中出ししたい!妊娠する確率と女性に「中だしを許してもらう」コツ!

中出ししたいと思うことって、時々ありますよね。

妊娠するリスクがあるとしても、中出しでいい気分が得られるなら、中出しをしたいですよね。
ただ、女性によっては嫌がりますし、中出しによって責任を取るのは大変でしょう。

最近は、出会い系などを駆使して中出しのできる相手を探す方法もあります。
もしかしたら、自分が気に入っている女性を見つけて、中に出せるかもしれません。
今回は相手を探す方法と、中出し後のリスクについて紹介します。

中出しがしたい男性の心理3つ

中出しをしたいと思っている男性は、これから紹介する4つの心理のうち、1つを持っています。

  1. 衝動的に中出しをしたくなるパターン
  2. 妊娠しないと思って油断しているパターン
  3. 妊娠させて征服させるパターン

自分がどの心理に該当しているのか、まずは考えてみましょう。

衝動的に中出しをしたくなるパターン

エッチをしている時に、衝動的に中出しをしたいと思ってしまい、中に出してしまいます。
挿入中により強い快感を求めたくて、衝動的に感じてしまう要因があります。

当然ですが、衝動的なパターンは女の子に嫌がられます。
中には嫌がって途中でセックスを止めてしまう人もいるでしょう。
相手の方を説得できないと、衝動的に中出しを行うのは難しい傾向にあります。

ただ、女性の中にも衝動的に中出しをしてほしい人がいます。
女性から衝動的に中出しを希望された場合は、応じてもいいでしょう。
双方が衝動的に中に出すことを希望するケースも意外にあります。

このパターンは、男性が快楽だけを求めるので、中出し後は気持ちよさがあります。
しかし、なんで中出しをしたんだろうという後悔の念も結構残りやすく、罪悪感を持つ人もいるでしょう。

妊娠の危険性が高いことも、後々になってわかってくるのです。

妊娠しないと思って油断しているパターン

今日は妊娠しないだろうと思って、油断して中出しを希望します。
女性の中にも、今日は大丈夫な日と判断して、中出しを認める人もいます。

ただ、中出しをした場合は、一定以上の確率で妊娠します。
中出しをしても、妊娠しないという保証はありません。
双方が同意しない限りは、油断して中出しを希望するのはよくありません。

このパターンは、中出しによる快感を得られる良さはありますが、同時にやばいという心理が働きます。
本当に妊娠したらどうしようという怖さを、延々と感じながら生活することもあるでしょう。

妊娠させて征服させるパターン

妊娠させて相手の女性を自分のものにしたいと思っています。

妊娠させることで、女性を自分のものに変えて、ずっと一緒にいられるという心理が働きます。
そのため妊娠を前提として、中出しを要求していくのです。

当然女性の中には、嫌がる人もいるでしょう。
しかし、征服したいと思っているので、強引に中出しを行う人もいます。
目的は女性を自分のものに変えることですので、相手の要求もあまり受け入れない傾向があります。

このパターンは、特に罪悪感はないでしょう。
妊娠したとしても、中出し後の心理は悪いというより、征服欲を満たされた気持ちで溢れます。

中出しされたい女性の心理

女性は好きな男性の子供が欲しいので、中出しをしてほしいと願ってきます。
お互いに同意できれば、子供を作るという名目で中出しを行えるでしょう。

子供が欲しいのであれば、男性と女性が話し合いを行って、計画を立てましょう。
妊娠させられるタイミングをしっかりと考えて、性行為と中出しを行います。
結婚を前提として、彼氏として女性の説得も行いましょう。

なお、片方だけが子供が欲しいと希望し、もう片方が子供が要らないと思っている場合もあります。
もし同意ができないようなら、相手を説得してから中出しに踏み切りましょう。
無理に出してしまうと相手に怒られてしまいます。

このパターンは、中に出しても罪悪感はなく、むしろ女性が求めている行為ならよかったと感じるでしょう。

中出しすると妊娠の可能性ってどのくらいあるの?


中出しをすると、一定の確率で妊娠します。

ただ、確率と言っても数字を見なければわからないかもしれません。
そこで、中出しをすると、どれくらいの確率で妊娠するのかを下記3つについて解説します。

  1. 『中出し』した場合の確率
  2. 『外出し』した場合の確率
  3. 『危険日に中出し』した確率

中出しを行った場合の確率

中出しをした場合は、生理のタイミングにもよりますが、1回のセックスで最大で30%程度です。
一見すると低いように感じますが、実際には結構発生しやすい数字です。

なお、女性が妊娠しやすい体を持っているか、妊娠しづらい体なのかによっても確率は変わります。
また、精子が妊娠させやすい傾向にある場合は、もっと中出しでの妊娠確率は上昇します。

外出しを行った場合の確率

外出しを行った場合、コンドームを付けていなかった場合、1回のセックスで大体10%程度の確率です。
中に出していないために、妊娠しないように思われますが、実際には性行為中に精子が中に入っています。
それは我慢汁が中に入ってしまうためで、妊娠する可能性は十分あります。

ただ、中出しに比べると妊娠するリスクは小さいので、外に出すのは避妊対策の1つでもあります。
中出しを断られたら、外に出すようにしましょう。

なお、コンドームを付けていた場合の外出しは、妊娠確率は2%程度まで落ちます。

危険日だと更にリスクが高まるの?

危険日の場合は、更に確率が上昇します。

安全日の場合で20%程度とされている妊娠確率が、危険日の場合は40%近くにまで高まり、妊娠しやすいのです。
危険日に出すというのは、相当なリスクを持っている行為と考えましょう。

ただ、危険日でも1日ごとに確率は変わっています。
思っていた以上に妊娠しなかったり、妊娠しやすい体に変わっていくことも十分あります。
生理中など、危険なタイミングは避けて中出しを行ったほうがいいかもしれません。

また、危険日にセックスを繰り返すと、妊娠確率は相当高くなります。
50%を超えることもあるので、妊娠させたくないならセックス中はゴムを付けましょう。

妊娠のリスク下げて中出しする方法

妊娠のリスクを下げたい場合、避妊薬を利用します。

特にピルの場合は、通販でも購入できるため、避妊を行う際は便利でしょう。

避妊薬の大半はピルで、アフターピルと月経を改善する目的で処方されるものに分けられます。

アフターピルの場合は、中出しをした後に服用すると、妊娠確率を劇的に下げられます。
その反面、アフターピルは副作用で体調を崩しやすいので、服用を続けるのは女性の負担を増やします。
ただ、低用量ピルなら副作用のリスクは小さく、体調不良を起こしづらいです。

月経を改善する目的のピルは、避妊薬としても使えますが、主に女性の不調を改善する狙いがあります。
あまりアフターピルとは違い、セックスでの妊娠を抑えるためには使いません。
避妊を希望するなら、アフターピルを処方してもらうといいです。

なお、アフターピルを利用しても、危険日の妊娠確率はわずかに残ります。
確実に妊娠しないというわけではないことを理解してください。
ただ、安全日にアフターピルを服用すれば、確実に避妊が可能です。

女性に『中出しして欲しい』と思わせる方法3つ

女性に「中出ししてほしい」という気持ちを持たせれば、無理やり中出しをするような行為は行わずに済みます。
相手の女性にも中出ししてほしいなと思わせる気持ちを作って、いいセックスを行いましょう。

  1. 優しくする
  2. 長い時間付き合ってあげる
  3. お酒を一緒に飲む

ここからは、中出しを女性にも行わせるように求める方法を3つ紹介します。

優しくする

一番簡単な方法ですが、相手の方に優しくして、好きであることをアピールしましょう。
優しくしているうちに、「中出ししてもいい」という気持ちが生まれて、女性が認めることもあります。

特に出会い系などを利用している場合は、少しでも優しい気持ちを持たせて、中出しに対する罪悪感を減らすといいでしょう。

長い時間付き合ってあげる

中出しは、長い時間一緒にいることで、女性が認めることもあります。
とにかく付き合う時間を長くして、セックスの回数も増やしていきましょう。
そして、セックスを多く行ったことで、相手の女性が中出しを認めるまでゆっくり待ちましょう。

経験や体験が増えていくことで、中出しを認める気持ちを作る方法です。
意味のある時間を多く作ることが重要です。

お酒を一緒に飲む

あまりいい方法ではありませんが、お酒を飲んで思考を変えてしまいます。
特に酔っている状態では、中出しが気持ちいいことを伝えていくと、認める女性もいます。
セックス自体に快感を覚えているところに、もっと気持ちいい行為を行わせると話して、中出しを誘っていくといいでしょう。

ただ、お酒が苦手な女性も多いので、この方法を使うなら相手の気持ちも考えましょう。

中出しセックスをするなら、紹介したアプリがオススメ

中出しセックスは、なかなかできる行為ではありません。

上手に相手の方と交渉したり、長い時間を使って一緒にいることで、中出ししてもいいかなという気持ちを持たせる必要があります。

無理な中出しはせず、お互い合意の上で中出しをするようにしてくださいね。

このページをシェアする
\ 1,000件以上の口コミで分かった /
出会えるアプリランキング

セフレアプリ関連記事