婚活・恋活ができるマッチングアプリの比較とおすすめランキング2017年版

このページでは

  • 2017年におすすめの優良マッチングアプリをピックアップして一覧にまとめて

  • アプリとしての情報を数値化して比較

  • 比較数値と管理人の主観を元におすすめのマッチングアプリをランキング化

このように恋活・婚活ができるマッチングアプリをランキング化しています。

  • 恋活や婚活をしたいけど、どのマッチングアプリを使えば良いか迷っていた

  • 自分に向いたアプリがよくわからなくて悩んでいる

という方は参考にしてください。

基本的には男性向けの記事ですが、ネットでの恋活や婚活を考えている女性にも参考になる情報がありますので是非お読みください。

特に会員数や男女比率ランキング等は男女共通でおすすめです。

男性にはとくに料金の比較部分が参考になると思います。

長期プランでの割引率等も比較していますのでお得に使えるアプリがわかります。

おすすめランキングに進む前に、マッチングアプリ初心者や未経験者向けに予備知識を紹介していきます。

「細かいことは良いから、とにかく出会えるマッチングアプリに登録したい」

という方は下部の目次から

「おすすめのマッチングアプリランキング」

をタップして上位から2〜3個まとめて登録するのがおすすめです。

ランキングの上位アプリ・サイトは基本的にどんな人にもおすすめできますし、掛け持ち登録は出会いの機会を増やすには有効的な方法です。

恋活・婚活アプリ(マッチングアプリ)とは?

昔からお見合いサイトや婚活サイト(パーティ等)はたくさんありましたが、スマートフォンが普及して恋活・婚活アプリが登場しました。

SNSのFacebookやtwitterを利用する人は広告でみかける機会が多いので存在は知っていると思います。

基本的にはFacebookに登録している人しか使えず、Facebookに登録してある写メやプロフィールなどを利用してマッチング(相性診断)する機能がどの恋活・婚活アプリにも備わっています。

このマッチング機能のせいか、恋活アプリや婚活アプリ以外にも

「マッチングアプリ」

という風に呼ばれることも最近は増えました。

海外というか欧米だと

「デーティングアプリ」

とも呼ばれています。

マッチングアプリの多くは毎月課金されるタイプの月額定額制を採用しています。

月額定額制だと男性は最低でも月間1,000円以上の費用がかかるので(女性はほとんどのアプリで無料)、登録にあたって少し躊躇している方はこのページで自分にはどのアプリが合っているかをチェックしてください。

様々な項目で恋活・婚活アプリを比較してランキング化しましたので、自分に合うアプリがきっと見つかるはずです。

※このページでは真剣にお付き合いする異性を探せるアプリを「婚活アプリ」「恋活アプリ」と定義しています。結婚式場探し等で役立つアプリについてはふれません

※人気恋活婚活サイ「youbride(ユーブライド)」は機能面ではアプリと似通っているので比較対象に入れました

※アプリとwebサイトの両方で利用できるサービスがほとんどです

会員数が500万人を超えるマッチングアプリ「pairs」

会員数が500万人を超えるマッチングアプリ「pairs」

出会うまでの簡単な流れ

マッチングアプリを使って異性と実際に会うまでの流れをかんたんに説明します。

  1. 気になるマッチングアプリに無料会員登録

  2. プロフィールの登録

  3. 使ってみて良いと思ったら有料会員になる

  4. 積極的にいいね!してみる

  5. マッチングが成立したらメッセージ交換

  6. 気があうようならLINEやカカオの交換

  7. LINEでデートの誘い

  8. 実際に会う

このようになります。

「いいね!」というのは興味を伝える仕組みです。

男性と女性は両方ともいいね!したら

「マッチング成立」

となり、メッセージが交換できるようになります。

男性の場合は、有料会員にならないとメッセージの交換ができません。

無料のままではプロフィールを見たり、いいね!することしかできません。

メッセージの交換画面

メッセージの交換画面

恋愛だけでなく結婚前提のお付き合いも可能

マッチングアプリによって多少温度差はありますが、特に女性は堂々とプロフィールの自己紹介文に

  • 将来を考えることができる本気の出会いを探しています

  • 真剣な出合いを求める方のみメッセージしてください

  • 結婚を前提でお付き合いできる方と知り合いたいです

  • 再婚相手を探しています

など、男性からしたら多少重いような内容を書いている人がいます。

婚活目的の登録というか、結婚前提のお付き合い、というやつですね。

こんな風な自己紹介文を書いている女性は本気の出合いを求めている人達なので、ひやかし半分でいいね!したりメッセージは送らないでください。

真面目な気持ちを悪用して体だけ先に関係を持って、その後音信不通になったりしたらアプリやサイト内で女性から通報され、運営によって強制退会の措置を受ける可能性があります。

将来を考えた真剣な出会いを探している男性ならこういった女性は歓迎のはずなので、積極的にコンタクトを取りましょう。

※ほのめかすような表現になっていますが「本気の出会い」「真剣な出会い」「結婚を前提としてお付き合い」はだいたい付き合いはじめてからお互いが納得すれば1年以内の結婚を意味することが多いです

恋活・婚活ではなく遊びや暇つぶしが目的なら

もし軽い出会いなどの遊びに近いような出会いを求めるなら恋活婚活アプリではなく

本当にサクラがいない安全な出会い系サイトランキング2017年版

リンク先に掲載されているようなしっかり警察に認可を受けて運営されている出会える系サイトを使ってください。

累計会員数は数百万人規模なので、出会い系といえどたくさんの人が使っています。

もちろんサクラ・18歳未満の未成年共にいません。

どちらも登録は無料で、前払いでポイントを購入してメッセージを交換するタイプのサイトです。

※有料なのは男性のみで女性は無料で使えます

特にミントC!Jメールはメール1通は70円で送れますし、マッチング成立の仕組みもないので気になる人がいたらどんどん送れます。

もちろんLINEのID交換もできますので、例えばメールを5通送ってLINE交換ができてら1個のIDにつき350円というかなりコスパが良くなります。

  • 真剣な恋愛をしたいなら恋活婚活できるマッチングアプリ

  • セフレ募集・割り切り等の軽い出会いや飲み仲間募集は出会える系サイト

という風に目的に応じて婚活アプリと出会い系を上手に使い分けましょう。

マッチングアプリの利用者は年々増加中

マッチングアプリ先進国とされているアメリカでは結婚する夫婦の3分の1がマッチングアプリ等のネットがきっかけで交際を開始していると言われています。

そして、ネットで出会った夫婦の離婚率はそれ以外の場所で出会った夫婦より低いという統計もあるようです

2017年は2015・16年に参入した大手企業によるマッチングアプリの利用者の大幅増が期待できる年なので、徐々にネットでの出会いが普通になっていくと思われます。

実際に女性会員は友達の紹介やネットで彼氏を作った友達からのすすめや口コミでどんどん登録しています。

一人で登録するのは不安だから友達と一緒に登録してみた、と言っている女性もけっこう多いです。

良い口コミが物凄い勢いで広がっている段階ですので、マッチングアプリでの恋活婚活がきっかけで知り合い、その後結婚するカップルもどんどん増加するのではないでしょうか。

そうなるとそれがまた良い口コミとなり広がっていきます。

マッチングアプリを使った出会いは少子化対策としても有効的な方法なので、株式を上場しているサービス運営会社は株式市場でも少子化対策関連銘柄・恋活婚活関連銘柄として注目を集めるでしょう。

実際既に市場ではマッチングアプリに対して熱い期待があるようです。

市場でも注目を浴びればテレビ・新聞等のマスメディアで取り上げられてさらに知名度が高くなり、LINEのように誰でもマッチングアプリを使うようになるかもしれません。

マッチングアプリで恋人を作り結婚するのが当たり前の時代になる

結婚式等では必ずと言っていいほど新郎新婦が出会ったきっかけを紹介します。

しかし、これだけマッチングアプリや出会い系サイトが普及した2017年現在でも結婚式等で

「マッチングアプリが出会ったきっかけです」

「出会い系サイトで一目惚れして猛アタックしました」

とはなかなか言い出しづらいです。

しかし、今となっては誰でも使っているLINEでさえ最初のうちは

「なんとなく怖い」

「個人情報が韓国に流出している」

「チャットの履歴が残って危ない」

などと言われていたのです。

ネットを使って老若男女がオープンに出会う時代になりつつあるのは間違いないでしょう。

昔はお見合いで結婚するのが当たり前で、結婚式の当日まで自分の結婚相手を知らない人がいたくらいです。

時代の変化によって出会いの形は変わるのです。

実際にマッチングアプリをきっかけで付き合いはじめる男女が増えているのは事実ですので、もうしばらくすればマッチングアプリで結婚相手を探したことを堂々と言える時代になるでしょう。

海外で大人気の「happn」

海外で大人気の「happn」

アプリに登録するだけでは相手はみつかりません

このページでランクインするアプリ・サイトはどれも優良と言えるものばかりなので出会える確率は高いです。

しかし、特に男性に言えることですが写真や自己紹介文を含むプロフィール部分の登録で手を抜くと出会える確率が一気に下がります。

基本攻略法ですが最も重要な部分ですので、プロフィールの内容は吟味して異性からウケがよさそうな内容にしておきましょう。

さらに、男性の場合は自分からいいね!したりして活発に動くことが大事です。

可愛い女性や美人はプライドがあるので自分から声をかけたりはほとんどしません。

よって肉食的に動かないことには魅力的な女性との出会いは期待できません。

これはよくよく考えれば当たり前のことです。

恋活婚活アプリを使っている女性はサクラではありません。

つまり学校のクラスメイトや会社の同僚達と同じ普通の女性です。

普通の女性は婚活アプリに登録していても、基本的には「待ち」の姿勢です。

たまたま出会いの場がアプリになっただけで、アプリ内で起きることは現実と同じことです。

なのでよほどのイケメンや高収入男性でないと待ってるだけではモテません。

「攻め」が大事なのです。

当然魅力的な女性を狙う男性は多いので、できるだけ早めにアタックしていいね!を成立させましょう。

いいね!成立後はできるだけ早くメッセージを送り、温度が冷めないうちに親しくなるのも攻略するコツです。

比較するマッチングアプリは9個

今回は9個のアプリを比較します。

  • pairs(ペアーズ):株式会社エウレカ

  • Omiai(オミアイ):株式会社ネットマーケティング

  • youbride(ユーブライド):株式会社Diverse(mixiグループ)

  • タップル誕生:株式会社マッチングエージェント(サイバーエージェントグループ)

  • with(ウィズ):株式会社イグニス

  • ゼクシィ恋結び:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(リクルートグループ)

  • Matchbook(マッチブック):株式会社ニジボックス(リクルートグループ)

  • Match.com(マッチ・ドットコム):マッチ・ドットコムジャパン株式会社(IACグループ)

  • cross me(クロスミー):株式会社プレイモーション(サイバーエージェントグループ)

選考基準は、

「既に売り上げランキング上位に入っていて」

「信頼できる会社が運営している」

この2点です(アプリ名の右側が運営会社名です)。

特に写メの登録や年齢確認書類の提出があるので運営企業は信頼できる会社ばかりを選び、上場企業かそれ並みの個人情報保護体制を期待できる会社のみです。

この2点を満たすマッチングアプリであれば、すでに多くの男女が出会いを見つけていますので、これからも優れた出会いの場であり続けることが期待できます。

それでは項目ごとで比較していきましょう。

会員数と男女比率で比較

まずは各マッチングアプリの累計会員数と男女比率で比較します。

もちろん出会いを求めるなら男女の総数は多い方が良くて、なおかつ男女比率は5:5が理想的です。

地方都市に住んでいる方にとっては特に会員数が出会えるアプリかどうか見分ける際に重要な項目となります。

※2017年10月現在わかる範囲での数値です

累計会員数でのランキング

  1. pairs(ペアーズ):累計600万人(2017年10月確認数値)

  2. タップル誕生:250万人(2017年8月確認数値)

  3. Omiai(オミアイ):累計210万人(2017年6月確認数値)

  4. Match.com(マッチ・ドットコム):累計187万人(2016年7月確認数値)

  5. youbride(ユーブライド):109万人(2016年3月確認数値)

  6. with(ウィズ):35万人(2017年3月確認数値)

  7. ゼクシィ恋結び:非公開

  8. Matchbook(マッチブック):非公開

  9. cross me(クロスミー):非公開

累計会員数に関してはpairsがダントツとなっています。

ただ会員数の多さ、つまりその人気の高さのせいか本気度が低い人や真剣な恋愛以外の目的で利用する人もちらほら見かけます。

だから会員数が多い=異性と出会えやすいという単純なものではありません。

それでも一定の目安位になるのは間違いありませんので参考にしてください。

会員の男女比率ランキング

  1. with(ウィズ):男女比率は58%:42%で男性が多い

  2. Omiai(オミアイ):男性会員6割:女性会員4割(2016.12)

  3. pairs(ペアーズ):男性会員は66%で女性会員は34%(2014.7.2)

  4. youbride(ユーブライド):男性会員は80%で女性会員は20%

  5. タップル誕生:非公開

  6. ゼクシィ恋結び:非公開

  7. Matchbook(マッチブック):非公開

  8. Match.com(マッチ・ドットコム):非公開

  9. cross me(クロスミー):非公開

会員数は多くて男女比が半々がベストという風に考えると、with(ウィズ)が1位となりました。

ただし、会員数の多さと構成のバランスを見たらOmiaiやpairsも優れており、with以外のアプリと比べたらかなり良い数値です。

会員の男女比率の場合は、ただ割合を見るだけでなく、総会員数と男女比率を確認して、女性がどれくらいいるのかを算出した方が良いかもしれません。

人気マッチアプリの女性会員数も比較してみます。

女性会員数ランキング

  1. pairs(ペアーズ):204万人

  2. Omiai(オミアイ):84万人

  3. youbride(ユーブライド):21.8万人

  4. with(ウィズ):20.3万人

このように、やはりペアーズの女性会員数は圧倒的です。

ちなみに女性会員数が240万人ということは、日本の長野県(207万人)や岐阜県(201万人)の全人口より多い計算になります。

やはりペアーズの普及率は圧倒的です。

累計マッチング数で比較

マッチング(男女両方がいいね!すること)の仕組みを採用しているアプリではマッチングの成立数を公開しています。

マッチングは成立イコールカップル成立という訳ではありません。

つまり別に男女が出会い、恋人関係になった訳ではありません。

それでもマッチング成立後に個別でメッセージをやりとりできるようになりますので、会員のアクティブ率や女性の本気度の一種の目安になります。

ただし、恋活婚活アプリの中にはマッチングの仕組みが無く、いきなりメールできる人気アプリもありますのでそのようなアプリでは当然数字がとれません。

  1. タップル誕生:約5,500万組(2017年8月数値)

  2. pairs(ペアーズ):約4,300万組(2017年9月数値)

  3. Omiai(オミアイ):800万組以上(2017年8月数値)

  4. ゼクシィ恋結び:非公開

  5. Matchbook(マッチブック):非公開

  6. with(ウィズ):非公開

  7. cross me(クロスミー):非公開

  8. youbride(ユーブライド):マッチングの仕組みを採用していません

  9. Match.com(マッチ・ドットコム):マッチングの仕組みを採用していません

タップル誕生が先行していたペアーズを抜いて1位になりました。

ただ、タップルの場合は後述しますがTinderのようにインスピレーションでマッチングがどんどん成立しますので、成立後のメッセージのやりとりがしっかりと続くかどうかという「質」の面で見るとOmiaiやpairsと比較するとかなり不利になりそうです。

なので実質的にはpairsが圧倒的なナンバーワンとだと言えます。

マッチング数を非公開にしているアプリの中ではwithとcross meがしっかり規模を拡大させている印象がありますので要チェックです。

男性会員の1ヶ月単月契約の料金

マッチングアプリは前払いのポイント購入制ではなく、月額の定額課金制を採用していることがほとんどです。

この仕組みによって何回でもアプリ内でメッセージ交換が可能となり、お金のことを気にせずじっくりお互いのことを知ることができます。

女性会員はほぼ完全無料で使えるので、男性会員が1ヶ月のみ会員登録した場合に必要な料金を比較しました。

※Omiaiは10代20代女性のみ無料で30代以上は有料となっています(30代以上でもキャンペーン中は無料)

アプリとwebの両方に対応しているサービスではiPhone・Androidのアプリ内課金を使用するか、クレジットカード課金を使用するかで利用料金にかなりの差がでます。

なので、アプリとWeb両方に対応しているサービスはひとつの基準としてiPhoneアプリ内課金での単月料金を比較します。

価格表記はすべて消費税込みの料金です。

  1. with(ウィズ):3,000円

  2. タップル誕生:3,400円

  3. ゼクシィ恋結び:3,500円

  4. cross me:3,800円

  5. youbride(ユーブライド):3,980円(スタンダードプラン)

  6. Matchbook(マッチブック):4,100円

  7. pairs(ペアーズ):4,100円

  8. Omiai(オミアイ):4,800円(アプリ決済の場合)

  9. Match.com(マッチ・ドットコム):5,000円

1位はwith(ウィズ)です。

アプリ決済なのに3,000円のwithはかなり良心的な値段設定なので20代の若い社会人や大学生には優しい料金設定となっています。

3位・4位は同じくらいの料金で2つのアプリがランクインし、どれも比較的最近リリースされたアプリです。

やはり会員数や認知度で劣る分値段で競争力を高めようという作戦なのでしょうか。

それにしてもOmiaiの強気具合が目立ち、他のアプリは女性は無料(ゼクシィ恋結びは一ヶ月100円)なのに対して男女ともに同じ金額を設定しています。

しかも高いです(女性は10代・20代は無料で有料なのは30代以上から)。

逆を言えばOmiaiに登録している女性会員はお金を男性と同様に毎月分を払って登録しているので本気度がダントツで高い、とも言えます。

長期プラン(契約)での割引率でのコスパを比較

いわゆるネットで知り合ってからすぐ出会う

「即会い(そくあい)」

が出会い系アプリでは比較的多いのに対し、恋活・婚活アプリでは即会いはほとんどありません。

少なくとも女性側は即会いに対して警戒心が強い人が多いので、知り合ってからすぐに出会うのは不可能ではないですが、控えた方が安全です。

なので出会ってすぐお付き合いが始まる可能性も低いです。

そうなると必然的にアプリの利用期間が長くなり、その分お金もかかりますが、恋活・婚活アプリでは3・6・12ヶ月という風に長期契約用のプランを用意してくれています。

最初から長期契約をすると料金がかなり安くなるので、

  • 時間をかけて理想の相手の見つけたい

  • 複数の女性と同時にデートしながらつきあう相手を選びたい

などのような考えを持っているのなら最初から長期契約した方がコスパを考えるとお得です。

1ヶ月プランと12ヶ月プランでの割引率をランキングでまとめましたので、長期契約を考えている方は参考にしてください。

1ヶ月契約の料金と比較して何パーセントになるかを一覧にします。

数字は%が少ないほど料金が減ることを意味します。

※クレジットカード決算時の割引率です

  1. youbride(ユーブライド):50.2%

  2. タップル誕生:55.9%

  3. Matchbook(マッチブック):60.7%

  4. ゼクシィ恋結び:61.8%

  5. pairs(ペアーズ):63.7%

  6. with(ウィズ):64.2%

  7. Omiai(オミアイ):69.8%

  8. cross me(クロスミー):76.3%

1位のyoubrideと最下位のcross me(クロスミー):では約26%の違いがありますので、年間契約では恋活/婚活費用に結構な差がでることがわかります。

おすすめのマッチングアプリランキング

ここまで掲載した数字と、それぞれのアプリを実際に使用してみて、女性と出会える確率がどれくらい高いか、女性会員の質、管理人の主観などを総合的に判定してランキングを付けます。

ただ、登録した人とアプリとの相性などもありますので、それぞれのアプリにつけた補足情報もしっかり参考にしてどのアプリ・サイトに登録するかを決めてください。

さきほど一ヶ月分の料金を比較しましたが、恋活や婚活アプリを使いはじめてから交際が開始するまでの平均的な利用期間の目安は3ヶ月から4ヶ月です。

よって3ヶ月間の料金が最も出費として計算すべきものなので、3ヶ月パックに登録した時の料金をこちらには記載します。

ほとんどの利用者は20歳以上でクレジットカードを持っていると思いますので、決済方法はコスパに優れているクレジットカードに限定しました。

だいたいとのアプリ・サイトも1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の料金プランを用意していて、長期で契約すればするほど1ヶ月あたりの料金は割安になります。

ランキングの上位に入りませんでしたが、日本に住んでいる外国人と恋愛をしたいならmatch.com(マッチドットコム)が抜けたナンバーワンのおすすめアプリとなります。

もちろん日本人女性もたくさん登録していますので、国際的な恋愛を希望するなら是非リンク先で料金等を確認した後に登録してください。

マッチドットコムは世界的な人気アプリなので、海外ですると簡単に外国人と出会うことができます。

なので海外旅行中等にログインすれば旅先で思わず出会いが生まれるかもしれません。

※女性は完全無料で利用可能です

おすすめ第1位:Omiai(オミアイ)

omiai(オミアイ)

  • Facebookアカウント:必須

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 月額2,780円~(10代、20代女性は無料)

  • こんな人におすすめ:将来を考えた恋活をしたい20代30代の男女

  • おすすめ参考データ:男性は70人にいいね!すると平均で5人とマッチング成立。女性は60人にいいね!すると平均で9人とマッチング成立。

元祖恋活アプリとして圧倒的な存在感があるのが「Omiai(オミアイ)」です。

アプリだけでなくパソコンにも対応していますので、パソコンを使えば同時にたくさんの異性とのメッセージ交換も苦ではありません。

何と言ってもおすすめポイントは男女共に本気度が高いところです。

使ってみると、いいね!からのメッセージ送信に対しての返信率がとても高いことがわかります。

女性の利用を有料にしているというか、有料にできるのはそれだけ女性にもメリットがあるからこそです(キャンペーン中は10代・20代女性は無料)。

他のマッチングアプリを使ってみて、マッチング成立はするけどその後メッセージが続かないという悩みを持つ人(特に男性)はOmiaiを使いましょう。

本気度が高い女性はマッチングが成立したらちゃんとメッセージ交換を続けてくれる確率は高いです。

料金はやや高いですが、恋活費用に対する確実性の高いリターンを期待できる優良アプリです。

公式サイトを見てみる

おすすめ第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)

  • Facebookアカウント:必須

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:2,860円(クレジットカード決済)

  • こんな人におすすめ:恋活アプリ未経験者・異性の趣味友が欲しい人

  • おすすめ参考データ:会員は登録後平均4ヶ月で交際に発展している。自己紹介文の有無でマッチング率は10倍になる。

会員数の面では圧倒的で総合的には最強の恋活アプリと言えるPairs(ペアーズ)を2位としました。

確かに女性会員数は多く、モデル・芸能人並みの美女も多数登録しています。

しかし、人気女性会員に対してはいいね!が殺到するので、いいね!しても自分のプロフィールをみてもらえるかどうかもわかりません。

詳しく説明していませんが、Omiaiはいいね!が男女ともにあるていど分散して平均して出会える確率が高くなるような仕組みを採用しているので、これが1位と2位の決定的な差となりました。

ただ、男女ともに誰もが認めるイケメン・美女なら逆に選びたい放題なので、いろんなタイプの異性から遊び友達や恋人候補を選ぶことができます。

コミュニティなどのSNS的な機能もありますので、趣味友を探すのにも向いている万能型の恋活婚活アプリとしても使えます。

10代〜30代の会員が多く、アプリ・サイトのデザインや機能も優れていますので、恋活アプリを使ったことが無い人にはまずオススメしたいアプリです。

婚活なら既に紹介したOmiai、恋活ならPairsという使い分けもありだと思います。

公式サイトを見てみる

第3位:Matchbook(マッチブック)

matchbook(マッチブック)

  • Facebookアカウント:必須

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:2,996円(クレジットカード決済)

  • こんな人におすすめ:女子大生や20代のOLと恋活したい

リクルート系という若い女性なら誰でも知っているブランド力があるせいか、マッチブックは20歳前後(18歳・19歳を含む)の女子大生や20代のOLがたくさん登録しています。

付き合って即結婚というよりは彼氏作り、つまり恋活目的で利用している女性が多いという印象です。

なので結婚前提のおつきあいというよりは、まずはお付き合いしてから将来のことをじっくり考えたいという人向けです(ただしセフレ募集などが目的の場合は利用が不可です)。

女性会員が若い分、20代男性に向きそうな印象があります。

新社会人の男性などは就職活動のアドバイスができるので女子大生の就活の悩み相談をしながら仲良くなりやすいでしょう。

会員数は男女ともにマッチブックよりランキング上位のアプリには劣りますが、これから新規会員数が伸びそうなアプリなので出会いチャンス自体は上位アプリより大きいかもしれません。

公式サイトを見てみる

第4位:cross me(クロスミー)

cross me(クロスミー)

  • Facebookアカウント:必須ではない

  • 対応端末:iPhone・Android・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:3,267円(アプリ内決済)

  • こんな人におすすめ:毎日ドキドキしながら過ごしたい、道を歩いているとすれ違う異性をつい見てしまう

  • おすすめ機能:「すれ違い」で毎日すれ違う異性がわかる

通勤が通学など、日々の生活の中ですれ違う異性(cross meの異性会員)を教えてくれるという画期的なマッチングアプリです。

すれ違ったタイミングや回数もわかるので、距離的に近くにいる異性が一目でわかります。

すれ違った異性に即「いいね!」してマッチングが成立したらローカルな話で盛り上がれますので、自然と共通点が見つかる仕組みになっています。

毎日の味気ない通勤や通学をドキドキしながら過ごしたい人に特にオススメです。

マメにログインしてすれ違う異性をチェックしてください。

意外と言っていいほど可愛い女性と毎日すれちがっていることがわかります。

公式アプリを見てみる

第5位:with(ウィズ)

with(ウィズ)

  • Facebookアカウント:必須

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:2,600円(クレジットカード決済)

  • こんな人におすすめ:恋活アプリ未経験者・異性の趣味友が欲しい人

  • おすすめ参考データ:男女比率が57:43とかなり良いバランスで会員も急増中

メンタリストのDaiGOさん監修ということで業界を震撼させたwith(ウィズ)が3位です。

2015年にはじまったサービスですが、2016年の後半くらいから広告を一気に増やし、かなりの数の女性会員を獲得しました。

その結果なのか、男女比率が57:43とかなり良いバランスになっています。

累計会員数も順調に増加しているので恋活アプリ内の台風の目となりつつあります。

過去にOmiaiやpairsを使ってうまくいかなかった人は2017年はwithでチャレンジするのがベストだとと思います。

公式サイトを見てみる

第6位:タップル誕生

  • Facebookアカウント:必須ではない

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:2,660円(クレジットカード決済)

  • こんな人におすすめ:カジュアルな出会いを楽しみたい人

  • おすすめ参考データ:女性会員の平均年齢25.8歳

婚活というよりは「相手の顔写真を見てときめきを感じたい」「同じ趣味の異性と知り合いたい」という人に向いているのが「タップル誕生」です。

異性のプロフィール写メを見てスワイプしながらマッチングするタイプのアプリなので直感が大事になります。

20代の女子大生やまだ社会人になって間もない女性会員が多く、フランクな出会いを楽しめるようになっています。

2016年にものすごい勢いで会員数を増やしたので2017年はタップル誕生にとって飛躍の年になりそうです。

料金も安いので、マッチングアプリ初心者や未経験の人でも気軽に使えます。

公式アプリを見てみる

第7位:youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)

  • Facebookアカウント:必須ではない

  • 対応端末:iPhone・Android・パソコン・タブレット

  • 3ヶ月契約での1ヶ月あたり料金:3,800円(クレジットカード決済)※新規入会会員の場合は3,333円

  • こんな人におすすめ:3ヶ月以内に結婚したい

  • おすすめ参考データ:2015年にyoubrideで知り合って結婚した人の数は1,700人(2015年12月確認数字)

ラブサーチと機能などは似ていますが、料金が少し高い分ランキングを下げましたが、こちらも実績のあるサイトです。

ノウハウを持つ大手IT企業が運営しており、女性も有料なので女性会員の質の高さは相当なものがあります。

結婚願望が強い会員の獲得を上手にしているせいか、登録してから結婚するまでのスピードが異常に高いという特徴があります。

ライトな恋活アプリを使ったけど女性会員に真剣さを感じられなかったという人や「正直結婚に対して強い焦りを感じている」という人におすすめのサイトです。

公式サイトを見てみる

ランクインしなかったアプリのおすすめポイント

1位から7位までをピックアップしてきましたが、7位以下でも優良アプリはたくさんあります。

リクルートグループの「ゼクシィ恋結び」については何と言っても女の子が大好きな「ゼクシィ」ブランドがあります。

ブランド力で女性会員を増やせば自然と活性化するでしょう。

ゼクシィ恋結びはまだリリースしてからそこまで時間がたっておらず注目度はそこまで高くないですが、恋活・婚活アプリの穴場的な存在です。

2017年には伏兵的な立場ではなくメジャー寄りになりそうで、そうなってからは女性を狙う男性が増えますので今のうちに登録しておきましょう。

補足すると婚活パーティーやお見合いも企画していますのでネットでの出会いが怖かったり、苦手という人にも向いています。

登録して損をすることは無いと思いますが、ここまで取り上げアプリの中では少し劣るかなというのが本音です。

自分に向いてそうだなと思った方はリンク先からダウンロードしてください。

このページで取り上げなかったけどおすすめのマッチングアプリ

このページでは詳細情報を掲載していませんが、大手企業が運営していたり、アプリの機能が優れているなどの理由でおすすめのアプリをまとめました。

ここで紹介するアプリも2017年に会員数をかなり増やすと思いますので、競合となる会員がまだ少ない間に登録しておくと思わぬ出会いが生まれるかもしれません。

リンクをタップすれば詳細情報を確認できるページへジャンプしますので、料金や詳しい使い方などはリンク先で確認してください。

この中では、面食い向けアプリとして人気の「mimi」が特におすすめです。

30代後半から40代におすすめのマッチングアプリは?

30代後半から40代以上の男女におすすめ!というマッチングアプリは特にありません。

強いて言えば会員数が多いので登録している同世代の男女の数が多いpairs(ペアーズ)がおすすめとなります。

おすすめできるマッチングアプリはありませんが、マッチングサイトや出会い系サイトならシニア向けがあり、中には人気サイトもあります。

中高年はスマホではなくガラケーを持っている人が多からか、中高年向けのサービスはガラケーやパソコンに対応したものが多いです。

おすすめサイトはいくつかありますので、興味がある方は

シニアと呼ばれる熟年層でも使えるマッチングサイト

リンク先で詳しく確認してください。

アラフォー・アラフィフでもマッチングアプリは使えます

40歳前後(アラフォー)やアラフィフ(50歳前後)になると異性と出会う機会は極端に減ります。

出会い機会が減るというか、正確に言うと恋愛対象となる独身の異性と出会う機会が減るのです。

なのでそういう出会いのチャンスが減った人にマッチングアプリはおすすめです。

若者たちしか使っていない印象を持つかもしれませんが、30代やアラフォーくらいの男女は実は当たり前のように利用しています。

そして、お金を使えば出会いやすくなる仕組みも各社用意していますので、結婚相談所に年間数十万円を使うくらいならまずは1ヶ月1万円を目安としてマッチングアプリを使ってください。

条件を高く設定しすぎなれば少なくともデート相手は見つかるはずです。

この記事を読んだ人におすすめの記事