出会い系アプリで逆ナンや逆援助を持ちかけてくる女性はサクラの確率が高い

男性がたまに妄想するであろう

  • 逆ナン

  • 逆援助

についての記事です。

よくよく考えればそんなのは現実的で無いことがわかります。

パパ活ならぬママ活が流行っているようですが、キャバクラと比較すればホストクラブの店舗数が非常に少ないことから、そのニーズの少なさ・特殊性がわかります。

逆援助サイトはほとんどが実質違法サイト

社会問題としても取り上げられる「援助交際」という言葉があります。

これは主に男性が女性に対して金銭を支払って性的な行為をすることを指します。

逆援助(ぎゃくえんじょ)とは、まさにその逆で女性が金銭を男性に支払って性的な行為をすることです。

正式には「逆援助交際」ですが、短縮して「逆援」という言葉がよく使われます。

逆援の場合、女性は金銭的に相当余裕がある人たちで無いと成立しません。

試しにネットを使って「逆援助」という言葉で検索してみると

  • 逆援ランキング

  • 逆援女倶楽部リッチ

  • 逆援助交際掲示板

  • 逆援助交際エクスペリエンス

  • リアル逆援助交際

  • セレブ交際

これらの名前のサイトが上位に表示されていました。

中身を見てみるとどれも出会い系サイトのような体裁をとっています。

投稿を見るとやはりそれなりの年齢の女性が援助相手として若い男性を募集しているようです。

一晩の関係で女性が54万円を支払ってくれるという情報が掲載されているサイトもありました。

しかし、そんな奇特な人はいません。

こうなると逆援助サイトは間違いなく詐欺サイトということがわかります。

どんなセレブでもそこらの男に54万円は払いません。

お金持ちの女性ならしかるべき容姿端麗な男性がいる場所に行き、出会い、お金を支払うでしょう。

しかし見知らぬ、容姿も教養も不明な男性に数十万円を払う女性など100%存在しません。

単に性欲を解消したいだけなら女性用の風俗店というものもあるようですし。

よってもしこれらの逆援助サイトに男性が登録したらメールアドレスや電話番号を悪用される可能性が高くなります。

サイト内を詳しく見ても、通常の出会い系サイトを運営するために必須な警察・公安からの認可番号の掲載がどれもありません。

つまり違法に運営されているサイトということです。

登録したあと、

「100万円援助させてください」「あなたの未来を金銭で支援したいです」

などのような魅力的な誘惑に遭っても無視するべきでしょう。

そんな甘い話は世の中に転がっていません。

出会える系で逆援助希望の女性を探してみる

出会える系サイト・アプリを利用して逆援助の書き込みが無いか調査してみました。

調査に使ったのはサクラや業者無しの出会える系として評判の良い

・PCMAX(ピーシーマックス)【18禁】

http://pcmax.jp/

・ハッピーメール

http://happymail.co.jp/

のふたつです。

年齢確認もあるので18歳以上の普通の女性しかいないということになります。

調査した結果としては金銭の援助や割り切りなどを希望する書き込みは掲示板に多数ありましたが、女性から男性にお金を払うから会って欲しいという書き込みは皆無でした。

どちらも怪しい動きをする女性会員を見つけたら早めに強制退会にさせて、男性会員に被害が及ばないように対応しているようです。

やはり、もし現実世界に逆援助という行為が存在するとしても、アプリやサイトを使って出会うのはかなりの低確率ということだと思います。

そのかわりにお金が目的だと思われる女性の投稿はたくさん見つかりました。

お金が目的の女性は掲示板やプロフィールの文章内に

「お願いありです」「サポート希望です」

という言葉があったり、あからさまに金額面での条件を指定している人もいます。

明らかに風俗嬢だと思わせる書き込みも上野や新宿あたりで多数あります。

逆愛人やママ活もありえない

昔からある

「愛人(あいじん)」

や、最近流行っているパパ活の反対の

「ママ活」

はどうでしょうか。

こちらも結論から言うとありません。

もちろんジャニーズにいてもおかしくないほどの美男子ならわかりませんが、普通の容姿では相手にもされないでしょう。

愛人契約やパパ活など、男性から女性にお金が渡されるパターンは多くてもその逆は非常に難しいです。

いわゆるダメ彼氏・ひもならまだしも、恋愛関係でも無いのに男性が女性にお金を援助してもらうのは不可能に近いのです。

なので出会い系に限らずネットを使っていて年上のお姉さん系の女性や熟女人妻から援助をしたいと言われても無視しましょう。

なんらかの詐欺に巻き込まれる可能性があります。

被害として起こりうることは

  • 金銭的被害(恐喝・ワンクリック詐欺等)

  • 個人情報の悪用(迷惑メール等)

などです。

援助してもらえなくても逆ナンはしてもらえるか?

逆援は無理でも逆ナン(女性から男性を誘うこと)はどうだ?

と思う人は多いでしょうが、結論からいうと逆ナンパもほとんとありません。

確率的な0%ではありませんが、世の中のいる男女の中でナンパする男性と逆ナンする女性の割合は圧倒的に男性の方が多いように、サクラのいない出会える系アプリの世界でも逆ナンする女性は少ないです。

積極的に逆ナンしてくるような女性は残念ながら風俗嬢が営業活動としてナンパしているか、事情があって個人的に売春している女性たちがほとんどです。

一般の女性で逆ナンする女性は本当に少ないのです。

普通に街を歩いていたら逆ナンされるようなイケメンなら別でしょうが、普通の男性はアプリの逆ナンに喜んでついていった結果自分がけっこうな額のお金を払う羽目になるでしょう。

やはり、現実世界と同じで男性から女性に声をかける、というのが普通というか常識的なことなのだと思います。

つまりナンパするということです。

ネットを使ってナンパする、つまり「ネットナンパ」にはいくつかのパターンがありますので、解説します。

SNSでナンパして出会うことは可能か?

  • Facebook(フェイスブック)

  • Twitter(ツイッター)

  • mixi(ミクシィ)

  • ツイキャスやニコニコ動画などの動画生配信サービス

などSNS(ソーシャルネットワークサービス)は利用者が大変多いことから当然女性の会員も多いです。

いっけんすると出会いにも活用できそうですし、実際ナンパ的にメッセージを送ることも簡単です。

しかも無料で送れます(動画サービスではチャット等でメッセージ可能)。

ならナンパは成功するだろうと考えそうなものですが、まず成功しません。

ナンパを

「見知らぬ女性に対して突然メッセージを送って自分に興味関心を持ってもらうこと」

と定義すると、成功は不可能に近いです。

まず、運営がそのような行為を許してくれません。

一応監視体制が整っているので、ナンパ的な出会いを目的とした利用者を発見したら容赦無く強制退会にします。

さらに女性側から通報(BANのようなもの)されると運営から目をつけられますし、そこでさらにナンパを続けたら強制退会になります。

ものすごく低い確率で共通の趣味などから話が合う女性を見つけて、さらにその女性が出会いを求めているならナンパが成功する可能性はありますが、それでも確率はごく僅かでしょう。

なのでSNSはネットナンパには向きません。

LINE掲示板などのid交換アプリでナンパは危険

LINE掲示板と呼ばれるアプリやサイトがあります。

LINEのIDを交換できる掲示板アプリで、誰でも無料で利用ができます。

中には若者の間で非常に人気があるものも含まれています。

女子高生などが「JK2ですホ別3で」のような書き込みをしているので、トラブルが起きることが多いのですが、警察沙汰になるようなトラブルが起きてニュースに取り上げられることによって皮肉なことにどんどん利用者を増やすという結果になっています。

トラブルになるということは本物の出会える女性達が使っているということでもありますので、ナンパも当然可能です。

しかし、女性の数と男性の数の比率が男性の数の方が圧倒的に高いので女性を奪い合う競争が激しくなります。

LINE掲示板アプリは出会えますが、注意しなくてはならないのが2点あります。

それは

  • 勧誘などが目的の業者

  • 18歳未満の児童

です。

LINE掲示板は出会えるという評判が拡がると、その評判を聞いた悪質出会い系の運営者やアフィリエイト目的の業者が殺到します。

その理由は出会いを求めた男性がたくさんいるからです。

業者の目的はその男性の欲望を利用して他のサイトやアプリに誘導したりすることです。

メールアドレスやLINEのIDを収集することが目的の業者もいます。

ただ、業者は特徴として

  • 妙に可愛い女性の写メを使う

  • 積極的に出会おうとする、時には逆ナンもしてくる

  • 「他のサイトやアプリでメッセージしよう」などと今使っているアプリの外でやりとりすることを希望すうr

などのわかりやすい傾向がありますので、業者からの被害は防ぎやすいです。

業者よりもっと危険なのは未成年の女性です。

もし未成年女性をナンパして、出会って肉体関係を持ったらそれだけで罪に問われかねません。

できれば写メやLINEのやりとりで明らかに未成年だと感じるような女性は避けましょう。

もし未成年だと知らずにやることをやったとしても知らなかったでは許してもらえません。

ものすごく悪質な例だと、未成年女性を装ってナンパを待ち、ナンパしてきた男性を美人局(つつもたせ)で恐喝する、という悪い人達もいます。

この場合は未成年と出会おうとしたと警察に言いづらいので泣き寝入りする男性が多いようです。

様々な危険を考えると、いい大人が未成年女性をナンパするのは百害あって一利なしだとわかると思います。

アプリ内で逆ナンパしてくる女性は全員サクラなのか

サクラがいるようなアプリでは男性会員が登録したとたんに女性からメッセージがたくさん届いたりするのでサクラだと見分けやすいです。

しかし、サクラがいないはずのアプリでも逆ナン的な内容のメッセージを送ってくる女性は稀ですが存在します。

この場合は

  • 女性は自分のプロフィールの内容をしっかり入力しているか

  • 女性の写メが可愛いすぎる、もしくは過激な画像かどうか

  • メッセージの内容がテンプレートのようなものでないか

  • 自分の写メやプロフィールを読んだ上でないと送れないような内容かどうか

などで怪しい人かどうかを判断します。

例として

  • 女性はプロフィールや自己紹介文をしっかり入力していて

  • 写メもサクラ風でなく、日常生活が伺えるもの

  • メッセージも自分のプロフィールを読んだ上で考えて作成されていることがわかる

  • いきなりメアドやLINEのID交換を求めてこない

この4点を満たすような内容なら逆ナン的なものでもある程度信頼できます。

サクラでも業者でもなく素人女性の可能性が高いので、礼儀作法を守ってしっかりと相手のプロフィールやメッセージを読んだ上で返信しましょう。

相手が自分にしっかり興味をもってくれたメールしていますので、出会える確率はそれなりに高いです。

マッチングアプリは恋愛に対して積極的な女性が多い

出会い系アプリはともかく恋活・婚活を目的としてマッチングアプリには積極的に行動する女性が多いです。

しかし、多いといっても男性と比べればやはり少ないです。

ただ、最近は女性からいいね!したりメッセージを送信するマッチングアプリも増えていますので、時代の変化によって出会いのパターンなども変わるかもしれません。

この記事を読んだ人におすすめの記事