処女とセフレになりたい!初めてのセックスを簡単に奪える方法5選!

幾ら女性の「過去」を気にしない男性が増えたと言っても、出来れば自分が相手にとって最初の経験相手であって欲しい……。
そんな思いを密かに持っている男性は、表向き口にしないだけで、案外たくさんいるものです。

経験人数が多数の女子とのエッチ体験も悪くはありませんが、処女の娘をセックスで自分の色に染めていくのも男性にとっての大きな喜びと言えます。
そんなバージンの女の子と出会って、何とかしてセフレにしたいと思っている人も多いことでしょう。

とは言っても、処女は出会いがないからこそ処女である以上、そういう女性と出会うこと自体なかなか大変です。
そこでこのサイトでは処女とどうやって出会い、そしてセフレに出来るかを考えると共に、その具体的コツを伝授させていただきます。

処女をセフレにしやすい理由

処女というと全体的にガードが固そうというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。
さっさとバージンを捨てたいと思っている女子もいるからです。

つまりあくまで処女卒業機会のなかった女子が、結果として処女であるだけで、結構な数の処女が初体験の機会を積極的に狙っているとも言えます。

その理由は周りが「卒業」していく中、自分がいつまでも処女だと恥ずかしいという心理があったり、焦りが出て来るからです。
特に女性の場合には、「重い」と男性に思われることを嫌がる傾向が強いのも特徴と言えます。

更に処女は男性への免疫がないため、処女を捧げた男性が恋愛やセックスの基準となり、どんなわがままであってもそれを受け入れてしまう傾向にあります。
まして初めてエッチした相手ですから、それなりの情も湧いてくる確率も相当高いのです。

ですから一度エッチしてしまえば、場合によってはあなたに都合の良いセフレとしての、身体のみの関係を作れる可能性があるというわけです。

セフレに出来る処女との出会い方

さて、そんなセフレに出来る可能性がある処女娘との出会いにはどんなパターンがあるのか、簡単に一覧でメリットデメリット含め見てみたいと思います。

ナンパ 合コン 女子大の文化祭 出会い系アプリ 掲示板
メリット
  • 好みの女性にいくらでも声をかけられる
  • 親しくなれる可能性が高い
  • 相手の恋愛経験を探ることが出来る
  • 好みの女性にいくらでも声をかけられる
  • 男女とも会員人数が多いので出会いやすい
  • 相手が処女かどうか、質問や検索で探ることが出来る
  • 相手の顔もチェック出来る場合がある
  • 個別に会う約束をすれば周囲にバレにくい
  • 運営がしっかりしていればサクラはほとんどいない
  • 相手がヤリ目的である
  • 処女であることをアピールしている場合が多くわかりやすい
  • 個別に会う約束をすれば周囲にバレにくい
デメリット
  • ヤレる確率が低い
  • 恥ずかしい
  • 相手が処女かどうか不明
  • 知り合いに出会ってバレる可能性がある
  • 処女相手の場合、セフレ扱いだと相手の女性の女友達などから悪評が伝わりやすい
  • ヤレる確率が低い
  • 相手が処女かどうか不明
  • 不審がられる可能性がある
  • 運営会社がしっかりしていないところはサクラや業者がいる
  • 真剣な恋愛や結婚目的の女性もいる
  • 投稿女性の絶対数が少ない
  • サクラが多い

こうしてみても、運営会社がしっかりしているなら、出会い系サイトを利用するのが、ダントツに効率が良いでしょう。
特にアプリが利用出来る出会い系サイトが、スマホで手軽に処女探しが出来るのでベストと言えます。

処女とセフレになれる出会い系サイトTOP3

最も処女と出会える可能性の高い方法が出会い系サイトの利用ですが、その中でもどんな出会い系サイトが良いのか選ぶ必要があります。
わかりやすいランキング形式で、具体的に3つのサイトを紹介します。

1位:ハッピーメール

累計会員数 1,500万人
料金システム 男性:有料ポイント制
女性:無料
無料会員登録でもらえるポイント 最大1,400円分
メール1通の単価 50円
サービス開始時期 2000年

ハッピーメール最大の特長と言えば、累計会員数の多さ出会える確率の高さですね。
特に出会い確率74.5%は、数多い出会い系サイトの中でも驚異的な数字と言えます。

「ハッピーメールで出会えなければ、他の出会い系サイトで出会える可能性はほとんどない」と言い切ってしまっても良いレベルでしょう。

ハッピーメールを使ってみる

2位:PCMAX

累計会員数 1,500万人
料金システム 男性:有料ポイント制
女性:無料
無料会員登録でもらえるポイント 最大1,400円分
メール1通の単価 50円
サービス開始時期 2000年

PCMAXは、アクティブ会員が50万人というのが最大の魅力です。
会員数はただ多いだけではなく、日常的に出会いのために活動している会員が多いことが重要ですから、この点は見逃せません。
また、写真投稿数も1日あたり32000件という多さで、こちらもどんな女子がいるかと目移りしてしまう程です。

PCMAXを使ってみる

3位:ミントC!Jメール

累計会員数 500万人
料金システム 男性:有料ポイント制
女性:無料
無料会員登録でもらえるポイント 最大1,500円分
メール1通の単価 70円
サービス開始時期 2000年

ミントC!Jメールは会員数がそれ程多くありませんが、ポイントが割高のせいで男性会員が少ないため、その分競争率が低いというメリットがあります。

また会員登録から60日以内の新人を見つける「新人検索」も特長です。
出会い系初体験の、若いバージン女性を狙い撃ちするのに有効活用しましょう。

競争率の低さとの相乗効果で、処女をセフレに出来る可能性の高いサイトの1つと言えるでしょう。

Jメールを使ってみる

出会い系サイトで処女をセフレにするコツ

処女に出会いやすいサイトを上で3つ紹介しました。

ただし、「そこに登録するだけで処女ゲット!」という程、残念ながら世の中単純ではありません。
あなた自身も当然努力する必要があります。

ではその努力とは何をすれば良いのかということになりますが、主に2つの点を重視しましょう。

1つ目が「プロフィール欄や自己PR欄を充実させる」ことであり、2つ目が「誠実さを意識しアピールする」ことです。
さっそくそれぞれ詳細に説明していきましょう。

プロフィール欄や自己PR欄を充実させる

例えばあなたが、出会い系サイトで相手の女性がどんな人か知りたい時、相手のプロフィールをまず知りたいと考えるのではないでしょうか?

逆に言えば、同じ条件で女性もあなたのことを知りたければ、あなたのプロフィールに注目するはずですから、その意味が良くわかるはずです。
まして男性との交際歴がなかったり乏しかったりする処女であれば、尚更気になる点と言えます。

つまりあなたがどんな男性であるか、出会い系のプロフィールに詳しく書かれていれば、あなたへの親近感が増す上に、交際しても大丈夫かどうかチェックしやすいのです。

具体的に7つ例示してみたいと思います。

1.プロフ写真を載せる

人と初めて会った時、やはり注目するのは相手の顔でしょう。
事前に顔のわからない相手と、いきなり積極的に会いたい人は、おそらくほとんどいないはずです。
顔に自信がない人でも、出来るだけカッコよく見えるプロフ写真を用意して載せておきます。

ただあまりにも自信がない場合には、かえって載せない方が良い場合もあり、そこは自己責任と自己判断でお願いします。

また悪用されたり身バレの恐れもありますから、そのまま載せるのではなく、「盛り効果」も狙って微妙に加工しておくか、顔の一部にしておく方が良いかもしれません。

或いは正面からではなく角度を付けておくのも、身バレを防ぐやり方の1つでしょう。
これは盛り効果と同じ効果が見込める点もあり、斜め上からがベストです。

2.身長や体型などもきちんと載せる

プロフ写真と同じ理由で、身長や体型などのあなたの容姿の特徴も、出来るだけしっかり載せておきます。

ただこれも極端に背が低かったり、太っていたりするとマイナス材料になりますので、多少数字はいじっても許されるはずです。

あくまで「多少」ですので、そこはやり過ぎないようにしましょう。

3.性格分析

容姿と同様に、付き合う上で大切なのは性格であることに異論はないでしょう。
真面目だったり大らかだったり、自分の性格を分析して書いておきます。

一方で、気が短いとか神経質などのマイナス材料になることは、余りバカ正直に書かない方が無難です。

4.趣味や興味のあることもしっかり書く

人と付き合う以上、容姿や性格は入り口として重要とは言っても、価値観や好みが合わないことには最終的にどうしようもありません。

普段どんなことをしているのかということや、趣味などについても詳細に書いておきます。

喫煙やタバコを吸うかどうかなども、記入欄があってもなくても書いておくと良いでしょう。

5.好みのタイプ

どんな女性が好みか、容姿や性格、年齢など含めて書いておくと、自分の全くタイプでない女性が寄ってくるのを事前に排除出来ます。

しかしあまりにも細かい好みを出し過ぎると、女性側からかなり敬遠されますので、食わず嫌いでは出会いが広がりません。
あくまで大まかなものにしておくことが重要です。

ちなみにここで「交際歴の少ない女性が理想」などとしておくと、処女でも気楽になれるので書いておきましょう。

6.あなたの恋愛経験

いつまで彼女が居たのかや、どんな交際歴があるのかなどは、特に処女にとっては重要でしょう。
出来るだけモテて女性慣れしている相手と付き合いたいと考える処女が多いからです。

ただ、余りにも経験人数だけ多いようなプロフィールでは、遊び人として逆に敬遠されがちですので、そこは適当な数にしておきます。

7.PR欄や自由コメント欄

ここで重要なことは、直後にも触れますが、あなたが人として信頼出来る人間かどうかをアピールしておくことです。

処女は男性に多少なりとも恐怖心を持っている可能性もあり、安心させるようなコメントやPRをしっかりしてきましょう。

最終的にセフレにするのが目的だとしても、この段階ではちゃんとした彼氏と彼女の恋愛関係を作りたいと書いておきます。

誠実さを意識しアピールする

上で触れたように、処女がバージンを捨てられる相手になるには、女性慣れしているだけではなく、信頼出来る人間だと印象づけることが重要です。

遊び人という印象を与えることは、多くの場合マイナスに作用します。
エッチするまでは急がず慌てず、相手のペースに合わせて大人の男性を演じることが必要になります。

質問などがメールで来たら、丁寧に回答しておくことも大切です。

全体を通して重要なことは、あなた自身が処女に気に入られるようにする姿勢が問われていると自覚することです。

セフレにするのは、あくまでセックスしてからであって、それまではサービス精神を忘れないようにしましょう。

出会い系サイトでの処女の5つの見分け方


あなた自身の準備が整ったところで、今度は処女を探す必要があります。
実際にある程度処女かどうか絞る方法があるので、それを利用しましょう。

もちろんここで注意すべきは、該当したら処女ということでは決してない点です。
あくまでプロフィールなどから判断した場合の、処女である確率が「通常よりは高い」というだけのことですから、目安程度の認識にとどめます。

1.高学歴女子

偏見や先入観はよくありませんが、知的な女性は淫乱であることはあっても、余りヤリマンタイプは少ないのが実情です。
必然的に高学歴女子は、処女である可能性が平均よりは高くなるのです。

一方でリケジョと言われる理系女子は、その点において喪女っぽく、より処女の可能性が高くなるように思われがちかもしれません。
ただしリケジョは周りが男性ばかりで、通常の環境以上にモテることも多く、必ずしも処女の可能性が高いとは限りませんので、事前の過剰な思い込みは禁物です。

2.女子大生・女子高出身

女ばかりの花園である女子大や女子高出身(卒業してから間もない)の女性は、男女共学などの環境より処女である確率は高くなります。

しかしこれもあくまで可能性が高い程度であって、合コンなどは女子高辺りでもよくやっていますから、言うほどあてにならない方法かもしれません。

あくまで雰囲気的に処女っぽい女子が、そういう環境にあったとすれば、処女の確率が上がるぐらいの感覚でいるべきです。

3.地味だったり違和感を覚えさせるファッションや化粧

処女を卒業すると、女性としての自信が出てきたり、ファッションや化粧への意識が変わって来ると言われています。

その点処女はそれらに無頓着であったり、女性としての自信に欠け、何となく野暮ったい印象や童顔の印象を与える傾向が強いです。

よく言えば「清楚」でもあるわけですが、こちらも見た目は清楚でも、実はヤリマンだったりする例外もあります。
逆に見た感じがギャル系でも、無理に頑張ってイケてる女子を演じている場合もあるので、こちらも余り盲信しない方が良いでしょう。

4.実家暮らし

実家で暮らしている若い女子は、一人暮らしより制約が多いため、処女である可能性が多少ですが高まります。

特に門限などがある場合は尚更ですから、そこを上手く探ってみましょう。

5.恋愛話やシモネタへの反応がイマイチ

処女は恋愛経験自体が乏しいので、ネットの会話ですら、シモネタや恋愛体験談や過去の彼氏の話がぎこちなかったりします。

特に経験豊富な女子なら笑いが出そうなシモネタでも、処女はとまどってしまったりするものです。
その反応から推測するのも手というわけですが、余りにどぎついシモネタは相手をただ引かせるだけなので避けます。

いずれにせよ、プロフィールの写真の見た目や属性よりも、やはり実際に会って話してみないと正確なところはわからないと言えます。

処女をセフレにする出会いからのアプローチのコツ

さて、処女を出会い系サイトで上手く釣り上げた後は、まずはセックスまで持ち込まなくてはなりません。

ここを失敗しては、それこそセフレどころの話ではありませんから、ある意味最初の勝負所です。
そのためのコツが「優しくしながらも押してみる」ことと「相手を惚れさせる」ことです。

優しくしながらも押してみる

エッチ未経験の処女ですから、男性に対しての一定の恐怖感やセックスに対しての不安があるのは当然です。
ここで不安を解消するように優しくすることが出来れば、まずは相手との距離を縮めることが出来ます。

一方でセックスに対する興味も同じぐらいあるからこそ、実際にあなたと会っているのですから、そこを上手く引き出してあげることも重要です。

女性側からアプローチすることは、経験豊富な女性でも難しい以上、処女なら到底無理なことは言うまでもありません。つまりあなた側から積極的に仕掛けることが、相手女性にとっても「渡りに船」となるのです。

もちろん、あまり露骨な言い方では相手も引いてしまいます。
手を握りながら、「ゆっくりしていこうか?」や「朝まで一緒にいたいな」と言った感じで誘いましょう。

絶妙な押し引きが求められます。

相手を惚れさせる

処女をセフレにするには、やはり相手に好きになってもらうことが大きなポイントになります。
あなたに恋愛感情を持ってくれれば、男性免疫のない処女を思い通りに出来る確率が高くなるからです。

確かにセックスのテクニックだけでも、場合によっては夢中にさせるということも可能です。
しかし気持ちをまず支配しておく方が、セックス自体にも好影響を及ぼしますので、惚れさせるテクニックを具体的に3つ例示します。

1.まず相手の話を黙って聞く

女性は会話どころか一方的に喋るだけでも、ストレス解消になったりリラックス出来る生物だということが判明しています。

つまりあなたが相手の話を聞いてあげるだけでも、処女にとっては相当な心理的負担が減り、安心感が出て来るのです。

ただし話をただ受け流しているのではなく、しっかり聞いているとアピールするため、相づちやコメントをする必要はあります。

2.軽いボディタッチを入れる

ちょっとしたスキンシップは女性にとっても嬉しいものですし安心感を与えます。
こちらも最初から馴れ馴れし過ぎると相手に不信感を与えますから、ベタベタ触ったりするのはやめましょう。

肩に手を置く、頭をなでてあげるなどの軽目のボディタッチをたまにしてあげましょう。

これから先のセックスにおいて、優しく扱ってくれるだろうと推測させることが重要なのです。

3.処女を肯定する

処女は自分の男性経験のなさや恋愛経験の少なさに、大きなコンプレックスを持つ傾向にあると先に触れました。

つまり「まともな成人女性」として扱われていないという、ある種の被害者意識を持っているとも言えるのです。
逆に言えば、その部分を上手く肯定してあげられれば、相手はあなたに強い信頼感を持つ可能性が高まります。

処女をセフレにするためにセックスで注意すべき7つのポイント


さあいよいよ、処女をホテルや自分・相手の部屋に連れ込んでエッチというところまで来ました。

気持ちもはやっているかとは思いますが、ここで焦って自分勝手に振る舞っては、その後の展開が広がらなくなります。

相手に大人の男性として、全てを任せられると思わせることが必要です。
そのために抑えておくべきポイントを7つ解説します。
 

1.まずお互い身体を清潔にする

これは相手が処女に限りませんが、エッチの前にお互いシャワーなどを浴びておきましょう。
男性の場合は、特に事前に爪を切っておくのも同様に重要です。

また処女の場合、ヴァギナを手入れしていない傾向が強く、恥垢やニオイが気になることがあります。
「エッチでばい菌が入るといけないから」などと言って、きちんと洗うことを促しておくと良いでしょう。

2.前戯前の会話やスキンシップをきちんとする

相手は初体験ですから相当緊張しているはずです。
セックスの一環としての前戯ではなく、相手をリラックスさせるための会話や純粋なスキンシップをしておきましょう。

相手をただ抱きしめることや、髪をなでるなどの行為を念入りにしておきます
これにより相手に強い安心感を与えます。

3.前戯は念入りにする

いよいよセックスの開始ですが、キスから始まってという一般的な流れに従います。
当然、経験のある女性にするよりも時間をかけて、じっくり解きほぐすように愛撫していきます。

相手の経験が浅い内は、徹底した奉仕の気持ちが重要で、これが逆に後に奉仕されることにつながるのです。

尚、愛撫の初期段階では「気持ち良い」というより、「くすぐったい」と思う女子が多いようです。
ここでいちいち気分を害さず、逆にくすぐってみてイチャイチャすると言った方法も、相手をリラックスさせます。

このような過程を経ながら、ヴァギナがしっかりと潤ってくることを確認しておきます。

4.愛情表現や気遣いの言葉をかける

「好きだよ」や「かわいいね」などの褒め言葉や、「大丈夫?」「痛くない?」などの気遣う言葉をかけてあげましょう。
ただし余り過剰にやりすぎると、相手がエッチに集中出来なくなる恐れがありますので注意します。

また、「気持ちいい?」とか「感じる?」などの言葉は、相手の反応で基本的にわかることですから、あまり聞かないようにしましょう。
言葉責め的なプレイは、経験のない処女の場合には、かえって興ざめされてしまう危険性があります。

5.挿入は慎重にする

さあ、相手の性感が高まってヴァギナがしっかり濡れ、やっとペニスを挿入という段階になっても焦ってはいけません。

基本的に処女はまだヴァギナに柔軟性が少なく、空間も狭い状態であることには変わらないからです。
特に処女特有の痛みについては、男性でも予備知識は十分にあるはずです。

相手に息をゆっくり吐き出すように指示しながら、徐々に挿入していきます。

ここでパニック状態になる女子もいるので、その場合は一旦休止して抱きしめてあげたりして落ち着かせましょう。

処女喪失時はあなたが気持ちよくなることよりも、相手が傷付かないことを優先することを忘れてはいけません。

場合によっては完全に挿入出来ないこともあるでしょうが、無理せず我慢します。

6.挿入後も慎重にする

挿入が完全或いは不完全ながら出来た後も、痛みや強い違和感を相手は覚えています。
ペニスを動かして気持ちよくなりたいところですが、余り動かさずに様子を探りましょう。

相手が余り痛みを感じないような状況であれば、ゆっくりと動かしつつ状態を確認します。
基本的に最初のセックスから挿入で快感を覚える女性は少ないことを意識するのです。

1つの方法として、挿入してからクリトリスへの愛撫を中心にして、気持ちよくなってもらうというやり方もあるでしょう。

後は強く抱きしめてあげることも忘れないようにしましょう。
愛されているという感覚を植え付けます。

また、状況にもよりますが、最終的にはあなたは射精まで行かずに終わることも覚悟しましょう。
あくまで初体験時は女性本位に徹するのです。

7.終了後・後戯

取り敢えずエッチが終わったら、髪をなでたりキスしたり、いわゆる後戯も前戯同様じっくり行います。

また相手への感謝の気持ちや処女をもらって嬉しかった感想などを伝えましょう。
女性によっては、あなたに十分にセックスを楽しませられなかったことを悪いと思っている場合もあります。
そういう場合には、全く問題ないと慰めてあげます。

男性にありがちですが、一度セックスしたことで「俺の女」的な横柄な扱いをする人がいますが、これはこの段階では絶対にやめましょう。

そしてまたセックスしたいと相手に伝えることも重要です。
これで相手は、女性としてあなたに認められたと認識出来ます。

また当然ですが、この一連の流れは相手が処女を失ってからも、通常数回は必要です。
最初は痛いが、2回目からは全く痛くなくセックスで感じるという女性は、まずほとんど居ません。

やはり一定回数は処女喪失と同様に扱ってあげることが、結果的に相手をあなたとのセックスに夢中にさせることにつながります。

「あなたに任せておけば安心して気持ちよくなれる」と印象づけることが、その後のセフレ展開に持ち込む上での最大のキーポイントになってくるのです。

処女をセフレにしたいなら出会い系サイトを利用しよう!


以上見てきたように、処女を思い通りのセフレにしたいのならば、出会い系サイトを使うのがもっとも効率の良いやり方です。

もちろん、ただ登録するだけではなく、あなた自身の努力も必要なことは言うまでもありません。

そして相手が処女である以上、場合によっては強い恋愛感情をあなたに持つ可能性もあります。

その場合にはトラブルに発展する恐れもありますから、ただ相手とエッチ出来れば良いというだけでは危険です。

余りにも入れ込みすぎるタイプには気を付けた上で、セフレ作りに頑張ることを期待しています。

吉村

セフレの作り方は、コチラの記事も参考になりますよ!

このページをシェアする

関連記事