がアルバイト感覚で登録していますので会員の女性はサクラとは違います。
ただ、あくまでもライブチャットアプリなのでLINEのID交換などはできず、出会うことも禁止されています。

  • 見える部分には限界がある
  • 出会いは原則禁止
  • 乱暴な態度で接しないで節度とマナーを守る

この3点に注意して楽しくチャットしてください。
ライブチャットアプリの中でおすすめは

などです。
ただ、その過激さ故かときどきApp Storeやgoogleplayからリジェクト・BAN(削除)されます。
その時はウェブ版で安定して使える

を利用してください。
もちろん両方とも登録しても大丈夫です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング

関連記事

PCMAXを使った熟女人妻の探し方

インターネットが普及して20年近く経ちました。 時代の変化は出会いの形に影響を与えます。 ネットを使って全世代がアプリ等
  • 2017.03.16