出会い系・マッチングアプリで知り合いにバレれる確率は?身バレ防止方法!

マッチングアプリを新しい出会いの場として、老若男女が普通に使う時代になっています。
しかし、普及した弊害として友達や知り合いにマッチングアプリを使っていることがバレやすくなっています

スマホのホーム画面を見られてマッチングアプリを使っていることがバレるくらいなら
「興味があって落としただけ」
と言い訳ができます。

しかしマッチングアプリ内でプロフィールや写真がばっちり記載された状態で見つかったら言い訳は難しいです。

友達に
「この人はガチで彼女(彼氏)欲しいんだ・・」
と思われるのは恥ずかしいものです。

事実として

  • 学校やバイト先の友達
  • 会社の同僚や取引先
  • ご近所さんや通勤時に毎日すれ違う人
  • 歳が近い親戚

など、自分のことを知っている人たちが同じマッチングアプリを使っている可能性は非常に高いです。
マッチングアプリは一昔前の「出会い系」と比べたらかなりイメージが良いですが、それでも他人に使っていることを指摘されたら良い気はしません。

このページではマッチングアプリにおける

  • 身バレ(身分が明らかになってしまうこと)
  • 友達への顔バレ

などをできるだけ防ぐ方法を解説します。
項目はたくさんありますが、どれかひとつだけでも実践すると身バレの可能性が減ります。

出会い系で知り合いにバレるのを防ぐ4つの方法


出会い系で知り合いにバレるのを防ぐ方法は主に以下の4つ。

  • プロフィールの写真を本人だと特定しずらいものにする
  • 身バレの可能性がある友達と映っている写真にしない
  • 知り合いを見つけたらすぐブロックする
  • 顔写真登録の必要にない出会い系を利用する

マッチングアプリにおいても共通する事はあるので、身バレを防ぎたい方は確認してくださいね。

プロフ写真は角度や照明を工夫する

出会い系においてプロフィールに登録する写真、プロフ写真の有無で出会える確率が大きく変わります。
当然プロフ写真が無いと本気度を疑われたりするので出会える確率が減ります。
さらに、プロフ写真の印象によって「いいね!」をもらえるかどうかが決まります。

本来なら免許やパスポートの証明写真のように自分の顔が正面からしっかり写っているものが良いのですが、友達バレや身バレを予防するためにはよろしくありません。

なので

  • 強い照明を使って撮影する
  • 正面以外の角度から撮影する
  • やや離れた場所から顔が小さく写るように撮影する

などの手段を用いて撮影しましょう。
そうすると日常生活での自分の姿とは違う様子の写真となります。

しかし、もし異性とデートすることになった時、写真と実物の様子が違うと不審がられます。
これはデメリットにもなりえますので、メッセージ交換や出会う前に事情を説明して実物に近い写真を送っておくと良いかもしれません。

身バレの可能性がある写真をプロフに登録しない

出会い系の攻略法として

  • 同性の友達と一緒に写っている写真
  • 自分の趣味等が伝わる写真

などがマッチング率を高くする写真として登録を推奨されていることが多いです。

しかし情報量が増えれば増えるほど自分の身バレの確率が高くなります。

写真の背景等でも

  • 自分の出身校や職場
  • 自分の家

などを特定される可能性があります。

できれば自分以外が写っていない写真を用意しましょう。

さらに、もしTwitterやInstagram等で使っている写真をマッチングアプリに登録しているなら、それは使わない方が安全です。
ネットに上がっている写真は簡単に検索可能です。

もしマッチングアプリ上の写真を使ってgoogleのイメージ検索などをされたら一発でTwitterやInstagram上で同じ写真が見つかり、少なくともSNSアカウントは特定されます。
SNSアカウントが特定されたらそこからまたいくつかの情報が確認できますので、個人を特定される確率は高くなります。

もし知り合いを見つけたら即ブロック


出会い系はいやがらせや誹謗中傷を防ぐために

  • ブロック
  • 非表示
  • 通報

などの機能が用意されています。

ブロック・非表示は指定した相手をマッチング内に表示しないようにするだけでなく、相手からも自分のプロフィールが見れなくなります。
なのでもし知人を見つけたら即ブロックしましょう。

ただし、一度ブロックしたら解除できませんし、相手にいいね!することもできません。
なのでもしマッチングアプリ内で見つけた知人が少しでも脈ありならブロックしない方がいいです。

ちなみに「通報」は誹謗中傷やしつこいストーカー的なメールを受け取った時に使ってください。
通報すると運営が内容を確認し、しかるべき処置をとってくれます。

顔写真の登録が必要で無い出会い系を利用する

マッチングアプリの中には

  • ほぼすべての会員が顔写真を登録しているアプリ
  • 顔写真を登録している会員が比較的多いアプリ
  • マスク等で顔を隠せるアプリ

など、アプリの利用者層やコンセプトによって様々です。

例えば比較的利用者の本気度が高く、30代以上の男女も多い

  • ラブサーチ
  • youbride(ユーブライド)
  • 上の2つでは顔写真を掲載していない会員が多いです。
    上2つでは割と、結婚願望高めの会員が多いため、将来を見据えた出会いを求める方は画像クリックして覗いてみて下さい。

    そして、「マスクdeお見合い」のような顔写真に対してマスクをつけることを必須としているアプリもあります。
    顔写真を登録しなかったり、マスクをすることによって顔バレ・身バレの確率は一気に下がります。

    どうしても顔バレ・身バレが嫌な人はこのようなアプリを使うのもひとつの方法です。

    マッチングアプリは友達や職場の同僚から100%バレない方法は無いけど確率は減らせる


    まず、大前提ですが顔写真を登録してマッチングアプリを使うので、他人に使っていることがバレる可能性は0%にはなりません。

    できるのは、友達や身内にバレる可能性を減らすことだけです。
    そして、ここで解説することを実践すればまずバレない、というくらいまで確率を減らすことはできます。

    しかし、絶対にバレない方法は無いということを理解しておきましょう。

    大きな前提としてマッチングアプリには18歳〜35歳くらいの男女がとても多いです。
    代表的なマッチングアプリだと会員数が

    • Pairs(ペアーズ):600万人
    • Omiai(オミアイ):210万人

    にもなりますので、同世代が使っているのは当たり前のことなのです。
    だから、不用意に使えば知り合いにバレるのはとうぜんです。

    Facebookでログインすれば友達にプロフィールを見られない

    マッチングアプリは新規会員登録する時にログイン方法を選択できます。

    おおまかには

    • メールアドレスで登録
    • Twitterで登録
    • facebookで登録

    の3つが用意されています。

    この中から「facebookで登録」を選ぶと友達にマッチングアプリを使っていることがバレにくいです。
    なぜならば、facebookアカウントで登録することにより

    • マッチングアプリ内の自分のプロフィールをfacebookの友達には表示しない
    • マッチングアプリ内の自分のプロフィールをfacebookの友達の友達まで表示しない

    などが可能になるからです。

    facebookアカウントを使って登録したからといってfacebookのウォール等にアプリの使用やアプリ内の行動が反映したりすることもありません。
    もしTwitterの方がリアルな友達が多く利用しているならTwitterの方でも良いですが、ほとんどの人はfacebookの方がリアルの友達が多いはずです。
    友達にバレたくないならそもそも友達にプロフィールページを見せなければ良いのです。

    facebookで登録できる人気アプリ一覧はこちらを確認してください。

    登録後にイニシャル・ニックネームを変える

    facebookアカウントを使って登録します。

    すると、マッチングアプリ上ではfacebook上の本名(facebookに登録した名前)ではなく

    山田太郎(やまだたろう)ならT・Y
    という風にイニシャルで表示されます。
    イニシャルとはいえ本人を特定するヒントとなる可能性があります。

    なので各アプリの「プロフィール編集」から名前を変更してください。

    ニックネームも登録可能ですが、普段友達から呼ばれている名前だとこちらも本人を特定するヒントになるので
    使わない方が安全です。

    身バレを防ぐなら現実世界の自分とは全く関係が無い名前を登録しましょう。
    別にニックネームどうこうでマッチングアプリ内で異性と出会える確率は変わりません。

    入会審査があるマッチングアプリを使う

    マッチングアプリによっては収入や外見の審査が入会時に実施されます。
    男女ともに審査がありますので、必然的に会員数が少なくなります。

    会員数が少なくなりますが、その分出会いたいという意欲が高い人が多いというメリットがあります。
    会員数が少ないということは自分のことを知っている不特定多数の人が少ない、ということでもあります。

    もし自分の経歴や容姿に自信があるのなら入会審査があるマッチングアプリにチャレンジしてください。
    もしかしたら普通では出会えないような方と出会える可能性があります。

    入会審査のある人気アプリはこちらを確認してください。

    100%バレないのは不可能!ただ身バレする確率は確実に下げられる!


    このページではマッチングアプリでの顔バレ予防について解説してきました。

    しかし、100%顔バレを防ぐことはできません。

    これはマッチングアプリにおいて、ということではなくてより広い範囲である
    「インターネットにおいて」
    ということでもあります。

    あまり意識されないことですが
    インターネット上に写真をアップする=バレる可能性がある
    というのは間違い無く事実です。

    そして、インターネットにアップした写真は悪用されたりする可能性もあります。
    なのでどんな写真であっても気軽にネットにあげたりしないべきなのです。

    マッチングアプリでも同じで何がきっかけでトラブルになるかわかりません。
    マッチングアプリには様々な男女がいて、その中には人を騙す目的で登録する人もいます。
    なのでできれば個人の特定が難しい情報量が少ない写真を使って、安全に異性と出会ってください。

    特に注意すべき「業者」については


    こちらで詳しく解説しています。

    関連記事