放尿プレイのやり方まとめ!出会い系や風俗でおしっこは楽める?

SMプレイを始めたばかりの初心者でも取り組みやすいのが、放尿プレイです。

近年では、AVなどのアダルト動画でもおしっこプレイの撮影シーンが増えており、放尿プレイに対する認知度も上がってきています。

おしっこは誰もが毎日行っている排泄行為ですが、SMで行う放尿プレイは趣向が異なります。

日常とは異なる場所でおしっこをしたり、おしっこを体に塗ったり飲んだりするのです。

おしっこは、どのような方法で行えばもっとも興奮できるのでしょうか?

また放尿プレイの相手は、どのような場所で見つければよいのでしょうか?

この記事では、こういった疑問を抱いている方に向けて説明をしていきます。

注意事項に留意しながら、放尿プレイを思う存分楽しんでください。

そもそも放尿プレイとは?

放尿プレイはその名の通り、「小便すること」を指していう言葉です。

普通の人が小便と聞けば、トイレで便器に向かってするシーンを思い浮かべるはずです。

しかしSMでいう放尿プレイには、野外で放尿をさせたり、出したおしっこをM女に飲ませたりするなどのスカトロプレイも含まれています。

排尿を促すために、利尿剤を使ったプレイも行われることがありますが、身体に負担がかかるためそこまで一般的とは言えないでしょう。

また「潮吹き」「おしっこ」を同じものと勘違いする人が多いのですが、正確に言えばこの二つは異なるものです。

潮吹きは、Gスポットを刺激してオーガズムを感じることによって尿道から排出される液体で、量は多くても5mlぐらいしか出てきませんし、色も無色透明です。

一方、おしっこは少なくとも数十ml出てきますし、色も薄い黄色をしています。

AVなどの潮吹きシーンを見ると、女優のマンコから大量の潮が吹き出しているように見えますが、そのほとんどはおしっこなのです。

放尿プレイと潮吹きプレイはまったく別物なので、混同しないようにしましょう。

放尿プレイの何が気持ちいいのか?

放尿プレイの快感は、大きく分けて三種類あると言えます。

一つ目は、普段とは違った場所で小便をするという非日常感です。

普段は、狭い個室トイレで便器に排尿するだけでしょう。

しかし放尿プレイでは、広々とした容器に排尿したり、外でおしっこをしたりと別世界のような場所で行われます。

そのため、普段とは違った新鮮味を感じることができるのです。

二つ目は誰かに見られているという羞恥心です。

放尿プレイでは、必ずパートナーが放尿しているところをじっと見ています。

おしっこをしている場面を他人に見られるのは恥ずかしいものです。

このように羞恥心を感じることで、排尿時の快感が高まっていくのです。

三つ目は、我慢した状態からの解放感です。

当然のことながら、放尿をするためには尿が膀胱にたまっていなければなりません。

このおしっこを貯めておくために、事前にわざわざ水を飲んでおく人もいます。

我慢プレイでは、おしっこがしたくなったら限界まで我慢をします。

そしてご主人様が奴隷に「小便をしてもいい」と許可を出すまで、おしっこしたい気持ちをこらえるのです。

トイレを長い時間我慢して、やっとのことでトイレを見つけてホッと安心した経験のある人ならわかると思いますが、ずっと我慢していたものを出すという解放感はたまらないものです。

それでは、放尿プレイの快感がわかったところで、次に放尿プレイの種類について具体的に見ていきましょう。

放尿は女性が行う場合と、男性が行う場合とに分かれます。

まずは女性がおしっこをする場合からご紹介していきます。

  • 女性がおしっこする編

女性に目の前でおしっこをさせて鑑賞する

女性にウンコ座りでしゃがんでもらい、そのままおしっこをしてもらう方法です。

おしっこプレイでは、パートナーから陰部がよく見えるように、和式トイレの座り方をしてもらうのが基本です。

女性に恥ずかしい格好をさせて、おしっこをさせたいと思っているサドな男性向けのプレイと言えます。

おしっこを鑑賞するだけでなく、卑猥な言葉で相手を責めてあげれば、女性の羞恥心をさらに高めることもできます。

便器以外の場所におしっこをさせる

通常はトイレの便器でおしっこをするものですが、これではいつもと同じで新鮮味がありません。

そこで、便器とは違った場所でおしっこをすることで、刺激を感じることができます。

たとえば、便器の代わりに透明なワイングラスに尿をさせる方法があります。

ワイングラスに注がれるおしっこの色や泡、それに香りを楽しむことができるからです。

またグラスから直接尿を飲むこともできるでしょう。

赤ちゃん用のおまるにおしっこをすれば、赤ちゃんプレイをすることもできます。

毎回同じ場所におしっこをしていると、慣れてきて刺激が少なくなってしまいます。

そこでトイレの場所を変えるなどして変化を取り入れていくと、いつまでも刺激あふれるプレイをエンジョイできるのです。

野外で放尿プレイ

おしっこをする場所は、室内とは限りません。

さらなる刺激を求めて、野外で放尿することもできます。

一軒家に住んでいる方なら、庭でおしっこをすることも可能でしょう。

決まった花壇におしっこをして、植物を育てるマニアックな方法まであります。

ほかにも公園で放尿をしたり、駐車場の隅でコッソリとおしっこをしたりと、野外放尿のバリエーションは無限です。

ただ公共の場所で小便をすると、罪に問われる可能性があるのでリスクが伴います。

限界まで我慢させてから、お漏らしをさせる

放尿しろと命令を出しておしっこをさせるプレイもOKですが、我慢させた方がより面白くなることがあります。

トイレを限界まで我慢させて、最後にお漏らしをさせるのです。

お漏らしは通常、赤ちゃんがするものですが、大の大人にお漏らしをさせることによって、破廉恥なことをしている気分にさせます。

あえて周囲にたくさん人がいるような場所でお漏らしをさせれば、火が出るほど恥ずかしい思いをさせることができるでしょう。

ただ、お漏らしをしてパンツが濡れるくらいになると、おしっこが床にこぼれたり、匂いがあたりに漂いますので、かなり緊張します。

またパンツが濡れたまま歩くのは大変なので、替えの下着を用意しておくほうが安心です。

  • 男性がおしっこする編

おしっこを相手にかけたり、飲ませたりする

少しハードなスカトロプレイに入りますが、おしっこを相手の体にかけて塗ったり、飲ませたりするプレイも行われます。

おしっこを相手にかける行為には、相手を征服するという意味が込められているのです。

純粋におしっこの味が美味しくて、飲みたいという変わった性癖の持ち主もいます。

セックスをしながら、マンコの中におしっこをする

これは少し難易度が高くなりますが、セックス中に相手の膣の中におしっこをするプレイも可能です。

ただ、エッチで興奮して勃起している最中は、なかなか尿意をもよおさないものです。

おしっこをする時は、挿入後にチンコが小さくなるのを少し待ってから、おしっこをするようにするとうまくいきます。

おしっこをされた女性は、膣の中が温かくなるので心地いいと感じる人が多いようです。

フェラ中におしっこ

マニアックなプレイでは、フェラをしている時に放尿をする方法もあります。

フェラ中はおしっこをしたくならないため、これはセックス中におしっこするのと同様に慣れが必要です。

フェラの最中におしっこをするのは奇妙な感覚ですが、ドM女を調教するにはピッタリの行為と言えるでしょう。

また女性も、おちんちんを舐めている時におしっこが出てくるため、吐いてしまうことがあります。

実際に行う時は、少しずつおしっこを出して様子を見ながら出していくと問題なくできるでしょう。

放尿(おしっこ)プレイに必要な知識と道具

  • おしっこの安全性や味について

おしっこプレイに特別必要な道具はありません。

またおしっこは「汚いもの」と思われがちですが、手についたり、舐めたりしても大丈夫です。

東洋医学では飲尿療法という病気の治療法もあり、風邪を治すためにわざわざおしっこを飲む人までいるくらいです。

ただ、尿の味にこだわる方の場合は、食事に気をつけておくことを推奨します。

肉を食べた後のおしっこと、野菜を食べた後のおしっこの味はまったく違うからです。

ある体験談によると、肉を食べた後の尿は塩辛く、野菜を食べた後の尿は甘いとされています。

  • 事前に用意しておくと良いもの

おしっこがなかなか出ないと放尿プレイができないので、おしっこが出なさそうだなと感じた時は、利尿作用のあるコーヒーを飲んでおくとよいでしょう。

放尿プレイをする風俗嬢が、プレイ前にコーヒーをがぶ飲みするのは有名な話です。

またコスプレがしたい人は、ボンデージの服やナース服などの衣装を用意しておくと放尿プレイが楽しくなります。

最近人気が高いのは、制服を着させてお漏らしをさせるプレイです。

野外で放尿プレイを行う場合は、オシッコを受ける容器やおむつ、タオルなどを用意しておくとよいでしょう。

人目を避ける必要があるため、できれば車で移動することをオススメします。

ただ車で放尿プレイをするとシミがついたり匂いが染み付くので、車内での放尿プレイは避けた方が無難です。

また万が一のために、掃除用具は用意しておいたほうが安心です。

放尿プレイを行うタイミングと場所

男性の体も女性の体も、セックスをし終わった後は尿意を感じるようにできています。

セックスをし終えた後におしっこしたくなるのは、ごく自然なことなのです。

よって、セックス後に放尿プレイを楽しむのがベストタイミングと言えるでしょう。

おしっこプレイをする場所は、最初は自宅かラブホテルのシャワールームがオススメです。

初めはトイレのようなハードルの低い場所で始め、最終的には野外などの露出プレイと混ぜて行うと興奮できます。

パートナーと放尿(おしっこ)プレイを始める時期

おしっこプレイは、ソフトSMとハードSMの中間という位置づけになっています。

よって、少なくともセックスやソフトSMは済ませた段階で放尿プレイを始めるのが妥当と言えるでしょう。

女性は放尿している姿を見られることに抵抗があるため、まずは同意を取りつけることが肝心です。

はじめは、女性とセックスした日に女性がトイレに入ったら、「おしっこをしているシーンを見たい」と言ってみて、相手の反応を伺います。

最初は嫌がる可能性もありますが、すでにSとMの主従関係ができあがっていたり、何回かお願いしていればOKが出る可能性も高くなるでしょう。

そこから、徐々に放尿プレイをエスカレートさせていけばうまくいきます。

放尿プレイをする際の注意点

基本的におしっこプレイは安全ですが、注意すべき事項がいくつかあります。

まず女性におしっこを我慢させる場合ですが、あまりに我慢しすぎると膀胱炎になる可能性があります。

女性は男性の体と作りが異なり、尿で雑菌が繁殖しやすいのです。

とくに膀胱炎になりやすいのがセックス後であるため、セックスした後にトイレを我慢させすぎないよう気をつけましょう。

次に飲尿する場合ですが、おしっこを飲むのは「出した直後」がもっとも安全です。

おしっこをグラスなどに貯めて長時間放置していると、少しずつ雑菌が増えていくため、飲むのは身体に良くありません。

聖水プレイのように、女性が出したおしっこをM男が口で直接受け止めて飲むようなプレイを推奨します。

また野外での放尿は、森林、駐車場、霊園、人気のない住宅地などスリルあるからやめられないという人が多いかもしれません。

やっている人が多いからといって真似しても、人に見つかって通報されるとアウトなのでリスクはあります。

AV撮影でもまれに捕まっている人がいますので、必ず自己責任で行うようにしてください。

最後に、お漏らしプレイを行う場合ですが、おしっこを漏らすと独特のアンモニア臭が漂います。

電車などの公共の場でお漏らしをすると、「異臭がする」などの騒ぎになることがあるため注意してください。

放尿プレイ以外のSMについても知りたい方は、コチラの記事をチェックしてくださいね。

放尿プレイの相手を見つける方法は?

おしっこプレイの相手は、SMプレイ専門の風俗の女の子がうってつけです。

SM専門店では、お漏らしやおしっこの鑑賞、それに尿の持ち帰りなど豊富なオプションコースが用意されています。

事前アンケートに入力をしておけば、柔軟に対応してくれる風俗店まであるほどです。

デリヘル人妻などの熟女はおしっこプレイに慣れているため、放尿プレイが未経験な人でもリードしてもらえますし、プレイに関する知識を身につけることもできます。

しかし風俗のおしっこプレイはヘルスなどと同等の料金設定となっていることも多く、風俗遊びをすると相当お金がかかります。

経済的な余裕がある人はそれでも問題ありませんが、一般人には少し厳しいでしょう。

風俗は厳しいという人でも、普段セックスしているパートナーにおしっこプレイを頼むことが可能です。

もちろん相手がOKと言ってくれればよいのですが、断られた場合の気まずさを考えると、なかなか最初の一歩を踏み出せないのではないでしょうか。

以上のことを考えると、放尿プレイをする相手は、身近な人ではない人の方が安全だと言えます。

放尿などのSMプレイ願望がある女性たちと出会うには、やはり出会い系サイトがオススメです。

ストリートでナンパをして相手を探す方法もありますが、難易度は極めて高いです。

よほどのイケメンかトークが非常にうまくない限りは、セックスに持ち込むことすら大変でしょう。

その点、出会い系ならいつでも相手にアプローチできますし、すでに出会った相手と放尿プレイを楽しんでいる人もいるので、相手が見つかる確率は高いと考えられます。

出会い系サイトでは、セックスだけでなく変態や調教プレイに興味を示す女の子も増えてきているため、まだライバルの少ない今のうちに参入しておけばチャンスは広がるでしょう。

出会い系サイトなら放尿プレイの相手が見つかる可能性大

おしっこプレイの相手は、出会い系で見つけるのが最善の選択といえますが、出会い系サイトが多すぎて、どの出会い系サイトが出会えるのかわからないこともあるはずです。

おしっこプレイ専門の出会い系があれば良いのですが、それだと男性の数が多すぎて競争が激しくなってしまいます。

そこで、今回は『ハッピーメール』をご紹介していきたいと思います。

ハッピーメールをオススメする理由は、以下の3つです。

①運営元の体制がしっかりしている

出会い系を使う際に心配になるのが、セキュリティや安全性です。

昨今の個人情報漏洩などのニュースを見ると、自分の個人情報が流れてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。

その点、ハッピーメールは公安委員会に異性紹介事業の届け出をしているので安心できます。

認定番号も「90080003000」と公表されているので、ウソではないことがわかります。

また総務省の方にも第二種電気通信事業者の届け出をしているため、回線を利用して正式に事業を営む許可を得ており、いい加減な運営をしている会社とは異なることが伺えます。

ほかにも、年齢確認をしないような悪質な出会い系は、変なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

しかしハッピーメールは年齢確認もきちんと行っており、18歳未満の人は利用できないようなシステムになっているので問題ありません。

利用規約に反した行為をすると、すぐに通報されてアカウントが削除されるので、その点でも安心できると言えるでしょう。

②コストパフォーマンスが抜群にいい

出会い系を使っていく上で気になるのが、料金システムです。

いくら出会えたとしても、大金をつぎ込まなければいけないなら考えものです。

その点、ハッピーメールなら累計の会員数が1600万人を突破したこともあり、出会いは簡単になってきています。

メッセージ交換を何通かしてからラインに移行すれば、実質数百円で相手のラインをゲットできます。

婚活パーティーなどに参加して出会いを探すと、男性は一回で7,8千円の料金がかかることを考えると、ハッピーメールは破格の安さといえるでしょう。

しかもその都度課金するシステムなので、使った分だけしかお金がかからないようになっています。

他の出会い系サイトは定額の月額制を設けていることが多く、使っていないのにお金を請求されてしまいますが、ハッピーメールは好きな分だけ使えるので非常に自由度が高いのです。

ラインの交換にさえこぎつければ、後はお金がかからないため、早くラインに移行できるように会話を工夫することが安く済ませるポイントになります。

③大々的に広告を出しているので、新規の女性登録者が多い

ご存知のように、ハッピーメールはさまざまな繁華街で広告を掲載しています。

街中を歩いていて、バカでかい掲示板に載ったハッピーメールの広告を見たことがある人もいるかもしれません。

今やハッピーメールの認知度はトップレベルで、それだけに新しく登録する人も多くなっています。

女性同士の口コミで始める人も多く、出会い掲示板にまだ登録したばかりの女性は特に狙い目です。

セックスだけでなく放尿プレイなどのSMプレイに関心のある子も集まってきているので、数打てば当たる作戦で多くの女性にアプローチするのが相手と出会うコツです。

以上の理由から、出会い系を使うならハッピーメールのような優良サイトからスタートするのが、圧倒的に安心と言えるのです。

ハッピーメールの公式サイトは以下からどうぞ。

ハッピーメールを使ってみる

出会い系で見つけた最高のセフレと放尿プレイを堪能しよう

おしっこ・お漏らしプレイの楽しさや興奮を知っている人は少ないかもしれません。

「試しに体験してみたら、ハマって辞められなくなった」という人が続出しています。

AVや風俗業界によって放尿プレイも知られるようになってきていますし、思い立った日に始められるため、敷居もかなり低くなってきています。

おしっこプレイはAVを見て楽しむのもよいですが、やはり実際に自分でやってみる方がはるかに興奮します。

真剣に相手を探せば、おしっこプレイのパートナーは必ず出会い系で見つかるはずです。

勇気がなくて最初の一歩を踏み出せなかった人も、これを機にハッピーメールを始めてみてはいかがでしょうか。

放尿プレイできるSMパートナーと出会いたい方は、コチラの記事も参考になりますよ。

関連記事