浣腸プレイでドM女に調教する方法!パートナーにエネマプレイを自然にお願いするには?

SMプレイに親しんでいる人なら、誰しも「浣腸」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

医療業界で行われる浣腸もありますが、SMプレイの一つとして行われる浣腸は、目的や方法が異なります。

エネマプレイは人によって手順や道具の使い方が異なり、危険も伴うので事前の勉強が欠かせません。

ここでは「浣腸プレイに興味があるけれども、どうやればいいのかわかない」という方に向けて、一から丁寧に解説をしていきます。

失敗するとケガや事故を起こす可能性もありますので、医師のアドバイスを聞いたうえで実行するようにしましょう。

そもそも浣腸プレイって何のこと?

浣腸は、肛門(アナル)から液体を流し入れる行為のことを指して言います。

浣腸器と呼ばれる容器と肛門に挿し込むシリンジを使って、薬剤をお尻から注入するのです。

本来は、便秘などの症状がある患者に対して医師が行う治療行為なのですが、一部のSM愛好家はパートナーに対し好んで浣腸を行います。

医療行為としての浣腸と、SMの浣腸プレイは大きく異なります。

病院で行う浣腸は病気の治療を目的としているのに対し、SMプレイでの浣腸は快楽を目的として行われるのです。

またクリニックでは浣腸液としてグリセリンなどの薬剤を使いますが、SMプレイでは牛乳ぬるま湯空気など浣腸液にさまざまな液体を使用します。

浣腸プレイは浣腸することだけが目的ではないため、野外で浣腸をしたり、浣腸と同時にセックスをしたり、浣腸中にオナニーをしたりとバリエーションは豊富です。

浣腸で排出されたウンチが好きというスカトロの趣味をもつ人は、浣腸だけでなく排泄物そのものに対して快感を覚えるため、浣腸プレイで出てきた排泄物を飲んだり食べたりすることがあります。

浣腸プレイをする喜び

SMプレイの一環として浣腸プレイを行う場合、「S(サド)」か「M(マゾ)」かで快楽を感じるポイントは変わってきます。

まず「M」タイプの場合ですが、浣腸器の挿入時に感じるアナルの感覚が好きという人が多いです。

薬剤の挿入時に液体が流入する感覚や、排泄を我慢してこらえる感覚、最後に便を排出するときの安堵感、これらすべての感覚を愛せる人が「M」です。

中にはうんちなどの排泄物が好きで、身体に塗ったり食べてしまう人もいます。

また浣腸という行為によってご主人様である「S」に支配されていると感じ、快感を覚える人もいるでしょう。

ただ最初は浣腸を嫌がるMの人も多く、調教するうちに快感に変わっていくのが一般的です。

逆に「S」タイプの場合ですが、浣腸によってパートナーに恥ずかしいことをさせることで、征服欲が満たされます。

また、排泄というタブーとされている行為を相手にさせることによって、背徳感を得られるのも魅力の一つです。

パートナーに恥ずかしいことをさせて奴隷のように調教したいと思っている方は、浣腸プレイで最高の快感を得ることができるでしょう。

浣腸は、SMの中でもハードコアに属するプレイと言えます。

浣腸プレイでは器具や薬剤を準備する以外にも、場所や排泄物の処理法も考えておかないといけないため、意外と手間がかかります。

ここからは、もっと具体的な浣腸プレイの種類について説明をしていきましょう。

液体を腸内に入れて出すだけのノーマル浣腸

浣腸プレイの中でも一番シンプルで簡単なものは、ぬるま湯や食塩水を肛門から注入して、そのまま出す方法です。

初心者の場合は、アナルに注入する液体の量を少なくして試すのが適当です。

使い捨てのディスポーザルの浣腸器であれば容量が40ml以下のものが多いため、注入量を抑えることができます。

通常の浣腸に慣れてきたら注入量を増やしたり、排泄するまでの時間を長くしてガマンさせるなどの発展プレイを楽しむことができるようになるでしょう。

いろいろな液体を注入して試す浣腸プレイ

一般的に浣腸プレイで浣腸液として使われるのは、食塩水やグリセリンなど安全性の高いものです。

この他にも空気を入れてから、オナラをさせて放屁の音を楽しむプレイもあります。

牛乳や石けんを入れするとウンチの色が白色に変わるため、排泄物の色を眺めて楽しみたい人はこういった液体を使用することがあります。

浣腸している姿を見せる羞恥心プレイ

普通の浣腸ができるようになったら、羞恥心を感じさせるプレイの追加ができます。

たとえば鏡の前で浣腸を行い、自分が浣腸している姿を自分で確認できるようにすると、羞恥心を煽ることができるでしょう。

カメラで浣腸する様子を撮影したり写真を撮ったりすれば、さらに羞恥心は大きくなります。

排泄行為を他人に見られていることを強調する言葉をかけると、いっそうムードが高まるでしょう。

特殊な場所で排泄をさせるプレイ

普通はトイレの便器で排泄を行いますが、背徳感や羞恥心を高めるために、普通とは違った場所で排泄をさせるプレイもあります。

もっとも代表的なのは、浣腸液をアナルから入れたまま野外を歩かせ、排泄を我慢させるプレイでしょう。

普段使用しているトイレではなく、公衆トイレやバケツなど非日常的な場所で排便を済ませることで、さらに快楽が高まります。

また、浣腸をされた側はうんちが我慢できなくなり、服を着たままその場で失禁してしまうこともあります。

縛り・ムチ打ちなど他の調教プレイと組み合わせる浣腸プレイ

SMプレイを行う場合、他のプレイと浣腸をセットですることがあります。

たとえば、首輪やロープで体を縛った状態で相手に浣腸をさせるプレイが挙げられるでしょう。

他に裸の相手をムチで打ちながら、浣腸や排泄をさせるプレイもあります。

オナニーと浣腸も同時にできるため、オナニーさせながら排泄をさせる羞恥プレイも可能です。

浣腸とセックスを同時に行う

浣腸をしてトイレに行きたいのを我慢させた状態でセックスをする、浣腸セックスも有名です。

我慢している相手を見ながらセックスをすると、征服欲を満たすことができるからでしょう。

また浣腸後にアナルセックスをして、相手にひたすら排泄を我慢させる浣腸アナルセックスも根強い人気があります。

浣腸プレイに必要な7つの道具

ここでは、浣腸プレイに必要な器具や場所、予備知識について解説をしていきます。

必要となる道具は、以下の7つです。

1.浣腸器

まず、浣腸液を入れておく容器が必要となります。

もっとも一般的に使われるのは、プラスチックでできた使い捨てのディスポーザブル浣腸です。

容量が30〜150mlの商品が市販されています。

もっと容量の多い容器を使いたい場合は、エネマバッグで検索すると適した商品が見つかります。

エネマバッグであれば、容量が2リットルのモノもあるので、大量の浣腸液を使いたい人に向いています。

2.シリンジ、チューブ(差し込み口)

アナルに直接挿し込むシリンジやチューブも必須です。

浣腸器に付属していることが多いので、別途購入する必要はないでしょう。

使い捨てタイプでなければ再利用できますが、衛生面のことを考えて、使用前に消毒を済ませておく必要があります。

3.浣腸液

市販のグリセリンを使用する場合は、とくに濃度のことを考慮する必要がありません。

ただし、自分でグリセリンの原液を薄めて使用する場合は濃度に注意を払う必要があります。

たとえば、グリセリン浣腸「オヲタ」の場合は50%の濃度で使用することになっています。

浣腸液にお茶やコーヒーなどを混ぜる場合は、できるだけ薄い濃度から始めるのが基本です。

腸に炎症が起きる可能性があるため、刺激の強い液体ほど薄めて様子を見るのが鉄則となります。

また牛乳はアレルギー反応が出ることがあるため、アレルギーテストを終えてから使用するよう注意しましょう。

アルコールも急性アルコール中毒の恐れがあるため厳禁です。

お酢などの強い酸も刺激が強すぎるため、使用は控えるようにしてください。

4.オイル、ローション

肛門にシリンジやチューブを挿し込む途中で詰まってしまい、なかなか奥まで差し込めない場合があります。

こういった場合は、無理やり挿し込むと皮膚がこすれて荒れてしまうため、オイルやローションをシリンジに塗ってから挿し込むことを推奨します。

オイルはごま油やオリーブオイルを使用できるでしょう。

ローションもアダルトグッズ店にある市販品で十分です。

5.消毒液

器具をアナルに挿し込んだり、アナルセックスをしたりするので、エネマ器具やお尻の消毒は必須です。

お尻の穴の周辺は大腸菌が多くついているため、丁寧に消毒してから浣腸をした方が安心です。

消毒することで病気の感染を防ぐこともできます。

6.コンドーム

浣腸セックスや浣腸アナルセックスをする場合は、お尻のあたりが便で汚れるため不衛生です。

性病の感染を予防するためにも、必ずコンドームは着用するようにしましょう。

7.胃腸薬

これはうんちなどの排泄物を食べる場合に言えることですが、スカトロプレイを行うと腹痛や下痢を起こすことがよくあります。

こういった症状を抑えるために胃腸薬を常備しておき、いざという時のために救急病院の電話番号を控えておくことをオススメします。

上記の7つの道具は、アダルトショップに行けばだいたい揃うでしょう。
ただし浣腸液に使うグリセリンは医薬品であるため、医師に相談してから購入するのがベストです。

浣腸プレイを行うタイミングと場所

浣腸を行うタイミングですが、これはプレイをする人の趣向によると言えるでしょう。

相手を我慢させて楽しみたいなら、腸に便が詰まっている状態で浣腸を行うのが適しています。

腸に詰まっている便が多ければ多いほど、すぐに出したくなるため、トイレを我慢するのが辛くなります。

逆に、楽に浣腸をさせたいのであれば、便を出して腸の中を空っぽにした後に浣腸をするとよいでしょう。

浣腸プレイをする場所ですが、自宅が一番簡単です。

ただ自宅を汚したくないという人は、ラブホテルで行うのがベストでしょう。

問題となるのは、野外で浣腸プレイをする場合です。

法律によって、公共の場や公園等の場所で排便をすることは禁じられています。

監視カメラがあればすぐに身元がバレてしまうので、法に反する場所での排泄は辞めましょう。

公衆のトイレを使うのは問題ありませんが、男女二人が一緒のトイレに入るところを人に見られると、問題になる可能性があるので注意が必要です。

パートナーと浣腸プレイを始める時期

浣腸プレイを始めるのはいつ頃がよいのか?という疑問に思う人もいるでしょう。

まず前提条件として、浣腸をする相手の同意を得ることが必須となります。

当然ですが、いきなり「浣腸をしたい」と相手に頼んでも拒否されてしまう可能性が高いでしょう。

よって、相手と深い信頼関係を築いておく必要があります。

もっと言えば、「ご主人様」と「奴隷」のようなSとMの確固たる主従関係を作っておくことが重要です。

きちんと関係ができていれば、奴隷はご主人様の命令に従うはずです。

最低でもセックスぐらいは何回もしている関係でないと、浣腸プレイは難しいでしょう。

また、どうしても相手が浣腸プレイを嫌がる場合は、浣腸プレイを行っているSM系のAVを一緒に鑑賞することをオススメします。

あらかじめアダルトビデオを見ておくことによって、心理的な障壁を取り除くことができるからです。

時間をかけてじっくりと調教していくと、スムーズに浣腸プレイへ移行できます。

浣腸プレイをする際の注意点

浣腸プレイは、医師の行う浣腸とは異なることを理解しておく必要があります。

治療行為と称して浣腸を行うと医師法に反するため、「便秘を治すために浣腸する」と言ったり、お金をもらって浣腸をするような行為は避けてください。

また、浣腸液選びも慎重に行うようにしましょう。

ふざけてアルコールを注入したり、フリスクや炭酸水のような液体を注入すると、最悪の場合、腸に穴が空く恐れがあります。

遊び半分では済まなくなってしまうので、浣腸液に使ったことのない液体を使う場合は医師に相談するようにしてください。

浣腸を頻繁に行うと、アナルの締まりが緩くなってしまったり、腸が肛門の外に漏れてしまうこともあります。

気になる症状が現れたら、すぐに泌尿器科で診てもらうようにしましょう。

浣腸プレイの相手を見つける方法は?

浣腸プレイの相手がいなくて困っている人は、SM専門の風俗店やデリヘルを頼んでプレイすることも可能です。

風俗ランキングで上位の有名デリヘルで激アツの美女を指名すれば、お客様の思い通りのプレイを堪能できます。

デリバリーヘルスに在籍している風俗嬢にオプションコースを頼めば、いくらでも浣腸プレイができるでしょう。

風俗総合ランキングで激安の店舗型ヘルスを予約したり、割引のあるイベントデーを狙って行けば、デリヘル店でも指名料なしで若妻と遊ぶこともできます。

しかし派遣型風俗などで風俗遊びをするとお金がかかってしまうので、よほどのお金持ちでない限り、継続してプレイすることができません。

かと言って、今いるセックスのパートナーに浣腸をお願いすると、断られるどころか関係がダメになってしまう恐れもあります。

今パートナーがいない場合や、セックスパートナーに浣腸をお願いできなそうな時は、出会い系で人妻などの相手を見つけると良いでしょう。

出会い系を利用する女の子は、いろいろなプレイに対してオープンであることが多いため、浣腸プレイができる可能性も高いです。

SM専門の出会い系もあり、今は簡単にパートナーを見つけることができる時代なのです。

出会い系なら浣腸プレイの相手はいくらでも見つかる

浣腸プレイの相手が出会い系にいることは、わかっていただけたかと思います。

しかし、出会い系サイトと言っても山ほどあります。

ではどのサイトに登録すれば、もっとも早く浣腸プレイの相手を見つけられるのでしょうか?

ここでは、ハッピーメールを強くオススメします。

ハッピーメールの良い点は、3つあります。

①サクラの心配をしないで使える

出会い系を使う上で、一番気になるのが「サクラ」の存在です。

しかし、ハッピーメールの場合はサクラがいません。

たまにアドレスを収集しようとする業者が紛れこんでいますが、サポートに業者のことを通報すれば、すぐにアカウントを停止してくれるので安心できます。

サクラに無駄な時間とお金を使わなくていいという点で、ハッピーメールが一番良いと言えるでしょう。

②無料のプロフィール検索を利用する

ハッピーメールを使うには通常、ポイントを購入する必要がありますが、無料で使える裏技もあります。

その一つは、プロフィール検索や日記です。

これらの検索機能を利用するのは無料となっているため、東京・大阪・名古屋・新大阪・梅田・渋谷・品川などの全国エリアから相手を探すことができます。

検索機能の欄に「興味あること」の項目があり、そこで「SMパートナー」「野外露出」「変態プレー」にチェックを入れて検索できるので、浣腸プレイに興味を持っている相手も見つけやすくなります。

ただ援交目的の女性も紛れ込んでいるため、相手のプロフィールをよくチェックする必要があるでしょう。

メールのやり取りを始めてから、急に「ホ別2」などの数字が書かれたメッセージを送ってくることもあるので、こういった相手は対象外としましょう。

プロフィール検索でアダルトに興味のない素人女性が引っかかることもありますが、浣腸プレイに持っていくにはハードルが高すぎるため、純粋な友達目的の相手を狙うのはあまりオススメできません。

③無料で掲示板の検索が利用できる

ハッピーメールには、「ピュア掲示板」と「アダルト掲示板」の2つが存在します。

通常のセックス相手を探すのであれば、「ピュア掲示板」の相手を狙うのが王道でしょう。

アダルト掲示板は援交目的の人がいるからです。

しかしセックス目的ではなく浣腸プレイが目的となると、アダルト掲示板限定で素人娘を狙ったほうが見つけやすいのは確かです。

掲示板検索でお金目的の相手もヒットしてしまいますが、その中から素人の相手を探していくしかないでしょう。

急ぎでない場合は、「浣腸プレイのパートナーを新規募集します」と書いて、待ちに徹するのもありです。

自分から相手にアプローチしなくても良いため、この方法は非常に楽です。

ハッピーメールは毎月1回、サービスチケットのついたメールを配信しています。

ハッピーメールに登録したら、定期的に配信されるメールを欠かさずチェックするようにしましょう。

またログインボーナスもあるため、できるかぎり毎日ログインすることをオススメします。

ハッピーメール公式サイトは以下からどうぞ

ハッピーメールを使ってみる

出会い系で見つけた調教相手と浣腸プレイで快感を得よう

浣腸プレイからは、普段の生活からは想像できないような興奮と快感が得られます。

自分も相手も禁忌とされる浣腸プレイを求めているわけですから、秘密を共有しているという一体感を得ることができるのです。

これから浣腸プレイの相手を見つけたいという人は、気軽にハッピーメール等の出会い系サイトを使ってみましょう。

普通に過ごしていたら、絶対に出会えないような変態パートナーが見つかるはずです。

浣腸プレイのパートナーと出会いたい方は、コチラの記事を読んでくださいね!

このページをシェアする

関連記事