首絞めプレイで”マジイキ”させるやり方!出会い系で失神セックスの相手は見つかる?

セックスをする相手が真性M女である場合、「お願い、首を絞めて」と頼まれることがあります。

あるいは、セックス中に「相手の首を絞めたい」と思ったことのあるドSな男性もいるでしょう。

首絞めは、通常のセックスとは比べものにならないほどの快感を伴うのです。

相手の首を絞めた経験のない人は「首を絞めて、相手が窒息死したらどうするんだ?」と不安になるかもしれません。

実際、首絞めに失敗すると相手に障害が残ったり、最悪のケースでは死亡してしまうことさえあります。

ここでは安心して首絞めプレイを楽しみたい方のために、首絞めのやり方について丁寧に解説をしていきます。

そもそも首絞めプレイって何のこと?


首絞めプレイとは、セックスやSMプレイの最中にパートナーの首を絞めることを指して言います。

多くの場合、セックス中に男性が女性の首を絞めることによって首絞めプレイが行われます。

逆に、M男がS女に首を絞めてもらうパターンもありますが、そこまで多くないでしょう。

首絞めと似た行為に柔道の「絞め落とし」という技があり、この技に長時間かかると意識を失って倒れます。

絞め落としと首絞めプレイとでは、絞めるポイントは同じなのですが、首絞めプレイでは失神する手前でストップをかける点が異なります。

首絞めプレイの何が気持ちいいのか?

「首を絞めたら呼吸が苦しくなってツライだけ」と思っている人が少なくありません。

しかし、実際は真逆なのです。

脳に酸素が行き渡らなくなり頭がボーッとしてくると、脳は興奮して快楽物質を放出するようになります。

柔道の絞め技で失神した人の話を聞くとわかりますが、意識を失う直前は「気持ちいい感覚だった」と語る人が多いのはこのためです。

一説によると、窒息状態でM女性が感じるエクスタシーは麻薬と同じレベルであるとされています。

首絞めで「半分死ぬ」感覚がたまらなく心地良いという人もいますし、セックスが終わった後に「命が助かった」という安堵感を覚える真正M女もいます。

ただ首絞めを何回か経験していくと、実際に首を絞めなくても快感に達することができるように体質が変化していきます。

首に軽く手を触れただけで、オーガズムを体験できる身体へと変化していくのです。

首絞めプレイによって快感を得られるのは、首を絞められるM女子だけではありません。

首を絞める側の男性も、通常のセックス以上の快感を得ることができます。

首を絞めると女性の体全体がこわばるため、膣の締め付けもアップします。

この膣圧の増加によってペニスの快感が倍増するのです。

また、女性をレイプして痛めつけたいというレイプ願望のあるドSな人は、心の奥に隠していた征服欲を満たすことができるでしょう。

首を絞めて苦しむ女の表情を見るのが最高というサディストも満足できるのが首絞めプレイなのです。

ここからは、首絞めプレイの種類や方法について一つずつ紹介していきます。

手で首を絞める

両手で相手の首を掴み、ゆっくりと絞めていくのがノーマルな方法です。

首絞めは、正常位や騎乗位など一通りの体位でセックスをしながら行うことが可能です。

しかし体位がバックの時は手が届かなかったり、首絞めの場所を間違えやすいのであまり推奨できません。

軽く首を絞めたくらいでは効果を期待できませんが、徐々に力を入れていくと相手が苦しそうな表情をするので、効いていることがわかってきます。

首を絞める力に強弱をつけて、緩急を楽しむ

最初は少しずつ腕に力を入れて首を絞めていくのが基本です。

ただ、毎回同じパターンで相手を攻めていると、相手も慣れてきてしまいます。

そこで首を絞める力を弱めたり、急に強めたりして変化を取り入れていくのです。

首絞めプレイに慣れてきたら、絞める力にメリハリをつけて楽しめるようになります。

紐やネクタイなどの道具を使って絞める

首を絞める道具は、何も手だけではありません。

普段着用しているネクタイを代わりに使うこともできますし、あらかじめロープを用意して使うこともできます。

ただ、ネクタイで強く首を絞めるとネクタイがボロボロになる可能性があります。

また、ロープを使うと絞める場所を間違いやすい上に、首に絞めた跡が残ることがあるため、上級者以外はオススメできません。

床やベッドに相手の顔を押さえつけながら首を絞める

レイプ願望のある女性を相手にする時や、軽い暴力プレイをする場合は、相手の顔を床やベッドに押さえつけた状態で、首絞めプレイを行うことがあります。

相手は首を絞められる上に、口も塞がった状態になるため、なおさら呼吸が苦しくなり、恐怖や不安が高まります。

タオルや布などを口に当てて首を絞める

セックス相手に首絞めを行うと、「ウッ」という呻き声や、「ゲホッ、ゲホッ」と言いながら咳をし始めることがあります。

こういった言葉を話せなくさせるために、あらかじめ相手の口にタオルや布などを当てて首絞めを行うことも可能です。

相手の口に自分の指をくわえさせるのも、口を塞ぐ一つの方法でしょう。

ビンタ、縛りなどのSMプレイと首絞めを組み合わせる

首絞めセックスは、SMプレイの一つに分類されます。

したがって、ビンタやムチ、縛りプレイなどを楽しみながら首絞めを行うこともよくあります。

目隠し、耳栓などの道具で恐怖を高めながら首を絞める

 
ドMな女性の中には、恐怖を感じることで快感が増すタイプの人が存在します。

こういった相手と首絞めセックスを行う場合は、目隠しをしたり耳栓をして、恐怖を煽ることによって快楽を高めることができます。

首絞めプレイに必要な知識と道具

首絞めプレイには危険が伴うため、「首を絞める場所」に関しては必ず勉強しておきましょう。

絞める場所を間違えると、死に至る危険性があるからです。

首を絞める「正しい」場所

首を絞める正確なポイントは、首の左右にある「頸動脈」と呼ばれる2本の血管です。

頸動脈は、左右の鎖骨の中心付近から耳の下辺りを走っている血管で、人差し指・中指・薬指の3本の指を軽く押し当てることで拍動を触知できます。

「どうしても頸動脈の場所がわからない」という人は、解剖学の本を参照してみてください。

頸動脈のポイントから外れた場所を、むやみに絞めてもあまり効果がないので注意しましょう。

また頸動脈は首の左右に走っているため、片側だけおさえると首絞めによる効果は半減します。

よって、両手を使って首を絞めるのが基本スタイルとなります。

頸動脈を絞める時の注意点

頸動脈の途中、喉仏ぐらいの高さの位置には「頸動脈洞」という部分が存在します。

たまにですが、頸動脈の途中に存在する「頸動脈洞」という場所をおさえてしまうことがあります。

頸動脈洞をおさえると、体が反応して血圧が急激に低下してしまうことがありますので、なるべくおさえないように気をつけて下さい。

頸動脈洞の場所がわからないという方は、解剖学の本を参照してみましょう。

首を絞める「間違った」場所

首絞めプレイを行ったことがない人は、間違った場所をおさえてしまいがちです。

よくある間違った方法は、喉仏のあたり、つまり声帯とか気管と呼ばれる場所を絞めてしまうことです。

声帯や気管は、相手の首を正面から見た時に、中心線に沿った位置にある器官です。

首の真ん中には気管が走っており、ここを絞めてしまうと肺に空気が入らなくなるので窒息します。

とくに相手の首を両手で絞める場合、親指で喉や気管をおさえつけてしまうことがありますので、できれば親指は使わない方が安心できます。

初心者は、くれぐれも喉を絞めないように注意しましょう。

緊急時に備える

首絞めを行う時は、必ず相手の顔や唇の色を確認するようにしましょう。

相手の目(眼球)が上を向いていたり、顔の血色が悪くなってきたら、すぐに中止すべきです。

限界が来た時にストップを知らせる合図を決めておくことはもちろんですが、いざという時のために救急車を呼ぶ準備をしておくことも大切です。

オプションで使う道具を用意する

首絞めプレイには、必ずしも道具が必要なわけではありませんが、ハードコアなSMプレイをしたい人は用意しておきましょう。

やはりSMグッズがあると雰囲気が盛り上がります。

具体的には、以下のグッズを準備しておくことをオススメします。

  • ネクタイ
  • ムチ
  • 手錠
  • アイマスク
  • タオルなど

道具を揃えるのが大変だと感じる人は、ラブホテルのSMルームを借りれば道具を準備しなくてよいですし、ムードも高まります。

首絞めプレイを行うタイミングと場所

首絞めを行うタイミングですが、セックス中に行うのが基本です。

慣れてきたら、セックスすらしなくても、首絞めのフリをするだけでエクスタシーを感じることができるように変化します。

首絞めプレイをする場所は、自宅かラブホテルがよいでしょう。

興奮しすぎると失神しやすくなるため、できるだけ慣れた場所で行うことを推奨します。

パートナーと首絞めプレイを始める時期

首絞めプレイはいつ始めたらよいのか?と迷ってしまう人も多いはずです。

女性側から「首を絞めて」と頼んでくれば、そのタイミングで首絞めを始めることができますが、首絞めは予備知識を入れておいたり、練習をしておかないと危険でしょう。

まず、首を絞める位置や危険性について勉強をしておくことが重要です。

また相手の同意なしに首絞めプレイを行うと問題になりますので、相手の同意を得ることも必須となります。

「S男主人」と「M女奴隷」という主従関係を築いておけば、同意を得られる確率が高まります。

相手の同意が得られたら、まずはセックスなしで首絞めを練習してみるのが無難です。

うまくいったら、今度はセックス中に軽い首絞めをやってみるとよいでしょう。

首の締め加減は、やはり経験の中で学んでいくしかないため、場数をこなすことが大切になります。

首絞めプレイをする際の注意点

「首吊り自殺」という言葉からも想像できるように、首絞めプレイを行うと相手にさまざまな障害が残る可能性があります。

代表的な障害としては、目の毛細血管が切れて内出血を起こし、真っ赤に充血するなどの症状が挙げられます。

また脳が酸欠状態に陥るため、脳細胞が死滅して記憶障害が残ったり、失語症になるなどの後遺症が現れる可能性もあります。

首絞めをすればするほど脳のダメージは蓄積されるため、首絞めは短時間で済ませることが重要です。

セックス中は興奮しすぎて冷静な判断ができないことがありますが、首絞めの時間は短くするよう気をつけましょう。

さらに、相手が失神するまで首を絞めた場合はウンチやおしっこを漏らす可能性があります。

メンヘラの女性が相手の場合は、本当に「殺して」と本気で言ってくることがありますが、たとえ頼まれても殺すほど首を絞めてはいけません。

最悪の場合、相手が事故死して過失致死で訴えられてしまうこともあるので注意が必要です。

首絞めプレイは、一度ハマると首絞めがないと快感を得られなくなってしまう人もいます。

やりすぎると依存性になることもあるため、危ないと感じたら首絞めプレイはしばらく控えることを推奨します。

首絞めプレイ以外のSMについても知りたい方は、コチラの記事をチェックしてくださいね。

首絞めプレイの相手を見つける方法は?

首絞めプレイのパートナーを探している人は、SM風俗店やデリバリーヘルスで風俗嬢相手に練習してみることもできます。

ネットで風俗店のホームページを閲覧すれば、どのようなSMプレイが可能なのかを知ることができます。

たとえ首絞めプレイについて書いてなかったとしても、嬢と相談すれば首絞めに応じてくれる場合もあるはずです。

風俗通いをすれば、自分の好きな時間に好きな相手と首絞めプレイをエンジョイすることができるのです。

しかし、風俗遊びは想像以上にお金がかかります。

リッチな資産家でない限り、継続して風俗店に通うことはできないでしょう。

風俗が難しいという人は、普段のセックス相手に首絞めプレイをお願いすることもできます。

しかし、首絞めに対して恐怖や不安を感じる女性は少なくないため、首絞めプレイを提案したことによってパートナー関係が崩れてしまう恐れがあります。

そう考えると、首絞めプレイをするパートナーは、あまり知らない相手に頼むのが一番安心できると言えます。

首絞め願望のある女性たちと手っ取り早く出会うには、出会い系サイトを活用することをオススメします。

出会い系を使っている女の子には、セックスだけでなくSMプレイをやってみたいと思っている人が多数いるからです。

とくに「調教して欲しい」とプロフィールで公言している女性は、首絞めプレイに興味を示す可能性が高いと言えます。

今はSMや変態だけが集まる出会い系掲示板もあり、こういった特殊な場所を探せば、首絞めプレイのパートナーを見つけることができるでしょう。

出会い系サイトなら首絞めプレイの相手が見つかる可能性大

首絞めプレイの相手は出会い系で見つけるのがベストです。

しかし出会い系サイトが乱立しているので、どの出会い系サイトに登録すればよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

首絞め専門の出会い系があれば良いのですが、それではあまりにニッチ過ぎて出会いの数が減ってしまいます。

そこで、ここでは『ハッピーメール』を強くオススメしたいと思います。

ハッピーメールを推薦する理由は、以下の3つです。

①出会い系トップレベルの圧倒的な会員数を誇る

出会い系を使う上で重要なポイントに「会員数」があります。

単純に会員数が多ければ、出会える確率もアップするからです。

その点、ハッピーメールは会員数が1600万人以上と、出会い系の中でも群を抜いています。

たとえ会員の1%の人しか首絞めプレイに興味を持っていなかったとしての、その数は16万人となります。

16万人という数字は膨大ですので、そのうちの数人と出会うことぐらい難しくないでしょう。

援交をしようとする女性やメールアドレスを集めて迷惑メールを送りつけようとする業者もいますが、そういった業者はサポートに連絡すればアカウントを停止してくれるので心配いりません。

24時間体制でサポートを行ってくれるハッピーメールは、信頼できる出会い系サイトと言えます。

②「SMパートナー募集」を指定して検索できる

ハッピーメールで首絞めパートナーを見つける上で重要となるのが、検索機能です。

検索は、主に日記検索か掲示板検索を使うことになるでしょう。

掲示板の検索の詳細設定で「興味あること」にチェックを入れれば、「SMパートナー」や「変態プレイ」を指定して検索ができます。

首絞めプレイはSMや変態プレイの一つに含まれるため、この項目にチェックを入れている相手は首絞めプレイに応じてくれる可能性が高いでしょう。

実際にSM系のキーワードで検索をかけてみると、


「過去に風俗で働いていた経験があります」
「ソフトSMの相手を募集します」
「ペットにしてください。ご主人様を募集中」

などの書き込みが数多くヒットします。

いかにドMで奴隷願望のある女性が多いのかがわかっていただけると思います。

ただ、中にはお金をもらってプレイしようと考えている女性もいるため、相手のプロフィールをよく読んでからアプローチするようにしましょう。

③「ピュア掲示板」という一見関係なさそうな掲示板が狙い目

ハッピーメールには2つの掲示板があり、「ピュア掲示板」と「アダルト掲示板」という名前がついています。

建前では、ピュア掲示板は友達づくり専用で、アダルト掲示板はセックス相手募集用というようにハッキリと分けられています。

しかし現状を見ると、ピュア掲示板はセックス相手募集で、アダルト掲示板は業者や援交が多く集まる掲示板になっているように見受けられます。

セックス相手を探す人は「アダルト掲示板」を狙うのが普通ですが、ここは激戦区です。

セックスがしたい多くの男性が集まるため、需要と供給がマッチしません。

そこでセックス相手やSMプレイの相手を「ピュア掲示板」で探すのがオススメな方法となります。

「ピュア掲示板」には、多くの素人女性が集まっています。

プロフィール欄には「セックス目的はお断り」と書いてあったりしますが、出会い系に登録している時点でセフレを探していることが多く、セックスに抵抗がないことが多いです。

またセックスだけでなく、SMプレイに興味のある子も集まってきています。

首絞めプレイと明記している女性は少ないですが、SMプレイに関心を持っているM女は首絞めプレイも受け入れてくれる可能性が高いです。

以上の理由から、ハッピーメールでは穴場とも言える「ピュア掲示板」を攻めるのがおすすめです。

ハッピーメールは初回登録時に120pt(1200円分)をプレゼントするキャンペーンを行っています。

ログインするとボーナスがもらえるため、できるだけ毎日サイトにアクセスするとよいでしょう。

ハッピーメールの公式サイトは以下からどうぞ

ハッピーメールを使ってみる

出会い系で見つけたメス奴隷を首絞めプレイで自分好みに調教しよう

誰しもはじめは、首絞めプレイに対して抵抗があります。

しかし一度首絞めプレイを体験してしまうと、男女ともに首絞めなしでは快感が得られない体質に変わっていきます。

最近首絞めプレイの中毒になってしまう人が急増しているのは、このためです。

普通の生活をしていたら、首絞めプレイのSMパートナーが見つかる可能性はかなり低いはずです。

自分の奴隷になってくれるM女性のパートナーを見つけたいのであれば、ハッピーメールなどの出会い系サイトにトライしてみるとよいでしょう。

首絞めプレイできるSMパートナーと出会いたい方は、コチラの記事も参考になりますよ。

このページをシェアする

関連記事