• 2018.02.23
  • 2018.06.01

レズビアンの出会い方6選!レズのパートナーを見つけるのに1番良い方法は?

近年、LGBTに対する注目が高まってきています。

レズビアンやバイセクシャルであることをカミングアウトする芸能人が、増えてきていることも追い風になっているのでしょう。

ただ一般人で「私はLGBTです」と告白する人は、まだまだ少数派です。

セクシュアルマイノリティである人たちは、同じような悩みを抱える人に会いたいと望んでいます。

しかし出会いの場がないために、レズビアンなどのパートナーを見つけるのに苦労しています。

そこでこの記事では、どのような方法でレズビアンと出会うのか、また出会いの場はどこにあるかについて解説をしていきます。

本記事を参考にして、ぜひ素敵な相手を見つけてください。

目次

レズビアンと出会う方法のランキング1位〜6位までを発表!

ここで、レズビアンと出会うための方法を独自調査した結果について公開していきます。

1位. LGBT専用の出会い系、マッチングアプリでパートナーを探す

まだまだ数は少ないですが、出会い系アプリでレズビアンを募集するのがもっとも効果的です。

レズビアンはLGBTのカテゴリーに入りますので、LGBT専門のマッチングアプリが良いでしょう。

LGBTであることを公表すると差別対象になる可能性があるため、匿名でもできるネットの出会い系やマッチングサイトで相手を探すのが人気です。

レズビアン用の出会い掲示板などに自分のプロフィールや、好きな相手のタイプを書いておけば、相手からアプローチが来る可能性もあります。

同じレズビアンという連帯感もあってか、メッセージのやりとりの段階でスムーズに話が進んでいきます。

人気の『レズビアン向けマッチングアプリ』についても、後ほどご紹介いたします!

2位.レズビアン向けの掲示板を利用する

レズビアン向けの掲示板はマッチングアプリ以上に数があり、うまく活用することで効率よくパートナーを探すことができます!

主にカテゴリーごとに掲示板が分けられており、『出会い』だけではなく、『恋愛相談』や『雑談』といったコミュニケーションも楽しむことができます。

プロフィール画像を設定し、『出会いの目的』などの詳細情報を記入している投稿には、多くのレスがついています。

本記事ではおすすめの『レズビアン向け掲示板』についてもご紹介するので、ぜひ試してみてください!

3位. レズビアンバー(ビアンバー)で相手を見つける

男が好きな男性が集うゲイバーは有名です。

新宿の2丁目だけでも100軒以上のゲイバーがあり、所狭しと立ち並んでいます。

あまり知られていませんが、実は女性用のレズビアンバーもあります。

新宿2丁目だけでも、ビアンバーは15〜20軒ぐらいあるでしょう。

こういったバーには、レズビアンの出会いを求める女性が集まるため、すぐに仲良くなることができます。

彼女・恋人を見つけるにはピッタリの場所でしょう。

ただビアンバーの軒数はまだまだ少なく、都心から離れた場所に住んでいる人はなかなか通えないのが残念な点です。

公式HP「GOLD FINGER」
http://www.goldfingerparty.com/bar/

新宿2丁目で個人的にオススメのビアンバーは「GOLD FINGER」です。

お店の様子が外からでも見えるので、初めての方でも安心して入店できます。

またお店のスタッフもフレンドリーなので、一人で行くのは不安という方でも気軽に楽しめます。

毎週土曜日はお店に入場できるのが女性だけになるので、土曜日に行けば男性がいることもなく、バーの雰囲気を味わいやすいかと思います。

4位. LGBT系イベントやオフ会に出かける

LGBT関係のコミュニティに入っていたり、セクマイのサークルに参加していれば、レズビアンと知り合うチャンスがあります。

いきなり1対1で会うのは苦手だけど、大勢で集うイベントなら得意という人に向いている方法です。

周りの人も全員ビアンやトランスジェンダーの人であるため、安心して話すことができるでしょう。

レズビアンだけのオフ会もあるので、気になる方は探してみるとよいです。

5位. 知り合いや友達からレズビアンを紹介してもらう

かなり敷居は高いですが、すでに周囲の人にレズビアンであることをカミングアウトしている場合には有効な方法です。

協力的な友人がいれば、他のレズビアンの女性を紹介してもらえます。

ただ紹介してもらう相手は友人や知人の紹介者であるため、気を使わなくてはなりません。

また紹介してくれる機会もそんなにないため、そこまで期待しない方が良いでしょう。

6位. 気になった女性をナンパする

ストリートで見かけた女性と仲良くなりたいと思ったことがあるかもしれません。

気になる女性がいたら、思い切って話しかけてみるのも悪くありません。

自分の見た目が女性であれば、知らない人であっても話してくれる可能性は高いでしょう。

しかし話をしてくれるのと相手がレズビアンであることは、また別の話です。

見た目からレズビアンかどうかを判断することはできません。

よほど運がよくない限り、話しかけた相手がレズビアンである確率は低いですし、仲良くなれる可能性は少ないと考えられます。

レズビアンと知り合いたいなら出会い系アプリと掲示板がおすすめ!

以上のランキングから、レズビアンと出会うためのもっとも良い方法は、LGBT専用のアプリやマッチングサイトを利用することだとわかっていただけたかと思います。

掲示板サイト・マッチングアプリであれば、ネットのつながるパソコンやスマホさえあれば、いつでもどこでも利用することができるので非常に便利です。

まずはレズビアンが出会えるアプリについ、見ていきましょう!

レズビアンと出会える出会い系アプリのTOP3をご紹介

ここでは、ビアンが集まる出会い系サイト・マッチングアプリをランキング形式で順に紹介します。

1位: LING

会員数 不明
サクラ・業者の有無
料金 7日間お試しVIPメンバー ¥240
1ヶ月間VIPメンバー登録 ¥840
12ヶ月間VIPメンバー登録 ¥4,400
3ヶ月間VIPメンバー登録 ¥2,200
6ヶ月間VIPメンバー登録 ¥3,600

iTunes Storeでもランキングの上位を占めるアプリがLINGです。

レズビアンとバイセクシャル女性が参加するSNSアプリで、最近はYoutuberとタイアップして広告キャンペーンをするなどの宣伝も行われています。

このアプリの特徴は、ツイッター風の機能でしょう。

ツイッターと同様にフォローという機能がついているので、誰が自分に興味を持ってフォローしているのかがわかります。

ほかにも「Hello!」というLINEのスタンプに似たメッセージを送ることで、会話のきっかけを作ることができます。

自分をフォローしてくれた人にアプローチすれば、うまくいく確率も高くなります。

また世界地図を表示して、住んでいる場所からユーザーを検索することができるので、近場の相手を探すのに好都合です。

ただサクラもいるので、相手のプロフィールやメッセージをよく確認して返事を出すようにしましょう。

初めての方のために、お試しVIPメンバーになるプランも用意されています。

気になる人はお試しメンバーからスタートし、使い勝手が良いと感じたら正式にVIPメンバーへ登録することをオススメします。

2位: Find f

会員数 GooglePlay  アプリインストール数 1000~5000
サクラ・業者の有無
料金 無料

いたって真面目なLGBTの方達が運営するマッチングアプリです。

設立してから4年が経過しており、それなりにユーザー数も増えてきています。

何よりも良い点は、今なら利用料が無料であることでしょう。

他のアプリは会員数も多いため有料化されていますが、Find fはまだ無料で使うことができます。

サクラの存在も確認できなかったことから、利益を度外視して運営していることが伺えます。

利用者は東京など、とくに首都圏の女性が多い感じを受けました。

超優良サイトと言いたいところなのですが、システムの不具合があるため、アプリが上手く動作しないことがあります。

今後はシステムの改善も進み、新しく「いいね!」をタップするシステムも導入されるようなので、無料登録だけして待つのも全然アリです。

3位: ビアンONLINE

会員数 GooglePlay  アプリインストール数 5000~10000
サクラ・業者の有無
料金 1,400円分のコイン ¥1,400
3,000円分のコイン ¥3,000
5,000円分のコイン ¥5,000
9,800円分のコイン ¥9,800
1ヶ月無料プラン ¥19,800

レズビアン同士のトークアプリとして人気上昇中です。

他のアプリと違う点は、システム開発が日本で行われている点でしょう。

何か困ったことがあるときでもサポートに連絡すれば、日本人のオペレーターが対応してくれるので安心できます。

相手を検索すると写メの一覧が表示されるので、自分好みの相手を選んでメッセージを送ることができます。

登録者の年齢層は、20代前半〜30代後半が多い印象を受けました。

とくに若いレズビアンと出会いたい方に向いています。

またサービスに登録をすると、かなりの頻度でチャット申請が来ます。

それだけ出会いを求めている女性がいるという証拠でしょう。

ただサクラも紛れ込んでいるようなので注意が必要です。

レズアプリをまとめた記事について知りたい方は下記の記事を読んでくださいね!

レズビアンが出会える掲示板5選!

1.ガチレズ!

http://gachirezu.com/keiji2/patio.cgi

2.Bian’s BBS

http://bian.appstyle.org/sp/index.php?&bbs_id=3&adtag=

3.女の子と女の子とのSutekiな出会い

http://sutekinet.jp/L/

4.アダコミ レズビアン友達掲示板

http://www.adacomi.com/bbs/log/218/

5.ビアンセフレ出会い掲示板

http://zatsubitown.com/mailfriend/lesbian/

次に、レズが出会える掲示板について見ていきましょう!

レズビアンと効率よく出会うためのマッチングアプリで使える3つのテクニックを公開!

ここまでレズビアンを見つけるための出会い系サイトを紹介してきましたが、もっと大事なのは相手を見つけた後に仲良くなる方法です。

せっかく素敵なビアンを見つけても会話が続かなかったり、相手がサクラで実際に会えなければ意味がありません。

ここではビアンが素人かサクラかを見極め、上手にアプローチする方法について解説していきます。

1. 自己紹介文をとにかく丁寧に書く

アプリだからと言って、いい加減にプロフィールを書く人がいますが、あまり推奨できません。

ネットを通じて匿名で知り合うからこそ、本人の考え方や性格が伝わるように自己紹介文は丁寧に書くべきなのです。

とくにビアンのセクシュアリティについては書いておいた方が良いでしょう。

「フェムタチ寄りのリバ」などといったことから、これまでのレズ経験についてまで書いたほうが、相手に安心感を与えることができます。

優しくて、相手を思いやることがにじみ出るような文章を書くのが理想です。

文章が苦手という人は、顔文字を多用すれば親近感を出すことができるので、顔文字や記号を使ってみましょう。

またプロフィール写真を掲載しておらず、自己紹介文すらロクに書いていないのに、相手からメッセージが来ることがあります。

こういった相手はサクラである確率が非常に高いので、無視した方が無難でしょう。

2. プロフィール写真を修正して最高の1枚を作る

すでに出会い系サイトを利用したことのある人なら理解していると思いますが、プロフィール写真がもっとも重要です。

当然のことですが、髪の毛がボサボサだったり、適当に撮ったような雑な写真はNGです。

きちんとした写真を撮影するなら、写真を撮る角度や照明の色・強さなども考慮しておく必要があります。

自撮りをする場合は、なるべく明るい場所で斜め上から撮るとキレイに見えます。

またカメラ目線ではなく、正面を向いたまま上から撮ると、自撮りの不自然さをなくすことができます。

歳をとっていてシミや小ジワが目立つ人は、フォトショップなどの画像加工ソフトで消しておきましょう。

プリクラの写真を利用するのも可能ですが、自分で撮った方がリアル感を出すことができます。

最初は自撮り写真が上手く撮れないと思いますので、何十枚も撮ってその中からベストの1枚を選び出すようにしましょう。

3. 早い段階でLINEへの移行を提案する

定額制のコースがある場合は別ですが、都度課金制のマッチングアプリでは使えば使うほどお金がかかる仕組みになっています。

こういった出会い系サイトでは、なるべく早くLINEのIDを交換してお金がかからないようにすることをおすすめします。

目安としては、5~10通ぐらいメッセージの往復をしたら、一度LINEの交換を提案してみるとよいでしょう。

相手がサクラの場合は、


「まだ知り合ったばかりだから、LINEの交換は早いです」
「もう少し仲良くなったら、IDを教えます」

などの口実を理由にしてLINEの交換を渋るので、すぐにわかります。

LINEの交換を切り出すタイミングは、


「電話がしたい」
「自分の写真を送りたい」
「サイト上でのやり取りが面倒だから」

など、自分なりの得意パターンを作っておくと安心です。

LINEの交換に成功したら、できれば電話をしておくと実際に会うのが楽になります。

ネットで知り合う相手に不安を感じる人が多いので、自分の声を聞かせて相手を安心させましょう。

実際にビアンの女性会うことになったら、どう関係を発展させればいい?

LINEでのメッセージや電話で、すでに相手と仲良くなっているならば問題ありませんが、そうでない場合は実際に会って話をしてから関係を深めていくことになります。

ここで大事なのは、下準備です。

カフェやバーで食事をする場合はお店の場所を確認したり予約を入れたりして、当日になって慌てることのないように準備しておきます。

最初は自己紹介をして二人の緊張を解いていく作業が必要となりますので、自己紹介の練習もしておきましょう。

もし話が途切れたら、「LGBTとして苦労した過去」について質問すれば、共感できるような話に持っていけます。

またセクシュアリティのイメージに沿った態度を取ることも重要です。

セクシュアリティが「タチ」なら、会話の主導権を握って相手をリードし、包容力や頼りがいのあるところを見せましょう。

逆にセクシュアリティが「ネコ」なら、相手の言うことに素直に従うような従順な態度をとることが望ましいです。

お互いに慣れてきたら、過去の恋愛話へと話を移していきます。

恋愛の話をすることによって、相手の精神状態を恋愛モードに持っていくのです。

できれば「レズビアン経験」や「どんなプレイをやってみたいか」まで踏み込んで話ができると、なお良いでしょう。

相手がこちらに魅力を感じているなら、それなりのサインを出してくるはずです。

サインはボディタッチだったり目で訴えるような表情だったりしますので、注意深く相手を観察しましょう。

関係がうまくいきそうなら、店を出る時に手を繋いだり、腕を組んでみたりして相手の反応をチェックします。

相手が手を握り返してきたり腕組みに抵抗しなかったら、それ以上の関係に進めますが、そうでない場合はまだ親密な関係になれていないという証拠です。

粘ってイケそうな場合はもう一軒飲み屋やバーに行くのもOKですが、ダメそうなら諦めてその場は解散しましょう。

レズビアンと出会うことで得られる3つの素晴らしい点

1. 心の奥底にしまっていた深い悩みを打ち明けることができる

遊び半分でレズビアンをやっている女性を除いて、ほとんどの女性はレズビアンであることに引け目を感じています。

なかには、同性愛者であることを親にすら告白していないという人さえいます。

しかし出会った相手がレズビアンであれば、今まで黙っていた不安や悩みを打ち明けることができます。

また多くのレズビアンは

「過去に女性を好きになったけれども、相手がノンケで女性同士の恋愛に興味がなかった」

というツラい経験をしています。

こういった話はレズビアンにしか共感してもらえません。

悩みを一人で抱えていると辛いのですが、ビアンに話すことでだんだんと気持ちが落ち着いてきて、精神的にも楽になってきます。

2.性的な欲求やストレスを解消できる

やはりビアンの方であっても性欲はあります。

相手が見つからないために、アダルトビデオを観たりエッチな妄想をして、自分で欲求を解消することはよくあることです。

しかし恋人同士になれば、こうした欲求不満からも解放されます。

心ゆくまで二人の世界を堪能することができるのです。

3.女性限定の場所にもカップルとして二人で入場できる

レズビアンのカップルの良い点は、女性しか入場できない場所に二人で入れることです。

たとえば温泉や岩盤浴は男女別になっていることが多いのですが、レズビアンなら問題ありません。

また娯楽施設の中には、レディースデイなど女性を優遇するシステムを設けているところがあります。

女性同士のカップルだからこそ、デートを安上がりで済ますこともできるのです。

レズビアンと出会う際の3つの注意点

1.レズビアンの世界は意外と狭い

LGBTは性的少数者(セクシュアルマイノリティ)と言われるだけあって、人数が少ないのは確かです。

したがって、小さなコミュニティに所属するのと同じように、誰と誰が付き合っているなどの情報はあっという間に広がります。

付き合っている人がいるのに、レズビアンの出会いイベントなどに参加すると、パートナーにバレる可能性があるので注意しましょう。

2.実際に会ってみたら、思っていたより相手がブスなことも

出会い系アプリに登録するプロフィール写真を盛るのは基本です。

よって、実際に相手と会ってみたら写真よりブサイクだったり、太っていることもよくあります。

会う前に本人写真を複数枚もらっておけば、より正確な相手のイメージを持つことができますが、写真映りと実物の人間はやはり違うものなので、会ってからでないとわからない部分もあります。

この点に関しては、あまり相手のルックスに期待しないようにすれば、会った時に失望しないで済むでしょう。

3.既婚者や女装男子もレズビアンに紛れている

ほとんどの場合、マッチングアプリなどの利用規約で、既婚の方や男性の方は禁止となっていますが、なかには婚姻歴や性別を偽って登録している人もいます。

こういった悪質なユーザーは、見つかると通報されてアカウントが削除されますが、ゼロになることはないでしょう。

相手と話をしていて変だなと感じたら、質問をしてみたり身分証明書を求めることが大事です。

曖昧な返事しかしてこない場合は、トラブルを防止するためにも避けたほうが無難です。

少数派のレズビアンと出会うなら、ビアン専門の出会い系アプリが一番

レズビアンのようなLGBTに属する人であっても、恋愛を楽しむ権利があります。

一般の人には言えないこともありますが、相手がビアンであれば安心です。

ビアンの女性だからこそ、もっと他のレズビアンと仲良くなって、恋愛を楽しんでほしいのです。

何もしなければ、レズビアンとの出会いを作ることは難しいでしょう。

しかし今出会いがないと嘆いている人であっても、マッチングアプリなどでレズビアンの女性を探せば、一生付き合えるような相手と巡り会える可能性があります。

アプリの使い方は簡単なので、まずは手が空いた時に素敵な相手を探してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング

関連記事