• 2018.01.19
  • 2018.06.18

処女と出会いバージンをGETしたい!出会い系アプリで処女を見分ける方法は?

約3分で疑問を解決します。

最近の世の中の風潮として、男女共に、「処女は重い」という共通認識があるのではないでしょうか。
中には、それがコンプレックスでわざわざ好きでもない男とエッチして、とりあえずバージン喪失を目指す女の子も少なくないとか。

しかし、男性の本音として、「男性経験がない女性がいい」「他の男と簡単にセックスする女は嫌だ」と言った理由で、処女性を切望してる男性は、間違いなく一定数いるのです。

ただ、なかなか処女に出会えない、あるいは処女かどうかわからないという現実があり、どうにかしたいと思っている人も多いはずです。

そんなあなたにどうしたら処女と出会えるか、詳しく紹介したいと思います。

処女の見分け方や見つけやすいパターン


まずは、狙う相手女性が処女かどうかの見分け方や、処女が見つけやすそうなパターンについて考えてみましょう。
これは、当然「入り口」なのですが、それと同時に案外難しいポイントでもあります。

また、年齢が低い方が処女である確率が上がるのは当然ですが、法律や条例、倫理の関係上、相手女性の年齢は、18歳以上であることを前提とします。

奥手そう・地味目な女性

いかにも男性と縁が無さそうでセックスの経験がない女子を狙うという、見た目を利用したオーソドックスな方法です。
ギャル系などは、見た目からしていかにもヤリマンとして弾かれますし、清楚系な美少女などは狙いたいところですが滅多にいませんので、地味めな顔普通っぽい女子でも良いという覚悟は必要です。

基本的に、化粧や服装が地味目だったり、体毛の処理が甘い(すぐにわかる部分でも、眉毛や産毛など)などの特徴が、処女には出やすいとされています。
そういう見た目をある程度目安にしてみるのは、決して間違ってはいないのです。

一方で、一見地味目でありながら男性経験人数が豊富という地雷パターンもかなりありますし、見た目でモテる女アピールしてる女子が、実はバージンだったというパターンもあります。

確率的に見れば、この方法はそこそこ信頼性はありますが、単純に見た目がそれっぽいというだけで、相手が処女だと思い込んだり、逆に処女じゃないと決め込むのは、少々短絡的かもしれません。

自宅通学・通勤の女性

大学や専門学校に自宅通学している女子学生、あるいは職場に自宅から通勤している女性を狙うというパターンです。

一人暮らしよりは、割と箱入り娘的なパターンが見られるので、現在彼氏などの影が見えなければ、ある程度までは、処女である可能性を考えても良いかもしれません。

ただし、こちらも思い込みは禁物です。

女子高出身や女子大(出身)の女性

女子高卒や女子大学在学・出身の女子を狙うというパターンです。

たしかに、一般的な共学の高校や大学と比較すれば、男性との出会いが限られるとは言えるので、あながち間違いとまでは言えません

しかし、女子大なら高校まで共学の場合も普通にありますし、合コンや他校との交流も普通にあるのが現実で、これだけで処女を確定するのは相当無理があるでしょう。

高学歴もしくは堅い仕事の女性

高学歴や難関大学などに通う女性や、高い知性が必要な職業(医師や弁護士、薬剤師や大企業の総合職など)の女性には、一般的な女性より処女が多いとされています。

ただし、こちらも以前程の高確率ではなくなっているようですし、そのような女性と知り合う機会が男性側からして相当限られるので、こちらも現実的な手段ではありません。

女性が多い職場の女性

看護師や保育士など女性ばかりの職場だと、男性経験がない女性が多いのではないか?そんな願望を持っている方もいるかもしれません。

たしかに「彼氏」は一見できにくい環境かもしれませんが、言葉は悪いですがハッキリ言えば、「悪い噂」が多いのも女性が多い職場の特徴です。

こう言っては何ですが、期待するだけむしろ地雷に当たりやすいとすら言えるかもしれません。

やんわりと探ってみる

直接的に相手が処女かどうか確認するのは通常は論外ですが、何となく「付き合ったことがある?」などと聞いて、上手く情報を引き出したりすることはよくある手段です。

また、相手の友達などからそれとなく情報を得るという方法があります。

残念ですが、昔も今もこれが最も確実な方法です。

また、この方法を取る前に上記のような手法や条件の内、「使えそうな」ものを組み合わせて利用することで、あらかじめ対象を絞っておくというのも、効率を考えると良い方法かもしれません。

処女と出会うための方法

処女と出会うために取る方法について、ありがちなモノを幾つか検証してみたいと思います。

自分の周りにいる処女を狙う

学校や職場、趣味のサークルなどの女性に、男性経験がない女性を見つけてアプローチを仕掛けるという方法です。

ただ、これはすでに説明したような方法で、その相手が処女かどうか色々と情報を仕入れる必要があります。
そもそも、相手が処女だとわかったところで告白して振られでもしたら、近い関係だけに気まずい状況に追い込まれかねません。

一方、男女問わず知り合いから、交際歴の無い女子を紹介してもらうと言う手もあります。

これは、イケメンやモテ男以外でもあり得るパターンで、男性側からのアプローチだけではなく、女性側が、とりあえず男女交際をしてみたいと思っている時に、彼女なしで「そこそこ」の男性に白羽の矢が立つということもあります。

ただ、このパターン含め、相手と付き合って深い関係になった後、万が一別れることにでもなったら、振られて気まずいどころの騒ぎではなく、周囲、特に相手女性の友人などからも批判の的になる恐れがあります。

好きになってどうしてもという場合には、その後の人間関係が壊れるリスクを取る価値は十分にありますが、そこまでの覚悟がないなら、慎重になった方が良いでしょう。

ナンパする

この方法の最大の問題として、ナンパに簡単に応じるような女性に、処女はほとんどいないという現実があります。

たしかに、ナンパに簡単に付いていくようなタイプは、まず処女である確率は低く、むしろ男性経験豊富でセフレすらいる可能性も考えなくてはなりません。

そして何より、ナンパ自体の成功確率自体が、イケメンでもない限り決して高くないということもあります。
こうして考えると、色々な意味でほぼ「あり得ない」選択肢であることは明白です。

女子大などの文化祭に行く

外部の人間も簡単に入り込める、女子大や女子が多い看護師の専門学校などの文化祭などに出かけ、処女を探すという方法です。

ただ、これもある意味ナンパのキャンパス限定バージョンのような感じですから、ナンパよりはハードルは低いものの、そう簡単には行かないでしょう。

さらに、女子しかいない学校でも処女が多いとは限らないのは、すでに触れた通りです。

合コン・街コン・婚活パーティー・相席居酒屋などに参加する

こちらもナンパ同様、積極的に自分から出て行って交際を仕掛けるパターンですが、逆に言えば、女性の側もある程度積極性がある場合が大半です。

その時点で、一定の年齢を越えた段階で処女であることはあまり期待できないかもしれません。

結婚相談所に登録する

昔からの婚活の典型的手法である、結婚相談所に登録して処女を探す、つまり処女と結婚することを期待した行動です。

一方で、相手が処女かどうかまで、登録段階で問われるわけではありませんから、相手に求める条件などで、処女性との交際を条件にしておくことをぼかして書いておくなどの工夫が必要でしょう。

身持ちの堅い女性が好みであるとか、奥ゆかしい女性が好きであるとか、そう言ったアピールを上手くプロフィールなどに忍び込ませておく必要があります。

とは言え、男性との交際がない女性ばかりが登録しているということもありませんから、処女と付き合うとなると、そう簡単ではなさそうです。

処女と出会うには出会い系・マッチングサイトやアプリを駆使しよう!

以上、見分け方や出会い方について見てきて、大体おわかりかと思いますが、処女と付き合うのは、存在数の多い少ないだけではなく、基本的に難しい部類のことなのです。

でもご安心下さい。出会い系サイトなどを利用して処女をゲットする方法なら、比較的容易に処女と付き合うことが可能です。

なぜそのようなサイト(のアプリ)を利用するのが良いのか?

その理由は、交際歴など、処女を推定出来るようなプロフィール検索・閲覧が出来るからです。

それを利用すれば、相手が嘘を付いている場合はともかく、相手が処女かどうか最初からわかりやすいと言えるでしょう。
直接相手を目の前にして、色々遠回りするよりは、気楽というのもメリットです。

他にも、後で詳しく触れますが、掲示板などを利用して、交際可能な処女を募集するという、地引網的な手法もあります。

加えて、ただ処女を探すだけではなく、スタイルや見た目などの他の項目でも、詳細に検索したり募集することが可能です。

これらの点で、出会い系サイトで処女探しすることは、他の方法より効率が大変良いのです。

さらにスマホでこれらサイト用の公式アプリを導入すれば、スマホ片手に簡単に相手探しができるので、よりおすすめです。

もちろん、真剣な交際や婚活を目的としたサイトのアプリもありますから、そのようなアプリを利用すれば、真面目な処女と交際に発展する可能性は十分にあり得ます。

処女と出会いやすい出会い系・マッチングサイト(アプリ)のランキング

早速、出会い系サイトのオススメのアプリを、ランキング形式で紹介します。

【第1位】PCMAX



栄えある第1位の座には、PCMAXを挙げます。

その理由はズバリ、「新人検索」なる検索方法が存在しているからです。
PCMAXに登録して1ヶ月未満の女性会員が、「新人さんを探す」検索ボタンで、プロフィール検索引っかかってくれるというわけです。

当然、PCMAXに登録したばかり=処女というわけではありませんが、新年度が始まって、環境が変わった新入学生や新卒社会人の多い春先や、学生に開放感の出て来る夏休みの登録女性、さらに年齢などの他の検索を駆使すれば、ある程度処女を見つけ出しやすくなります。

さらに、「裏プロフィール」を見るという方法も併用してみると、もっと処女が見つかりやすくなります。
表には出せないような、セックスに関する願望や、セックス関連の質問への回答などがあり、そこから処女、あるいは処女である可能性のある女子を見つけることができるのです。

ただ、1位にした理由は当然それだけではなく、50万人というアクティブな会員の多さにもあります。
継続的に参加している会員が多ければ多いほど、処女と会える可能性も結果的に上がりますし、エッチ目的の女性会員も多いとされ、その点も狙い目なのです。

18歳未満禁止でサイト登録は無料ですし、登録時に最大100ポイントの無料ポイントがプレゼントされます。
また、24時間体制の監視・サポートもされていますので、そういう面でも安心して処女探しが出来ます。

公式はこちら

【第2位】ハッピーメール



こちらは、単純に累計会員数が1600万人と多く、会える確率70%を超えると評判で、多くの女性ユーザーが集まってきているということで推しました。
母数が増えれば処女のユーザーも多いというのが推奨理由です。

ハッピーメールは、PCMAX程ではありませんが、プロフィール閲覧や掲示板などを利用して、処女を探すことが十分に可能です。

プロフィール検索にポイントが必要ないのも良い点と言えます。

18歳未満禁止の登録無料で、登録時に120ポイントがプレゼントされますし、こちらも24時間体制でパトロールやサポートがされています。

公式はこちら

【第3位】YYC



これまで紹介したサイトが、どちらかと言うと、セックス目的という意味合いが強いのに対し、このサイトは基本的に真剣な交際を前提としたユーザーが多く集まるサイトです。

処女とちゃんとした交際をしたい、または先々は結婚もあり得ると言う、真面目な男性はこちらのサイトがおすすめです。

というのも、YYCはmixiグループが運営している、出会い系というよりは、マッチング・恋活系のサイトですので、その点が保証できるのです。

他にも、会員のライフスタイルや価値観などもわかりやすく、婚活や真剣に処女と付き合いたいという方には向いていると言えるでしょう。
累計登録数が1000万人で、マッチング系のサイトとしては多く、ユーザーの平均年齢もやや高いため、落ち着いた出会いが可能です。

18歳未満禁止で、会員登録は無料(初回登録時に300ポイントのサービス)ですし、運営やパトロール、サポート体制も万全です。

公式はこちら

【同第3位】イククル

こちらは、PCMAXやハッピーメール程ではありませんが、多くのユーザーが集まって来る出会い系サイトです。

しかし、1番重要なことは、イククルの検索項目には、「お付き合いした人数」なる項目があり、これを0人で検索すれば、自称処女の女子がわかるという点です。

もちろん自己申告ですから、どこまでアテになるかはともかく、わかりやすいという点では単純明快と言えます。

こちらも、18歳未満禁止で登録無料(初回登録最大100ポイントプレゼント)、サポートやパトロールは24時間体制となっています。

公式はこちら

吉村
処女と出会い『セフレにできるアプリ』は、こちらの記事に詳しく書いてあります!

出会い系サイトやアプリを利用して、処女と出会うためにやるべきこと


さて、処女を見つけるためのサイトやアプリを紹介しましたが、処女と会うためには、他にもやっておくべきことがいくつもあります。

自分のプロフィール作成

どうしても相手探しにばかり目が行きますが、まずは、自分を女性側にどう売り込めるかが実は重要なのです。
相手からメールやメッセージをもらえないことには、直接会えないのですから当然ですね。

さて、処女の女性があなたに興味を持ってくれるためには、「ある程度交際に慣れていて、相手をリード出来る」ことや「とにかく女性に優しい」という、2つのイメージを印象付ける必要があります。

一方で、遊び人(いわゆる「ヤリチン」)イメージまで持たれると、処女のような女子にはマイナス効果をもたらす場合もありますから、ほどほどが肝心です。

もちろん、相手が単に処女喪失を目的としていて、あなたもただの体目当てでの割り切った付き合いを求めているなら、それはそれでアリでしょう。

また、自分の好みやタイプを書いておくことは、好みの相手を「門前」で絞ることにつながる一方、処女は基本的にそれ程モテるタイプではないことが多く、顔やスタイルを高望みすれば、まず付き合えません

そこはある程度妥協する必要があります。

処女を探してみる

自分のプロフィールができたら、処女探索に取り掛かりましょう。

場所を絞る

まず、当然ですが、探す相手は自分の生活範囲の近くでないと、頻繁に会えませんので、その点は最初に考える必要があります。
なお、生活範囲=自宅の住所である必要はありません。頻繁に訪れるような場所や地域でも良いでしょう。

相手が処女ということもあり、後腐れのない関係を求めるなら、多少生活範囲が離れていた方が良いこともありますから、そこは必要に応じて柔軟に対応します。

さて、探す場所の範囲が決まれば、本格的な処女探しが始まります。

プロフィール閲覧や検索を利用する

登録女性のプロフィールを閲覧したり、検索して、処女の可能性がある女子を選んでいくという方法です。

ここでも、まず美女などは滅多にいませんので、画像などによる見た目やスタイルは、ある程度妥協してください。
注意すべきは、露骨に「処女」を表に出している女性は、処女でもそう多くはないということでしょう。

「経験が少ない」とか「交際経験がない」、「出会いが全くない」などと、ぼかした表現になっていることが多いと言えます。
そういう意味で、プロフィール検索で「処女」や「バージン」と直接的に入れても、ヒットすることは多くありません。

また、ヒットしても、サクラやら業者、偽処女などの可能性もありますので、
注意しましょう。

検索には、「喪失」「捨て」「未経験」「経験なし」「ゼロ」「彼氏なし」など、処女であることを、相手がほのめかしているような表現の文言を入れておくと良いかもしれませんね。

掲示板を利用する

出会い系・マッチングサイトには、基本的に掲示板があります。
そこでは、特定の交際相手を求めるパターンが多く、自分からというより、処女の相手に自分の方にアプローチしてもらうという方法です。

ただ、中にはアダルト系の掲示板と(表向き)純粋な恋愛目的の、いわゆるピュア掲示板の2種類あるサイトが多く、例えセックス目的でも、ピュア掲示板にすることが必要です。
アダルト掲示板は業者や援交目的のユーザーが多く、不向きです。

ここでも、「処女募集」などのようなダイレクトな表現ではなく、「交際経験の無い女性からのメッセージ募集」「男性経験がなくてもデートを楽しめます」などと、処女の相手が安心出来るような形にしておきます。

仲良くなって連絡先交換

さて、以上のような手段で、好みの範囲内の処女が見つかったら、そこからメールで徐々に親密な関係を構築します。
相手は、基本的に交際経験が未熟ですから、まず相手の話を聞いて、優しさをアピールしましょう。

そこでリラックスできる男性だと印象付けます。

また、正直なところ、あまりモテないタイプの女性が多い傾向は否定できず、その点も上手くフォローしてあげると良いですね。
なお、一般的にはある程度の段階で、連絡先を聞くなどの積極性を見せておく方が良いのですが、相手が処女だと通常より時間を掛けておくべきです。

LINE交換などで、相手との直接の連絡先をゲットするまでが、最初の大きな関門ですから、ここは慎重に行きましょう。

もちろん、明らかに割り切った処女喪失目的の女性だと判れば、その限りではありませんが、それでも相手は処女ですので、急がば回れは基本です。

実際に会う

さて、連絡先を交換しても、会う約束をしても、実際に会ってくれるかどうかは、特に処女の場合には別だと思って下さい。
いざとなると、踏ん切りが付かずに、約束してもドタキャンなどということもよくあります。
その場合でも、怒らず騒がず、相手がその気になるまで待ちます。

処女と出会った後に口説く方法


ここまで何とか上手くやって、実際に会った後、どうやって最後まで行くかが、最後の難関となります。
もちろん、相手がバージンを早く捨てたいと、やる気マンマンの場合には、即ラブホテルへGO!ということも悪くはありません。

また、本当に真剣に交際したいなら、かなりじっくり時間を掛けて、関係を構築していくべきです。

一方で、そのどちらでもないという場合には、さじ加減がポイントとなってきます。
基本的には、それなりにセックスには興味があるからこそ、出会い系サイトに登録しているとは言え、セックスに対して恐怖感もあるのが処女の現実です。

その心理状態を考えれば、やはり数回はデートを重ねることが必要です。
セオリー通り、最初から2回目ぐらいまでのデートはキスだけに留め、相手が徐々にこちらに心を許すようになったら、ボディタッチや少しエッチな会話などを織り交ぜて反応を見ていきます。
ボディタッチは手や顔、頭を中心に、会話もあくまでソフトなものに留めましょう。

そして、タイミングを計ってホテルに誘うというのが王道です。
また、20歳以上に限られますが、相手のガードを緩くすることと、「言い訳」を作るのに、バーなどで雰囲気作りも兼ねて軽く酔わせるのも手です。

あくまで軽目というのがポイントで、後からトラブルになりかねませんので、泥酔などはさせないようにしてください。

さらに、いざ本番となった後も、徹底して女性本位のエッチに徹することが重要です。
相手に辛い思いは絶対にさせないようにすれば、それ以降もあなたとの交際を望む可能性は高まります。

処女と付き合うメリット

最大のメリットは、相手の初めての男になるという達成感や、誰の色にも染まっていない女性を手に入れる幸福感などがあります。

また、これは人にもよりますが、処女を大切にするタイプは、浮気しにくいということも、傾向としてはあるでしょう。

特に結婚するなら絶対処女という男性の場合、メリットというよりは譲れない条件になっていると言えます。

他にも、特殊ではありますが、性病などに罹患している可能性が少ないという点も、大きなメリットの1つかもしれません。

処女と付き合うデメリット

これは、深い関係になった後、面倒なことになりかねないことが、まず挙げられるでしょう。
仮に、最初は単なるバージン喪失目的のつもりでも、事後になってから情が湧いてきて、男性側がそのつもりではなくても、しつこく付きまとわれるなどのケースがあり得ます。

相手が一見割り切り目的だとしても、特に処女の場合には、「絶対はない」という点は考慮しておく必要があります。

次に、処女は性的には未熟なため、エッチを楽しむということは、最初からは期待できないことがあります。
また、下半身のケアなども不十分なことも多く、その点もデメリットと言えるでしょう。

処女と付き合いたいなら出会い系サイトとアプリの活用だが、やはり真剣さは必要

処女と出会うには、出会い系サイトやそのアプリを利用すると、効率が良いことはわかっていただけたかと思います。

一方で、簡単に出会えたとしても、その先には色々とあるのも、処女との交際には付きまとう現実です。

また、いい加減な気持ちで遊んでいると、いい思いだけではなく、いつかとんでもないしっぺ返しを食らう恐れもありますから、ある程度真剣な交際を前提として利用しておくことが無難です。

\ユーザー満足度順/
出会えるアプリランキング

関連記事